【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM

【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM5000円~10000円
TANCHJIM OLA Bass Version

プロローグ

  • この記事を書いている時点で、私のOLA Bassは100時間以上稼働しています。
  • 私は測定はしません、私はただ私自身の主観から、聞いたものを記述します。
  • 私の好みのサウンドチューニング、拡散音場ニュートラル (Etymotic)
  • 私のインプレッションは、すべて私自身のDekoni Foamチップで行われました。
  • 最終的に、私のレビューは純粋に主観的であり、私の個人的な好みの音に偏っています。
TANCHJIM OLA Bass Version

PEEK複合振動板IEM「Tanchjim Ola Bass Version」 登場!

HiFiGOニュース

今年初め、Tanchjimは、コミュニティからかなり強固な評価を得た、美しく作られたシングルダイナミックドライバーIEMであるOlaをリリースしました。世界中のオーディオファンから、その優れた分離とディテールのためにOlaが愛されました。今日、タンチジムはOlaの新バリエーションをリリースしました。このモデルは、パワフルな低音域のレスポンスを実現するためにチューニングされた新しいダイナミックドライバーを搭載しています。Ola Bassは、低音域のレスポンスを向上させ、出力信号の歪みを低減するTi Dome構造の新しい複合PEEKダイアフラムを採用しています。

この製品の要点

  1. エレガントな外観&高品質なケーブル
  2. スペックのわりに駆動要件がシビア
  3. 自然でオーガニックなサウンドを持っているが、ソースに影響される

開梱動画

Tanchjim OLA IEMs Unboxing!
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適 Read more

【ゲーミングヘッドセット Edifier GX レビュー】中域が広く、背景とナレーションがしっかり分離され、足音、銃声も聞こえやすい

HECATE(Edifier) GXは定位感のわかりやすい球状の広い中域を持ち、銃声音や足音がわかりやすい劇場型の音場を持つ、没入感の高いゲーミングヘッドセットです。イヤーマフも分厚く快適で、長時間使 Read more

TANCHJIM OLA Bass Versionの技術仕様

  • ドライバーサイズ:10mm
  • ダイアフラム材質:Tiドーム付きPEEKコンポジット
  • インピーダンス:16Ω±10
  • 感度:126dB/Vrms
  • 周波数応答範囲:7Hz-45kHz
  • THD+N:0.3%未満
  • コネクター:2ピン0.78mm
  • 終端プラグ:3.5mm

使用機材

  • Sony Xperia 1 iV
  • Windows 10 with Native USB Drivers
  • USB Exclusive Mode with FLAC files
  • CEntrance DACport HD
  • Cayin RU6
  • Ovidius B1
  • 7Hz 71
  • VE Abigail

テストに使ったプレイリスト

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

デザインとビルドクオリティ

格安のIEMとしては、Tanchjim OLA Bass Versionは他のものよりもずっとエレガントに見えます。私は、Tanchjimによるクリーンで優雅な、思いやりのあるパッケージに本当に感動しています。

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

IEM本体は、数ヶ月前に発売されたオリジナルのOLAと外観は同じです。ドライバーの構成は別として、オリジナルのOLAがすでによくできたユニットであったため、特に新しいことはありません。アクリル樹脂のシェルと航空宇宙グレードのアルミニウムのフェースプレートで構成され、Tanchjimは何とかこのユニットに良い意味での堅牢性を付与することに成功しました。デザイン面では、型にはまらないデザインで、ある人は気に入るかもしれませんが、他の人はあまり気に入らないと思います。

OLA Bの内部には、一般的に高級機に搭載されているPEEKコンポジットダイアフラムのシングルダイナミックドライバーが2つ搭載されています。OLAのオリジナルバージョンは、DMT4アーキテクチャー・ダイナミック・ドライバーで作られています。

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

OLA Bには高純度リッツ編みの4N SPCケーブルが付属しており、MICと0.78mmの2ピンコネクタを内蔵し、もう一方は3.5mmオーディオジャックで終端されています。何度も言いますが、このケーブルのセットアップは格安セットとは全く思えません。

そして、シリコンチップは「トレブルエンハンシング」と「ベースエンハンシング」の2種類は用意されています。単純に、高音用はワイドボア、低音用はナローボアです。ただし、私は個人的な好みでフォームチップを使用していないので、本機のレビューはDekoniのフォームチップを使用した構成に基づいています。

