【レビュー】Fender TEN 2:深く熱気のある低域を持つ。上位機種ほど音が濃くなく、まだ見通しが感じられ、聞きやすいバランス。ロック向きだが、これでJAZZやバラードを聴くのも悪くない

Pocket

免責事項

レビューは手持ちの機種と販売店舗さんのご厚意で試聴させていただいた範囲内の機種で作成しております。ケーブルは標準付属品のはずですが、セッティングは販売店舗さんにより異なる場合があります。イヤーピースは手持ちのものを使える場合は、それを用いてテストしております。レファレンスはJVC スパイラルドット++ Lサイズですが、機種によって使えない場合もあるかもしれません。使えない場合どうするかはその都度。

テスト機は基本的にAstell & Kern KANN CUBEを用いていますが、音質の特徴を捉えるために副次的にONKYO GRANBEATなど別のDAPも使っております。

一応解像度とかの比較用にイヤホンのレファレンスを定めていて、EarSonics ES5です。

 

スペック

  • ドライバー:ハイブリッド
  • ドライバー構成:3ドライバー(10mm ダイナミック型 ×1 + BA型 ×2)
  • 周波数特性:9Hz – 20kHz
  • インピーダンス:34Ω
  • 感度:120dB

使用感

装着感

カスタムIEMに似せたデザインになっており、耳にしっかりと嵌まる。

遮音性

耳をしっかり覆うので、遮音性は高め。

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは高い。コネクタは独自の「Talonシステム」2pinだが、カスタム2pinと互換性あり。工作精度も全体的に高い。

音質

総合:26/30
8.7/10

高域

8/10
8/10

中域以下の黒みを閉じ込めることを意識したハードロックな暖かい高域

  • 質感:ややウォーム、濃い
  • 明るさ:明るめ
  • 拡張性:かなり良い
  • 派手さ:やや派手
  • 緻密さ:やや緻密

シンバルは空気感も充分あるが、派手さを白く強調しすぎず、やや高めにマイルドカーブする印象を受ける。そのため、シャーンと響きつつ、きつくなる感じのない温もり感を持っている。タムの鼓面とシンバルは明るさを抑えて濃く聴かせようとしており、ギターのディストーションも浮かれた感じではなく、黒くえぐる重厚感を伴っている。男らしいマッチョな音。

中域

9/10
9/10

濃厚に音が広がる空気感に満ちた中域

  • 質感:ウォーム、ふっくら
  • 明るさ:普通かやや暗い
  • 横幅:広い
  • 奥行き:普通
  • ボーカル:自然

低域からの温度感を受けて、やや重心の思いどっしりした密度感がほどよく感じられる空間が広がっている。中域から下は色がしっかり濃く、濃厚感があり、スカスカしたところは全くないが、おそらく多くの人に圧迫感を感じさせるほどではないくらいにはクリアで見通し感も意識されている。定位は全体的にやや前屈みで、ボーカルは楽器に包まれて聞こえてくる。

低域の存在感なども考えて、やや表現として迷うところがあるが、奥行きよりは幅の広さのある中域として私は理解した。少なくとも中域で奥行き感を強調する感じではない。

低域

9/10
9/10

音場全体を暖め、引き付け、広く支える磁力のある低域が最高にロック

  • 質感:ウォーム
  • 明るさ:暗め
  • 重心:低い
  • 重み:重い
  • 重低音:幅が広く、地熱感あり

100hz~30hzまで太く厚い振動。20hz以下はほぼ無音。

ベースはしっかりした黒みがあるので、重低感と深さが感じられる。ドラムのドンよりさらに深いベースの方が濃くはっきり感じられ、低域でも濃淡差がわかりやすく、立体感を感じさせてくれる。

この低域には、深いところに存在する地熱のある深淵に向かって、音がレイヤー(地層)を感じさせつつ、しっかり沈み込んでいく力場が存在している。

  • 【レビュー】final B1:原音忠実を謳うが、たしかにそれっぽいモニターライクな印象を受ける。正統派で少し面白味には欠けるかも

    Bシリーズのスタンダードモデルとされるだけあって、イヤホン単体としての完成度は高い印象を受けるが、なんとなく「こういう音よく聴くよね」って印象を受ける音でもある。5万円以上くらいのちょっと高めのイヤホンではありがちな、全帯域をそれなりに丁寧に聴かせる感じがあり、完成度は高いが、特色に乏しく、たとえばEarSonics ES5のようなより高度なモニターライクのリスニングイヤホンがあると、「別にこれはなくていいかな」ってくらいの感想しか出てこない。クセが少ないので、イヤホンとしては高く評価したいが、クセがないだけに独自性に欠けるところもあって、優等生すぎるかなって印象も受ける。 B3を聴いてないのでまだわからないけど、少なくともB2と比べた感じ、むしろB2のほうが個性的で面白い音作りを感じ、B1は高い割に普通かなって感想を持ってしまう。オールラウンダーにまとまっていて手堅いが、個人的にはいまいち手に取りづらいところがある。
  • 【レビュー】Klipsch X20i:百合のような優美なフォルムに、豊かで優雅な音を備える。どんな音楽も麗しく聴かせるクリプシュサウンドの極致

    クリプシュの音がどうして好きなのかっていうと、やっぱり音が柔らかい感じなのにボンヤリしてないってところに尽きると思います。個々の音のディテールや手がかりをあまり強調せずに全体としてゆるやかな感じで温かみを加えて聴かせてくれるので、音にしっかり浸れて包まれることができるんですよね。でもその音は決してマイルドなだけじゃなくて、細やかなディテールは存在していて、音のみずみずしさとか質感が感じられるんですけど、はっきりした感じじゃないというバランス感覚が秀逸すぎて惚れます。 奥ゆかしいというか、余裕を感じる表現で、音の余韻とか響き方をよく考えて、「こう聴かせたい」っていう設計思想がちゃんと備わっているのがクリプシュ製品です。とくにこのX20iは、いかにもクリプシュらしい派手さを強調しないのに高くまで伸びている透明でしかも自然な太さのある高域と、雄大で地熱豊かな低域のコラボレーションが見事に整えられています。ゆったりしているのにスピード感も充分にあって、比較的万能に、それでいてどの曲もクリプシュらしく聴かせてくれる独特の風味が、すごく好きです。

おすすめイヤホン

官能性

分島花音 「Unbalance by Me」

重低音を中心に黒く熱い低域が支配的で、とにかく重厚。その低域の強い力場に支配された中で、しかしその重みは中域に熱気をもたらすが、必ずしも「もっさり」鈍くさせる性格のものではなく、むしろ中域のエネルギーの源となっている。たとえばやや暗いボーカルは熱気を感じさせるし、渋みのある金管は高いところでも濃厚で、上でクリアに伸びるが、音は薄まらない。やや高い高域に属するギターのディストーションはさすがに厚い中域の少し奥で聞こえる感じで若干埋没している印象になるのは、もしかすると、好みを分けるかも。とはいえ圧倒的熱気と迫力が感じられて、説得力がある。

大野雄二トリオ 「ルパン三世 愛のテーマ」

Lupin The Best Jazz

JAZZを聴くのに充分な充実感と熱気があり、高域の派手さを抑えた大人びた色気のある感じはこの曲なんかぴったり。とくに低域のレイヤー感を伴って深みを出す感じがJAZZの深まっていく音の響きと相性良く思える。音が深く熱気に包まれて沈んでいき、床面で広がっていく充実感を味わえる。まさに「深淵から聞かせる音楽、Fender」といった感じ。

高橋李依 「風吹けば恋」

重低音がしっかり音場全体をまとめ上げてくれる。この曲は元々ボーカルそれほど前面に出ていないので、ボーカルは最初の印象だと少し暗く埋没気味の印象を受けるが、周囲の楽器音の濃さに慣れてしまえば、ふっくらした甘味と生命的なまろやかさを感じさせて聞こえてくる。こういう曲をライブ会場で聴いているかのような熱気を伴って聴かせてくれるのが魅力。

KOKIA 「この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて」

KOKIA∞AKIKO ~balance~

低域にリアルで生命的な重みがあり、ボーカルも濃くコクを出しながら、太くチラ強く伸びる。金管のムード感が凄い。胸を温めるかのように豊かで、充分に濃く、それでいて優しくじんわりと胸に沁み入る。これはよい。

辛島美登里 「笑顔を探して」

辛島美登里 スーパー・ベスト

音場に充分な充実感と温度感があるにも関わらず、適度な見通し感があるので、篭もった印象は受けない。ボーカルはまろやかでコクがあり、じんわりした甘味を維持して上には伸びる。ベースやギターが暖かく豊かにボーカルの情感を支えている。

Man The Mighty 「Beneath the Skin」

まあおそらく本来はこういう重厚なロック曲聴いてねってコンセプトだとは思う。実際聴き応えがあり、マッチョでひたすら濃く、黒い音でボーカルもフルボディに濃く、力強い。音の隅々まで女々しいところがこれっぽっちもない。

おすすめイヤーピース

この機種のノズルの太さは普通。比較的万能にイヤーピースを合わせやすい。

AZLA SednaEarFit

AZLA SednaEarfit

低域がやや太く濃くなる。コントラスト感はよくなり、低域は充実するが、やや低域のレイヤーが平坦な感じになる印象を受ける。

SONY TripleComfort

トリプルコンフォート

やや音場が上向いて抜けが良くなる印象が出てくる。明るめにロックを楽しみたい場合はこれで。

JVC SpiralDot++

JVC スパイラルドット++

音場がやや開放的になり、低域のレイヤー感もよく感じられる。

final E-CLEAR

final E-clear

中高域にすっきり感が出て、ボーカルが前面に出てくる。低域は深さより重み重視に聞こえる。

final E-Violet

final E Violet

中域にやや濃度が出て、暖かみを増して聴くことができる。

acoustune AET08

acoustune AET08

高域がマイルドになり、より中域の濃度感を重視して聴くことがことができる。低域の深みは立体感が維持されている。

【総評】やや濃度が高めで、どっしり濃い音ではあるが、上位機種ほど濃すぎず、バランスが良い。

FenderのIEMって個人的に、上位機種になるほど音が太く濃くなって、ベースあたりに収斂していく印象がある。NINE 2も同時に聴いたが、そちらがまだ明るい感じだったのに対し、TEN 2はもう濃厚だった。最上位のThirteenも聴いたことがあるが、あれは値段もべらぼうだし、ちょっとどっしりしすぎってこともあり、意外とこのTENあたりで選ぶのが正解の気がする。

値段的にもほどほどで、7万円以内とこの濃いパワフルな音の値段にしてはなんとなく安い気がしないでもない。

ハードロックはもちろんのこと、JAZZを聴くにも充分な濃度感があり、室内楽でも説得力を感じるかも。重厚で濃いめにどっしり音楽を聴きたい人にはかなりよい選択肢になりそうだ。

Fender TEN 2

8.7

高域

8.0/10

中域

9.0/10

低域

9.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 濃厚な中域
  • 深い地層を持つ重厚な低域
  • 暗めだが明瞭感のある高域
  • 熱気のある太い音

Cons

  • 曲によってボーカルは埋没して感じられる
  • 見通し感はわずかに悪い
  • 低域の存在感が強い

Leave a Comment

CAPTCHA