【ハイエンドイヤホン SHURE KSE1500 レビュー】元祖静電型イヤホン

【ハイエンドイヤホン SHURE KSE1500 レビュー】元祖静電型イヤホン 300000円~500000円
SHURE KSE1500

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

SHURE KSE1500の概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • ソリッドで硬質な音が好き
  • SHUREファン

基本スペック

audio-soundスコア
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:7.5/10.0
  • 中域:8.5/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

長所と短所

長所

  • 中域への適切なフォーカス
  • ソリッドなサウンド
  • 明るい音

短所

  • クリア感に欠ける
  • 分離感は良くない
  • 原音忠実的ではない
  • ローファイサウンド
  • 立体感に欠ける
  • エッジ感やシャープさに欠ける
  • 硬すぎて不自然に聞こえる質感

SHURE KSE1500の特徴

  • オーディオ再生の好みを管理する4つのカスタマイズ設定
  • D4バンド・パラメトリックEQは5つのプリセット設定を搭載
  • シンプルな操作性で、アンプの設定を素早く簡単に行えます。
  • 静電技術を応用したSound Isolating Earphones初のシングルMicroDriverデザイン
  • 音源との高い相関性により、比類ないオーディオの透明度とディテールを実現。静電技術により、最も速く正確な過渡応答が可能
  • USB充電式バッテリーを内蔵し、コンピューターからUSBオーディオをストリーミングする場合でも、付属の壁掛け充電器やコンピューターから簡単に充電することができます。
  • 軽量で人間工学に基づいたイヤホン形状は、快適なサウンドアイソレーションスリーブが周囲のノイズを37dBまでブロックしながら耳の疲労を最小限に抑えます。
  • カスタムデザインのイヤホンケーブルは、各導体を特別に分離しています
  • Micro-B to LightningおよびMicro-B OTGケーブルを含む付属のアクセサリにより、Mac、PC、iOSおよびAndroidデバイスと互換性あり
  • オーディオコントロールの強化により、オーディオ再生の忠実度を高めるためのユーザーフレンドリーなオプションが追加された
    • USB経由のデジタルオーディオ入力と、3.5mm(1/8インチ)ライン入力/スイッチ経由のアナログ信号パスの、デジタルまたはアナログ入力信号処理の選択が可能
    • デジタルオーディオ入力信号処理のビット深度。16ビットまたは24ビット。24bit/96kHzは、日本オーディオ協会が検証するハイレゾリューション・オーディオ規格に準拠。
  • Shureの品質基準に基づき製造されたブラックアルミ削り出しハウジングを採用したShureプレミアムフィット&フィニッシュ&コンストラクション

KSE1500は、最先端の静電技術をベースにしています。各マイクロドライバー・サウンド・アイソレーティング静電イヤホンは、電荷の振動を管理するバックプレートによって生成された静電フィールドに囲まれた、実質的に無重量、無質量のダイアフラムを特徴としています。この技術により、最も速く、最も正確な過渡応答が得られ、比類のないオーディオの透明度とディテールを実現します。

KSE1500は、マイクロUSB経由のデジタルオーディオと、ダイレクトラインイン経由のアナログオーディオを処理することが可能です。また、変換せずに純粋なアナログ信号としてバイパスすることも可能です。USBデジタル・アナログ・コンバーター(DAC)は、ポータブル・ソースやコンピュータからのアナログまたはデジタル・オーディオを変換する機能を備えています。

【KSE1500】 8年の歳月を費やし開発 世界初のコンデンサー型イヤホンシステム

世界初

シングルMicroDriver搭載のKSE1500コンデンサー型高遮音性イヤホンシステムは、高遮音性イヤホンにコンデンサー技術を適用した初のモデル(特許取得)。電荷振動をマネージするバックプレートが生成する静電界に囲まれた低質量ダイヤフラムを搭載。

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
———————————————————————SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
—————————————-SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
———————————————————————SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
—————————————-SHURE KSE1500

付属品

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
  • Micro-Bライトニングケーブル
  • Micro-B OTGケーブル
  • Micro-B USBケーブル
  • 3.5mmケーブル 15.2cm
  • 3.5mmケーブル 91.4cm
  • レザーキャリングケース
  • イヤホンキャリングケース
  • イヤパッド
  • 航空機内用アダプター
  • 6.3mmアダプタ
  • アッテネーター
  • ケーブルクリップ
  • マイクロファイバー製クリーニング用クロス
  • セキュリティバンド 2本
  • USB電源アダプター
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

 

パッケージ(7.5)

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

SHURE KSE1500は豪華なパッケージで提供されます。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • 専用アンプ
  • Micro-Bライトニングケーブル
  • Micro-B OTGケーブル
  • Micro-B USBケーブル
  • 3.5mmケーブル 15.2cm
  • 3.5mmケーブル 91.4cm
  • レザーキャリングケース
  • イヤホンキャリングケース
  • イヤパッド
  • 航空機内用アダプター
  • 6.3mmアダプタ
  • アッテネーター
  • ケーブルクリップ
  • マイクロファイバー製クリーニング用クロス
  • セキュリティバンド 2本
  • USB電源アダプター
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

ビルドクオリティ(8.0)

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

装着感(9.0)

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

装着感は良好です。

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

JH Audio JH16v2 Pro Universal Frequency Response (RAW)
Shure KSE1500 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

LetShuoer D13(Silverノズル)のオーディオステータス(ほかのノズルは有料記事に掲載されています)
SHURE KSE1500のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

