HiBy

中価格帯デジタルオーディオプレーヤーの2022年最新おすすめ機種を紹介! FiiO

中価格帯デジタルオーディオプレーヤーの2022年最新おすすめ機種を紹介!

この記事では、デジタルオーディオプレーヤーに関する特定の要因について議論し、また、500ドルの予算の下で現在市場で入手可能な最高のミドルレンジレベルのDAPのいくつかについて紹介します。
HiBy RS2:R2Rミュージックプレーヤー $300~$500

HiBy RS2:R2Rミュージックプレーヤー

Darwinオーディオ・アーキテクチャは、HiBy自社開発の全く新しいハイレゾ音源処理アーキテクチャです。従来のR2R技術を大幅に改良し、R2Rネットワークの直線性補正、可変FIRフィルタ、高調波コントローラ、NOS/OSスイッチなど、スタジオレベルの機能をポータブル機器に搭載しています。また、自社内で調整可能なフレキシブルなアーキテクチャにより、本機と次機の進化に無限の可能性を秘めています。
HiBy RS2 50000円~100000円

HiBy RS2

HiBy RS2は、驚くべきDarwin R2Rテクノロジーを、小型で汎用性の高いフォームファクターであなたのポケットにお届けします。音楽的で生き生きとした音の特徴をユーザーに詰め込んだ、かなり期待できるデバイスです。
【HiFiGOレビュー】HiBy FC5 MQA BAL 10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】HiBy FC5 MQA BAL

FC5がいかにパワフルであるかは、私にとって最も喜ばしいことの一つです。要求度の高いIEM/ヘッドホン/イヤホンでは限界があるFC3とは異なり、FC5はFostex T40RP MK3という、感度91dbという最も駆動が難しいことで有名な平面磁気ヘッドホンでも驚くべき駆動能力を発揮してくれました。
【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber 50000円~100000円

【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber

2/19にHibyから新作DAP「Hiby R5 Saber」が発売されます。この新しいAndroidデジタルオーディオプレーヤーの実像について、いち早く公開されている海外のレビューから迫ってみたいと思います。Hiby R5との違いも解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました