HiFiGO

20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Moon River 2

Moondropは、このMoon River 2で期待に応えてくれました。Moon River 2は、ニュートラルで有機的でありながら、組み合わせる相手によってアナログ的なニュアンスが感じられる絶妙なバランスに仕上がっているのが大きな特徴です。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】HiBy FC5 MQA BAL

FC5がいかにパワフルであるかは、私にとって最も喜ばしいことの一つです。要求度の高いIEM/ヘッドホン/イヤホンでは限界があるFC3とは異なり、FC5はFostex T40RP MK3という、感度91dbという最も駆動が難しいことで有名な平面磁気ヘッドホンでも驚くべき駆動能力を発揮してくれました。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】TempoTec Sonata HD V

TempoTec Sonata HD Vは、非常によくチューニングされたドングルアンプです。Sonata HD Proの遺産を引き継ぎ、ニュートラルで明るいサウンドが特徴です。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA5

最終的に、Shanling UA5は非常によく調整されたESS Sabre DAC/Ampであり、すでにその種のサウンドシグネチャーが好きな人たちに大いにアピールすることでしょう。特に技術的なことに関しては、成熟と洗練が至る所に見られます。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス

この価格帯のChi-fi IEMの多くが、ハーマン的な、Vカーブしたサウンドにチューニングされている中で、TANCHJIM OLAは新鮮なものを提供してくれます。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Whizzer DA1 Cube

Whizzer DA1 Cubeのレビューをお届けしました。本機の最大の魅力、それは携帯用として超高性能であることです。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン SeeAudio X Crinacle Yume Midnight:バランスド・パフォーマンス

私がYume Midnightに感銘を受けたのは、その総合的な性能にあります。音色のバランスもよく、物事をきちんと整理してくれます。真の意味でのニュートラルなデバイスではありませんが、楽しくも繊細な成熟したパフォーマンスで五感を楽しませるように設計されています。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】xDuoo LINK2 BAL

音楽的な要素と技術的な要素の明確なバランスは、Link2 BALの最大の強みです。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】Audirect BEAM 3S

Audirect BEAM 3Sには、BEAMシリーズのチューニングの遺産であるニュートラルさ、成熟度、力強さがよく表れています。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Hidizs S3 Proについてのレビューまとめ

Hidizs S3 Proは、コンパクトな形状でありながら、きちんとしたパンチのあるサウンドを持ち、魅力的な価格帯の素晴らしいUSB DAC/AMPのように見えます。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop KATOについてのレビューまとめ

これらのレビューを見るだけでも、Moondrop Katoが本当にかなり面白そうだということがわかります。このペアは、美しく構築され、本当にまともなサウンドチューニングを持っており、豪華な品質のアクセサリーが詰め込まれています。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRN VX Pro:ヴィーサウンド・ダン・ライト

TRN VX Proには、本当に感心させられました。このような性能を発揮するとは思ってもいませんでした。非現実的な期待で独りよがりに失望するよりも、むしろ嬉しい驚きを感じたいものです。TRN VX Pro、それは価格以上のクオリティを提供します。買う価値は十分にあります。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T3 Plus:ディファイニング・バランス

結局のところ、T3 Plusは、非常に競争力のある価格で大きな価値を提供するIEMであることは間違いありません。T3 Plusは、多くの音源と相性が良く、簡単に装着できるユニットです。T3 Plusが5/5の満点評価に値する真の宝石であることを確信させられました。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TinHiFi P1+:プラナー・センセーションズ

TinHiFi P1+は、P1を感度を上げてそのまま進化させたモデルです。オリジナルP1を愛用している人は、このP1+も気に入るでしょう。感度の変更に伴い、P1+の高域がわずかに改善されていますが、それ以外の点では、両者の音色、トーン、特性はほぼ同じです。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TKZK Wave:バランスド・パフォーマー

TKZK Waveは、"Jack of All Trade and Master of None(器用貧乏)”をコンセプトにしています。高い能力を持つソースを必要としない、イージーでカジュアルなリスニングのために設計されています。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Kato:Moondropのベストシングルダイナミックイヤホン(By Super* Reviews)

Moondrop Katoは、傑出したディテールの再現性とパンチの効いたローエンドのレスポンスで、音楽から素晴らしいディテールを見事に引き出してくれます。私たちは、プロのレビュアーや世界中のお客様がMoondrop Katoを気に入ってくださっていることをとても嬉しく思っています。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】TempoTec Sonata E44

TempoTec E44は最もパワフルで、リファレンスグレードの忠実さ、並外れた相乗効果、素晴らしいトーンバランス、優れた互換性、非常に使い勝手の良い機能、コンパクトで頑丈な作り、敏感な人とそうでない人のペアリングのための優れたデュアル性など、5つ星のパフォーマーにふさわしい。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP DN3:コスパの名の下に

BGVP DN3は、キラーイヤホンと言えるかって?恐らくそれはないでしょう。しかし、その予算内では良いものであり、おそらく価格よりは高価な音がするでしょう。もしこのイヤホンのプレゼンテーションがあなたに合っていて、必要な出力を備えた予算内の良いプレーヤーを持っているなら、その組み合わせは素晴らしいものになるでしょう。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン See Audio Bravery:マジェスティック・ノワール

個人的には、See Audio Braveryは価格以上の価値を提供していると思っています。この製品の倍の価格のIEMでも、同様の音のパフォーマンスを聴いたことがあります。SeeAudio Braveryは、間違いなくキープです。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン KBEAR Aurora:クリスピー・ブルー

昨今のIEM市場における激しい競争の中で、メーカーは常により良い製品を作るために限界に挑戦し続けています。それは、KBEARのフラッグシップIEMであるAuroraも同様です。オールラウンダーとしてのAuroraは、必ずや運命づけられた北極星のように輝くことでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました