【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然

Tago Studio T3-0150000円~100000円
Tago Studio T3-01

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

TAGO STUDIO T3-01の概要

こんな人におすすめ

  • ボーカル重視
  • フラットサウンドが好き
  • 質感重視
  • 高級感のあるヘッドホンが好き
  • 木目デザインが好き

基本スペック

  • 周波数特性:5Hz~40kHz
  • インピーダンス:70Ω
  • 感度:100dB/mW
  • 価格帯:50000円~100000円

audio-sound スコア
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
8.5
  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.0/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.5/10.0
長所と短所

長所

  • ステージングの良い中域
  • 艶やか
  • 構築的で確かな輪郭感
  • 中域への適切なフォーカス
  • ボーカルの音像が大きい
  • 原音忠実性が高い
  • 自然に近い質感
  • 高級感のあるデザイン

短所

  • 拡張性に欠ける
  • 広くない音場
  • ダイナミクスに欠ける
  • 不自然な定位

TAGO STUDIO T3-01の特徴

以下公式サイトより引用です。

目指したのは、究極のナチュラルサウンド

音のプロフェッショナル達の現場、すなわちスタジオでの使用を想定しているため、当然ながらその要求は高くなります。レコーディングエンジニアやアーティストが作った音を忠実に再現するため、目指したのは究極のナチュラルサウンド。さらに、長時間の使用に耐える強度。使用者の負担を軽くする装着性。消耗パーツを交換可能にすることにより実現した永続性。デザインや設計、素材のひとつひとつにまでこだわり抜くことで、サウンドクリエイター達の妥協のない要求に応えました。

https://tagostudio.shop/t3-01/

美しい木目、美しい響き

ハウジング部分の特徴的な木製部品は、国産の楓材を用いています。この部品は、家具や建築など長年様々な木と向き合ってきた飛騨高山のオークヴィレッジによる逸品です。そのこだわりの無垢材を生かすため、楓本来の表情、自然の温もりをそのまま伝えるデザインになっています。楓材は楽器でも良く使用される木材で、モニターサウンドに有利な原音に忠実かつナチュラルな響きが得られます。匠の技とこだわりの素材により、これまでにない美しい外観と美しい音響を実現しました。

https://tagostudio.shop/t3-01/

シルクプロテインコーティング

ドライバーユニットには、本機のために新開発した高性能φ40mmドライバーユニットを搭載しています。そして、使用している振動板には、群馬県繊維工業試験場との共同研究成果品であるシルクプロテインコーティングを採用しています。このコーティング技術は、長い歴史がある伝統の群馬県産シルクを、高い技術力で振動板に適するよう精練し、溶液化することで成功したものです。伝統の素材と新しい発想により、自然で綺麗な伸びのある音質を実現しました。

https://tagostudio.shop/t3-01/

パッケージ(8.0)

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

TAGO STUDIO T3-01のパッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。パッケージには以下のものが含まれています。 

  • ヘッドホン本体
  • 3.5mmプラグ用ケーブル
  • 3.5mm→6.35mm変換プラグ
  • キャリイングケース
  • マニュアル

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

ビルドクオリティ(8.5)

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

T3-01のビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

片耳モニタリングには対応しません。

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

装着感(8.0)

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

装着感は悪くありません。少し重い感じがありますが、重すぎるというほどではないですね。

TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01
TAGO STUDIO T3-01

音質

周波数特性

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Shuoer Singer
TAGO STUDIO T3-01のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

THD特性

測定値は有料記事をご覧ください。

制動

アンプ側の出力インピーダンスの影響はほとんどありません。

電力要件は少し厳しいので、スマホでは場合によって力不足を感じるかもしません。ただし私の手持ちのSamsung Galaxy A30では駆動に不足を感じませんでした。

測定値は有料記事をご覧ください。

ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

TAGO STUDIO T3-01は総体としてかなり自由音場フラットに忠実で、原音忠実性の高いサウンドが期待できます。特徴的なのは中域のステージングで、それほど不自然にならないレベルで奥行きが強調されており、定位が少し広く聞こえるようになっています。

評価基準について

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Tago Studio T3-01
Tago Studio T3-01

低域(8.0)

  • 原音忠実度:B+
  • 臨場感:C
  • 深さ:B+
  • 重み:B
  • 太さ:B+
  • 存在感:C

低域

低域は全体の中でのプレゼンスが少し抑えられていますが、深さと太さは十分で意外と不足感を感じません。しかし、拡張性は不十分なので、音の沈み込みは少し足りなく思える場面が多いですね。

ベース音は少し黒さと厚みに欠け、やや薄味で明るめに聞こえます。一方でバスドラムの重量感は比較的しっかり出るので、低域はドラムがリードする雰囲気で聞こえやすくなります。必然的にドカつく感じが強く出やすいところはあります。

コントラバスは底が浅すぎて浮き上がりが良すぎ、重厚感に欠けるので、私の好みではないですね。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:A
  • 硬さ:A-
  • 存在感:B

中域

中域は前面に出てきますが、奥行き感も少し強調されています。ステージングが良いので定位はわかりやすいです。

中域は全体構造としては少し前傾しており、押し出し感が強めですが、一方で心臓部は少し引っ込んでいます。そのため定位は強調されて聞こえます。

ボーカルはボディがしっかりしており、厚みがあります。声の軸の伸びが少し物足りなく思う傾向はあるかもしれません。やや角々しくキャピキャピして聞こえやすく、声色が明るすぎてときどき耳にはりついて残るのが気になります。抜けが悪いですね。

最初はボーカルがはっきり明瞭に聞こえる感じが印象良く思えますが、聴き慣れてくるとプレゼンスが少し強くて、やや目立ちすぎて聞こえやすい気がします。耳が慣れると、わりとシャウティに思えてきて、うるさく感じる場面も多くなります。

スネアやギターも前屈みに聞こえやすいので、中域は奥行きがありますが、あまり広い印象は受けません。むしろ窮屈に思える場面も多いですね。

中域の窮屈感は、たとえばイコライザーで62Hzを+3dB、2kHzを+2dB、4kHzを-1dB、8kHzを+4dB、16kHzを+8dBするとだいぶ解消されるでしょう。

以下で実際に上記のイコライザー設定をかける前とかけた後を録音したものを聴き比べることができます。

楽曲情報
  • 楽曲名:巨イナルチカラ
  • アルバム名:英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
巨イナルチカラ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01(FiiO M15)
  3. Tago Studio T3-01(FiiO M15+EQ)

高域(9.0)

  • 原音忠実度:C+
  • 艶やかさ:A-
  • 鋭さ:A-
  • 脆さ:B
  • 荒さ:C-
  • 繊細さ:C
  • 存在感:C+

高域

高域は高さは十分にあります。拡張性は少し物足りなく、風通しは少し悪いですね。

高域の輝度はわずかに暗い感じがあり、中域の明度と少し釣り合いが取れていない感じがあります。シンバルクラッシュはわずかに派手さが足りず、少し物静かに聞こえますね。また天井は少し低く、開放感に欠けます。

定位/質感

  • 質感の正確性:B+
  • 定位の正確性:B
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:B-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

自然な質感を重視しているだけあって、クラシックは悪くないですね。定位は良く聴くと、中域が不自然でバイオリンの軸が安定しておらず、ときどき内側に逸れて迫ってくるように聞こえます。そのせいで窮屈に聞こえますね。

音ののびやかさに欠け、滞留感があり、気持ちよく聞こえません。ダイナミズムに少し欠け、音に躍動感がないので鮮度が足りず、死んだ魚のようなサウンドに聞こえます。少なくとも5万円以上も出してこのヘッドホンでフルオーケストラを聴こうとは思わないでしょう。

雅楽も妙に狭く聞こえるのが気になります。中域の奥行き感である程度ごまかしてはいますが、音場が前かがみで距離感が妙に近いですね。質感はわりと良い気もしますが、篳篥の響きがやや甲高く、キンキンしたあたりが押し出し気味に聞こえるので、少し轡虫の心地に近づいていますね。

グルーヴ/音場/クリア感

  • 音場:B-
  • クリア感:A-

音場

T3-01の中域はやや奥行き感が強調されるので、少し広いように思うかもしれませんが、実際には音場はそれほど広くないか、むしろ窮屈です。音場の高さは不足しており、低域にも深みがなく、拡張性は物足りません。

クリア感は価格の標準以上です。ただモニターヘッドホンとしては優れている方ではないですね。

音質総評

  • 原音忠実度:S-
  • おすすめ度:A-
  • 個人的な好み:B-

音質総評

T3-01はわりと人気のあるヘッドホンのようですが、個人的には少し割高な機種に思えます。モニターヘッドホンとしてはYAMAHA HPH-MT8Victor HA-MX100VSHURE SRH-840SoundWarrior SW-HP10SSONY MDR-7506などといったより安く買える機種に比べて、長所が少ないように思われます。全体構造は中域に音が集中しているので、ダイナミクスに乏しい傾向があるのも欠点です。

美点としては非常に優れた質感表現が挙げられます。レコーディングモニターとして悪くないかもしれません。

かなり評判が良い機種なので楽しみにしてたのですが、個人的には少し期待外れでした。

音質的な特徴

美点

  • ステージングの良い中域
  • 艶やか
  • 構築的で確かな輪郭感
  • 中域への適切なフォーカス
  • ボーカルの音像が大きい
  • 原音忠実性が高い
  • 自然に近い質感

欠点

  • 拡張性に欠ける
  • 広くない音場
  • ダイナミクスに欠ける
  • 不自然な定位

奥行き感がある
艶やか
自然な質感

競合機種

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーのソースはAntelope Audio Amariを用いています。出力インピーダンスは0.3Ωです。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • センサーアンプ:Type4053
  • マイクプリアンプ:Focusrite ISA Two
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース 1:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • オーディオインターフェース 2:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

GENS D’ARMES(ロック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:GENS D’ARMES
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

白き魔女(クラシック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:第3部「白き魔女」: 白き魔女
  • アルバム名:交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

The Silver Will -ギンノイシ-(EDM系)

楽曲情報
  • 楽曲名:The Silver Will -ギンノイシ-
  • アルバム名:空の軌跡ざんまい
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
空の軌跡ざんまい
日本ファルコム 空の軌跡ざんまい
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

Sophisticated Fight(JAZZ系)

楽曲情報
  • 楽曲名:Sophisticated Fight
  • アルバム名:英雄伝説 空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-

楽曲情報
  • 楽曲名:LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

巨イナルチカラ

楽曲情報
  • 楽曲名:巨イナルチカラ
  • アルバム名:英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
巨イナルチカラ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

ユルギナイツヨサ

楽曲情報
  • 楽曲名:ユルギナイツヨサ
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
ユルギナイツヨサ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

Intense Chase

楽曲情報
  • 楽曲名:Intense Chase
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Intense Chase
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tago Studio T3-01

総評

Tago Studio T3-01自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、自然な質感でボーカルや楽器音を丁寧に聞かせてくれます。外観に高級感もあるので所有欲を満たしてくれるところがあるのもいいですね。

ただ、モニターヘッドホンとして使うには片耳モニタリングができない、少し重い、金属部品が多くて機材を傷つける可能性があるなど、使いづらそうなところが多そうです。デザインも少し角々しくて取り回しているうちに怪我をすることもあるかも知れません。どちらかというと趣味の音楽鑑賞向けのヘッドホンでプロの現場で使うものじゃないですね。まあオシャレアイテムとしては優秀なので、これを装着してレコーディングすると絵にはなるでしょう。

スタジオ経営者的な観点で言うと、これ1台買う値段で、評判が良く実力的にも申し分ないモニターヘッドホンが2~3台買えますから、外観のオシャレさ以外の理由であえてこれを選ぶ必要性がないように思われます。生産が追いついてないのか妙に入手困難ですしね。

【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい

ULTRASONE Signature DJは自由音場フラットにかなり忠実なバランスの良い音質を持ちながら、重低域を少し分離して強調し、高域でもアグレッシブで炸裂感のあるサウンドを実現しているDJモニターヘッドホンです。高いディテール感とスピード感のある音楽にも充分追従できる機敏なレスポンスを持ち、長時間のリスニングでも痛くならない快適な装着感も実現しています。ミキシングの信頼できる相棒となってくれるだけでなく、瞬発力と衝撃力のあるサウンドで気分も盛り上げてくれ、DJセッションを楽しいものにしてくれるでしょう。

【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き

Mackie MC-100はボーカル中心に音源の心臓部を丁寧に聴かせるレコーディングモニターヘッドホンです。ボーカルが非常に聞き取りやすいのでボーカリスト向きであるだけでなく、音楽鑑賞用や動画鑑賞用としても歌詞やナレーションが埋没せずにクリアに聞き取れる点が利点になります。

【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング

有線ヘッドホンのaudio-soundスコアランキングです。

【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる

Marantz Pro MPH-1はウォームで骨太なサウンドを聴かせるモニターヘッドホンです。業務用モニターらしく、作りは頑丈で、歪率も低く、コストパフォーマンスはかなり高いです。その調和的なサウンドはポップスやR&Bを暖かい雰囲気で楽しむのが好きな人には、かなり魅力的です。

【モニターヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10S レビュー】それはモニタースピーカーサウンドをほぼ完全に再現する万能系モニターヘッドホン
【モニターヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10S レビュー】それはモニタースピーカーサウンドをほぼ完全に再現する万能系モニターヘッドホン

Sound Warrior SW-HP10Sは非常に原音忠実度が高いモニターヘッドホンです。それはほぼ完全にモニタースピーカーの音を再現するので、録音、作曲からマスタリングまでこなすDTMerにとってオールインワンになりえる性能を持っています。

【モニターヘッドホン SHURE SRH840 レビュー】それは想定されるリスニングモデルを丁寧に描き出す鏡。テクスチャ描写力最高クラスのリスニングヘッドホンでもある
【モニターヘッドホン SHURE SRH840 レビュー】それは想定されるリスニングモデルを丁寧に描き出す鏡。テクスチャ描写力最高クラスのリスニングヘッドホンでもある

SHURE SRH840はテクスチャの表現力に優れたマスタリングエンジニア、ボーカリスト、生録演奏者のためのモニターヘッドホンです。それはボーカルを中心にスタジオのレコーディング音源の雰囲気を、とくに質感においてかなり忠実に再現することができます。

【モニターヘッドホン SONY MDR-7506 レビュー】ディテール感重視の緻密で繊細なモニターヘッドホン。そしてそれは圧倒的情報量で飲み込んでくる恐るべき神ボーカルホンでもある
【モニターヘッドホン SONY MDR-7506 レビュー】ディテール感重視の緻密で繊細なモニターヘッドホン。そしてそれは圧倒的情報量で飲み込んでくる恐るべき神ボーカルホンでもある

SONY MDR-7506はわりとなんとなく買った機種ですが、たちまち私のお気に入りになりました。それは一定のフレームに音楽の全体像を情報量が多めに提示してくれる効率的なサウンドを持っているだけでなく、非常にボーカルフォーカスに優れたヘッドホンでもあります。ハイ上がりのややアグレッシブなサウンドですが、宅録で歌唱をする人におすすめできるだけでなく、ボーカルを愛するすべての人にとって、この価格帯で最も魅力的なヘッドホンの一つになりえるでしょう。ただし一般的な作曲・モニターチェック用途にはSW-HP10Sのほうが優れていると思われるので、万能系のモニターヘッドホンを求めている場合はそちらを選んだほうが良いでしょう。

previous arrow
next arrow
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
【モニターヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10S レビュー】それはモニタースピーカーサウンドをほぼ完全に再現する万能系モニターヘッドホン
【モニターヘッドホン SHURE SRH840 レビュー】それは想定されるリスニングモデルを丁寧に描き出す鏡。テクスチャ描写力最高クラスのリスニングヘッドホンでもある
【モニターヘッドホン SONY MDR-7506 レビュー】ディテール感重視の緻密で繊細なモニターヘッドホン。そしてそれは圧倒的情報量で飲み込んでくる恐るべき神ボーカルホンでもある
previous arrow
next arrow

TAGO STUDIO T3-01

Tago Studio T3-01
8.5

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.0/10

高域

9.0/10

中域

9.5/10

低域

8.0/10

歪みの少なさ

8.5/10

長所

  • ステージングの良い中域
  • 艶やか
  • 構築的で確かな輪郭感
  • 中域への適切なフォーカス
  • ボーカルの音像が大きい
  • 良好なディテール感
  • 原音忠実性が高い
  • 自然に近い質感
  • 高級感のあるデザイン

短所

  • 拡張性に欠ける
  • 広くない音場
  • ダイナミクスに欠ける
  • 不自然な定位

コメント