2021-06

$100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Sonic Pro レビュー】透明度の高い中域重視のスタジオチューニング。甘やかな美しいボーカルと透明感の高い楽器音が味わえる。邦楽、J-POP向き

SoundPEATS Sonic Proは母音重視の日本語音域にフォーカスされるサウンドを持つ、邦楽やJ-POPを楽しむ日本人向きのサウンドを持っています。それは中域はほとんどニュートラルで甘く明るいボーカル中心に楽しめるようになっており、中高域の印象度が高い華やかなサウンドです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 レビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335のサウンドは拡張性に欠ける低域重視のドンシャリサウンドで、太く濃厚感があるのは悪くないポイントです。しかし、ダイナミズムに乏しく、躍動感に欠けるので、これで聴く音楽には活力が足りず、面白みに欠けます。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2 USB DAC Headphone AMP

Shanling UA2をレビューしました。ESS Sabre ES9038Q2Mを使用するのはこれで3台目です。最初はCayin N6ii E02 Dual ES9038Q2M(1300ドル)とTopping D10s/A50(300ドル)でした。このUA2は、私がこれまでに聴いたESS Sabre DACの中で、最もアナログ的で有機的な音がします。
有線ヘッドホン

ミキシング&レコーディング用ベストモニターヘッドホンカタログ[2021年6月号]

このガイドでは様々な予算、ニーズに対応する、2021年現在で手に入れるべき、最高のスタジオ・ヘッドホンをご紹介します。それらはプロユースやアマチュア作曲家向きであるだけでなく、オーディオファンのコレクションに加える価値がある製品です。
Shuoer

人気中華イヤホンメーカー「Shuoer」製品カタログ[2021年6月号]

静電型ドライバー搭載機種など、高品質でおなじみ。大人気中華イヤホンブランド「Shuoer」製品を一気に紹介します。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】Ovidius B1 headphone Amp

Ovidius B1、この不思議なDAC/Ampには、「リアル」という言葉がぴったりです。全体的な音の再現性は、透明で自然な音を出すことに細心の注意を払っています。技術的に優れているだけでなく、非常に有機的でもあります。このB1は、録音物の性質を明らかにし、どんな欠点も聴き取ることができます。何かをやり過ぎようとする気配はありません。全く色づけされていないのです。滑らかさのレベルはちょうどよく、高域は自然に伸び、低域は熟成された繊細さがにじみ出て、中域は自然に鮮やかで、しかも違和感がありません。何よりも驚いたのは、音の広がりと空気感、音場の広さと適度な深さが、間違いなく最高レベルであるということです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 レビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は深みのある低域と艶やかな中高域が楽しめるドンシャリサウンドを持つ完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質も良好で、ワイヤレス充電や低遅延のゲームモードにも対応しており、総合力は高い製品です。
100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】THX Onyx headphone DAC/AMP

THX Onyxを愛する最大の要因は、バイノーラル体験にも似たホログラフィックなイメージングによる超ワイドな音場です。カミソリのようなシャープさはありませんが、レイヤーの分離は正確で、非常に深みがあります。これまでドングルで聴いた中で最も広い音場であり、実際にCayin N6ii E02やTopping D10s/A50よりも広い音場です。私のEtymotic ER2XRをフルサイズのヘッドフォンのように聴かせてくれました。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS520 mk2 レビュー】低域重視のドンシャリサウンド。ダイナミックで重厚な音楽が楽しめる。通信品質は良い

JPRiDE TWS520mk2は低域重視のドンシャリサウンドを持った完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質はかなり良好で、使い勝手も良いので、この価格帯では悪くないかもしれませんが、サウンドはオーディオマニア向きとは言い難いところがあります。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape レビュー】拡散音場に基づいた豊かな広がりのある音場感が魅力。響きの奔流に包まれるように音楽を楽しめる

Shuoer Tapeは拡散音場に基づく響きの豊かな、没入感の高いサウンドを持っているのが特徴です。クリア感も高く、音の明瞭性に優れています。響きの豊かさは音場の広さを印象的に拡大し、音楽の世界の中にまるごと没入できるような懐の深い表現をもたらします。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン YIHAI K1 レビュー】低域重視の重厚なサウンド。落ち着いた奥行き感のあるサウンドを持つ。良好な装着感を持ち、使い勝手は良い

YIHAI K1は低域重視のドンシャリサウンドを持ち、比較的小さな音量でも低域がしっかり聞こえ、音楽の全体像も把握しやすいのがポイントです。聞き疲れ感も少なく、聴き心地が良いのも美点です。通信品質も安定しており、装着感も良好なので、使い勝手も悪くありません。
$100~$200

【海外レビューまとめ】Xiaomi FlipBuds Pro

Xiaomiは先日、アクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンの新製品「FlipBuds Pro」を発売しました。今日はそのFlipBuds Proの海外レビューをまとめて紹介します。
30000円~50000円

【開放型ヘッドホン GRADO SR325e レビュー】中域がにぎやか、かつ華やかに聞こえるGRADOサウンドの王道。GRADOミドルレンジの定番機種

GRADO SR325eはGRADOらしい中域によくフォーカスされた色気たっぷりのサウンドを聴かせてくれます。金管をはじめ楽器音は華やかで、それこそ花開くように艶やかな色彩感があります。キレの良いドラムサウンドも元気で、聴いているだけで活力を与えてくれる、楽しいサウンドです。
タイトルとURLをコピーしました