爽やか

3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17 レビュー】音場を重視し、伸びやかで爽やかな高解像、高精細サウンドを聴かせる。ただし中域が薄味

QCY T17はT13の音を全体的に明るくしたとも言えるサウンドを持っています。より繊細で明るく、爽やか、音場が広く高解像です。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Mini レビュー】エティモティックライクでありながら、より音場の広さを追求した聞き心地の良いサウンド

SoundPEATS MiniはEtymoticターゲットベースでありながら、ダイナミズムを強調した楽しいサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンです。重みのある低域、金属的だが繊細さの感じられる高域など音楽を楽しませる演出感があります。
10000円~20000円

【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus レビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点

1万円の価格帯で非常に優れた解像度と音場表現を両立させているイヤホンがTinHiFi P1 Plusです。そのサウンドは質感表現で少し劣り、ブリキのように聞こえるところがあるのが難点ですが、繊細で明瞭なくっきりしたサウンドが魅力的で、音の抜けもよく、開放的で音場も広く感じられます。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Symphonium Helios レビュー】わずかに金属的に聞こえるが、鮮明感の高いほぼ完全なニュートラル系サウンド。優れた定位感と質感の再現度で圧倒する

10万円くらいの価格で、定位と質感に優れた完全なニュートラルサウンドに近い優れたIEMを探しているなら、Symphonium Heliosを見逃すべきではありません。サウンドバランスにおいて完璧に近く、モニターイヤホンに求められる仕事をほぼ完璧にこなすことができます。
20000円~30000円

【中華イヤホン Moondrop KATO レビュー】優れたバランス。くっきり解像度のモニター的なスチールフィルタと響きの穏やかなリスニングライクのブラスフィルタ。一粒で二度美味しい

Moondrop KATOは高い解像度と抜群に低いTHD、そしてモニタースピーカーにほぼ完全に近づけた前方定位感のあるフラットサウンドを提供する非常に優れたモニターイヤホンです。さらにノズル交換により響きを増大させ、リスニングライクな音を実現することもできます。
50000円~100000円

【中華イヤホン Fidue Gem 4 レビュー】非常に優秀な解像度を持つが、全体のバランスはアグレッシブなドンシャリサウンドで歪も多く、いかにもバランスド・アーマチュアっぽいドライなサウンドが好みを分ける

Fidue Gem4は非常に高解像なサウンドを実現しており、くっきりした音が好きな人に感動を与えることができるイヤホンです。しかし、そのサウンドはややアグレッシブすぎ、バランスド・アーマチュアっぽい歪の多さもあって、透明度が高いとは言いづらいものです。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit FlyBuds C2 レビュー】鮮明感に優れ、クリスタルクリアな中域重視のモニターライクサウンド。低域はスカスカ

Tribit C2は明るく鮮明なクリスタルサウンドを愛する人のためのイヤホンです。低域はスカスカですが、ボーカルが印象的に聞こえ、楽器音が明るく響きます。原音忠実度の高い中域と高域はモニターサウンドを好む人には心地よく思えるでしょう。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン XROUND FORGE NC レビュー】ゆったりした空間に綺羅星のように輪郭を伴って鮮明に浮かび上がる楽器音。荘厳で雄大。良好な時間周波数応答による高解像で明瞭性の高いサウンドは価格を超越する

XROUND FORGE NCは壮大なサウンドを愛する人のための完全ワイヤレスイヤホンです。静かにスケール感のある音楽に浸るには近い価格帯ではこれ以上ないくらいの製品で、雄大で荘厳さのあるSENNHEISER系のサウンドが好きならおすすめできます。
30000円~50000円

【中華イヤホン SeeAudio Bravery レビュー】ボーカルフォーカスが良いが、中域が妙に暗く、地味。彩度に欠けるドライなサウンドだが、聞き心地は安定しており、モニターしやすい分離感があり、高域の解像感が高い。高域好きな人向き

SeeAudio Braveryは優れた高域解像度と落ち着いて聞き心地の良い独特のボーカル表現が魅力です。中域はユニークですが、全体の原音忠実度が高く、印象的に聞こえるはっきりした高域表現が高域好きに高い満足度を与えるでしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN Arya レビュー】優れたニュートラル系サウンドでミキシングモニターとしても優秀

