LETSHUOR S12 PRO:14.8mm平面駆動型ドライバー搭載HiFi中華イヤホン

LETSHUOWE S12 Pro
LETSHUOWE S12 Pro

LETSHUOR S12 PROの特徴

  • 銀メッキ単結晶銅ケーブルとスワップ可能なジャック
  • 5軸マシニング加工
  • バランスド・シャーシ・デザイン
  • 人間工学に基づいたデザイン

LETSHUOR S12 PROの技術仕様

  • 感度:102dB
  • 歪率:0.5% ±0.1%
  • インピーダンス:16Ω±1Ω
  • コネクター:0.78デュアルピン
  • ジャック:2.5mm/3.5mm/4.4mmスワップ可能
  • シャーシ材質:アルミニウム合金
  • 機械加工:CNC
  • ドライバー:平面磁性体
  • ドライバ径:14.8mm
  • 周波数特性:20~20kHz
  • ケーブル:392本単結晶銅線
  • 付属品:
    • メモリーフォーム、スタンダード、トランスペアレントの3種類のイヤーチップ。各セットには3つのサイズがあります
    • 2.5mm / 3.5mm / 4.4mmアダプター付き純正ケーブル
    • フェイクレザー製キャリングケース
    • 取扱説明書、品質保証書
TINHIFI T2 DLC

大ヒットモデルが大好評を受けてリブート

LETSHUOERから待望の平面磁性体ドライバーIEM「S12 Pro」が発表されました。広々とした音場、パワフルな低音、美しいボーカルなど、比類ないサウンドパフォーマンスを実現するために特別に開発された14.8mmの大型平面ドライバーを搭載しています。

S12 Proは、新開発のディープスペースブルーのイヤーシェルを採用。LETSHUOERは、S12 Proのチューニングを変更し、パンチの効いた低音域とバランスのとれたサウンドプロフィールを確保しました。また、各チャンバーにベントホールを設け、耳圧の上昇を最適化する音響構造も再設計されました。S12 Proの主なアップグレードは、オリジナルのS12と比較して、ケーブルです。新しいS12 Proでは、LETSHUOERは高純度銀メッキ単結晶銅ケーブルをスワップ可能なターミネーションプラグと一緒にバンドルしています。

TINHIFI T2 DLC

カスタム14.8mm平面型マグネットドライバー

LETSHUOER S12 PROは、カスタム14.8mm大口径振動板ドライバーを採用し、細部の再現性、パンチのある低音とクリアな高音域を実現しました。102dbの高感度は、携帯電話やドングルDACなど、ほとんどのソースやアンプとの組み合わせで、簡単にボリュームを駆動することができます。

TINHIFI T2 DLC

銀メッキ単結晶銅ケーブル(スワップ可能なジャック付き)

LETSHUOER S12 PROには、銀メッキ単結晶銅を使用し、4本の98芯を織り込んだ純正ケーブルが付属しています。標準的な0.78mmデュアルピンコネクタで終端し、もう一方の端は2.5mm / 3.5mm / 4.4mmジャックのスワップ可能なジャックになっています。非常に多くのソースギアやIEMに対応します。マグネット式平面イヤホン オーディオファンや音楽愛好家のためのHi-Fi平面インイヤーモニターです。

TINHIFI T2 DLC

5軸マシニング加工

LETSHUOER S12 Proのアルミシャーシは、コンチャにぴったりとフィットするような形状に仕上げられています。5軸CNCマシニング加工により、滑らかな手触りの仕上げです。強度と手触り、そして鋭いエッジがないことです。シャーシはミニマリズムのプロファイルで登場し、残響を最小限に抑えるために音響室内のゆとりをあまり持たせていません。デュアルピンレセプタクルはフェースプレートから突出した別部品で、異形状が歪みを引き起こさないように配慮しています。

TINHIFI T2 DLC

バランスド・シャーシ設計

LETSHUOER S12 PROのシャーシデザインは、前作を踏襲しています。両サイドに設けられた複数のベントホールは、外耳道内の負圧の蓄積を緩和し、聴覚を保護するのに有効です。また、リアアコースティックチャンバーを独立させた設計により、チャンネルマッチングをより安定させることができます。音質面では、フロントとリアの音響室の構造設計により、筐体内部の圧力を効果的に排出し、より自然な音を実現しています。

TINHIFI T2 DLC

人間工学に基づいた設計のディテール

イヤホンのコネクターがIEMの側面からわずかに突き出ているため、ケーブルのイヤーフックが内側にねじれることなく、耳に心地よくフィットするようになっています。また、レセプターは筐体を少しくぼませることで、製品の長寿命化にも配慮しています。

新着レビュー記事