【中華イヤホン Hidizs MD4 レビュー】スイッチで切り替えて楽しめる4つの多彩で個性的なサウンド。ビルドクオリティ良好

【中華イヤホン Hidizs MD4 レビュー】スイッチで切り替えて楽しめる4つの多彩で個性的なサウンド。ビルドクオリティ良好 20000円~30000円
Hidizs MD4

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにHidizsから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Hidizs MD4の概要

こんな人におすすめ

  • 1つのイヤホンでいろんな音を楽しみたい
  • デザイン重視
  • Hidizsファン

基本スペック

  • 再生周波数:20-40000Hz
  • インピーダンス:8Ω
  • 感度:102±1dB
  • ピンタイプ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-soundスコア
Hidizs MD4
Hidizs MD4

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:7.0/10.0
  • 中域:8.0/10.0
  • 低域:7.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.0/10.0

長所と短所

長所

  • 4種類の多彩なサウンド
  • 良好な原音忠実度
  • 高解像
  • 良好な高域拡張性
  • 良好なビルドクオリティ

短所

  • クリア感に欠ける
  • 不正確な質感
  • 低域の不足
  • 不自然な倍音
  • 直線性に欠ける

Hidizs MD4の特徴

  • 4つのカスタム設計されたBAドライバー
  • 4つのチューニングスタイル
  • 3ウェイクロスオーバー
  • 高精度3Dプリントストレートアコースティックサウンドチューブ
  • マルチメタルボディ
  • プレミアムケーブル編組、クアッドコアシルバーおよびOFCワイヤー
  • 取り外し可能な0.78mm2ピン金メッキソケット
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4

4つのカスタム設計されたBAドライバー-HIDIZSゴールドエフェクト

4つのHidizsカスタムバランスドアーマチュアドライバーを組み合わせて-Hidizsプロフェッショナルオーディオチームによって長年にわたって開発および調整され、進化したサウンドレンジパフォーマンスを備えたアコースティックチャームを提供します。

  • 高周波用の1つのカスタムBAドライバー:より高い解像度とより多くの拡張、より鮮明なサウンド、そしてより豊かなディテールを手に入れましょう。
  • ミッドレンジ用の1つのカスタムBAドライバー:ミッドレンジ用のより多くのボディ、より多くのパワー、そして存在感。 酔わせるような質感、信じられないほどのボーカル。
  • 低周波数用の2つのカスタムBAドライバー:より厚い低音を刺激するダブルパワー、信じられないほどの深さ、タイトなレスポンス、そして豊かな質感。
Hidizs MD4
Hidizs MD4

高精度3Dプリントストレートアコースティックサウンド構造

再設計された内部オーディオ伝送構造、高精度3D印刷ストレートアコースティックサウンドチューブは、カスタム設計された4-BAドライバーの継続的でクリーンなオーディオ出力を保証し、複数のドライバー間のサウンドのオーバーラップと干渉を低減します。

効果的に音の密度を高め、歪みと倍音の共鳴を減らします。

正確なオーディオクロスオーバー、優れたパフォーマンスとレイヤリングを保証します!

Hidizs MD4
Hidizs MD4

3ウェイクロスオーバー

MD4は、さまざまな周波数帯域の接続を正確に計算し、高、超高、中、低の周波数を合理的に割り当て、すべての精度と明瞭さを向上させ、相互にバランスを取り、調和させます。

Hidizsの音響チューニングにおける数十年の経験により、さまざまな周波数帯域でMD4の卓越したパフォーマンスが保証されます。

バランスドアーマチュアドライバーIEM「Hidizs MD4」は野心に満ちており、さまざまなリスニングの好みや、時間の経過に伴う好みの変化に対応します。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

4つのサウンドスタイル間で切り替え可能

2レベルのチューニングスイッチを備えた4つの異なるサウンドスタイル間の切り替えを容易にする電子クロスオーバーテクノロジーにより、高インピーダンスと低インピーダンスを簡単に切り替えることができます。 すべての音楽ジャンルでうまく機能する4つのサウンドシグネチャがあります。

  • バランス:クラシックなHidizsチューニングで、ほとんどの人のリスニングスタイルに適しています。
  • ウォーム:すべての周波数で優れたパフォーマンス、より強い音楽感覚。 フォーク&ポップミュージックに適しています。
  • 高音域:顕著な高域/超高域。 ロックや電子音楽に適しています。
  • 低音:優れたスピードとタイトなレスポンスでブーストされた低音。 交響曲やクラシック音楽に適しています。
Hidizs MD4
Hidizs MD4

耳元のエレガンス-HIDIZSメタリックアート

手作りのメッキ:レーザーカットと手作業で研磨され、美しい琥珀色の仕上げが施されています。 EUIIA認定の医療グレードの肌にやさしい樹脂で裏打ちされています。 アルミニウム合金CNC統合、ローズゴールドミドルフレーム、セルロイドフェースプレート、およびアルミニウム合金出力ノズル。 Hidizsの業界をリードする金属加工、トレンディなエレガンスを最大限に活用し、出力の純度と安定性を保証して、高調波の共振と歪みを低減します。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

より快適な着用

ヘッドホンコネクタは、人間の耳のカーブと人間工学に適した肘のデザインを採用しており、装着体験を最適化します。 ケーブルソケットは、より安定したスムーズなオーディオ伝送のために金メッキされた素材を使用しています。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

優れたケーブル

60本の高純度銀線+60本の高純度無酸素銅線を4本の撚り線でしっかりと撚り合わせて見栄えを良くし、音のパフォーマンスを向上させます。 鮮やかでクリーンなサウンドのためのシルバーワイヤー。 滑らかさと穏やかなパフォーマンスを追加するための銅線。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

クラシック0.78mm2ピンデザイン

標準の0.78mm2ピン設計は、ケーブルの適合性と互換性を高めるために保持されています。 したがって、同じ仕様の異なるケーブルによって作成された、さらにアップグレードされたサウンドを楽しんだり、より多くのリスニング体験を得ることができます。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

 

パッケージ(8.5)

Hidizs MD4
Hidizs MD4

パッケージは価格の標準を満たしています。シンプルで処分しやすいパッケージです。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • キャリングケース
  • クリーニングツール
  • マニュアル類
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4

ビルドクオリティ(8.5)

Hidizs MD4
Hidizs MD4

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートは大理石か真珠のように美しいです。

Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4

装着感(8.5)

Hidizs MD4
Hidizs MD4

装着感は良好です。

Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

TRN MT3 Frequency Response (RAW)
Hidizs MD4 Frequency Response (RAW)
TRN MT3 Frequency Response (RAW)
Hidizs MD4 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

TRN MT3のオーディオステータス
Hidizs MD4のオーディオステータス(青:balanced、赤:Warm、黄:High、緑:Low)
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Hidizs MD4はアンプの出力インピーダンスの影響を受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Hidizs MD4中域の真ん中が凹んだM字型ともいうべきサウンドシグネチャーを持っています。

以下の評価値はBalancedを基本とし、カッコ内にその他のスイッチの評価値を(ウォーム/High/Low)の順で併記します。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Hidizs MD4
Hidizs MD4
【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP20 レビュー】解像度に優れたリスニングヘッドホン

城下工業 SoundWarrior SW-HP20は高い解像度を実現したリスニングヘッドホンです。

【HiFiGOレビュー 】USB DAC xDuoo Link 2 クイックレビュー:スムーズなディテールサウンド

総合的に、Link 2は約束どおりの機能を提供し、その価格帯の2倍程度のDAPの音質を簡単に上回っています。それは要求の厳しいヘッドホンに簡単に電力を供給するのに十分な駆動力を提供する驚くべき出力電力 Read more

低域(7.5)

  • 原音忠実度:S- (S-/S-/S-)
  • 臨場感:B- (B/B-/B-)
  • 深さ:B+ (B+/B+/B+)
  • 重み:B+ (B+/B+/B+)
  • 太さ:A- (A-/A-/A-)
  • 存在感:B+ (A-/B+/B+)
低域

Hidizs MD4の低域は一般的に深みに欠けます。どのスイッチの状態でもランブルは不足気味に思うでしょう。重みも一般にやや物足りないと思いますが、太さは十分で力感は豊かです。

さて、Hidizs MD4で低域を重視する場合は、Low設定よりはWarm設定のほうが実際には低域の存在感が高くなるので、Warmが推奨されます。

Warm設定でもエレキベースはやや明るめにじんわりしており、ドラムもやや重みと引き締まりに欠けます。

低域好きには少し膨張的で緩く聞こえやすい低域で、あまり魅力的とは言えないでしょう。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

中域(8.0)

  • 原音忠実度:A+ (B+/A/A)
  • 厚み:A- (A-/A-/A-)
  • 明るさ:B+ (B+/B+/A-)
  • 硬さ:B+ (B/B/B)
  • 存在感:B (B/B/B)

中域

Hidizs MD4の中域はどのスイッチでも中心部で凹んでおり、質感は正確ではありません。

中域を重視して聞きたい場合、BalancedかWarmが推奨されます。Balancedは定位感が正確でよりソリッドで構築感があるモニターライクな音、Lowは温かみがあり、中域に強くスポットライトが当たるような雰囲気で、やや角が丸くぼんやり気味に聞こえる柔らかめの印象になります。

一方で、一般に中域のパフォーマンスが最も期待できるのはBalancedかHighです(前節との違いに混乱している人のために補足します。中域が大きく聞こえることと、中域が正確に聞こえることは別物です)。Balancedは質感で最も正確に近いサウンドが期待でき、Highは定位感で最も優れ、質感の正確性も高めです。

とはいえ、Hidizs MD4自体の中域の構造がそもそもあまり作りが良くなく、歪が高めで直線性にも欠け、付帯音の多い煙ったような音を摺りガラスを通して聴くような個性的な音で、どのスイッチでも音色に透明感がありません。

解像度は割と高いので明瞭感があるため、意外と聴きごたえがありますが、バランスの悪さを考えるとあまり高く評価できません。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

高域(7.0)

  • 原音忠実度:C (B-/C+/C)
  • 艶やかさ:B+ (B/B+/B)
  • 鋭さ:B+ (B+/B+/B+)
  • 脆さ:C+ (C+/C+/C)
  • 荒さ:D (D+/D+/D)
  • 繊細さ:D+ (D+/C-/D+)
  • 存在感:C (C/C+/C-)

高域

高域はどのスイッチでもそれなりに拡張性があり、高さではそれほど不足を感じません。

高域を重視する場合はHighスイッチが最もディテール感と爽快感がある音を出しますが、その次に高域が優れているのはWarmスイッチです。

LowとBalancedはやや精細感が低めで不足しがちなため、音量や好みにより、BalancedよりWarmのほうが好ましいという人も多いかもしれません。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

定位/質感

  • 質感の正確性:B+ (C+/B/B-)
  • 定位の正確性:C+ (C+/B-/C)
  • オーケストラのテクスチャ:C
  • 雅楽のテクスチャ:C

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

Hidizs MD4をフルオーケストラ向きのイヤホンとしてはほとんどおすすめできません。強いて言えばHighスイッチが一番まともに聞こえます。

雅楽もHighスイッチで聴くのがいいでしょう。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B-
  • イメージング:A-
    • 高域:A
    • 中域:A-
    • 低域:B+

音場

低域の深さは物足りず、中域で少し奥行き感が強調され、高域の高さは標準以上です。

クリア感は価格からすると物足りません。

イメージング性能は抜群に近いです。

Hidizs MD4
Hidizs MD4

 

音質総評

  • 原音忠実度:A (A-/A/A-)
  • おすすめ度:B-
  • 個人的な好み:C

音質総評

Hidizs MD4のサウンドはかなり個性的で癖が強く、ちょっと人を選ぶ系統のイヤホンです。音楽の心臓部である中域の作りがあまり良くないため、もしかするとKZやTRNの格安マルチドライバーIEMを買った方がまだまともな音がすると感じる場合もあるかもしれません。

たとえば、一般にこの機種の半分程度で買えると思われるTRN VX Proのほうが大抵の人にはまともな音がすると感じられるのではないでしょうか。

同じ価格帯ではAudiosense DT600がライバルとして挙げられるでしょう。こちらも多少癖があるイヤホンであることには変わりありませんが、チューニングはMD4よりかなりまともです。付属のインピーダンスアダプターや市販のアッテネーターを使うことで音が変化するため、MD4と同じように様々なサウンドを楽しめます。

音質的な特徴

美点

  • 4種類の多彩なサウンド
  • 良好な原音忠実度
  • 高解像
  • 良好な高域拡張性

欠点

  • クリア感に欠ける
  • 不正確な質感
  • 低域の不足
  • 不自然な倍音
  • 直線性に欠ける
【中華イヤホン Hidizs MD4 レビュー】スイッチで切り替えて楽しめる4つの多彩で個性的なサウンド。ビルドクオリティ良好

4種類の多彩なサウンド
良好な原音忠実度
高解像

Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Hidizs MD4
Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ルームウェアver. Renewal

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ルームウェアver. Renewal

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Hidizs MD4(Balanced)
  3. Hidizs MD4(Warm)
  4. Hidizs MD4(High)
  5. Hidizs MD4(Low)

総評

Hidizs MD4価格に見合うパッケージクオリティとビルドクオリティを持ち、スイッチによって4種類の音を切り替えられるのが魅力です。そのサウンドは個性派ですが、解像度だけは高いので、好ましいと感じる人もいるかもしれません。コレクションの中にこういうイヤホンがあってもいいんじゃないでしょうか。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Hidizs MD4

7.9

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

7.0/10

中域

8.0/10

低域

7.5/10

歪みの少なさ

7.0/10

長所

  • 4種類の多彩なサウンド
  • 良好な原音忠実度
  • 高解像
  • 良好な高域拡張性

短所

  • クリア感に欠ける
  • 不正確な質感
  • 低域の不足
  • 不自然な倍音
  • 直線性に欠ける

コメント



タイトルとURLをコピーしました