【ハイエンドヘッドホン Sivga SV023 レビュー】フラットで原音忠実性が高く、開放型らしい高さと開放感のある高域を持ち、広く聞こえるウォームで聴き心地の良い高解像な中域を持つ、Sivgaのフラッグシップリスニングヘッドホン

【ハイエンドヘッドホン Sivga SV023 レビュー】フラットで原音忠実性が高く、開放型らしい高さと開放感のある高域を持ち、広く聞こえるウォームで聴き心地の良い高解像な中域を持つ、Sivgaのフラッグシップリスニングヘッドホン 50000円~100000円
Sivga SV023

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにSivgaから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Sivga SV023の概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • 解像度重視
  • 爽やかな音が好き
  • 没入感重視
  • 装着感重視

基本スペック

  • 再生周波数:20Hz-40000Hz
  • インピーダンス:300Ω±15%
  • 感度:105dB
  • 価格帯:50000円~100000円

audio-soundスコア
Sivga SV023
Sivga SV023

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:6.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

長所

  • 優秀な解像度
  • 明るい中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 響きが豊かで没入感がある
  • まろやかでメロウ
  • 包まれ感がある
  • ウォームで聴き心地が良い
  • 開放的で爽快感がある
  • 比較的正確な質感
  • フラットで原音忠実度が高い

短所

  • 低域の深さに欠ける
  • 構築感の不足
  • 輪郭描写の不足
  • 分離感が悪い

Sivga SV023の特徴

Sivga SV023
Sivga SV023
  • クラシック – SV023はクラシックなスタイルを継続し、プレミアム天然無垢クルミ材の素材をヘッドフォンチャンバーシェルとして選び、伝統的な職人技に忠実なものを使用しています。 真ん中にステンレスメッシュを加えて、重ね着感覚を高めます。
  • 着用デザイン – 人間工学に基づいた形状のデザインによると、レザーヘッドバンドは可鍛性があり快適です。 適切な回転角度を持つ特殊な形状のイヤーカップは、耳の圧迫を防ぎ、しっかりと密閉します。
  • ドライバー – ドライバーハウジングは航空アルミニウム合金製です。 ダイヤフラムの周辺は輸入LCP複合フィルムで、ダイヤフラムの中心部はベリリウムでメッキされています。 マグネットは高性能なNdFeb素材。
  • サウンド – SV023の低音は十分な量でコントロールされています。 中間周波数は温かみのあるボーカルでマイルド。 トレブルは自然で絶妙です。 ワイドなサウンドステージと優れた分離により、素晴らしい音楽シーンが楽しめます。
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023

 

パッケージ(8.0)

Sivga SV023
Sivga SV023

パッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

  • ヘッドホン本体
  • 4.4mm→3.5mmアダプター
  • キャリングケース
  • 説明書
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
RMEオーディオインターフェイス特集
RMEは、ドイツ・ミュンヘンに近いハイムハウゼンという町で1996年に設立されました。以来、音楽レコーディング/ 制作、放送、ライブ、音声解析といった「音のプロフェッショナル」のジャンルでトップ・クラスの信頼度を誇るメーカーになりました。プロフェッショナルの現場からの厳しい要求に応えることにより鍛えられた高い音質と安定性は、オーディオインターフェイスというかたちでスタジオだけでなく、ご家庭やモバイル環境でもその真価を発揮します。マイスターの国が生み出したオーディオインターフェイスによる、その透明無垢なサウンドをぜひご体感ください。
ADコンバーター比較試聴 - マスタリング・フローにADI-2 Pro FSを導入する理由
Babyface / Fireface シリーズ

音質改善のカギは、音の入口と出口。それを担うオーディオインターフェイスに搭載されるクロックの精度は、音質を決める重要なファクターとなります。Babyface / Firefaceシリーズを含むRME製品には、SteadyClockという高精度で超低ジッターな独自のクロック技術が搭載されており、高い技術に裏打ちされた自社開発のドライバーと相まって、圧倒的な低レイテンシーと安定性を実現します。そしてファームウェア (無償提供) の更新により、5年10年と長期に渡って最新の環境に対応した状態で使い続けることができるため、コスト・パフォーマンスにも長けています。音楽制作やライブの現場作業に限らず、ご家庭でゆったりと音楽を楽しむ為のPCオーディオ用途でも高い人気を誇っています。

