2022-05

3000円~5000円

【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-

CCA CRA+はCRAの中域が暗いことに不満を覚える場合に、選択肢に入るかもしれません。
1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい

KZ EDX Ultraは価格以上のオーディオスペックとビルドクオリティを持つ優れたイヤホンですが、高域で癖が出やすく、それが弱点になりやすいという欠点を持っています。
10000円~20000円

【中華イヤホン Hidizs Mermaid MM2 レビュー】オーディオスペックは価格以上。独自ダクトチューニング搭載。全体バランスはどのノズルも低域寄り

Hidizs Mermaid MM2は独特のダクトチューニングシステムを備え、オーディオスペックも悪くなく、ビルドクオリティや付属品も魅力的な、価格帯ではかなり優れた機種です。
10000円~20000円

【中華イヤホン Yu9 U-556 レビュー】ER4Bの弱点を克服し、より自然な質感を実現した優れたEtymoticクローン

Yu9 U-556は優れた質感表現を持つEtymoticライクイヤホンで、中域がより正確であるという点でオリジナルER4Bに勝るサウンドを持っています。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン 1more EVO レビュー】独特の中域充実系サウンドは好みを分ける。ビルドやANCは十分に価格に見合う機能的なイヤホン

1more EVOはかなり癖の強いサウンドを持っており、その点はやや人を選ぶかもしれません。
10000円~20000円

【中華イヤホン Yu9 U-554 レビュー】よくできたエティモティッククローン。ER4Bの代替機。ボーカル曲やASMR用にお勧め

Yu9 U-554はよくできたEtymotic Research ER4Bのクローンモデルです。
3000円~5000円

【中華イヤホン Audiosense TX15 レビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド

Audiosense TX15は低域が強調され、中域が引っ込むV字型サウンドを持っています。
100000円~200000円

【中華イヤホン UniqueMelody Maverick Ti レビュー】UniqieMelodyらしく無難に仕上がった機種

10万円以上という条件で選ぶなら、UniqueMelody Marverick Tiはその外観のビルドクオリティとサウンドは価格の水準を満たしているので、概ねおすすめしやすい機種であると思われます。
3000円~5000円

【中華イヤホン Moondrop CHU レビュー】妥協しないブランドのエントリークラスは一味違う

Moondrop CHUはKATOで得られた知見を活かして作られた「小KATO」ともいうべきエントリークラス中華イヤホンです。
タイトルとURLをコピーしました