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

面白いのは、OLA Bは防塵・防水(ノズルフィルター使用時)であることです。私自身は、プールに飛び込んだりしたことはないのですが、砂埃の舞う通勤路や雨の日など、屋外での使用も可能です。また、汗をかいたときのジムでの使用も可能です。OLA Bは、アクティブなライフスタイルに対応するために、意図的に一から設計されています。

OLA Bは非常に軽量なので、一度耳に固定すれば、何時間でも装着していられるほど快適です。確かにOLA Bは人間工学に基づいたシェルデザインではないので、ユーザーの耳の許容範囲によりますが、少なくとも私は何の問題もなく、不快感を心配するような要素もありませんでした。実際、一度装着すると、OLA Bが耳に装着されていることを忘れてしまうほどです。

音質

DMT4 Architecture Dynamic Driversで作られたオリジナルのOLAとは異なるものの、PEEK Composite Diaphragmsで動作するOLA Bは、オリジナルのOLAと比較すると、低周波のブーストが穏やかに強調され、ニュートラルで似たサウンドシグネチャーを提供します。

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

OLA Bの音色とトーンバランスは、色付けがなく、自然でオーガニックに近いと言えますが、これは接続されるソースの種類によります。OLAをすでに明るく乾いた音のDAC/アンプに接続すると、出力は少し痩せた、音楽的でない、デジタル的な音になるかもしれません。私の場合、OLAとSony Xperia 1 iV、Ovidius B1、CEntrance DACport HD、Cayin RU6との組み合わせが最も良い結果を出しています。OLA Bは、ほとんどのESS Sabre DACとペアリングすると、ややもたついた音になります。オリジナルOLAと同様に、OLA Bは明るい音と表現することもでき、決して暖かくもなく、暗くもありません。

OLA Bはダイナミックレンジが広大です。ダイナミックなトランジェントの処理はよく制御され、成熟しています。特に、よりユーフォニックなプレゼンテーションを好む人にとっては、エネルギッシュでない、活気がないとみなされることもあるほどです。シングルDDであるため、ダイナミックフローのまとまりがよく、全周波数帯域にわたってクリーンな気質があります。

OLA Bの中音域は、ニュートラルで色付けされていないことが確かです。密度も質量も十分ですが、深みには少し欠けるので、真にリッチなサウンドとは言い難いところがあります。楽器は適度なエネルギーとアタック、ディケイがあります。OLA Bの中域はドライでもウォームでもなく、透明感があり、録音時に意図した音色やトーンに忠実です。中音域の配置も適切で、前に出過ぎず、引っ込んで聞こえません。しかし、中域が厚く豊かな音を好む人にとっては、OLA Bは痩せて平坦に聴こえるかもしれません。もちろん、これは必ずしも短所ではなく、ニュートラルであることの本質であり、最終的にはリスナーの主観的な音の好みが、これを好むか、そうでないかを決定します。

OLA Bは、ボーカルを透明感たっぷりに扱います。つまり、アリソン・クラウスやマライア・キャリーのソプラノ・アルトのような特定のピーキーな女性ボーカルは、ややエッジが立ち、より強調されることがあります。ダイアナ・クラールのコントラルトのような低いオクターブでは、OLA Bはニュートラルで自然な音になり、シンネ・イーグも同様です。男性ボーカルは女性より太い音が多いのですが、モリッシーやニック・ケイヴ(ともにバリトンタイプ)のように、少しリッチで濃厚なサウンドになります。

OLA Bの高域は、十分にきらびやかで活気に満ちていると表現するのが一番でしょう。明るすぎず、エッジの立った音にならないようにうまくコントロールされています。マクロのディテールにミクロのディテールの微妙なニュアンスも聴き取れます。唯一物足りないと感じたのは、トレブルフローのトランジェントで、OLA Bはアタックとディケイをより迅速かつ鮮明にすることに重点を置いています。ディケイはしっかりと、かつ感覚的に伸びていきます。また、40時間以内の再生では、特にハイハットやシンバルでトレブルの質感が粒状になり、ディケイドが少し粒状になったように感じられたことも特筆すべき点です。しかし、これは40時間後にはもはや問題ではなく、100時間後には実質的に平滑化されています。OLA Bは、トレブルアグレッシブなトラックであっても、とがった耳障りなシビランスの要素を避け、安定した規律を保っていることは称賛に値します。高音域の音色が少しデジタルっぽいと感じることもありますが、プラスチッキーで金属的というわけではないのが幸いです(これも使用するDAC/アンプの種類に影響されるでしょう)。OLA Bを明るい音のDAC/アンプと一緒に使わないようにすれば、心配はないでしょう。