Fireface UCX II

RMEオーディオインターフェイスの新たなスタンダードモデル。最大20の録音チャンネルと20の再生チャンネル、SteadyClock FS、高性能マイク入力、内蔵パラメトリックEQ、USB録音機能、全ての機能を制御可能なスタンドアローン・モード機能を搭載。多彩な入出力に、プロフェッショナル・レコーディングを実現するスペック、RMEの定評ある安定性、必要な全てを備える機能群。それらをハーフラック・サイズに凝縮したRMEの新定番。

Babyface Pro FS

大ヒットのBabyface Proをさらに洗練させた後継モデル。
「SteadyClock FS」の搭載によって、1000 兆分の1 秒 (フェムト秒) 単位での正確なDAコンバージョンを実現。よりクリーン、より高解像のサウンドを提供します。
ADI-2 Pro FS と同じオペアンプを使用し、出力THDが最大10dB改善。また、ヘッドホンアンプとしての性能が大きく向上。3.5mmのヘッドホン出力は最大90mWまで対応し、出力インピーダンスは2Ωから0.1Ωまで減少しています。妥協のないサウンドを追及した傑作のUSB バスパワー対応オーディオインターフェイスです。

ADI-2 Pro シリーズ PCM768/DSD256 に対応した究極のAD/DA

PCM768/DSD256に対応した究極のAD/DA
2チャンネルながら、フルバランス回路の10レイヤー基盤や、定評のあるニチコンのオーディオ用不分極電解コンデンサーMUSEを使用したりと、アナログのクオリティに徹底的にこだわった、マスタリング、オーディオ鑑賞向けのモデル。 PCM384やPCM768、DSD256と言ったスーパー・ハイ・サンプルレートでの録音を行うオーディオ・インターフェイスとしても、オーディオ鑑賞用のDACとしても、価格以上の音質を提供する一台です。
ヘッドフォン・アンプとしても秀逸で、独自の回路設計によるバランス駆動でのヘッドフォン音質は圧巻です。

RME ADI-2シリーズExtreme Powerヘッドフォン出力 - ヘッドフォンの性能を最大限に引き出すアウトプット・ステージ

ADI-2 Pro FS R Black Edition

最大サンプルレート768kHzならびにDSDの再生/録音にも対応した超高精度AD/DAコンバーターであるADI-2 Proは、USB DAC、USBオーディオインターフェイス、さらにハイエンドなヘッドフォン・アンプとしても今までにない品質で提供するためにデザインされました。「ADI-2 Pro FS R Black Edition」は、S/N比が117 dBから120 db (123dBA) に向上し、歪みはフル・デジタル・レベルで-120 dB に改善されています。アナログXLR、RCA出力には2.5 dBのヘッドルームが追加され、歪みのないサンプル間ピークの上限が+4 dBFSにまで引き上げられます。また、ADI-2 DAC FSで採用された高機能で便利なマルチ・リモート・コントローラーが付属します。

ビルドクオリティ(8.5)

Sivga SV023
Sivga SV023

ビルドクオリティは価格の水準を満たしています。

Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023

装着感(8.5)

Sivga SV023
Sivga SV023

装着感は良好です。

Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023

PRESONUS オーディオインターフェイス 製品比較表

ルイジアナ州で設立されたPreSonus Audio Electronicsは、プロクオリティのオーディオ製品をハイコストパフォーマンスで提供し、世界各国のオーディオ・プロフェッショナル、ミュージシャン、アマチュアから高い評価を受けています。 DAWシステムのコントローラーやソフトウェアから、スピーカー、デジタルミキサーまで、長年培ってきた技術と実績により、業界でも最高水準の品質・信頼にて斬新な製品を提供しています。

PreSonus | Revelator io24製品紹介

PRESONUSのオーディオインターフェイスは、クオリティとコストパフォーマンスを両立したStudio USB-Cシリーズや、iOSなどのスマートデバイスにも対応した携帯性に優れるAudioBoxシリーズを始め、信頼性と時代を先駆ける斬新さを兼ね備えた多様な機種が提供されています。多数ある中から最適な機種をお選びいただけるよう、性能や機能の違いが一目でわかる比較表をご用意しました。

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Sivga SV023のオーディオステータス
Sivga SV023のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Sivga SV023はアンプの出力インピーダンスの影響をわずかに受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

Dani Bennett Spragg on Recording with the Orion Studio Synergy Core

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回はFiiO M15につないでレビューしています。

Sivga SV023フラットに近いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Sivga SV023
Sivga SV023
【密閉型ヘッドホン MEZE 99Classics レビュー】MEZEの名を不朽にしたという伝説的で有名なヘッドホン……。高い解像度の明るい音場は悪くないが、基本的に首を絞められたアヒルのようなうるさいサウンドが不快

MEZE 99Classicsはブランドの名を不朽にしたという伝説的なヘッドホン……のはずです。実際最新のVGPでも部門金賞を取るくらい、高く評価されています。私が興味を持ったのも、そうした「生ける伝 Read more

【中華イヤホン KZ PR1 HiFi レビュー】優れた原音忠実度とレンジ感

KZ PR1 HiFiは優れたレンジ感と原音忠実性を持つサウンドバランスに優れたイヤホンです。平面駆動型ドライバーらしく制動特性にも優れており、音質面ではかなり魅力的です。

低域(6.5)

  • 原音忠実度:A
  • 臨場感:C+
  • 深さ:B-
  • 重み:B
  • 太さ:B+
  • 存在感:C+

低域

Sivga SV023は中低域重視の調整で深さはあまり期待できません。Sivgaはこのヘッドホンでウォーム感を重視して調整したそうですが、たしかに測定値からもウォーム感が非常に重視されていることがわかります。開放型というせいもあり、全体的に腰高に聞こえます。

バスドラムの太さは悪くありませんが、重みと深さに欠け、ランブルは弱めです。

エレキベースは黒さに少し欠け、引き締まりは悪くはありませんが、やや明るめでじんわりとしたエッジのサウンドで聞こえます。

全体的に引き締まりが悪いので、低域好きを満足させることは期待できませんが、温かみのある音が好きなら悪くないでしょう。

Sivga SV023
Sivga SV023

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

Sivga SV023の中域は中心部付近がかなり前面に出てきて非常に明るく聞こえ、質感もかなり正確に聞こえますが、中心部が凹んでおり、フラットではありません。

SV023の中域はクランチ感やエッジ感はやや弱めで、全体的に耳当たりが優しく、やや構築感に欠けます。

ボーカルはやや前屈みに聞こえやすく、女声ボーカルが少し上気し、色気が強調されて聞こえる反面、少しシャウト感が目立ちやすい傾向があります。

一方で中域は厚みも十分にあるので、シャウト感が目立っても、声色からふくよかさは失われないため、充実感が不足するということはありません。適度な響きの中で比較的自然に音楽の中心部を楽しめる、比較的良質なリスニング向けの中域と言えます。解像度も良好です。

ただし、直線性には欠けるため、モニターとして使うには曇り感が少し強く、物足りません。

Sivga SV023
Sivga SV023

高域(9.0)

  • 原音忠実度:B-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:C
  • 繊細さ:C+
  • 存在感:C

高域

Sivga SV023の高域は精細感を意識して調整されています。開放型らしい拡張性の良さもあり、高域は比較的高くまで伸びて開放的です。

全体的に中域に比べると少しエネルギーが抑えられていますが、全体は比較的直線的でバイオリンや木管の倍音もかなりきれいに伸びるため、定位感も悪くありません。

とはいえ、中高域は相対的にエネルギーが足りておらず、ボーカルの上でスカスカする感じがあり、それが中域の密度感を和らげて余裕を感じさせ、まろやかさを生み出し、聞き心地をよくしているところがあるものの、やや分離を悪くしています。

とくに音楽の立体感をがっちりと掴みたいという用途では、いまいち音の輪郭や骨組みといったところでの構築感の再現性不足のせいで全体の印象がぼやけて面白いところが聞こえにくいという人もいるでしょう。

没入感があるのでリスニング用途にはいいですが、もう少し本格的な音楽鑑賞に使うには、少し物足りないという人もいそうです。

一方で高いほうの高域はディテールや繊細さに不足がなく、高さも十分で爽快感は多くの人が満足できる水準にあり、フルオーケストラでも十分な高さを感じられるでしょう。

Sivga SV023
Sivga SV023

定位/質感

  • 質感の正確性:A+
  • 定位の正確性:B+
  • オーケストラのテクスチャ:A-
  • 雅楽のテクスチャ:A-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

SV023は高域のスケール感とダイナミズムをかなり再現できるため、とくに主役となる弦楽や垂直軸となる木管の再現度は十分で、フルオーケストラの楽しさをかなり引き出してくれます。低域は深さや重みで物足りないですし、中域が少し曇り気味で質感の再現度は悪くないものの、はっきりと聞こえにくく、少しドライでみずみずしさに欠けるところがありますが、全体的な解像度も高く、没入感に優れたサウンドを持っています。

雅楽も篳篥の伸びは十分で、和音も印象的に聞こえます。エッジ感は適度に抑えられているので、耳当たりが丸く、まろやかで聞き心地が安定しているのは美点かもしれません。

Sivga SV023
Sivga SV023

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:A
    • 高域:A+
    • 中域:A
    • 低域:B

音場

低域の深さは標準より物足りず、中域は前面に近いですが奥行き感が強調され、高域の高さは標準より少し優れています。

クリア感は価格以上です。

イメージング性能は抜群以上で、ウルトラハイエンド並みです。

 

音質総評

  • 原音忠実度:S-
  • おすすめ度:A+
  • 個人的な好み:A+

音質総評

総じてSivga SV023はブランドのフラッグシップにふさわしいヘッドホンとしてよく調整されており、ウルトラハイエンドクラスの解像度と、全体としてかなりフラットと言える優秀な原音忠実度、聞き心地に配慮したウォームでリスニングライクな没入感のあるサウンドを備え、かなり高く思える価格設定を十分に正当化しています。

ただし、SV023は構築感は不足気味で、全体の直線性も高いとは言えず、透明度は価格帯の標準は満たしていますが、同価格帯のモニターヘッドホンに比べるとだいぶ物足りません。つまり、それはモニター用途に使うには信頼性が低すぎ、モニターヘッドホンのサウンドを好む人々の選択肢ではないでしょう。

それは優秀なリスニングヘッドホンです。Sivga自身が充実感がある、リッチな雰囲気のリスニングサウンドを目指して設計したと言っていますが、その目的は十分に実現されています。

価格が価格なため、音質的に抜群にコスパが良いという感じではありませんが、総合的な音響性能は価格以上を実現しています。少なくとも同価格帯の開放型では上位レベルと言えそうです。

Sivga SV023
Sivga SV023

音質的な特徴

美点

  • 優秀な解像度
  • 明るい中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 響きが豊かで没入感がある
  • まろやかでメロウ
  • 包まれ感がある
  • ウォームで聴き心地が良い
  • 開放的で爽快感がある
  • 比較的正確な質感
  • フラットで原音忠実度が高い

欠点

  • 低域の深さに欠ける
  • 構築感の不足
  • 輪郭描写の不足
  • 分離感が悪い
  • 重厚感に欠ける
【ハイエンドヘッドホン Sivga SV023 レビュー】フラットで原音忠実性が高く、開放型らしい高さと開放感のある高域を持ち、広く聞こえるウォームで聴き心地の良い高解像な中域を持つ、Sivgaのフラッグシップリスニングヘッドホン

響きが豊か
広く聞こえ、明るい中域
開放的かつフラット

Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
Sivga SV023
 

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム SAKURA Ver.

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + Loxjie D30を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Sivga SV023

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Sivga SV023

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Sivga SV023
LOXJIE D30

エントリークラスの値段で、フラッグシップの性能

アップデートされたLOXJIE D30です。ESS社の新型DAC「ES9068AS」を搭載し、123dBの超高SNRと0.0001%(-120dB)の超低歪み定格が実現されました。その性能はフラッグシップDACとほぼ同等になっております。対応ファイルフォーマットにおいて、新たに完全なMQAデコードに対応し、更に、光入力と同軸入力はMQA-CDにも対応!第2世代のXMOSプログラムを使用し、最大32bit / 768kHzのPCMサンプリングレートをサポートし、DSD512までのDSDがサポートできます。


ThieAudio GHOST
ThieAudio GHOST

総評

Sivga SV023全体がフラット高域方向の伸びが良く、いかにも開放型ヘッドホンらしい、明るく繊細で爽快感のあるサウンドを実現しています。ウォームでリスニングライクに調整された、やや広めに聞こえる中域を持ち、全体が高解像快適な没入感のあるリスニングを可能にしてくれる、優れたヘッドホンと言えるでしょう。もちろん欠点がないわけではなく、それは透明度は価格の水準を満たしていますが、優れてはおらず、構築感と直線性に欠けるため、モニター的な用途では正確性に欠けます。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Sivga SV023

8.6

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

9.0/10

中域

9.5/10

低域

6.5/10

歪みの少なさ

8.0/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • 優秀な解像度
  • 明るい中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 響きが豊かで没入感がある
  • まろやかでメロウ
  • 包まれ感がある
  • ウォームで聴き心地が良い
  • 開放的で爽快感がある
  • 比較的正確な質感
  • フラットで原音忠実度が高い

短所

  • 低域の深さに欠ける
  • 重厚感に欠ける
  • 構築感の不足
  • 輪郭描写の不足
  • 分離感が悪い

コメント



タイトルとURLをコピーしました