完全ワイヤレスイヤホン

【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。
ランキング

【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング

有線ヘッドホンのaudio-soundスコアランキングです。
ランキング

【ランキング】有線イヤホン おすすめランキング

有線イヤホンのaudio-soundスコアランキングです。
有線イヤホン

【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

Audiosense DT600はDAPやポタアン、据え置きアンプなど、音響機器を多数持つ人こそ喜びを感じるような、非常にマニアックなイヤホンです。このイヤホンは本当に、接続する機器によって音が変化するため、アンプやリケーブルを駆使して自分好みの駆動を楽しむ人向けのコアな商品です。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Lotoo PAW S1

Lotoo PAW S1 (Firmware Version 3)について、私がこの美しさに「シルキー」や「スムース」という言葉を何度も使っていることがお分かりになるでしょう。それは、この非常にアナログ的で有機的なサウンドのDAC/Ampを表現するのに最適な例えであり、すべてを洗練された成熟した滑らかさで処理するからです。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC レビュー】それは完成されたSoundPEATS T2ですか?いいえ、別のなにかでした。

JPRiDE TWS-5 ANCは機能面では改善されたSoundPEATS T2です。ANCの効きは少し悪くなったようですが、ANC時のノイズは風切り音くらいに減り、使い勝手が改善されています。音質はSoundPEATS T2に劣るので、これをあえて選ぶ必要はないでしょう。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】E1DA 9038D & 9038SG3 Susumu

E1DA 9038Dは、ポータブルオーディオ愛好家の間で非常に人気の高いDAC/Ampモデルのひとつです。E1DA 9038シリーズは、ES9038Q2Mの実装をさらに洗練させ、熟成させ、巧みなチューニングを施したものだと言わざるを得ません。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Hidizs S3 Pro

Hidizs S3 Proをレビューしました。この小さくてかわいいドングルは、なかなかの目玉商品です。S3 Proは、Hidizsの優れたチューニング能力と同様に、Hidizs S9とS9 Proの大きな兄弟製品に見られるような洗練されたデザインを持っています。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン SHURE SRH1540 レビュー】優れたニュートラルレコーディングモニター。広い音域を丁寧に映し出すSHURE最高の名機の一つ

SHURE SRH1540は非常に高い名声を誇っていますが、たしかにそのサウンドは極めて良質なニュートラルサウンドであることが確認できました。その最大の魅力は忠実性の高い音源の全体像の提示能力にあり、完成曲のイメージを確認するレコーディングモニターとしての優秀性にあります。
20000円~30000円

【中華イヤホン CCZ Plume レビュー】中域から中高域にかけて丁寧にチューニングされている良機種。ただ中低域の膨張が好みを分けるかもしれない

CCZ Plumeは比較的日本人向きと言えるチューニングであることは事実なので、第一印象では多くの曲が気持ちよく聞こえるかもしれません。全体のイメージング性能は価格を考えると平凡ですが、中低域重視の太いサウンドが好きなら気に入る可能性はあります。
$100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Sonic Pro レビュー】透明度の高い中域重視のスタジオチューニング。甘やかな美しいボーカルと透明感の高い楽器音が味わえる。邦楽、J-POP向き

SoundPEATS Sonic Proは母音重視の日本語音域にフォーカスされるサウンドを持つ、邦楽やJ-POPを楽しむ日本人向きのサウンドを持っています。それは中域はほとんどニュートラルで甘く明るいボーカル中心に楽しめるようになっており、中高域の印象度が高い華やかなサウンドです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 レビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335のサウンドは拡張性に欠ける低域重視のドンシャリサウンドで、太く濃厚感があるのは悪くないポイントです。しかし、ダイナミズムに乏しく、躍動感に欠けるので、これで聴く音楽には活力が足りず、面白みに欠けます。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2

Shanling UA2をレビューしました。ESS Sabre ES9038Q2Mを使用するのはこれで3台目です。最初はCayin N6ii E02 Dual ES9038Q2M(1300ドル)とTopping D10s/A50(300ドル)でした。このUA2は、私がこれまでに聴いたESS Sabre DACの中で、最もアナログ的で有機的な音がします。
有線ヘッドホン

ミキシング&レコーディング用ベストモニターヘッドホンカタログ[2021年6月号]

このガイドでは様々な予算、ニーズに対応する、2021年現在で手に入れるべき、最高のスタジオ・ヘッドホンをご紹介します。それらはプロユースやアマチュア作曲家向きであるだけでなく、オーディオファンのコレクションに加える価値がある製品です。
Shuoer

人気中華イヤホンメーカー「Shuoer」製品カタログ[2021年6月号]

静電型ドライバー搭載機種など、高品質でおなじみ。大人気中華イヤホンブランド「Shuoer」製品を一気に紹介します。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】Ovidius B1

Ovidius B1、この不思議なDAC/Ampには、「リアル」という言葉がぴったりです。全体的な音の再現性は、透明で自然な音を出すことに細心の注意を払っています。技術的に優れているだけでなく、非常に有機的でもあります。このB1は、録音物の性質を明らかにし、どんな欠点も聴き取ることができます。何かをやり過ぎようとする気配はありません。全く色づけされていないのです。滑らかさのレベルはちょうどよく、高域は自然に伸び、低域は熟成された繊細さがにじみ出て、中域は自然に鮮やかで、しかも違和感がありません。何よりも驚いたのは、音の広がりと空気感、音場の広さと適度な深さが、間違いなく最高レベルであるということです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 レビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は深みのある低域と艶やかな中高域が楽しめるドンシャリサウンドを持つ完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質も良好で、ワイヤレス充電や低遅延のゲームモードにも対応しており、総合力は高い製品です。
100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】THX Onyx

THX Onyxを愛する最大の要因は、バイノーラル体験にも似たホログラフィックなイメージングによる超ワイドな音場です。カミソリのようなシャープさはありませんが、レイヤーの分離は正確で、非常に深みがあります。これまでドングルで聴いた中で最も広い音場であり、実際にCayin N6ii E02やTopping D10s/A50よりも広い音場です。私のEtymotic ER2XRをフルサイズのヘッドフォンのように聴かせてくれました。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS520 mk2 レビュー】低域重視のドンシャリサウンド。ダイナミックで重厚な音楽が楽しめる。通信品質は良い

JPRiDE TWS520mk2は低域重視のドンシャリサウンドを持った完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質はかなり良好で、使い勝手も良いので、この価格帯では悪くないかもしれませんが、サウンドはオーディオマニア向きとは言い難いところがあります。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape レビュー】拡散音場に基づいた豊かな広がりのある音場感が魅力。響きの奔流に包まれるように音楽を楽しめる

Shuoer Tapeは拡散音場に基づく響きの豊かな、没入感の高いサウンドを持っているのが特徴です。クリア感も高く、音の明瞭性に優れています。響きの豊かさは音場の広さを印象的に拡大し、音楽の世界の中にまるごと没入できるような懐の深い表現をもたらします。