低域に目を移すと、OLA Bは、オリジナルのOLAと比較すると、中低域を顕著にブーストしていることがわかります。しかし、私はOLA Bをベースヘッドユニットとは考えていません。OLA Bの低音の盛り上がりは、感覚的で適度なものです。実際、これは音に豊かな全体のダイナミックな密度を与えるのに役立ちました。一般に低音はきれいで、速く、解像度が高い。より深い質感とディテールに欠けます。中低音は存在感と威厳があり、穏やかな地震的衝撃とスラムがあります。しかし、サブベースはハーマンVチューニングのファンにはたまらないでしょう。OLA Bのサブベースは、ディケイステージにロールオフの兆候があり(Etymotic ERシリーズに似ている)、控えめなサウンドに聞こえます。OLA Bの良いところは、低音のにじみに悩まされることがないこと、そして中低音が中低音や低音の影にならないように高度に制御されていることです。

OLA Bの低域は、弦楽器やパーカッションベースに最適ですが、エレクトロニックベースにはあまり適していません。そのため、エレクトロニックやダンス系の音楽を聴くには不向きです。

 

技術面

OLA B の最大の特徴は、ヘッドステージが広く、ゆったりと投影されることです。そのため、音場感もよく、開放的で広がりのある音になります。これはTanchjimのチューニングIEMに多く見られる特徴だと思いますが、OLA Bはその恩恵を大きく受けています。

その他の点では、OLA Bは十分な解像度と透明感、そしてディテールを備えています。突出したものはなく、分析的な目的でも満足できるようなバランスになっています(少なくとも私にとってはそうです)。分離線はきれいで簡潔で、OLA Bがすでに鮮明な音を出すユニットであることに助けられています。イメージングと空間的な位置づけも非常に立派で、シングルDDの場合、きちんとしたホログラフィックな音を出すのは簡単ではありませんが、OLA Bは、通常、左右に偏った音になってしまう典型的なシングルDD実装のようにならない数少ないものの1つです。

また、スピード感や解像度の面でも非常に優れています。OLA Bはスピード感のあるシングルDD実装で、ビジーで複雑なトラックにも機敏に反応し、最も要求の厳しいレコーディングでも濁りや混線といった落とし穴を回避することができます。

全体として、OLA Bは全体的に技術的に優れていると言えるでしょう。心配するような弱点は見当たりません。

スケーラビリティ

16Ω、126dBのIEMとしては、OLA Bは駆動力という点で驚くほど要求が厳しいです。私のSony Xperia 1 iVでは、適切なリスニング音量を得るために75/100まで上げなければなりません。OLA Bの性能を最大限に引き出すには、Ovidius B1やCEntrance DACport HDなど、より強力なものと組み合わせる必要があります。

しかし、私の弱いSony Xperia 1 iVでも、適切なラウドネスに設定されたOLA Bは素晴らしいサウンドです。十分にリッチで魅力的です。Ovidius B1とDACport HDを使用した場合、より豊かなボディと空気感のあるトランジェントを示す動的密度を確認しました。

また、126dBという高感度でありながら、4Vrms以上のパワフルな駆動でも、OLA Bの音はうるさくなりません(音量に注意が必要です)。

エピローグ

Tanchjim OLA Bass Versionは、Tanchjimが提供するもう一つの堅実な予算志向の製品です。私が非常に魅力的だと思うのは、OLA Bが端から端までよく表現されていることです。エレガントな作りから、堅牢な使い勝手、そして確かなサウンドパフォーマンス。OLA Bは、率直に言って、バジェットIEMとは思えません。確かにシンプルで軽量ですが、他の多くの製品と比較すると、それほど贅沢なものではありません。シンプルであることは、時に十分すぎるほど大切なことです。

TANCHJIM OLA Bass Version
TANCHJIM OLA Bass Version

OLA Bは、Bassという名前にもかかわらず、よりニュートラルなサウンドを好む人、あるいはブライトニュートラルなチューニングを好む人にアピールすることができます。OLA Bは、ベースヘッズ(特にHarman Vカーブを好む人)にはまだ十分なBassyではないかもしれません。OLA Bは技術的に堅実なパフォーマンスで、これがシングルDDであることを考えると非常に驚くべき、広くゆったりとしたヘッドステージに間違いはないでしょう。OLA Bの他の部分はよく説明されており、音色とトーンのバランスは見事なまでに透明で正確です。この価格で、タンチジムのOLA Bassバージョンは、特定の音の好みに基づいて推薦できる堅実なユニットであると私は見ています。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント