【ハイエンドイヤホン Westone MACH 50 レビュー】シリーズ最高水準のMACH 60の音質を少し落として廉価版にしたと言える、優れたサウンド

【ハイエンドイヤホン Westone MACH 50 レビュー】シリーズ最高水準のMACH 60の音質を少し落として廉価版にしたと言える、優れたサウンド 100000円~200000円
Westone MACH 50

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Westone MACH 50の概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • 定位感重視
  • 解像度重視
  • お金を使うのが好き
  • Westoneファン

基本スペック

  • インピーダンス:32Ω
  • 周波数応答範囲:8Hz-20kHz
  • 感度:110dB
  • コネクター:T2コネクター
  • 価格帯:100000円~200000円

audio-soundスコア
Westone MACH 50
Westone MACH 50

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:8.5/10.0
  • 低域:6.0/10.0
  • 歪みの少なさ:7.0/10.0
長所と短所

長所

  • ウルトラハイエンド並みの解像度
  • 優れた定位感
  • 良好な原音忠実性
  • 良好なダイナミズム
  • 比較的正確な質感
  • 明るい中域
  • 音像一貫性に優れる

短所

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 物足りない透明度
  • 音質に対して法外な価格設定

Westone MACH 50の特徴

Westone MACH 50
Westone MACH 50

3Way / 5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー搭載

低域×1 中域×2 高域×2

MACH 50は、自然な伸びのある豊かな低域と奥行きと幅のあるサウンドステージが特徴です。力強い低域を好みながらも中高域のディテールとレスポンスを求めるドラマー、ベーシスト、DJ、音楽ファン、ゲーマーなどに最適な製品です。

Westone Audio MACHシリーズ

人間工学設計

シェルには強度が高く軽量なポリカーボネート素材を使用。フェイスプレートにはビードブラストとアルマイト加工が施されたアルミニウムを使用。人間工学に基づいた設計で長時間の使用でも疲れを低減します。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

Linum SuperBax T2ケーブル

Linum SuperBaX T2™ ケーブルは、完璧なオーディオ環境を常に追求するオーディオファンのニーズに応えるために開発されました。0.75Ωという抵インピーダンスで、ピュアなサウンドを再現する軽量なケーブルです。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

充実の付属アクセサリー

製品の保管・保護の為に、衝撃に強く耐水性・防塵性にも優れたペリカンケース付属。また、高い密閉度を実現できる「TRUE-FIT™ フォームイヤーチップ」と、耐久性に優れた特許取得「STAR™ シリコンイヤーチップ」各5サイズを同梱。

Westone MACH 50
Westone MACH 50
おすすめミュージック

富山県出身の千葉はな=はな(vo)と静岡県出身の市川和則=羊毛(g)による男女アコースティック・デュオ。2004年よりユニットとして活動開始。2007年、ミニ・アルバム『LIVE IN LIVING』でCDデビュー。その後もNHK『みんなのうた』で放送の「あくび猫」や映画『さんかく』主題歌の「空が白くてさ」など、やわらかでハートウォームなサウンドを聴かせて人気を集める。2014年5月より千葉の療養を目的として活動休止。闘病の末、2015年4月8日に千葉が入院先の富山・高岡にて永眠。その後、市川は見田諭(mitatake)とのギター・デュオ、THE BOCOSとして活動を継続。

2012/11/30 (2015/12/21更新) (CDジャーナル)

「純喫茶磯辺」の吉田恵輔監督最新作、「クローズZERO」「ROOKIES -卒業-」高岡蒼甫 × AKB48卒業 小野恵令奈。恋と幸せに迷ったあなたに贈る、等身大の青春ラブストーリー Eirin Approved (C) 2010『さんかく』製作委員会

パッケージ(8.5)

Westone MACH 50
Westone MACH 50

パッケージは価格の標準を満たしています。内容物は多岐にわたります。開梱体験はなかなか楽しいですね。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • キャリングケース
  • キャリングポーチ
  • カラビナ
  • クリーニングツール
  • マニュアル類
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50

ビルドクオリティ(8.5)

Westone MACH 50
Westone MACH 50

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50

装着感(9.0)

Westone MACH 50
Westone MACH 50

装着感は良好です。

Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50

おすすめミュージック
mihimaru GT - かけがえのない詩

mihimaru GT 2007年第1弾シングル!!
’06年シングル「気分上々↑↑」(オリコンチャート最高位7位)、アルバム「mihimagic」(オリコンチャート最高位2位)を記録し大ブレイクを果たしたmihimaru GTの2007年第1弾シングルは「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」主題歌!!

「もしもボックス」でのび太くんが作り出したのは、魔法(まほう)が使える世界。そこでは魔界(まかい)星による地球しんりゃくがたくらまれていて…!

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Westone MACH 50 Frequency Response (RAW)
Westone MACH 50 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Westone MACH 50のオーディオステータス
Westone MACH 50のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Westone MACH 50はアンプの出力インピーダンスの影響を受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Westone MACH 50ニュートラルを意識したU字型シグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Westone MACH 50
Westone MACH 50
【中華イヤホン QKZ x HBB Khan レビュー】暗く重厚感のある低域寄りU字サウンド

QKZ x HBB Khanは暗く重厚なU字型のサウンドシグネチャーを持つイヤホンです。

【有線ヘッドホン HarmonicDyne Athena レビュー】スタジオモニターに近いニュートラルサウンド。包まれ感があり、没入感のある音場表現が魅力

HarmonicDyne Athenaは新しい素材に挑戦し、つねに高みを目指してきたHarmonicDyneのヘッドホンシリーズにおける、現状最も優れた到達点の一つと言えます。それはオーディオスペック Read more

低域(6.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:A-
  • 存在感:B+
低域

Westone MACH 50の低域は中低域が厚く、膨張的で深さに欠けます。以前のW50やW60はもう少し低域の深みがある音だったので、低域は前世代から単純に改悪されていると言っていいかもしれません。

バスドラムは薄っぺらい感じで深さと重さで物足りず、生々しさにも欠ける、パコパコしたような音で聞こえます。リズムは分かりやすいかもしれませんが、人工的に聞こえます。

エレキベースも明るめで広がりに欠け、引き締まりもよくありません。

低域好きには向きません。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

中域(8.5)

  • 原音忠実度:A+
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

MACH 50の中域はやや後傾的でステージングが強調されています。中央部は中域の中では少し凹んだ位置にいますが、全体の中では前面近くにいるので、明るさは十分です。MACH 60とは全体の雰囲気が似ていますが、より明るく聞こえるバランスになっています。

厚みが強調された奥行き感のある音ですが、MACH 60と同じく中心部が窮屈です。

ボーカル音像はMACH 60より傾斜が少なくなり、だいぶ自然に聞こえるようになりました。楽器音の質感もMACH 60より正確です。中域の構造は明らかにMACH 60より良く、音楽の中心部で輪郭感やソリッド感に改善が見られ、構築的で立体感がはっきりし、音楽の中心部の骨組みがしっかり表現されるようになりました。ボーカルフォーカス感も改善しており、聞き取りづらい印象の強かったMACH 60よりだいぶ自然で聞き取りやすい音像が実現されています。一般にボーカル曲はMACH 60や7080といった上位機種を選ぶより50を選んだほうが優れたパフォーマンスが期待できます。

一方で高域方向は非常に直線性が高く高精細でモニター感も強かったMACH 60に比べると調整が甘くなっており、定位感とディテールはMACH 60には劣るものの、70や80といった上位機種に比べればかなり良好です。

Westone MACH 50 vs MACH 60
Westone MACH 50 vs MACH 60

MACH 50の中域はMACH 60ほどではないものの解像度が高く、上位機種の70や80より高解像です。弱点は歪がかなり多いことで、透明感がかなり悪いため、音色が変調しており濁りが出ることです。 背景との分離も悪く、音楽の中心部に靄がかかった雰囲気が感じられるでしょう。

BAマルチドライバー構成のイヤホンでは、中域での歪の増大は一般的に見られることとはいえ、10万円以上の値段をつけている機種であることを考えると、Westoneは次回作ではもっと歪を抑制する必要があると思われます。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

高域(9.0)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D
  • 存在感:C

高域

高域はすぐ上の兄に当たるMACH 60とともに、かなりニュートラルなバランスで音像一貫性を重視して丁寧に調整されています。かなり正確な定位感が実現されていますが、MACH 60ほど優れてはいません。

高域は高域上部のエネルギーが不足しがちで輝度が少し低く、ディテールはわずかに物足りません。ディテールを重視する用途を期待する場合、たとえばスタジオモニターとしての使い道を考えているならば、MACH 60を選んだほうが良いでしょう。MACH 50は弦楽や木管の直立感がMACH 60より弱く、上でも少し伸び切りません。

また、Westoneのほかの機種と同じように拡張性は物足りません。そのため、空気感はかなり不足します。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

定位/質感

  • 質感の正確性:A-
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:C
  • 雅楽のテクスチャ:C

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

フルオーケストラはMACH 60と甲乙つけがたいといった程度のレベルです。つまり、基本的にはあまりよくありません。低域の深さと高域の高さの両面で物足りず、質感はMACH 60よりだいぶましとはいえ、今一つ不自然ですし、何より透明度が良くないので、MACH 60以上にみずみずしさに欠け、変調して聞こえます。定位感は少し不正確になった代わりにダイナミズムに強調が見られるようになり、より躍動的に楽しめますが、表現は原音忠実的ではありません。

雅楽も同様の理由でほとんどおすすめしません。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B-
  • クリア感:B-
  • イメージング:A
    • 高域:S-
    • 中域:A
    • 低域:B

音場

深さは物足りず、中域は比較的前面におり、高さは物足りません。

クリア感は価格を考えるとかなり物足りません。

イメージング性能は抜群以上でウルトラハイエンド並みです。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

 

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:B-
  • 個人的な好み:B-

音質総評

Westone MACH 50はMACHシリーズの中でMACH 60と並んで評判の良い機種です。少なくとも70や80に比べて高い解像度、一貫性のある音像を実現でき、その評判は十分に確かめられたと言っていいでしょう。

MACH 60に対しては、基本的に少し劣位におり、解像度でほとんど拮抗していてウルトラハイエンド並みの性能を持つものの、やや低水準、透明度では明確に劣ります。レンジもMACH 60に負けており、定位感とディテールを含む高域の調整でも劣後しているため、MACH 50が中域の正確性で勝る以外、MACH 60が完全に上位互換となっています。

Westone MACH 50
Westone MACH 50

音質的な特徴

美点

  • ウルトラハイエンド並みの解像度
  • 優れた定位感
  • 良好な原音忠実性
  • 良好なダイナミズム
  • 比較的正確な質感
  • 明るい中域
  • 音像一貫性に優れる

欠点

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 物足りない透明度
  • 音質に対して法外な価格設定
Westone MACH 50
Westone MACH 50
【ハイエンドイヤホン Westone MACH 50 レビュー】シリーズ最高水準のMACH 60の音質を少し落として廉価版にしたと言える、優れたサウンド

優れた解像度
明るい中域
良好なダイナミズム

Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
Westone MACH 50
 

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム SAKURA Ver.

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Westone MACH 50
  3. Westone MACH 60

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Westone MACH 50
  3. Westone MACH 60

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Westone MACH 50
  3. Westone MACH 60
Sabaj A10D 2022

デュアルES9038Q2M搭載DACプリ・ヘッドホンアンプ

最新のUSB DAC Sabaj A10D 2022は、ヘッドホンアンプとしても使用できます。PCM 32bit / 768kHz、DSD512の再生に対応しており、高解像度音源を忠実に再生することが可能です。ボリュームはアナログ式で、スムーズに100段階調節でき、音量のコントロールでも妥協がないように設計されています。Bluetooth 5.0も搭載し、LDAC高音質コーデックを用いたワイヤレスでのオーディオ入力も楽しめます。

2022年版は、アンプの電源部分がアップグレードされ、より大きな容量のコンデンサーが使用されています。これにより、音質とパワーが向上しました。デザインも刷新されて高級感のあるアルミフレームを採用。目でもオーディオファンを楽しませます。

数々の改良が重ねられたSabaj A10D 2022はハイレゾ音源を手軽に楽しめるオーディオファン向けの最新おすすめ製品です。


ThieAudio GHOST
ThieAudio GHOST

総評

Westone MACH 50非常に高解像で明るい音を持つインイヤーモニターです。そのサウンドはすぐ上位のMACH 60とほとんど似ていますが、全体的にMACH 60の劣化版というような位置づけです。

MACH 60と50の価格はMACHシリーズの中で最も落差があり、わずか1ドライバーの差にしてはかなり大きいため、コスパを重視するなら、MACH 50を選んだほうが優れているかもしれません。もちろんMACH 60と比べてコスパが良いという話で、MACH 50は費用対音質の一般的な水準からみれば、どちらかというとかなりコスパが悪い機種です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

この記事では、世界中のオーディオ情報を収集している当ブログが、今最も評価が高く、最先端で流行している中華イヤホンの中から、1万円以下で買えるお財布に優しい機種を紹介します。

ここに紹介する機種は「実力派オーディオマニアがこぞって称賛したもの」と「一般的なオーディオファンから高い人気を得たもの」ばかりで、定まった評価をすでに確立している最新機種ばかりです。

Westone MACH 50

8.1

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

9.0/10

中域

8.5/10

低域

6.0/10

歪みの少なさ

7.0/10

長所

  • ウルトラハイエンド並みの解像度
  • 優れた定位感
  • 良好な原音忠実性
  • 良好なダイナミズム
  • 明るい中域
  • 音像一貫性に優れる
  • 比較的正確な質感

短所

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 物足りない透明度
  • 音質に対して法外な価格設定

コメント



タイトルとURLをコピーしました