【中華イヤホン Kiwi Ears Orchestra Lite レビュー】穏やかに音楽の満ちる陽だまりのような空間を作り出す豊潤なニュートラルサウンド

【中華イヤホン Kiwi Ears Orchestra Lite レビュー】穏やかに音楽の満ちる陽だまりのような空間を作り出す豊潤なニュートラルサウンド 30000円~50000円
Kiwi Ears Orchestra

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Kiwi Ears Orchestra Liteの概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • 温かみのある真空管アンプの音が好き
  • ディテール感重視
  • 聴き心地の良いイヤホンを探している
  • サウンドバランス重視
  • イヤホンの見た目重視

基本スペック

  • 周波数特性:20Hz-20kHz
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:112dB
  • コネクタ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:30000円~50000円

audio-soundスコア
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

  • パッケージ:7.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:10.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:6.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0
長所と短所

長所

  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 豊かなハーモニクス
  • 音像一貫性に優れる
  • 価格以上の解像度
  • 前方定位的
  • みずみずしい
  • 良好なサウンドバランス
  • 良好なディテール感
  • 艶やか
  • 明るく朗らか

短所

  • 低域の深みに欠ける
  • 透明感に欠ける
  • やや癖が強い

Kiwi Ears Orchestraの特徴

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite
  • 卓越したオーディオ再生の追求が原動力。
  • カスタムメイドのKiwi Earsバランスド・アーマチュア・ドライバーを用いて1台1台ハンドメイドで製作。
  • 3ウェイのパッシブクロスオーバー戦略により、複雑なレイヤリングを実現し、全高調波歪みを低減。
  • 4芯7N無酸素銅ケーブルとの組み合わせにより、最高のエンハンスメントを実現。
  • 各ユニットは2回にわたる品質管理検査を受けています。
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

Kiwi Ears Orchestraのオリジナルモデルは、多くの国のレビュアーから数々の賞賛を浴び、国際的な名声を誇って、瞬く間に業界内で成功を収めました。

Kiwi Ears Orchestra Liteは、オリジナルのOrchestraと同じ基盤の上に、パフォーマンスとコストの両面でより効率的になるように再設計されました。Orchestra Liteは、前モデルと同じ8つのバランスド・アーマチュア・ドライバー構成と、有名なトーン・バランスを特徴としています。ドライバーメーカーとの密接なパートナーシップにより、同じスペックでより効率的なパフォーマンスを実現する、Kiwi Earsのカスタムバランスド・アーマチュアドライバーを開発することができました。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

Kiwi Earsについて

Kiwi Earsは、卓越したオーディオ再生の追求を原動力として、洗練されたチューニング戦略と技術革新の完璧な融合を創造しています。ミュージシャンやスタジオエンジニアを念頭に置き、音楽とパフォーマンスのあらゆるニュアンスを明らかにする最高級のプロフェッショナル・イン・イヤー・モニターを製造するために、妥協のない探求を続けています。私たちKiwi Earsは、ミュージシャンやスタジオエンジニアを念頭に置き、音楽やパフォーマンスのニュアンスを余すところなく表現する最高級のプロフェッショナル・イン・イヤー・モニターを妥協することなく追求しています。Kiwi Earsは、これまでにない音楽をお届けします。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

ナチュラルサウンド – 整った音色

Orchestra Liteの最も重要なファクターは、前モデルと同様に自然でバランスの取れた音色の特徴を維持することでした。オーケストラ・ライトは、プロのミュージシャンやオーディオエンジニアにふさわしい、スタジオモニター並みのパフォーマンスを発揮する必要がありました。このため、Orchestra Liteでは、5つの独立したパッシブコンポーネントを使用した3ウェイパッシブクロスオーバー戦略を採用し、複雑なレイヤリングを実現し、全高調波歪みを低減しています。低音はサブベース周波数に限定し、20Hzから200Hzをピークに8dBの音量を確保しました。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

中域はニュートラルに保たれ、200Hzから800Hzまでわずか2dBの差で、濁ることなくほんのりとした暖かさを提供します。高音域は2.5kHzに7dBのピークを持ち、10kHzに向かってゆっくりと自然減衰することで、人間の耳孔知覚に完全に適合しています。この精密な高音域設計により、あらゆるディテールやノイズを聴き取りながら、不快感を与えず、快適なサウンドを実現します。つまり、Orchestra Liteはプロ用スタジオモニターのサウンドを完璧に反映し、ステージミュージシャン、オーディオエンジニア、そして音楽を楽しむ人たちにとって、意図したとおりに音楽を聴くための最高のパートナーとなるのです。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

プレミアムオーディオケーブル

Orchestra Liteのサウンドを最大限に引き出すために、4芯の7n無酸素銅ケーブルを組み合わせました。このケーブルは、ステージやポータブルでの使用に耐えうるよう、意図的に軽量に設計されており、ケーブル交換用に取り外し可能な2ピンの接続部を備えています。純正ケーブルには、最新の電子機器に対応した3.5mmプラグを標準装備しています。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

品質管理検査済み、保証付き

Kiwi Earsの各ユニットは、エンジニアによる2回にわたる品質管理検査を受け、左右チャンネルの周波数マッチングを行い、モニターがその寿命の間、最高のパフォーマンスを発揮することを保証しています。一台一台、エンジニアが時間をかけて手作りした最高のIEMをお届けするために、私たちも大切にしていきたいと思っています。Kiwi EarsのIEMには1年間の保証がついており、あなたのモニターがいつでもパフォーマンスを発揮できるようサポートします。

Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra Lite

 

パッケージ(7.0)

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

パッケージは価格を考えると、少し物足りない気がします。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • キャリングケース
  • 説明書など
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
おすすめミュージック
TVアニメ「異世界のんびり農家」EDノンクレジット映像/"Farming Life in Another World" Ending

小説・コミックスシリーズ累計300万部発行した大人気の異世界もの!
ネオポルテ所属の人気Vtuber「緋月ゆい」によるTVアニメ『異世界のんびり農家』EDテーマ「Feel the winds」リリース!!

孤独な闘病生活の末、命を落とした街尾火楽(ヒラク)。神様から第二の人生を与えられ、念願の農業生活を始めようと意気込むが……身体一つで送り出されたのは、魔物だらけの深い森のど真ん中。頼りになるのは、前世で得た知識と、神様から授かった「万能農具」の力のみ。それでも試行錯誤しながら自分の土地を切り拓いていく火楽のもとには、吸血鬼やエルフに天使、果てはドラゴンまでが集い、やがて彼の住処は村へと発展していく。のんびりほどほど賑やかに、楽しくドタバタ和やかに、笑顔の絶えない異世界農業ライフ、「大樹の村」へ、ようこそ!©内藤 騎之介/「異世界のんびり農家」製作委員会

ビルドクオリティ(8.5)

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

透明感のある美しいシェルとフェイスプレートが魅力的です。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

装着感(8.5)

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

装着感は良好です。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Kiwi Ears Orchestra Frequency Response (RAW)
Kiwi Ears Orchestra Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Kiwi Ears Orchestraのオーディオステータス
Kiwi Ears Orchestra Liteのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Kiwi Ears Orchestraはアンプの出力インピーダンスの影響をそれなりに受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Kiwi Ears Orchestra Liteニュートラルに近いサウンドシグネチャーになっています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
【完全ワイヤレスイヤホン 1more Comfobuds Pro レビュー】中域の質感を重視した非常にバランスの良い音。ANC性能は公称スペックほどではない。カスタマイズ性も高く、オーディオマニアのサブ機として文句ない出来

1more Comfobuds Proは中域の質感を重視した解像度の高いサウンドを聴かせる完全ワイヤレスイヤホンです。

【中華イヤホン ROSE QT-7 Pro レビュー】アンプラグドライブを引き立てるボーカルホン

ROSE QT-7 Proはビルドクオリティもよく、パッケージ内容も豊富で1万円台ではなかなか魅力的なイヤホンです。そのサウンドはライブ感のある重低域を持ち、生き生きとしたボーカルをフォーカスして丁寧 Read more

低域(8.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

Kiwi Ears Orchestra Liteの低域は存在感の上でほぼ中域と釣り合っているかわずかに弱いバランスになっています。

ドラムキックは重みがありますが、浅いキックでランブルは弱く、臨場感に欠けます。

エレキベースも下への沈みこみが足りず、少し明るめに聞こえます。

基本的にやや膨張的で浅い低域で引き締まりは物足りず、歪も多くて見通し感も良いとは言えないため、レビュアーとしての原理原則に基づいて判断すると、ほとんど見るところのない低域です。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

中域(10.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

Kiwi Ears Orchestra Liteの中域はほぼ完全にニュートラルに近いバランスになっていますが、マルチBAモデル特有の歪の多いハーモニックな味付けが加えられています。

このせいで透明度は著しく低く、少なくとも原音忠実主義のオーディオマニア向きとは言えません。しかし、だからといってOrchestraのサウンドが魅力的でないわけではありません。

Kiwi Earsは低域から中域にかけて非常に高い歪で過剰ともいえるハーモニクスを演出していますが、これにより楽器音と背景の分離感は著しく失われています。そのため、この領域は非常に温かみが感じられる、音色が背景にまで色づいて広がるような調和的な雰囲気に包まれています。

ぬくぬくとした陽だまりのような空間が広がっており、まどろむように音楽に溶け込める独特の心地よさがあります。

絶妙なのは中域上部から中高域以上は逆に低歪で非常にクリアになっていることで、このギャップにより、エレキギターやピアノ、シンバルなどのエッジが非常に印象的に生き生きとみずみずしく描き出されることです。中域がほぼドライであるにもかかわらず、音の輪郭にはしっとりとした色気が存在しており、潤い感が強く感じられます。まるで朝霧の中で音楽を聴くような雰囲気を作り出しています。

真空管アンプが聞かせる、スモーキーでありながら潤いのあるみずみずしいサウンドを知っている人なら、Kiwi Ears Orchestra Liteの中域に同じような豊潤さを感じることでしょう。たとえば藤井風「旅路」のような曲を聴くとボーカルと楽器音が調和してとても豊かで、ノスタルジックさがさらに引き立って聞こえる、少なくとも私にとっては優れて音楽的な中域です。

Fujii Kaze - Tabiji (Official Video)

Kiwi Earsは8BAマルチ構成の歪を利用して音楽に魔法のかかる素敵な中域を作り出しました。低域はこの中域を楽しめるように意図的に抑えられているのだとすら感じられます。卓越したチューニングと言えるでしょう。少し高めの機種ですが、その価格を払う価値は十分にあると思えます。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

高域(9.5)

  • 原音忠実度:C
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C

高域

Kiwi Ears Orchestra Liteの高域は非常に滑らかに調整されており、自然な倍音と十分な精細感を生み出すように丁寧に調整されています。

拡張性はハイエンドとしてはやや物足りない水準かもしれませんが、中域を魅力的に見せるためにフォーカスさせることを考えると、このバランスは意図的に選択された可能性があります。どちらにせよ高域は非常に滑らかに伸びて減衰しています。

やや繊細さが足りない可能性がありますが、ディテール感は十分です。シンバルが非常にみずみずしく美しく聞こえるのがとても心地よいですね。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

定位/質感

  • 質感の正確性:S
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:A+
  • 雅楽のテクスチャ:A+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

