おすすめ度:B-

【ハイエンドイヤホン Westone MACH 50 レビュー】シリーズ最高水準のMACH 60の音質を少し落として廉価版にしたと言える、優れたサウンド 100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Westone MACH 50 レビュー】シリーズ最高水準のMACH 60の音質を少し落として廉価版にしたと言える、優れたサウンド

Westone MACH 50は非常に高解像で明るい音を持つインイヤーモニターです。そのサウンドはすぐ上位のMACH 60とほとんど似ていますが、全体的にMACH 60の劣化版というような位置づけです。
【ハイエンドイヤホン Westone MACH 60 レビュー】MACHシリーズの最高傑作と呼び声の高い、高解像で定位に優れたサウンド 100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Westone MACH 60 レビュー】MACHシリーズの最高傑作と呼び声の高い、高解像で定位に優れたサウンド

Westone MACH 60は非常に高解像で明るく、定位感をかなり正確に再現することができる優れたモニターイヤホンです。それは上位機種のMACH 70や80よりも音像一貫性に優れ、総合的なサウンド面ではそれら上位機種を凌駕しています。MACHシリーズでどれか一つを買うとしたら、おそらくMACH 60はその最高の候補の一つでしょう。
【中華イヤホン TRN MT4 レビュー】良好な原音忠実性。マイルドで耳当たりの良いサウンド 1000円~3000円

【中華イヤホン TRN MT4 レビュー】良好な原音忠実性。マイルドで耳当たりの良いサウンド

TRN MT4は優れた透明度を持ち、原音忠実性が高く、マイルドで耳当たりの良いサウンドを持っています。
【ハイエンドイヤホン 64Audio Nio レビュー】重厚感のある低域と奥行き感のある音場を持つ響きの豊かなリッチサウンド 200000円~300000円

【ハイエンドイヤホン 64Audio Nio レビュー】重厚感のある低域と奥行き感のある音場を持つ響きの豊かなリッチサウンド

64Audio Nioは奥行き感のある響きの豊かなリッチサウンドを聞かせるイヤホンです。深みがあり、重厚な低域と、少し暗く包まれ感のある中域、そして滑らかに伸びる自然なつながりのある高域に高級感を感じる人は多いでしょう。上品で濃厚、重厚でありながら優美なサウンドと言えます。
【中華イヤホン QKZ x HBB Khan レビュー】暗く重厚感のある低域寄りU字サウンド 5000円~10000円

【中華イヤホン QKZ x HBB Khan レビュー】暗く重厚感のある低域寄りU字サウンド

QKZ x HBB Khanは暗く重厚なU字型のサウンドシグネチャーを持つイヤホンです。
【中華イヤホン Hidizs MD4 レビュー】スイッチで切り替えて楽しめる4つの多彩で個性的なサウンド。ビルドクオリティ良好 20000円~30000円

【中華イヤホン Hidizs MD4 レビュー】スイッチで切り替えて楽しめる4つの多彩で個性的なサウンド。ビルドクオリティ良好

Hidizs MD4は価格に見合うパッケージクオリティとビルドクオリティを持ち、スイッチによって4種類の音を切り替えられるのが魅力です。
【中華イヤホン SeekReal Dawn レビュー】ソリッドで色気のあるサウンド 20000円~30000円

【中華イヤホン SeekReal Dawn レビュー】ソリッドで色気のあるサウンド

SeekReal Dawnは中域を重視し、硬質かつ艶やかで印象的なサウンドを聞かせてくれるイヤホンです。
【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10LIVE レビュー】明るく艶やかで、繊細かつ爽快感のある抜けの良い独特のサウンドが魅力 10000円~20000円

【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10LIVE レビュー】明るく艶やかで、繊細かつ爽快感のある抜けの良い独特のサウンドが魅力

城下工業 SoundWarrior SW-HP10LIVEは明るく爽やかで、華やかかつソリッドな独特のサウンドを実現する個性派ヘッドホンです。
【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい 5000円~10000円