HiFiMAN Aryaは非常に優れたニュートラルサウンドを持つ、良質なリファレンスヘッドホンです。中域が広く、ディテール豊かに、定位も確かに鮮明に聞こえるチューニングになっています。インピーダンス特性の一貫性にも優れているため、接続する機器による音質変化の少なさの点でも優秀です。
10000円~20000円

【中華イヤホン ThieAudio Legacy 2 レビュー】ボーカルが美しく映え、全体の鮮明感も高いニュートラルリスニングサウンド。中域の透明度が高い

ThieAudio Legacy 2がほとんど1万円で買えるということに驚きを隠せません。それは優れたニュートラルリスニングイヤホンで、かなり鮮明で解像度の高い印象を与えるサウンドを提供します。全体として価格帯で優れていることは間違いありません。
5000円~10000円

【中華イヤホン TRN VX Pro レビュー】繊細でシルキーなシンバル表現、息遣いの強調されたエネルギッシュなボーカルが魅力的。TRNが生んだ爽快なダイナミックサウンド

TRN VX Proはダイナミックなドンシャリタイプのサウンドを持っていながら、原音忠実性が比較的高く、聴き心地も安定している優れた機種です。表現に味付けが見られますが、シルキーなシンバルや息遣いの強調されたボーカルはエネルギッシュかつ爽快で楽しいサウンドを聞かせてくれます。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Sudio T2 レビュー】カジュアルで生活に溶け込むようなデザイン。クリアでパリッとしたクリスプサウンドでスピード感のある音。ANC性能は強力とは言い難い

Sudio T2はバランスの取れたU字型サウンドと調和的で質感に優れたデザイン、まずまず効果的に機能するアクティブノイズキャンセリングを提供する、比較的コストパフォーマンスの良い機種です。EDMやロックを楽しむ人におすすめします。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edfier NeoBuds Pro レビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い

Edifier NeoBuds Proは総合的に見て、価格帯で優れた完全ワイヤレスイヤホンであることは間違いありません。上位にいることは確実でしょう。ANC性能も優秀なレベルでサウンドバランスがよく、機能的なアプリも付属しています。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro 2 レビュー】良質なニュートラルサウンドと強力なANC、高い機能性を最高のコスパで実現する完全ワイヤレスイヤホン。欠点ほぼなし。

EarFun Air Pro 2は目下のところ、完全ワイヤレスイヤホン分野での私の推奨リストで最上位を占めます。それは明るく詳細で高解像でありながら、つながりが良く滑らかで聞き心地の安定したスタジオチューニングニュートラルサウンドを提供します。
20000円~30000円

【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

Audiosense DT600はDAPやポタアン、据え置きアンプなど、音響機器を多数持つ人こそ喜びを感じるような、非常にマニアックなイヤホンです。このイヤホンは本当に、接続する機器によって音が変化するため、アンプやリケーブルを駆使して自分好みの駆動を楽しむ人向けのコアな商品です。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン SHURE SRH1540 レビュー】優れたニュートラルレコーディングモニター。広い音域を丁寧に映し出すSHURE最高の名機の一つ

SHURE SRH1540は非常に高い名声を誇っていますが、たしかにそのサウンドは極めて良質なニュートラルサウンドであることが確認できました。その最大の魅力は忠実性の高い音源の全体像の提示能力にあり、完成曲のイメージを確認するレコーディングモニターとしての優秀性にあります。
100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape レビュー】拡散音場に基づいた豊かな広がりのある音場感が魅力。響きの奔流に包まれるように音楽を楽しめる

Shuoer Tapeは拡散音場に基づく響きの豊かな、没入感の高いサウンドを持っているのが特徴です。クリア感も高く、音の明瞭性に優れています。響きの豊かさは音場の広さを印象的に拡大し、音楽の世界の中にまるごと没入できるような懐の深い表現をもたらします。
30000円~50000円

【開放型ヘッドホン GRADO SR325e レビュー】中域がにぎやか、かつ華やかに聞こえるGRADOサウンドの王道。GRADOミドルレンジの定番機種

GRADO SR325eはGRADOらしい中域によくフォーカスされた色気たっぷりのサウンドを聴かせてくれます。金管をはじめ楽器音は華やかで、それこそ花開くように艶やかな色彩感があります。キレの良いドラムサウンドも元気で、聴いているだけで活力を与えてくれる、楽しいサウンドです。
タイトルとURLをコピーしました