定位感と質感の両方に優れたKiwi Ears Orchestra Liteはその名の通りフルオーケストラを楽しむのに悪くない選択肢です。ただし、原音忠実主義者には透明感の不足が気になるところでしょう。それは録音をそのまま聞かせるというよりは、音楽が空間に溶け込んで聞こえる、少し夢見心地のまどろみの中にいざなうようなサウンドになっています。

雅楽も明るく、篳篥や龍笛が非常になめらかに伸び、華やかでうっとりするような美しいサウンドが広がっています。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:C+
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:B-

音場

低域の深さは物足りず、中域は比較的前面におり、高域の高さは標準か少し物足りません。

クリア感は価格の水準を満たしていません。

イメージング性能は価格の標準以上です。

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

 

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

音質総評

明るく朗らかで、立体感よりは色彩を重視したクロード・モネの絵の世界観が好きですか?

Kiwi EarsがOrchestra Liteでなしとげたことは、まさに絵画における印象派の概念をイヤホンに持ち込んだという偉業です。

Orchestra Liteを耳に付ければそこには、空間すべてに音楽が色づくような鮮やかな体験が待っています。

クロード・モネ『草上の昼食

音質的な特徴

美点

  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 豊かなハーモニクス
  • 音像一貫性に優れる
  • 価格以上の解像度
  • 前方定位的
  • みずみずしい
  • 良好なサウンドバランス
  • 良好なディテール感
  • 艶やか
  • 明るく朗らか

欠点

  • 低域の深みに欠ける
  • 透明感に欠ける
  • やや癖が強い
【中華イヤホン Kiwi Ears Orchestra Lite レビュー】穏やかに音楽の満ちる陽だまりのような空間を作り出す豊潤なニュートラルサウンド

豊かなハーモニクス
明るく朗らかでみずみずしい
良好なディテール感

Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite
Kiwi Ears Orchestra
Kiwi Ears Orchestra Lite

POP UP PARADE 天穂のサクナヒメ

POP UP PARADE 天穂のサクナヒメ

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Orchestra Lite

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Orchestra Lite

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Kiwi Ears Orchestra Lite
おすすめミュージック
坂本真綾 「言葉にできない」Music Video(Short Ver.)

4月新番組アニメ「本好きの下剋上」第3期エンディングテーマとなる「言葉にできない」は、
「ハロー、ハロー」(TVアニメーション「あまんちゅ!~あどばんす~」エンディングテーマ)以来4年振りとなる
坂本真綾 作詞作曲によるアニメタイアップ曲。

目覚めると、そこは本のない異世界だった–活字中毒で本を偏愛する大学生・本須麗乃は、不慮の事故で命を落とす。それは、念願である図書館への就職が決まってすぐのことだった。気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。兵士の娘では、とても手が届かない。どうしても本が読みたいマインは決意する。「本がなければ作ればいい」体力もない。お金もない。あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。果たして、マインは本を作ることができるのか!?マインの本を作る冒険が、いま始まる。©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

総評

Kiwi Ears Orchestra Liteはブランドによって魔法がかけられた、色彩感豊かでハーモニックな美しい世界観が実現されているイヤホンです。それは写真のように音楽をイメージングする原音忠実主義的な方向性の音ではなく、より絵画的に鮮やかな印象で音楽を聞かせてくれるマエストロのサウンドを持っています。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Kiwi Ears Orchestra Lite

8.9

パッケージ

7.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

9.5/10

中域

10.5/10

低域

8.0/10

歪みの少なさ

6.5/10

コストパフォーマンスボーナス

12.5/10

長所

  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 豊かなハーモニクス
  • 音像一貫性に優れる
  • 価格以上の解像度
  • 前方定位的
  • みずみずしい
  • 良好なサウンドバランス
  • 良好なディテール感
  • 明るく朗らか

短所

  • 低域の深みに欠ける
  • 透明感に欠ける
  • やや癖が強い

コメント



タイトルとURLをコピーしました