【中華イヤホン Kiwi Ears Quartet レビュー】豊かな低域でEDMやポップスを楽しく聞かせてくれる高解像ポップチューンサウンド

【中華イヤホン Kiwi Ears Quartet レビュー】豊かな低域でEDMやポップスを楽しく聞かせてくれる高解像ポップチューンサウンド 10000円~20000円
Kiwi Ears Quartet

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Kiwi Ears Quartetの概要

こんな人におすすめ

  • ポップス好き
  • EDM好き
  • 低域重視
  • 解像度重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • 再生周波数:N/A
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:110dB/mW
  • ピンタイプ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

美点

  • 良好な原音忠実度
  • 上品でシック
  • ウォーム
  • 自然な質感
  • 良好なディテール
  • 深みのある低域
  • 優秀な解像度
  • 奥行き感のある音場
  • 奥行き感のある音場

欠点

  • 構築感に欠ける
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 中域の透明度が不足気味

Kiwi Ears Quartetの特徴

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
  • 革新的なダブル10mmチタンダイアフラムドライバーが搭載されており、2基それぞれがデュアル磁気回路で独立して駆動し、非常によく伸びる重低域のキックを実現します。
  • 自然なトーンを持つハーモニックなバランスで、中音域や高音域を濁すことなく、豊かで厚みのある低音を提供します。
  • 搭載されているカスタムバランスド・アーマチュア・ドライバーはQuartetのダイナミック型ドライバーに合わせてチューニングされ、鮮明でクリーンなトーン、甲高さや疲労感のない詳細な高音域を実現します。
  • 高品質の着脱式無酸素銀メッキ銅ケーブルは、軽量でノイズのないオーディオ伝送を可能にします。

Kiwi Ears Quartetの技術仕様

  • MODEL:Kiwi Ears Quartet(キウイイヤーズカルテット
  • ドライバー:10mmダイナミックドライバー(×2)、カスタムバランスアーマチュア(×2)
  • 感度:110db APL/mW
  • インピーダンス:32Ω
  • イヤホン素材: 医療用樹脂
  • ケーブルマテリアル:高品位無酸素銀メッキ銅ケーブル
  • コネクター:0.78mm2ピン
  • ケーブルの長さ:1.2m±5
  • 価格:109.00 USD
Image 4

Kiwi Ears Quartetは、新しいアイソバリック・ダブル・ダイナミック・ドライバー・サブウーファーを中心に設計されています。

この革新的なドライバー設計は、デュアル磁気回路によってそれぞれ独立して駆動されるダブル10mmチタンダイアフラムドライバーを利用しています。この2つのドライバーは、パッシブアライメントにより位相が揃えられ、音波のキャンセルを防いでいます。この新しい設計のサブウーファーは、従来のどのウーファー設計よりもタイトで速く、深い、非常によく伸びた重低域のキックを放出します。

Quartet は、楽しいインイヤーモニターを求めるすべての人に向けた Kiwi Ear の答えであり、必要なすべての質の高い低音を提供します。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

鳴り響く低音

Kiwi Ears Quartetは、新しいアイソバリック・ダブル・ダイナミック・ドライバー・サブウーファーを中心に設計されています。この革新的なドライバー設計は、2つの10mmチタンダイアフラムドライバーを利用し、それぞれがデュアル磁気回路によって独立して駆動します。この2つのドライバーは、パッシブアライメントにより位相が同調し、音波のキャンセルを防ぐことができます。この新しいサブウーファー設計は、これまでのどのウーファー設計よりもタイトで速く、そして深い、非常によく伸びたサブバスのキックを放ちます。Quartet は、楽しいインイヤーモニターを求めるすべての人に向けた Kiwi Ear の答えであり、必要なすべての質の高い低音を提供します。

ハーモニアスバランス

Quartetは低音重視のIEMですが、同時に自然なトーンバランスを目指して調整されています。この目標は、質感のある力強い低音を提供しつつも、中音や高音に濁りや鈍りがないようにすることが中心でした。ダイナミック型ドライバーを350Hzのパッシブローパスネットワークでクロスオーバーさせ、豊かで厚みのある低音をたっぷり聴かせる一方、350〜1kHzの中域は完全にフラットになるようチューニングしました。

これにより、中音域はニュートラルなスタジオモニターのような正確な音色を実現し、中低音域はほのかに暖かみを感じさせます。つまり、Quartetは低音は轟くが、中音はクリーンでフラットなサウンドで、多くのイヤホンに見られる不要な膨張を防ぐことができるのです。

カスタムバランスドアーマチュアドライバー

Quartetは、カスタム中高域バランスド・アーマチュア・ドライバーとカスタム超高域ツイーター・バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載しています。これらのドライバーは、より多くのエアフローを提供するためにチューニングされたベントシステムによって、新しいダイナミックドライバーのバランスに合うように変更されています。Kiwi Earsの伝統に従い、バランスド・アーマチュアは中音域と高音域の自社目標曲率に合うようにパッシブチューニングされています。このため、中音域はボーカルや楽器の音が鈍くなったり鼻にかかったりすることなく、鮮明でクリーンな音色を提供します。また、高音域は、プロフェッショナルな演奏に耐えうる輝きを持つディテールでありながら、甲高さや疲労感のないナチュラルなサウンドです。

推奨される使用方法

Quartetは、ニュートラルなスタジオモニターと考えることができますが、350Hzから始まるサブバスとベースが強調されています。これにより、中低域のボディ、テクスチャー、リッチさが少し増しますが、中音と上音域はニュートラルです。Quartetは、パワフルでインパクトのある低音を必要とするパフォーマンスドラマーやベースギタリストに最適です。また、質の高い低音と自然な音色を求める音楽愛好家にも、Quartetのチューニングバランスは有効でしょう。

Kiwi Earsについて

Kiwi Earsでは、並外れたオーディオ再生の追求により、技術革新と洗練されたチューニング戦略の完璧な融合を実現しています。ミュージシャンとスタジオエンジニアを特に念頭に置き、音楽とパフォーマンスのあらゆるニュアンスを明らかにする最高級のプロフェッショナルインイヤーモニターを製造するために、妥協のない探求を続けています。平凡なものに甘んじることなく、私たちの小さなエンジニアチームは、耳の中にあるものを気にすることなく、あなたが作っている音にもっと集中できるように、各ユニットを手作業で作っています。私たちKiwi Earsは、これまでにない音楽をお届けします。

 

パッケージ(8.0)

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

パッケージは全体として価格の標準以上と言えます。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • キャリングケース
  • マニュアル類
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
MEAOES EAGLE

天空の高みから、鷲のように俯瞰して音楽を見渡すサウンド

MEAOESブランドから、2BA+2DD 4ドライバーハイブリッドイヤホン「Eagle」が発売されました。Eagleは知恵、勇気、自由、そして成功を象徴しています。MEAOESは、知恵と自由に満ちた音楽で私たちの内面を呼び覚まし、鷲のようにジャングルや山を旅し、本物の音を聴かせたいと願っています。

レビュー記事
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

MEAOES Eagle価格を超えたウルトラハイエンドに匹敵する解像度繊細で分析的なサウンドを持つ優れたアナリティカル・モニターです。強い分離感のある非常にディテール感の高いサウンドを持っており、音楽を分析的に楽しみたい人にとって、価格を超えた最高の相棒になる可能性があります。パッケージも豪華で非常に高い満足度を得られるのも美点でしょう。

ビルドクオリティ(8.5)

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

装着感(8.5)

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

装着感は良好です。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

おすすめミュージック
TVアニメ『神無き世界のカミサマ活動』ノンクレジットOP

怪しげな教団の教祖の息子・卜部征人は「産霊(むすび)の儀」という儀式中に命を落として異世界へ転生した。

その世界で彼に待ち受けていたのは……
神と名乗るミタマの力を取り戻すために信者を集めること。
どうやらミタマが発揮できる力の大きさは、信者の数に応じて変わるらしいのだが、肝心な信者数は……まさかの“0”!?

「うそ…ボクの信者、いなさすぎ…」

征人が楽しく暮らしている「カクリ」という村を敵から守るため、また村を発展させるためにはミタマの力が必要だという。
ミタマの力を取り戻すべく、征人はあの手この手を使いながら今日も信者集めに奔走する。
果たして、ミタマの信者は集まるのか。そして、征人はこの世界で生き残れるのか――!
神無き世界で繰り広げられる、ポンコツ神ファンタジーが今はじまる!