【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい

ソリッドで明るい音が好きなら、Tripowin Cencibelを気に入るかもしれません。クリア感や解像度は価格以上に優れており、外観デザインもかなり美しく造形されています。
【モニターヘッドホン Behringer HPS3000 レビュー】明るく高解像なサウンドのモニターヘッドホン。ただし定位の再現度に難あり 1000円~3000円

【モニターヘッドホン Behringer HPS3000 レビュー】明るく高解像なサウンドのモニターヘッドホン。ただし定位の再現度に難あり

Behringer HPS3000は低価格でありながら高い解像度を実現しているモニターヘッドホンです。
【日本製イヤホン ZERO AUDIO CARBO DUOZA 2 レビュー】重ドンシャリ 10000円~20000円

【日本製イヤホン ZERO AUDIO CARBO DUOZA 2 レビュー】重ドンシャリ

ZERO AUDIO CARBO DUOZA 2は低域が強く、ズンドコしているイヤホンです。高域方向もおそらく低域の強さとバランスをとるため、ニュートラルより強調されています。
【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TO-U2 mini レビュー】おしゃれな外観が魅力。通信品質も悪くないが、サウンドは独特 5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TO-U2 mini レビュー】おしゃれな外観が魅力。通信品質も悪くないが、サウンドは独特

Edifier TO-U2 Miniはおしゃれな外観を持ち、通信品質も安定している完全ワイヤレスイヤホンです。
【日本製イヤホン intime 碧Ti3 Edition2 レビュー】音楽に重厚感とライブ感を求めるなら悪くないかもしれない 20000円~30000円

【日本製イヤホン intime 碧Ti3 Edition2 レビュー】音楽に重厚感とライブ感を求めるなら悪くないかもしれない

intime 碧Ti3 Edition2は低域寄りの重厚なサウンドを持っており、少しゆったりしたリスニングイヤホンを求めているなら、悪くないかもしれません。
【完全ワイヤレスイヤホン The House of Marley Champion レビュー】重厚感のある低域と輝度が高く繊細な高域が生み出す高コントラスト・ドンシャリサウンド 5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン The House of Marley Champion レビュー】重厚感のある低域と輝度が高く繊細な高域が生み出す高コントラスト・ドンシャリサウンド

The House Of Marley Championはコントラスト感の高い刺激的なドンシャリサウンドが好きな人向きです。
【中華イヤホン SonicMemory(声音記憶) SM2 レビュー】ややウォーム寄りのニュートラルチューニングで聞き心地は良いが、高域の抜けの悪さと中域の明瞭度の悪さが気になる 20000円~30000円

【中華イヤホン SonicMemory(声音記憶) SM2 レビュー】ややウォーム寄りのニュートラルチューニングで聞き心地は良いが、高域の抜けの悪さと中域の明瞭度の悪さが気になる

SonicMemory SM2は比較的ニュートラルに近いバランスのサウンドで、クリア感も優秀でスペック的には悪くないように思います。しかし、実際はサウンドの明瞭度は思ったより良くなく、イメージング能力にはそれほど優れていないようです。
【中華イヤホン FAudio Scale レビュー】原音忠実性が高い良質なモニターサウンドバランスを持つが、クリア感を考慮すると割高感がぬぐえない 30000円~50000円

【中華イヤホン FAudio Scale レビュー】原音忠実性が高い良質なモニターサウンドバランスを持つが、クリア感を考慮すると割高感がぬぐえない

FAudio Scaleは自由音場フラットに基づくブライトで分析的な正統派モニターサウンドを持っています。原音忠実性がかなり高く、実用的で万能に近いイヤホンですが、クリア感で劣るので音像印象の明晰性で些か不足を感じるのが非常に惜しいところです。ビルドクオリティやパッケージクオリティは悪くありませんが、より安い値段で手に入る競合機種に対して価格競争力の点で劣る印象を受けるところが難しいポイントです。分析的なモニターサウンドとデザインが気に入ったなら悪くない選択肢ですが、購入するのはFiiO FH3とTANCHJIM HANAを検討してからでも遅くはないでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました