Chi-fi

5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP NS9 開封&クイックレビュー:パワフルで骨太

BGVP NS9は、V字型のサウンドシグネチャーを持ち、非常にパワフルな低音域のレスポンスと疲労感のないウォームなトーンが特徴です。もしあなたが低音派で、スムーズなサウンドのペアを探しているのであれば、BGVP NS9のインパクトのある表現を気に入ることは間違いないと思います。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。
5000円~10000円

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。
3000円~5000円

【中華イヤホン BLON MINI レビュー】比較的定位が明瞭で、艶やかで印象的な中高域と太い低域を持つコントラスト感の高いドンシャリサウンド

BLON MINIは比較的優れた工作精度を持つ低価格帯のイヤホンです。比較的明瞭な定位感と艶やかで印象的な中高域を持っており、第一印象は悪くないでしょう。サウンドの底辺は太く、力強いので艶やかなイヤホンにありがちな音が細く聞こえる印象もあまりありません。
50000円~100000円

【海外レビューまとめ】DUNU EST112

DUNUはDUNU EST112と呼ばれる、DD、BA、および2基のESTドライバーで構成されるトリプルハイブリッドセットアップを備えた最新のハイブリッドIEMをリリースしました。今日はそのDUNU EST112の海外レビューをまとめて紹介します。
200000円~300000円

【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」

今日、私がチェックするのは、レトロで伝統的な雰囲気を持ち、カセットウォークマンプレーヤーを持ち歩いていた学生時代に戻ってしまうような、全く新しいOriolus DPS-L2です。今日は、この美しいデバイスの開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は私のおすすめのリストの上位に来る製品ではありません。それはシャープで近未来的なデザインを持っているにも関わらず、サウンドは鈍く、非常に穏やかな、どこか保守的ですらあると思えるノスタルジックな音色を持っています。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Soloist レビュー】力強く艶やかな歌声フォルマントへのこだわり。非常にクリアなボーカルが迫ってくるような独特のサウンドが楽曲から情熱を引き出し、高い没入感を生む

Shuoer Soloistは1万円台では破格と言えるサウンドを持っています。少なくともオーディオスペックの上では価格を考えると信じられないくらいクリアなサウンドを実現し、まるで天上にいるかのような美しいサウンドを聴かせますが、定位は少し不自然です。
$50~$100

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2:開封&クイックレビュー「ポケットの中のハイレゾ」

Shanlingはここ数年、IEM、デジタルオーディオプレーヤー、USBポータブルDAC/AMPなどの高品質なポータブル製品を常に開発しています。本日は、その最新のポータブルUSB DAC/AMPであるShanling UA2についての話題を提供します。Shanlingはここ数年、IEM、デジタルオーディオプレーヤー、USBポータブルDAC/AMPなどの高品質なポータブル製品を常に開発しています。本日は、その最新のポータブルUSB DAC/AMPであるShanling UA2についての話題を提供します。
有線イヤホン

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。そのフラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8は国内外で高い評価を得ています。この記事ではM8のレビュー記事を紹介しています。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer Conductor レビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorはハーマンターゲットカーブにほとんど忠実で、静電型特有のきわめて品質の高い高域が特徴です。そしてバランス感覚もかなり優れています。マイクロディテールや拡張性に不足を感じますが、総じて完成度は高いです。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Aria 2:開封&クイックレビュー

Moondrop Ariaは、このブランドの輝かしい製品群の中でもかなり堅実な製品です。CNC加工された金属製のシェルを使用した優れた構造、パンチの効いた低音域、鮮明なボーカル、きらめく高音域のレスポンスなど、かなりのサウンドパフォーマンスを備えています。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Softears RSV:開封&クイックレビュー

Softears RSVが提供するのは、ユーザーにとって非常に興味深く楽しい体験です。開封からエンドユーザーエクスペリエンスに至るまで、製品自体と同様に、贅沢でプレミアムな体験に満ちています。私はMoondropのチューニングのファンですが、RSVを聴けば、SoftearsとR&Dチームを共有していることが明らかで、出力は魅力的であり、私を夢中にさせます。
5000円~10000円

【海外レビューまとめ】SoundPEATS T2

SoundPEATS T2の海外での評価は比較的高いようです。ANCをはじめ、動作はやや不安定なように思え、完成度は高くないところがありますが、それでも他に代えがたい独特の魅力を持っている機種です。これらレビューを読むと、サウンドパフォーマンスは価格帯最高というわけではなさそうですが、充分優秀と言えそうです。
タイトルとURLをコピーしました