怪しげな教団の教祖の息子・卜部征人は「産霊(むすび)の儀」という儀式中に命を落として異世界へ転生した。その世界で彼に待ち受けていたのは……神と名乗るミタマの力を取り戻すために信者を集めること。どうやらミタマが発揮できる力の大きさは、信者の数に応じて変わるらしいのだが、肝心な信者数は……まさかの“0”!?「うそ…ボクの信者、いなさすぎ…」征人が楽しく暮らしている「カクリ」という村を敵から守るため、また村を発展させるためにはミタマの力が必要だという。ミタマの力を取り戻すべく、征人はあの手この手を使いながら今日も信者集めに奔走する。果たして、ミタマの信者は集まるのか。そして、征人はこの世界で生き残れるのか――!神無き世界で繰り広げられる、ポンコツ神ファンタジーが今はじまる!©2023 朱白あおい,半月板損傷/ヒーローズ/カミカツ製作委員会

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Quartet Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

SIMGOT EW100Pのオーディオステータス
Kiwi Ears Quartet(OFF/ON)のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Kiwi Ears Quartetはアンプの出力インピーダンスの影響を受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Kiwi Ears Quartet低域重視のサウンドシグネチャーを持っています。

以下のレビューは最もサウンドバランスの良いと思われるOFF/ONを基準にしてレビューします。評価値はOFF/ONを基準とし、カッコ内に(OFF/OFF・ON/OFF・ON/ON)の評価値を併記します。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
【中華イヤホン Whizzer Kylin HE01 レビュー】価格のわりにクリア感が高く、エッジ感も強いクリスタルサウンド。ビルドとパッケージのクオリティもよい

Whizzer Kylin HE01は音域バランスが良く、上下に優れた拡張性とくっきりした輪郭のきれいなエッジのあるサウンドを持っています。全音域の明晰性をうまく単肥しつつ低歪みのサウンドに仕上げられ Read more

【完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 4 Active レビュー】ANCの性能は価格の標準を満たし、高い機能性と通信品質を持つ。音質も悪くない

Jabra Elite 4 Activeは機能性に優れ、ANCも価格の平均くらいはあり、接続品質は優秀で、品質管理の水準も高く、音質も価格の標準以上であり、悪くない選択肢だと言えます。

低域(9.5)

  • 原音忠実度:S(S/S/S)
  • 臨場感:B+(B+/B+/B+)
  • 深さ:A-(A-/A-/A-)
  • 重み:A-(A-/A-/A-)
  • 太さ:B+(A-/A-/A-)
  • 存在感:B+(A-/A/A-)
低域

Kiwi Ears Quartetの低域はどのスイッチでも基本的に存在感が強めです。

ブーム感が強く、重みの感じられるドラム、黒く広がりのあるベースが魅力的です。ランブルも悪くありませんが、全体的にやや膨張的です。

この低域は量的には低域好きを満足させることができます。基本的にEDMやポップスを好む若い人向けの低域でグルーヴ感を十分に味わいたいという用途に向きます。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-(S-/A+/S-)
  • 厚み:B+(B+/B+/B+)
  • 明るさ:B+(B/B+/B+)
  • 硬さ:B+(B/B/B)
  • 存在感:B(B/B/B)

中域

Kiwi Ears Quartetはチューニングスイッチによって中域の印象がかなり変化します。

たとえば、スイッチ状態がON/OFFのときには中域はかなり凹んだ位置になり、奥行き感が強調されます。反対にOFF/ONではボーカルがかなり前面に出てきます。

OFF/OFFではディテールがもっとはっきりするため、子音や息遣いが明瞭になります。ON/ONでは逆に滑らかで甘やかな声色になり、落ち着いた少し暗い雰囲気でしっとりと聞けます。

中域の雰囲気は明るさをかなり調整でき、奥行き感のあるクラブのようなライブ感のあるON/OFFから、ボーカルがしっかりと前に出てくるOFF/ON、繊細でディテール感の感じられるOFF/OFFまで好きなバランスで調整できます。

中域を重視する場合、最も優れているのはOFF/ONです。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

高域(8.5)

  • 原音忠実度:B(B-/B-/B)
  • 艶やかさ:B(B/B-/B)
  • 鋭さ:B(B-/B-/B-)
  • 脆さ:C+(C+/C+/C)
  • 荒さ:D+(D+/D/D)
  • 繊細さ:D+(C-/D+/D+)
  • 存在感:C(C+/C/C)

高域

Kiwi Ears Quartetの高域は一般的に拡張性では優れていません。極端に不足するというほどでもありませんが、空気感は不足気味で爽快感はないでしょう。

ディテールや繊細さを重視する場合、OFF/OFFが最も優れています。一方でどのスイッチでもクランチ感やエッジ感は不足気味のため、モニター用途では中域の立体感がいまいち引き出せない感じはあるでしょう。基本的にリスニング寄りの調整です。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

定位/質感

  • 質感の正確性:S+(A+/B+/A+)
  • 定位の正確性:C+(B+/B/C+)
  • オーケストラのテクスチャ:A-
  • 雅楽のテクスチャ:A-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

