HiFiGO

20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Lotoo PAW S1

Lotoo PAW S1 (Firmware Version 3)について、私がこの美しさに「シルキー」や「スムース」という言葉を何度も使っていることがお分かりになるでしょう。それは、この非常にアナログ的で有機的なサウンドのDAC/Ampを表現するのに最適な例えであり、すべてを洗練された成熟した滑らかさで処理するからです。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】E1DA 9038D & 9038SG3 Susumu

E1DA 9038Dは、ポータブルオーディオ愛好家の間で非常に人気の高いDAC/Ampモデルのひとつです。E1DA 9038シリーズは、ES9038Q2Mの実装をさらに洗練させ、熟成させ、巧みなチューニングを施したものだと言わざるを得ません。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Hidizs S3 Pro

Hidizs S3 Proをレビューしました。この小さくてかわいいドングルは、なかなかの目玉商品です。S3 Proは、Hidizsの優れたチューニング能力と同様に、Hidizs S9とS9 Proの大きな兄弟製品に見られるような洗練されたデザインを持っています。
$100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2

Shanling UA2をレビューしました。ESS Sabre ES9038Q2Mを使用するのはこれで3台目です。最初はCayin N6ii E02 Dual ES9038Q2M(1300ドル)とTopping D10s/A50(300ドル)でした。このUA2は、私がこれまでに聴いたESS Sabre DACの中で、最もアナログ的で有機的な音がします。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】Ovidius B1

Ovidius B1、この不思議なDAC/Ampには、「リアル」という言葉がぴったりです。全体的な音の再現性は、透明で自然な音を出すことに細心の注意を払っています。技術的に優れているだけでなく、非常に有機的でもあります。このB1は、録音物の性質を明らかにし、どんな欠点も聴き取ることができます。何かをやり過ぎようとする気配はありません。全く色づけされていないのです。滑らかさのレベルはちょうどよく、高域は自然に伸び、低域は熟成された繊細さがにじみ出て、中域は自然に鮮やかで、しかも違和感がありません。何よりも驚いたのは、音の広がりと空気感、音場の広さと適度な深さが、間違いなく最高レベルであるということです。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】THX Onyx

THX Onyxを愛する最大の要因は、バイノーラル体験にも似たホログラフィックなイメージングによる超ワイドな音場です。カミソリのようなシャープさはありませんが、レイヤーの分離は正確で、非常に深みがあります。これまでドングルで聴いた中で最も広い音場であり、実際にCayin N6ii E02やTopping D10s/A50よりも広い音場です。私のEtymotic ER2XRをフルサイズのヘッドフォンのように聴かせてくれました。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】xDuoo 最新の真空管ハイブリッドアンプシリーズを一挙紹介:MT-601,602,604

最新の真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ「MT」シリーズは、「MT-601(シングルチューブ)」「MT-602(デュアルチューブ)」「MT-604(クアッドチューブ)」の3製品からなります。「MT-601」と「MT-602」がシングルエンド出力のみをサポートしているのに対し、「MT-604」は4.4mmと4pinのXLRポートを備えたフルバランスのインターフェースを提供しています。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、比類のない音質パフォーマンスを実現します。もしワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP NS9 開封&クイックレビュー:パワフルで骨太

BGVP NS9は、V字型のサウンドシグネチャーを持ち、非常にパワフルな低音域のレスポンスと疲労感のないウォームなトーンが特徴です。もしあなたが低音派で、スムーズなサウンドのペアを探しているのであれば、BGVP NS9のインパクトのある表現を気に入ることは間違いないと思います。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。
200000円~300000円

【HiFiGOレビュー】Oriolus DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」

今日、私がチェックするのは、レトロで伝統的な雰囲気を持ち、カセットウォークマンプレーヤーを持ち歩いていた学生時代に戻ってしまうような、全く新しいOriolus DPS-L2です。今日は、この美しいデバイスの開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。
$50~$100

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2:開封&クイックレビュー「ポケットの中のハイレゾ」

Shanlingはここ数年、IEM、デジタルオーディオプレーヤー、USBポータブルDAC/AMPなどの高品質なポータブル製品を常に開発しています。本日は、その最新のポータブルUSB DAC/AMPであるShanling UA2についての話題を提供します。Shanlingはここ数年、IEM、デジタルオーディオプレーヤー、USBポータブルDAC/AMPなどの高品質なポータブル製品を常に開発しています。本日は、その最新のポータブルUSB DAC/AMPであるShanling UA2についての話題を提供します。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。そのフラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8は国内外で高い評価を得ています。この記事ではM8のレビュー記事を紹介しています。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Aria 2:開封&クイックレビュー

Moondrop Ariaは、このブランドの輝かしい製品群の中でもかなり堅実な製品です。CNC加工された金属製のシェルを使用した優れた構造、パンチの効いた低音域、鮮明なボーカル、きらめく高音域のレスポンスなど、かなりのサウンドパフォーマンスを備えています。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Softears RSV:開封&クイックレビュー

Softears RSVが提供するのは、ユーザーにとって非常に興味深く楽しい体験です。開封からエンドユーザーエクスペリエンスに至るまで、製品自体と同様に、贅沢でプレミアムな体験に満ちています。私はMoondropのチューニングのファンですが、RSVを聴けば、SoftearsとR&Dチームを共有していることが明らかで、出力は魅力的であり、私を夢中にさせます。
$300~$500

【HiFiGOレビュー】DUNU EST112:開封&初期レビュー

最近、DUNUは最初のトリプルハイブリッドインイヤーモニターのモデルであるDUNU EST112を発表しました。私は自分のためにこのイヤホンのサンプルユニットを手に入れました。今日は、DUNU EST112の開封とファーストインプレッションをご報告します。