SHURE KSE1500中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
【中華イヤホン KB EAR KS1 レビュー】温かみのある自然な質感のボーカル表現が心地よいイヤホン

KB EAR KS1はコスパに優れたボーカルホンです。それは温かみのある空間の中で、自然な質感のボーカルと楽器音を聴かせ、甘く調和的でノスタルジックな音楽を楽しませてくれます。全体的に浸りやすいサウン Read more

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP NS9 開封&クイックレビュー:パワフルで骨太

BGVP NS9は、V字型のサウンドシグネチャーを持ち、非常にパワフルな低音域のレスポンスと疲労感のないウォームなトーンが特徴です。もしあなたが低音派で、スムーズなサウンドのペアを探しているのであれば Read more

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

KSE1500の低域はかなりリニアで深くまでよく伸びています。

中域とのバランス感覚もよいように思えますが、個人的には存在感が物足りないですね。好みもあるでしょうが、設定をLow Boostにしたくらいが多くの人にとってちょうどよいように思われます。

全体的に少し量的に物足りなく聞こえがちで、Low Boostでもドラムキックのインパクトがいまいちに思えますね。

中域(8.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:A-
  • 存在感:B

中域

KSE1500は中域が前面に出てくるように調整されています。

総じて明るく、硬い中域です。この中域はソリッド感は十分にあるのですが、エッジ感や輪郭感はいまいちなので、曲の立体感の再現度が悪く、個人的にはつまらない音に思えますね。

ギターエッジにシャープさがなく、バイオリンも軸の力強さがいまいちで直立して聞こえません。ボーカルも少しシャウト感が出やすく、スネアはカチコチに塗り固められたような音でカタカタしています。

高域(7.5)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C

高域

高域の拡張性はあまりよくありません。

中高域が埋没的なせいでシャープさに欠ける音で、輝度は十分なものの、いまいちキレが悪いサウンドです。スネアが抜けが悪くて気色悪い音で聞こえたり、篳篥の音が耳にギンギンして聞こえるのも、こうした中高域の調整の悪さに起因しています。

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

定位/質感

  • 質感の正確性:A-
  • 定位の正確性:C-
  • オーケストラのテクスチャ:C
  • 雅楽のテクスチャ:D-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

SHURE KSE1500でフルオーケストラを聴くのはお勧めできません。30万円以上もこれに費やすなら、そのお金でフルオーケストラの鑑賞にはるかに向くイヤホンを5本は買えそうです。

雅楽もひどい有様です。篳篥の音はギンギンするし、和音も金属的で気色悪く、この世の終わりの音楽かと思うくらいです。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:B
  • イメージング:B+
    • 高域:A+
    • 中域:A-
    • 低域:C+

音場

 

音質総評

  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:C-
  • 個人的な好み:D

音質総評

静電ドライバー技術をイヤホンに搭載したパイオニアであるという事実以外に、SHURE KSE1500の価値は2022年現在、おそらくほとんどありません。

静電型技術はいまやイヤホンで一般的なものになっており、相変わらず少し高価ですが、30万を出す必要はなくなっていますし、KSE1500のようにかさばる専用アンプを持ち運ぶ必要もなくなっています。SHURE KSE1500は一つのメルクマールあるいはマイルストーンであったかもしれませんが、本当にそれは中間地点にしか過ぎませんでした。

2022年の現在、これを購入する意味は好奇心や何かしらの収集趣味、懐古趣味を満たす以外にほとんどないと言えるでしょう。

音質的な特徴

美点

  • 中域への適切なフォーカス
  • ソリッドなサウンド
  • 明るい音

欠点

  • クリア感に欠ける
  • 分離感は良くない
  • 原音忠実的ではない
  • ローファイサウンド
  • 立体感に欠ける
  • エッジ感やシャープさに欠ける
  • 硬すぎて不自然に聞こえる質感
SHURE KSE1500

中域への適切なフォーカス
ソリッドなサウンド
明るい音

SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500
SHURE KSE1500

初音ミクレーシングVer. ESPRESTO est Prints&Texture レーシングミク2020 TeamUKYO応援Ver.

初音ミクレーシングVer. ESPRESTO est Prints&Texture レーシングミク2020 TeamUKYO応援Ver.

初音ミクレーシングVer. ESPRESTO est Prints&Texture レーシングミク2020 TeamUKYO応援Ver.

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SHURE KSE1500
  3. SHURE KSE1500 (Low Boost)
  4. SHURE KSE1500 (Vocal Boost)
  5. SHURE KSE1500 (Loudness)
  6. SHURE KSE1500 (DE-ESS)

総評

SHURE KSE1500はSHUREのイヤホン史に残る栄光の残滓であり、歴史的遺産として燦然と輝く製品です。たとえそのサウンドが古臭く、もはや骨董品に近いとしても、一部の人はそれに数十万円あるいは数百万円のお金を費やす価値があると考えるかもしれません。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

SHURE KSE1500

8.1

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

9.0/10

高域

7.5/10

中域

8.5/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

7.5/10

長所

  • 中域への適切なフォーカス
  • ソリッドなサウンド
  • 明るい音

短所

  • クリア感に欠ける
  • 分離感は良くない
  • 原音忠実的ではない
  • ローファイサウンド
  • 立体感に欠ける
  • エッジ感やシャープさに欠ける
  • 硬すぎて不自然に聞こえる質感

コメント



タイトルとURLをコピーしました