フルオーケストラを楽しむイヤホンとしてKiwi Ears Quartetは悪くない選択肢です。どのスイッチ位置でも重厚感に不足はありません。OFF/ONの状態で中域の質感が最も正確です。一方でディテールと奥行き感を重視する場合はOFF/OFFが良いでしょう。マルチハイブリッドという構成上の問題から、中域の透明度はやや不足気味です。

雅楽は少し音が柔らかめで聞こえやすい傾向があります。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B
  • イメージング:A-
    • 高域:S-
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

低域の深さは標準を満たし、中域はスイッチに位置によって変わりますが、おおむね奥行きが強調されて聞こえる傾向があり、高域の高さは物足りません。

クリア感は価格の水準を満たしていますが、場合によって少し物足りないかもしれません。

イメージング性能は抜群に近いです。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

 

音質総評

  • 原音忠実度:A(A/A-/A-)
  • おすすめ度:A+
  • 個人的な好み:A+

音質総評

Kiwi Ears QuartetはEDMやクラブミュージック、ポップスなど普段楽しんでいる低域寄りの音が好きなユーザー向けに様々なバランスのサウンドが楽しめます。

基本的にはどのスイッチ位置でもモニター向けというよりはリスニング寄りのサウンドです。

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

音質的な特徴

美点

  • 良好な原音忠実度
  • 上品でシック
  • ウォーム
  • 自然な質感
  • 良好なディテール
  • 深みのある低域
  • 優秀な解像度
  • 奥行き感のある音場
  • 重厚感のあるサウンド

欠点

  • 構築感に欠ける
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 中域の透明度が不足気味
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
【中華イヤホン Kiwi Ears Quartet レビュー】豊かな低域でEDMやポップスを楽しく聞かせてくれる高解像ポップチューンサウンド

良好な原音忠実度
優れた解像度
グルーヴ感のある低域

Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet
Kiwi Ears Quartet

POP UP PARADE 天穂のサクナヒメ

POP UP PARADE 天穂のサクナヒメ

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + Loxjie D30を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Quartet(OFF/OFF)
  3. Kiwi Ears Quartet(ON/OFF)
  4. Kiwi Ears Quartet(OFF/ON)
  5. Kiwi Ears Quartet(ON/ON)

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Quartet(OFF/OFF)
  3. Kiwi Ears Quartet(ON/OFF)
  4. Kiwi Ears Quartet(OFF/ON)
  5. Kiwi Ears Quartet(ON/ON)

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Quartet(OFF/OFF)
  3. Kiwi Ears Quartet(ON/OFF)
  4. Kiwi Ears Quartet(OFF/ON)
  5. Kiwi Ears Quartet(ON/ON)
LOXJIE D30

エントリークラスの値段で、フラッグシップの性能

アップデートされたLOXJIE D30です。ESS社の新型DAC「ES9068AS」を搭載し、123dBの超高SNRと0.0001%(-120dB)の超低歪み定格が実現されました。その性能はフラッグシップDACとほぼ同等になっております。対応ファイルフォーマットにおいて、新たに完全なMQAデコードに対応し、更に、光入力と同軸入力はMQA-CDにも対応!第2世代のXMOSプログラムを使用し、最大32bit / 768kHzのPCMサンプリングレートをサポートし、DSD512までのDSDがサポートできます。


ThieAudio GHOST
ThieAudio GHOST

総評

Kiwi Ears QuartetEDMやポップスを愛する若者向きのポップチューンサウンドを提供してくれるノリのいいイヤホンです。低域はブームが豊かでグルーヴ感があり、スイッチによってクラブハウスのような奥行き感のある音場からボーカルがよく聞こえるスタジオチューン風のサウンドまで好きな音を選ぶことができます。

 【特集】コスパ最強中華イヤホンコレクション 2023

Trustear ZEROは低価格でありながら、優れた水準の音質を提供するだけでなく、ハイエンドにも匹敵するパフォーマンスを持っています。パッケージも価格の水準以上で、全体的に購入して損はすることはまずないと言えるイヤホンでしょう。文句なくお勧めできる製品の一つと言えます。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Kiwi Ears Quartet

8.8

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

8.5/10

中域

9.5/10

低域

9.5/10

歪みの少なさ

7.5/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • 良好な原音忠実度
  • 上品でシック
  • ウォーム
  • 自然な質感
  • 良好なディテール
  • 深みのある低域
  • 優秀な解像度
  • 奥行き感のある音場
  • 奥行き感のある音場

短所

  • 構築感に欠ける
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 中域の透明度が不足気味

コメント



タイトルとURLをコピーしました