10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QOA Pink Lady:お財布に優しいナチュラルサウンド!

中国のオーディオ界隈では一般にQOAとして知られるQueen of Audioは、欧米では目新しいかもしれませんが、そのルーツは非常に深いところにあります。 このブランドは、Kineraの姉妹ブランドです。今回は、QOA Pink Ladyのレビューをお届けします。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Softears Turii: 完璧なサウンド出力を持つ、渦を巻く永劫回帰と調和の物語

Softearsは、中国を拠点とするHi-Fiオーディオ機器製造ブランドです。クラス最高のフラッグシップレベルのインイヤーモニターを製造しています。Camjam 2019上海で、このブランドはHi-Fi IEMの3番目の製品であるSoftears Turiiを発表しました。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop S8:バランスドアーマチュア8基構成のフラッグシップ!

MoondropはChi-fiオーディオ界隈では特にチューニングスタイルとシェルデザインの絶妙なクラフトマンシップでよく知られており、さらにそのインイヤーモニター(IEM)で美しい中域を実現しています。このたび、Moondrop S8のサンプルを入手し、Moondrop S8のパッケージの確認を行い、第一印象をご報告いたします。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Starfield :それは美しい音楽の響く満天の空

洗練された美しいデザインと素晴らしいチューニングで有名な中国のブランド「Moondrop」は最近、新作IEM「Moondrop Starfield」をリリースしました。パッケージ内容とそのサウンドインプレッションを確認するためのサンプルを手に入れました。そのレビューをご紹介します。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Blessing 2:美しく、ディテールに溢れるIEM

Moondropは、新しいハイブリッドドライバーIEMであるMoondrop Blessing 2をリリースしました。数日前にMoondrop Blessing 2のサンプルユニットを入手しましたが、今日はこの美しいイヤホンのレビューをご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Illumination パッケージ開梱&クイックレビュー:華麗なる美女

Moondrop Illuminationは、Moondropのシングルダイナミックドライバー・インイヤーモニター(IEM)の最新フラッグシップモデルです。私はリリースの前後で自分自身で使うためにこのIEMを手に入れました。今こそ、ブログを通じて私の経験を皆さんにご報告する時です。
10000円~20000円

【中華イヤホン Reecho×Peacock Audio Spring レビュー】みずみずしく、くっきりとした、少し光沢の強い透明感のあるサウンドを持つ

Reecho×Peacock Audio Springは透明感があり、非常に潤った明るいサウンドを聴かせてくれます。価格を考えると、ビルドクオリティ/パッケージともに異様に品質が高いのが特徴で、とても1万円台の機種とは思えません。音質は若干クセが目立ちますが、工作精度の点では後悔させられることはないでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン Tri Starsea レビュー】各音域がニュートラルに近く、バランスが良い上に質感も滑らかで音場にも優れる2万円以下の定番機種

Tri Audio Starseaは価格を考えると非常に完成度の高い中華イヤホンです。Triはまだまだオーディオファンの間では広く知れ渡っているメーカーとは言えないかもしれませんが、Starseaは素晴らしい出来です。それは完全にFiiO FH3と競合します。より風通しが良く、音場の広さはFiiO FH3を凌駕し、また音の質感的なナチュラルさでも、Tri Starseaのほうがより優れて感じられる可能性が高いです。音質変更スイッチの効果についてはとりあえず保留しますが、デザイン的にもより万人受けするように思われますし、ビルドクオリティやパッケージにも不足がありません。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Earfun Air Pro レビュー】優れたANC性能を持ち、低歪みの高品質ドライバーを搭載している完全ワイヤレスイヤホン。それは2万円クラスのメジャーメーカー製完全ワイヤレスイヤホンに匹敵する

Earfun Air Proは価格を考えると、驚異のアクティブノイズキャンセリング性能と音質を持っています。信じられないかもしれませんが、そのオーディオスペックとANC性能は価格帯ではずば抜けて高く、同価格の有線イヤホンの大部分に勝り、2万円以上の完全ワイヤレスイヤホンの機種に匹敵します。
30000円~50000円

【中華イヤホン FAudio Scale レビュー】原音忠実性が高い良質なモニターサウンドバランスを持つが、クリア感を考慮すると割高感がぬぐえない

FAudio Scaleは自由音場フラットに基づくブライトで分析的な正統派モニターサウンドを持っています。原音忠実性がかなり高く、実用的で万能に近いイヤホンですが、クリア感で劣るので音像印象の明晰性で些か不足を感じるのが非常に惜しいところです。ビルドクオリティやパッケージクオリティは悪くありませんが、より安い値段で手に入る競合機種に対して価格競争力の点で劣る印象を受けるところが難しいポイントです。分析的なモニターサウンドとデザインが気に入ったなら悪くない選択肢ですが、購入するのはFiiO FH3とTANCHJIM HANAを検討してからでも遅くはないでしょう。
50000円~100000円

【据え置きヘッドホンアンプ Topping A90 レビュー】聴覚を超えるダイナミックレンジ。透明性の高いヘッドホンアンプ

オーディオ構成において原音忠実性を最も重視するなら、ヘッドホンアンプはTopping A90を選ぶことが推奨されます。それは50000円程度でハイエンドの音質を持っており、透明でニュートラルなので音源に味付けされることはありません。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-BD21j レビュー】聞き心地の良い圧迫感のないすっきりサウンド。付属アプリでできることも多く、機能的

AVIOT TE-BD21jはハイブリッド機らしいディテール感の強調はありますが、かなり素朴で穏やかなすっきりしたサウンドを持っています。パッケージクオリティやビルドクオリティにほとんど不満はありませんが、音質はもしかすると地味すぎるように思えるかもしれません。オーディオスペック的にも価格帯で優秀というわけではないですが、付属アプリが比較的機能豊富でユーザビリティは悪くありません。
10000円~20000円

【中華イヤホン FiiO FH3 レビュー】バランスの良い音質と素晴らしいパッケージクオリティ。2万円以下の定番機種

FiiO FH3はボーカルフォーカスの良いフラットに近いサウンドを実現しており、バランスの良いモニターサウンドを求めている人には有力な選択肢です。パッケージングや本体のビルドクオリティ、付属品も値段を考えるととても満足できるレベルで、この価格帯ではかなり有力な選択肢になるはずです。
タイトルとURLをコピーしました