FiiO

FiiO Q7 ― フラッグシップ・デスクトップクラス・ポータブルヘッドホンアンプ $500~$1000

FiiO Q7 ― フラッグシップ・デスクトップクラス・ポータブルヘッドホンアンプ

FiiOから究極のフラッグシップUSB DAC/AMP、全く新しいFiiO Q7を発表します。FiiO Q7は、FiiOのフラッグシップデジタルオーディオプレーヤーであるM17の成功したアーキテクチャをベースにしています。
FiiO BTR7とFiiO BTR5の違い!9つのアップグレードを徹底解説 FiiO

FiiO BTR7とFiiO BTR5の違い!9つのアップグレードを徹底解説

FiiO BTR7は、その素晴らしい技術力でFiiOのポータブルBluetooth DAC/AMPのシリーズをリードしていくことでしょう。FiiOは、プレミアムデュアルDAC、THX AAアンプ、カラフルなIPSディスプレイ、独立したオーディオ回路、4.4mmバランス(+3.5mmシングルエンド)ヘッドホン接続、ワイヤレス充電サポートなど、複数の最新機能を搭載しています。BTR7を従来のフラッグシップモデルであるBTR5と比較すると、FiiOはあらゆる部門で劇的な改善を遂げ、まったく新しいデバイスを設計していることがわかります。
中価格帯デジタルオーディオプレーヤーの2022年最新おすすめ機種を紹介! FiiO

中価格帯デジタルオーディオプレーヤーの2022年最新おすすめ機種を紹介!

この記事では、デジタルオーディオプレーヤーに関する特定の要因について議論し、また、500ドルの予算の下で現在市場で入手可能な最高のミドルレンジレベルのDAPのいくつかについて紹介します。
【HiFiGOガイド】FiiOイヤホンの歩き方:最強人気ブランド製品のバイヤーズガイド FiiO

【HiFiGOガイド】FiiOイヤホンの歩き方:最強人気ブランド製品のバイヤーズガイド

FiiOはしばらく前にHiFiインイヤーモニターでその旅を始め、現在ではそのコレクションを巨大な製品カタログに集約しています。FiiOのHiFiインイヤーモニターのコレクションは、価格帯を問わず最も充実しているものの一つと言っても過言ではないでしょう。
FiiO FH7S:1DD+4BAハイブリッドIEM $300~$500

FiiO FH7S:1DD+4BAハイブリッドIEM

FHシリーズの遺伝子を受け継ぐFH7sは、究極のクリアさとディテールを備えた印象的なサウンドパフォーマンスを提供し、ハイレゾ音楽体験を新たな高みへと導きます。
FiiO FD7 1DD

FiiO FD7

FiiO FD7は、その圧倒的なパフォーマンスで高品質な音楽の壁を打ち破ります。FiiO FD7は、ピュアベリリウム振動板コイルを採用した12mmの大型ダイナミックドライバーユニットを搭載しています。ピュアベリリウム振動板は、迅速な移動性と頑丈さを備えた素晴らしい性能を発揮します。
【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した! $100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル 100000円~200000円

【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル

FiiO M15の完成度はかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズも少なく、まさにオールインワンです。
【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![FiiO FH3/Tri Starsea/SeeAudio Yume] 10000円~20000円

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![FiiO FH3/Tri Starsea/SeeAudio Yume]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつないで録音した音源を実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種を紹介したいと思います。
【中華イヤホン FiiO FH3 レビュー】バランスの良い音質と素晴らしいパッケージクオリティ。2万円以下の定番機種 10000円~20000円

【中華イヤホン FiiO FH3 レビュー】バランスの良い音質と素晴らしいパッケージクオリティ。2万円以下の定番機種

FiiO FH3はボーカルフォーカスの良いフラットに近いサウンドを実現しており、バランスの良いモニターサウンドを求めている人には有力な選択肢です。パッケージングや本体のビルドクオリティ、付属品も値段を考えるととても満足できるレベルで、この価格帯ではかなり有力な選択肢になるはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました