有線イヤホン

20000円~30000円

【海外レビューまとめ】IKKO OH1S

この記事はブライト系でディテールの高いサウンドを持つIKKO OH1Sの海外レビューをまとめて紹介します。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン 7Hz Timeless レビュー:スムーズ・オペレーター

私がこの7Hz TImelessを手に入れようと確信したのは、「ブレードランナー」のような未来的なデザインと、美しいアルマイト加工されたブラックシェルの不思議な魅力でした。正確な仕様を確認する気にもならなかったので、ちょっと馬鹿げているのは分かっていますが、後で心配することにします。
10000円~20000円

【中華イヤホン TForce Yuan Li レビュー】清潔感のあるニュートラル系ウォームリスニングサウンド。まさに1万円台の皇帝

TForce Yuan Liはこの価格帯、いえ、全価格帯含めても競争力のあるニュートラル系リスニングイヤホンです。1万円台でスマホでもDAPでも使える良質なイヤホンを求めている場合、大注目の製品であることは間違いないでしょう。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン NiceHCK Lofty レビュー:ベリリウム・フラッグシップ!

長年のシングル・ダイナミックNiceHCK Loftyは、その豊かで滑らかな音の調性で、ピュアベリリウム振動板の魔法をもたらします。私がLoftyに夢中になっているのは、Loftyの音色、解像度、透明感のおかげです。
10000円~20000円

【中華イヤホン TForce Yuan Li(プレファイナル版) レビュー】幻に消えた価格帯最高のスタジオモニターイヤホン

TForce Yuan Li(プレファイナル版)はもしそのままのチューニングで発売されていたら、DTMerにとって必須アイテムの一つになったかもしれません。SonarWorksターゲットにかなり忠実なサウンドは明瞭性が高く、音楽の全体像を効率よくモニタリングできます。
10000円~20000円

【中華イヤホン Audiosense DT300 レビュー】それはAudiosense史上最高のサウンドバランスを提供する可能性があるものの……

Audiosense DT300はケーブルやアンプによって音が変化する、まさに本物のオーディオマニア向きのイヤホンです。スマホやデジタルオーディオプレーヤーで聴いてもそれなりに悪くない音かもしれませんが、駆動を工夫するとノスタルジックでバランスの良い、美しいサウンドを奏でます。
1000円~3000円

【中華イヤホン】CCA NRA

NRAは6.8mm径のスピーカーを採用し、2枚の電極板の間に生じる変化で静電を発生させ、静電ドライバーの下で発音します。静電式の高密度な音とハイレゾ音源の性能を活かし、20kHzの高域ではバランスド・アーマチュアよりも繊細で優れた性能を発揮し、ボーカルの響きが良く、より大きくクリアなサウンドを実現しています。
5000円~10000円

【中華イヤホン Geek Wold GK10 レビュー】世界中を熱狂させたウォームサウンド

Geek Wold GK10はマイルドなV字型というか、M字型のシグネチャーを持っており、温かみと充実感に優れた、聴き心地の安定したサウンドを持っています。ディテール感と聴き心地のバランスが良く、音楽全体をほとんど破綻させずに快適に聴かせてくれるため、価格帯では比較的おすすめしやすい選択肢です。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TFORCE Yuan Li レビュー:美しさの追求

長年のシングル・ダイナミック・ドライバーIEM愛好家として、TFORCE Yuan Liが発売された瞬間、私は簡単にその魅力に惹かれました。李淵とは、唐の初代皇帝(618年〜907年)のことです。その名が示すように、Yuan Liは優雅さと威厳に満ちています。
10000円~20000円

【海外レビューまとめ】TForce Yuan Li

この記事は実力派レビュアーから高い評価を受けているTForce Yuan Liの海外レビューをまとめて紹介します。
5000円~10000円

【海外レビューまとめ】Geek Wold GK10

この記事は人気の高いGeek Wold GK10の海外レビューをまとめて紹介します。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン CCZ Plume レビュー:黄金の輝き、魅惑のサウンド!

CCZ Plumeはとても美しいIEMです。見た目は超豪華で、美しく楽しいサウンドシグネチャーを持っています。自然な雰囲気を持つ音で、魅力的で没入感のあるサウンドを生み出します。正直、私はこのサウンドがとても気に入りました。
10000円~20000円

【中華イヤホン TRN X7 レビュー】Aweful

ノーコメント。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!!

今年の初め、彼らは最新のマルチBA IEM「Kinera Imperial Skuld」を発表しました。片側5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles 3個+Kinera Customized 2個)を組み合わせて、ハンドペイントイヤーキャビティに内蔵しています。
20000円~30000円

【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

Audiosense DT600はDAPやポタアン、据え置きアンプなど、音響機器を多数持つ人こそ喜びを感じるような、非常にマニアックなイヤホンです。このイヤホンは本当に、接続する機器によって音が変化するため、アンプやリケーブルを駆使して自分好みの駆動を楽しむ人向けのコアな商品です。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
20000円~30000円

【中華イヤホン CCZ Plume レビュー】中域から中高域にかけて丁寧にチューニングされている良機種。ただ中低域の膨張が好みを分けるかもしれない

CCZ Plumeは比較的日本人向きと言えるチューニングであることは事実なので、第一印象では多くの曲が気持ちよく聞こえるかもしれません。全体のイメージング性能は価格を考えると平凡ですが、中低域重視の太いサウンドが好きなら気に入る可能性はあります。
Shuoer

人気中華イヤホンメーカー「Shuoer」製品カタログ[2021年6月号]

静電型ドライバー搭載機種など、高品質でおなじみ。大人気中華イヤホンブランド「Shuoer」製品を一気に紹介します。
100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました