HiFiGO

5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP DN3:コスパの名の下に

BGVP DN3は、キラーイヤホンと言えるかって?恐らくそれはないでしょう。しかし、その予算内では良いものであり、おそらく価格よりは高価な音がするでしょう。もしこのイヤホンのプレゼンテーションがあなたに合っていて、必要な出力を備えた予算内の良いプレーヤーを持っているなら、その組み合わせは素晴らしいものになるでしょう。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン See Audio Bravery:マジェスティック・ノワール

個人的には、See Audio Braveryは価格以上の価値を提供していると思っています。この製品の倍の価格のIEMでも、同様の音のパフォーマンスを聴いたことがあります。SeeAudio Braveryは、間違いなくキープです。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン KBEAR Aurora:クリスピー・ブルー

昨今のIEM市場における激しい競争の中で、メーカーは常により良い製品を作るために限界に挑戦し続けています。それは、KBEARのフラッグシップIEMであるAuroraも同様です。オールラウンダーとしてのAuroraは、必ずや運命づけられた北極星のように輝くことでしょう。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン 7Hz Timeless:スムーズ・オペレーター

私がこの7Hz TImelessを手に入れようと確信したのは、「ブレードランナー」のような未来的なデザインと、美しいアルマイト加工されたブラックシェルの不思議な魅力でした。正確な仕様を確認する気にもならなかったので、ちょっと馬鹿げているのは分かっていますが、後で心配することにします。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン NiceHCK Lofty レビュー:ベリリウム・フラッグシップ!

長年のシングル・ダイナミックNiceHCK Loftyは、その豊かで滑らかな音の調性で、ピュアベリリウム振動板の魔法をもたらします。私がLoftyに夢中になっているのは、Loftyの音色、解像度、透明感のおかげです。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TFORCE Yuan Li レビュー:美しさの追求

長年のシングル・ダイナミック・ドライバーIEM愛好家として、TFORCE Yuan Liが発売された瞬間、私は簡単にその魅力に惹かれました。李淵とは、唐の初代皇帝(618年〜907年)のことです。その名が示すように、Yuan Liは優雅さと威厳に満ちています。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン CCZ Plume レビュー:黄金の輝き、魅惑のサウンド!

CCZ Plumeはとても美しいIEMです。見た目は超豪華で、美しく楽しいサウンドシグネチャーを持っています。自然な雰囲気を持つ音で、魅力的で没入感のあるサウンドを生み出します。正直、私はこのサウンドがとても気に入りました。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Lotoo PAW S1

Lotoo PAW S1 (Firmware Version 3)について、私がこの美しさに「シルキー」や「スムース」という言葉を何度も使っていることがお分かりになるでしょう。それは、この非常にアナログ的で有機的なサウンドのDAC/Ampを表現するのに最適な例えであり、すべてを洗練された成熟した滑らかさで処理するからです。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】E1DA 9038D & 9038SG3 Susumu

E1DA 9038Dは、ポータブルオーディオ愛好家の間で非常に人気の高いDAC/Ampモデルのひとつです。E1DA 9038シリーズは、ES9038Q2Mの実装をさらに洗練させ、熟成させ、巧みなチューニングを施したものだと言わざるを得ません。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Hidizs S3 Pro

Hidizs S3 Proをレビューしました。この小さくてかわいいドングルは、なかなかの目玉商品です。S3 Proは、Hidizsの優れたチューニング能力と同様に、Hidizs S9とS9 Proの大きな兄弟製品に見られるような洗練されたデザインを持っています。
$100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2

Shanling UA2をレビューしました。ESS Sabre ES9038Q2Mを使用するのはこれで3台目です。最初はCayin N6ii E02 Dual ES9038Q2M(1300ドル)とTopping D10s/A50(300ドル)でした。このUA2は、私がこれまでに聴いたESS Sabre DACの中で、最もアナログ的で有機的な音がします。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】Ovidius B1

Ovidius B1、この不思議なDAC/Ampには、「リアル」という言葉がぴったりです。全体的な音の再現性は、透明で自然な音を出すことに細心の注意を払っています。技術的に優れているだけでなく、非常に有機的でもあります。このB1は、録音物の性質を明らかにし、どんな欠点も聴き取ることができます。何かをやり過ぎようとする気配はありません。全く色づけされていないのです。滑らかさのレベルはちょうどよく、高域は自然に伸び、低域は熟成された繊細さがにじみ出て、中域は自然に鮮やかで、しかも違和感がありません。何よりも驚いたのは、音の広がりと空気感、音場の広さと適度な深さが、間違いなく最高レベルであるということです。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】THX Onyx

THX Onyxを愛する最大の要因は、バイノーラル体験にも似たホログラフィックなイメージングによる超ワイドな音場です。カミソリのようなシャープさはありませんが、レイヤーの分離は正確で、非常に深みがあります。これまでドングルで聴いた中で最も広い音場であり、実際にCayin N6ii E02やTopping D10s/A50よりも広い音場です。私のEtymotic ER2XRをフルサイズのヘッドフォンのように聴かせてくれました。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】xDuoo 最新の真空管ハイブリッドアンプシリーズを一挙紹介:MT-601,602,604

最新の真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ「MT」シリーズは、「MT-601(シングルチューブ)」「MT-602(デュアルチューブ)」「MT-604(クアッドチューブ)」の3製品からなります。「MT-601」と「MT-602」がシングルエンド出力のみをサポートしているのに対し、「MT-604」は4.4mmと4pinのXLRポートを備えたフルバランスのインターフェースを提供しています。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、比類のない音質パフォーマンスを実現します。もしワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
タイトルとURLをコピーしました