HiFiGO

【HiFiGOレビュー】AFUL Performer 5:ザ・フューチャー・オブ・ハイブリッズ30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】AFUL Performer 5:ザ・フューチャー・オブ・ハイブリッズ

AFUL Performer 5は、最後までソリッドで素晴らしいユニットです。エキゾチックな技術の応用は、WOW要素を浸透させるのに失敗しない音響性能に変換されます。私は、よりニュートラルなサウンドのIEMに固執しているのですが、P5は私を驚かせました。
【HiFiGOレビュー】JCally AP105000円~10000円

【HiFiGOレビュー】JCally AP10

JCally AP10を総括すると、汎用性と信頼性の高いドングルDAC/アンプとして非常に優秀な製品です。サウンドチューニングだけで、実質的にどんなパートナーにも適応できることが最大の強みであり、ほとんどすべてのものと相乗効果を発揮することができるのです。
【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM

OLA Bは、Bassという名前にもかかわらず、よりニュートラルなサウンドを好む人、あるいはブライトニュートラルなチューニングを好む人にアピールすることができます。
【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション1000円~3000円

【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション

TANGZU Wan'er S.Gは私の好みです。最大級のコスパが期待できるWan'er S.Gは、私の観点では控えめで気楽な、バランスのとれた演奏家です。
【HiFiGOレビュー】SeeAudio Bravery AE(Anniversary Edition):ザ・ブレイヴ、リファインド&グレイスフル30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】SeeAudio Bravery AE(Anniversary Edition):ザ・ブレイヴ、リファインド&グレイスフル

Bravery AEは、私が投げかけるものなら何でもできるように思えるほど、見事に完成されたIEMです。どんなジャンルでも、どんなクオリティのソースでも、私の耳には中毒性のあるサウンドに聴こえました。
【HiFiGOレビュー】7Hz 715000円~10000円

【HiFiGOレビュー】7Hz 71

7Hz 71は素晴らしいサウンドのドングルということは ― シンプルな事実です。非常にニュートラルで、解像度が高く、技術的に明確であるため、驚くほどお得なデバイスとなっています。
【HiFiGOレビュー】Kinera Celest Gumiho5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Kinera Celest Gumiho

Gumihoは最終的に、活気に満ちた、技術的に有能な出力を持つ、良い音のIEMです。短所はあちこちにありますが、この価格帯では非常に無視しやすいものです。長所は短所よりも優れています。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド

59ドルという価格を考えると、T2 DLCを誰でも簡単に好きになってしまうでしょう。多くの点でほぼ完璧で、リスニング体験全体を損なうことがなく、非常に最小限の短所しかありません。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン HZSOUND Heart Mirror Pro:ベース・リッチ・ハーツ・オブ・ミラー10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン HZSOUND Heart Mirror Pro:ベース・リッチ・ハーツ・オブ・ミラー

まとめると、HZSOUND Heart Mirror Proは、80ドルという価格に見合った堅実なパフォーマンスであると言えるでしょう。HMと比較して低音が重いにもかかわらず、HM Proはよりバランスの取れたサウンドで、多くの人を魅了することが証明されました。活気があり、楽しく、スムーズです。技術的な面でいくつかの欠陥がありますが、HM Proが非常にペースの速い音楽を聴くために使用されない限り、それは本当に破滅的なものではありません。
【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M320000円~30000円

【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M3

MUSE HiFi M3は最高のペアリングを実現しており、ほとんどのIEMとヘッドホンに適応する高い柔軟性があります。
【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M15000円~10000円

【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M1

MUSE HiFi M1は、カジュアルなオーディオの嗜好を満たすことができる、もう一つの素晴らしい小型DAC/アンプです。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER D1320000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER D13

正直なところ、D13は私が通常好むようなサウンドシグネチャーを提供しません。私はよりフラットでニュートラルなサウンドを好みます。しかし、音楽を楽しむということは、最終的には聴く楽しみのためであり、この点で、D13はその要求に完璧に応える一台と言えるでしょう。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER x Z Review Z1220000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER x Z Review Z12

LETSHUOER x Z review Z12は楽しく、まとまりのある、クリーンでビッグなサウンドのユニットで、たくさんの重低域を備えています😃
【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii

Shimin Liのサウンドシグネチャーは、ニュートラルで、高音域のレスポンスがない分、低音のブーストがややウォームなトーンに偏っていると表現できるでしょう。
【HiFiGOレビュー】Moondrop Moon River 220000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Moon River 2

Moondropは、このMoon River 2で期待に応えてくれました。Moon River 2は、ニュートラルで有機的でありながら、組み合わせる相手によってアナログ的なニュアンスが感じられる絶妙なバランスに仕上がっているのが大きな特徴です。
【HiFiGOレビュー】HiBy FC5 MQA BAL10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】HiBy FC5 MQA BAL

FC5がいかにパワフルであるかは、私にとって最も喜ばしいことの一つです。要求度の高いIEM/ヘッドホン/イヤホンでは限界があるFC3とは異なり、FC5はFostex T40RP MK3という、感度91dbという最も駆動が難しいことで有名な平面磁気ヘッドホンでも驚くべき駆動能力を発揮してくれました。
【HiFiGOレビュー】TempoTec Sonata HD V5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】TempoTec Sonata HD V

TempoTec Sonata HD Vは、非常によくチューニングされたドングルアンプです。Sonata HD Proの遺産を引き継ぎ、ニュートラルで明るいサウンドが特徴です。
【HiFiGOレビュー】Shanling UA520000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA5

最終的に、Shanling UA5は非常によく調整されたESS Sabre DAC/Ampであり、すでにその種のサウンドシグネチャーが好きな人たちに大いにアピールすることでしょう。特に技術的なことに関しては、成熟と洗練が至る所に見られます。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス

この価格帯のChi-fi IEMの多くが、ハーマン的な、Vカーブしたサウンドにチューニングされている中で、TANCHJIM OLAは新鮮なものを提供してくれます。
【HiFiGOレビュー】Whizzer DA1 Cube5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Whizzer DA1 Cube

Whizzer DA1 Cubeのレビューをお届けしました。本機の最大の魅力、それは携帯用として超高性能であることです。
スポンサーリンク