【中華イヤホン FZ Audio ZS1 レビュー】聞き心地の良いウォームリッチなリスニングイヤホン

【中華イヤホン FZ Audio ZS1 レビュー】聞き心地の良いウォームリッチなリスニングイヤホン 1000円~3000円
FZ Audio ZS1

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

FZ Audio ZS1の概要

こんな人におすすめ

  • 高域に敏感な人
  • 響きが豊かなサウンドが好き

基本スペック

  • 再生周波数:20-20000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:113dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:1000円~3000円

audio-soundスコア
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:7.0/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

美点

  • エネルギーが低く、敏感な人にも安全な高域
  • 良好な透明度
  • 優秀な解像度
  • 濃厚感のあるサウンド
  • 響きが豊かなリッチサウンド

欠点

  • 高域の拡張性に欠ける
  • ディテール不足
  • 輝度不足
  • 構築感の不足
  • 分離感が悪い
  • 曇った中域
  • 原音忠実的ではない
  • わかりづらい定位感

FZ Audio ZS1の特徴

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

FZ-ZS1パワフルなインイヤーダイナミックヘッドフォン

  • 移動コイルユニット8mm大型ポリマーダイアフラム付き
  • エポキシ樹脂キャビティ
  • 交換可能なアップグレード可能なケーブル
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

エポキシ樹脂の見事な光沢のあるプレゼンテーション

エポキシ樹脂を使用した高温成形キャビティ、より快適な視覚体験のための鮮やかなカラフルなキャビティ構造

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

移動コイルユニット高解像度大型

ポリマーの高いバイオダイアフラグマには、HD 8mmの解像度の可動コイルが装備されており、低音をより深く没入させ、平均周波数を向上させます。
映画のようなクオリティ

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

OFC無酸素銅ダブルパラレルワイヤー

2ピンケーブルは高品質の無酸素銅コアで作られています。
伝送中の信号損失の低減に非常に効果的で、高再現性の音質の記憶能力、もつれがなく長寿命

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

スマホから簡単に駆動、性能向上

より良いパフォーマンスを開き、携帯電話から簡単に直接プッシュ
プロの再生機器を使用すると、エクスペリエンスがさらに向上し、並外れた音質を聴くことができます

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

Comfortablefit。 外耳道にぴったりフィット

プロの人間工学に基づいたキャビティデザイン、軽量のキャビティデザイン、外耳道にフィットメモリイヤーハンギングは、人体の感覚を大幅に減らし、長時間のリスニングに適しています

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

 

パッケージ(8.0)

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

パッケージは全体として価格の標準以上と言えます。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • マニュアル類
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
MEAOES EAGLE

天空の高みから、鷲のように俯瞰して音楽を見渡すサウンド

MEAOESブランドから、2BA+2DD 4ドライバーハイブリッドイヤホン「Eagle」が発売されました。Eagleは知恵、勇気、自由、そして成功を象徴しています。MEAOESは、知恵と自由に満ちた音楽で私たちの内面を呼び覚まし、鷲のようにジャングルや山を旅し、本物の音を聴かせたいと願っています。

レビュー記事
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

MEAOES Eagle価格を超えたウルトラハイエンドに匹敵する解像度繊細で分析的なサウンドを持つ優れたアナリティカル・モニターです。強い分離感のある非常にディテール感の高いサウンドを持っており、音楽を分析的に楽しみたい人にとって、価格を超えた最高の相棒になる可能性があります。パッケージも豪華で非常に高い満足度を得られるのも美点でしょう。

ビルドクオリティ(8.5)

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

装着感(8.5)

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

装着感は良好です。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

おすすめミュージック
TVアニメ「僕の心のヤバイやつ」ノンクレジットOP映像|ヨルシカ「斜陽」

“尊死“続出で大反響!今一番応援したくなる、青春初恋ラブコメ!! コミックス累計発行部数は300万部を突破。 「このマンガがすごい!オトコ編」に2年連続ランクイン、 「次にくるマンガ大賞2020 Webマンガ部門」では1位を獲得し、 注目を集めている『僕の心のヤバイやつ』。 大人にも刺さる甘く切ないストーリーながら、 くすりと笑える展開に中毒者が続出し大きな話題を呼んでいる。

そしてついに、2023年4月にTVアニメが放送決定。 監督を務めるのは叙情的な演出に定評のある赤城博昭(『からかい上手の高木さん』)。 シリーズ構成・脚本は細やかな人物描写を得意とする花田十輝(『ラブライブ!』『響け!ユーフォニアム』)、 キャラクターデザインは勝又聖人(『五等分の花嫁∬』)、音楽は牛尾憲輔(『映画「聲の形」』『チェンソーマン』)が担当。 アニメーション制作は色彩の美しさに定評のあるシンエイ動画が務める。

さらに市川京太郎役に堀江瞬、山田杏奈役に羊宮妃那を迎え、 市川と山田が織り成す初恋模様をリアルに表現。 原作の紡ぐ世界観、そしてもどかしいほどゆっくりと近づいていくふたりの心を丁寧に描いていく。

市川京太郎は殺人にまつわる猟奇本を愛読する、重度の中二病男子。同じクラスの美少女・山田杏奈をチラチラと見ては、ヤバめな妄想を繰り返していた。そんなある日、山田が市川の聖域・図書室にやってくる。一人だと思い込み、大口でおにぎりを頬張ったり、機嫌よく鼻歌を歌ったりと、思うままに振る舞う山田。予測不能な行動を繰り出す姿に、市川は徐々に目が離せなくなっていき……。(C)桜井のりお(秋田書店)/僕ヤバ製作委員会

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

EPZ Q1 Frequency Response (RAW)
EPZ Q1 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

FZ Audio ZS1のオーディオステータス
FZ Audio ZS1のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

FZ Audio ZS1はアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

FZ Audio ZS1低域寄りの変形V字型のサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
【モニターヘッドホン Behriger HPM1000 レビュー】奥行き感が強調された充実感の高いリッチサウンドを聞かせるプライベートシアタールーム

Behriger HPM1000はかなり廉価に手に入るモニターヘッドホンです。そのサウンドは奥行きを強調してシアタールームのような音場を実現しており、音楽の響きを豊かにし、没入感の高いリスニング体験を Read more

【中華イヤホン SeeAudio Bravery レビュー】ボーカルフォーカスが良いが、中域が妙に暗く、地味。彩度に欠けるドライなサウンドだが、聞き心地は安定しており、モニターしやすい分離感があり、高域の解像感が高い。高域好きな人向き

SeeAudio Braveryは優れた高域解像度と落ち着いて聞き心地の良い独特のボーカル表現が魅力です。中域はユニークですが、全体の原音忠実度が高く、印象的に聞こえるはっきりした高域表現が高域好きに Read more

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:A
  • 太さ:A
  • 存在感:A+
低域

FZ Audio ZS1の低域は少し膨張的です。

バスドラムは重みは悪くなく、インパクトも十分なものの、引き締まりに欠け、かなりブーミーで膨張的です。また、ランブルは少し不足気味で、緩くたるんだ感じの耳当たりの優しい音になります。

エレキベースも黒さは十分ですが、深みに欠け、じんわり感が強く聞こえます。

低域は量的には十分低域好きを満足させることができるかもしれませんが、深さで物足りません。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

中域(7.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:A-
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

FZ Audio ZS1の中域はかなり奥まった位置にありますが、籠っている感じがあるものの、それほど暗くはありません。むしろほの明るいくらいで聴きやすい明度に感じるくらいです。

この中域は非常に独特で、響きが豊かで温かみがあり、音源から距離感を持って聞くようなライブ感があります。

音の耳当たりは軟らかく、優しいですが、エッジ感は意外としっかりしており、分離は基本的に悪いものの、悪すぎる感じでもありません。

ボーカルはやや落ち着いた声色で、ふっくらして聞こえます。子音を目立たせず、母音優位がはっきりした聞こえ方なので、日本語歌手の歌はよいですが、英米圏歌手の歌を聴くにはちょっと活舌が悪すぎて歌詞が聞き取りにくい感じがあるでしょう。

質感の再現度が悪すぎるので正直、原音忠実主義者のオーディオマニアには全くウケなさそうな調整ですが、ぼーっとポップスを聴くのにはわりといいですね。透明度と解像度はまともというか、わりと優れているほうなので、音楽に浸って聴くとか、BGMとして聴くという用途にはかなり使える印象です。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

高域(7.0)

  • 原音忠実度:C+
  • 艶やかさ:B-
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:C
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:D
  • 存在感:C

高域

周波数測定値を見たら、「変な高域」としか感想が出てこないんですが、実際に聴いてみるといろいろ興味深い調整です。

まず基本的にエネルギーが低いので高域に敏感な人にはセーフティですし、聞き疲れ感も出にくいですね。ディテールよりエッジを重視した珍しいタイプのチューニングですが、全体構造はなだらかに減衰しているため、自然に中域や低域を目立たせる補助的なバランスになっていて、意外と中域に配慮して丁寧に聴かせるところがあります。

マクロ視点での調整はそういうわけで比較的整っているんですが、それでも高域単体で見てみると直線性に欠けるため、定位感はよくありません。あんまりオーディオマニア向きとは言えない、高評価できない高域ですが、聞き心地は非常に良いです。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

定位/質感

  • 質感の正確性:D+
  • 定位の正確性:C+
  • オーケストラのテクスチャ:D-
  • 雅楽のテクスチャ:D-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

全体的にぼんやりしますし、生録音が多いクラシック鑑賞に向くような感じではないですね。

雅楽もお勧めしません。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:A
  • イメージング:A-
    • 高域:A+
    • 中域:A-
    • 低域:B

音場

低域の深さは標準か少し物足りず、中域はやや奥に位置し、高域の高さは少し物足りません。

クリア感は価格の水準からすると、かなり優秀です。

イメージング性能は抜群に近いです。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

 

音質総評

  • 原音忠実度:B
  • おすすめ度:C
  • 個人的な好み:D-

音質総評

かなり人を選ぶかもしれないサウンドバランスのため、基本的にはZS1はおすすめしません。ただ解像度はかなり高く、意外と聴きごたえがあるうえ、ウォームで耳当たりが良いので、聞き疲れ感は非常に出にくいので、BGMとして音楽を聴くような緩いリスニングではわりと活躍してくれます。

また、ほとんど底辺価格のイヤホンのため、しかたがないことですが、私の個体には左右差があり、中域でかなり大きな歪が見られました。

FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

音質的な特徴

美点

  • エネルギーが低く、敏感な人にも安全な高域
  • 良好な透明度
  • 優秀な解像度
  • 濃厚感のあるサウンド
  • 響きが豊かなリッチサウンド

欠点

  • 高域の拡張性に欠ける
  • ディテール不足
  • 輝度不足
  • 構築感の不足
  • 分離感が悪い
  • 曇った中域
  • 原音忠実的ではない
  • わかりづらい定位感
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
【中華イヤホン FZ Audio ZS1 レビュー】聞き心地の良いウォームリッチなリスニングイヤホン

聴き心地がマイルド
優秀な解像度
響きが豊かなリッチサウンド

競合機種
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1
FZ Audio ZS1

 

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ニットワンピース ver.

 

大人気のプレシャスフィギュアからオリジナルニットワンピースデザインのレムが登場!

 

生のぬくもり感が感じられるほど素材の質感に迫った造型が堪能できます。ゆるかわいい着こなしで甘えた雰囲気の愛らしさも絶品です。

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + Sabaj A10d 2022を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FZ Audio ZS1

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FZ Audio ZS1

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FZ Audio ZS1
Sabaj A10D 2022

デュアルES9038Q2M搭載DACプリ・ヘッドホンアンプ

最新のUSB DAC Sabaj A10D 2022は、ヘッドホンアンプとしても使用できます。PCM 32bit / 768kHz、DSD512の再生に対応しており、高解像度音源を忠実に再生することが可能です。ボリュームはアナログ式で、スムーズに100段階調節でき、音量のコントロールでも妥協がないように設計されています。Bluetooth 5.0も搭載し、LDAC高音質コーデックを用いたワイヤレスでのオーディオ入力も楽しめます。

2022年版は、アンプの電源部分がアップグレードされ、より大きな容量のコンデンサーが使用されています。これにより、音質とパワーが向上しました。デザインも刷新されて高級感のあるアルミフレームを採用。目でもオーディオファンを楽しませます。

数々の改良が重ねられたSabaj A10D 2022はハイレゾ音源を手軽に楽しめるオーディオファン向けの最新おすすめ製品です。


ThieAudio GHOST
ThieAudio GHOST

総評

FZ Audio ZS1ウォームでリッチなリスニングサウンドを持っているイヤホンです。高域に敏感な人にも快適でまろやかで聞き心地の良いサウンドで、解像度もかなり優れています。しかし、一般的にオーディオマニア向きとは言えないサウンドバランスのため、あまりお勧めできる製品とは言えません。

 【特集】コスパ最強中華イヤホンコレクション 2023

Trustear ZEROは低価格でありながら、優れた水準の音質を提供するだけでなく、ハイエンドにも匹敵するパフォーマンスを持っています。パッケージも価格の水準以上で、全体的に購入して損はすることはまずないと言えるイヤホンでしょう。文句なくお勧めできる製品の一つと言えます。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

FZ Audio ZS1

8.4

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

7.0/10

中域

7.5/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

9.0/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • エネルギーが低く、敏感な人にも安全な高域
  • 良好な透明度
  • 優秀な解像度
  • 濃厚感のあるサウンド
  • 響きが豊かなリッチサウンド

短所

  • 高域の拡張性に欠ける
  • ディテール不足
  • 輝度不足
  • 構築感の不足
  • 分離感が悪い
  • 曇った中域
  • 原音忠実的ではない
  • わかりづらい定位感

コメント



タイトルとURLをコピーしました