【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

Shanling UP5 Vs FiiO BTR5$100~$200
Shanling UP5 Vs FiiO BTR5

高い評価を得ているBluetooth DAC/AMPデバイス「UP4」の後継機として、Shanlingは先週、最新のフラッグシップモデル「UP5 Portable Bluetooth USB DAC/AMP」を発表しました。UP5は、BluetoothポータブルDAC/AMPのゲームを完全に変えます。高品質のXMOS USBレシーバーを搭載し、UP5でUSB接続によるハイレゾオーディオのデコードを可能にします。UP5は、Shanlingのラインナップの中で現在のフラッグシップとなるBluetooth DAC/AMPです。

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。

Shanling UP5の開封動画

Shanling UP5 Unboxing - New Portable Bluetooth USB MQA DAC/AMP 2021

技術仕様

FeatureShanling UP5FiiO BTR5
Price179.99$109.99$
DAC ConfigurationES9219Cx2ES9218P
Bluetooth ChipQCC5120CSR8675
Bluetooth ConnectivityV5.0V5.0
Wireless Codec SupportLDAC, LHDC, AptX HD, AptX LL, AptX, AAC, SBCLDAC, AptX HD, AptX LL, AptX, AAC, SBC
Headphone Output2.5mm+3.5mm+4.4mm2.5mm+3.5mm
Output Power(Single-Ended)Up to 112mW@32 OhmsUp to 80mW@32 Ohms
Output Power(Balanced)Up to 240mW@32 OhmsUp to 240mW@32 Ohms
SNR120dB(SE), 120dB(Bal)118dB(SE), 122dB(Bal)
THD+N(SE)0.0018%0.004%
THD+N(BAL)0.0035%0.002%
Channel Separation(SE)70dB@32 Ohms79dB@32 Ohms
Channel Separation(Bal)108dB@32 Ohms118dB@32 Ohms
Output Impedance(SE)<0.5 Ohms<1 Ohms
Output Impedance(Bal)<0.7 Ohms<2 Ohms
NFC SupportYesYes
USB ConnectionType-CType-C
USB Signal ProcessorXMOS XU208XMOS XU208
OLED DisplayYes 0.96”Yes 0.49”
In-Line ControlStandard CTIA 3.5mm In-Line Mic Control SupportStandard CTIA 3.5mm In-Line Mic Control Support
MQA SupportYes(Up to 8X)Not Supported
Audio ConfigurationFPGA+Dual Crystal OscillatorsFPGA+Dual Crystal Oscillators
MicrophoneSiSonic HD MicrophoneStandard Microphone
Buttons & KeysMulti-Function Power Key+Mode KeyPower Key+Three Media Keys
Battery Capacity680mAh550mAh
Battery LifeUpto 15H(Single DAC), Upto 11H(Bal, Dual DAC)Upto 9H(SE), Upto 7H(Bal)

最新型デュアルDACチップセット

Shanling UP5は、最新の第3世代Sabre DACチップセットを搭載しています。BTR5が前世代のES9218PデュアルDACチップセットを採用しているのに対し、UP5はES9219C DACチップを2つ搭載しています(最新のAndroid Music Player M3Xと同じ)。この最新世代のチップセットを搭載したUP5は、前世代のBTR5と比較して、より良いチャンネルセパレーションとSNR、THD+Nの評価を実現し、よりクリーンな出力を実現しています。

進化したBluetoothチップ

UP5は、最新世代のDACチップと同様に、クアルコムの最新世代のBluetooth接続チップの力を利用しています。Shanling社はUP5に、低消費電力で高性能なBluetoothチップであるQCC5120を搭載しています。また、BTR5に搭載されているCSR8675も、低消費電力で高性能なBluetoothチップです。QCC5120は、BTR5に搭載されているCSR8675よりも優れた電力管理を行い、最高のパフォーマンスと安定した接続性を維持しながら、全体的なバッテリー寿命を向上させます。Shanling UP5は、BTR5の通常のLDAC、AptX HD、AptX LL、SBC、AACに加えて、追加のLHDCワイヤレスコーデックを搭載しています。

Kinera Nan Na 2.0
Kinera Nan Na 2.0

より多くのヘッドホン接続オプション

Shanling UP5は、BTR5に比べてヘッドホン出力ポートを追加しています。BTR5は2.5mmバランスと3.5mmシングルエンドのヘッドホン出力ポートを備えていましたが、新しいUP5は他の2つのポートに加えて4.4mmバランス接続を追加しています。そのため、最新のペンタコン4.4mmヘッドホン端子にも対応しています。

よりクリーンでパワフルな出力

Shanling UP5は、最新世代のDACシステムにより、より良いチャンネルセパレーション、改善されたS/N比、低いTHD+N歪み評価を持つ2つのうち、よりクリーンな出力を提供します。また、シングルエンド接続(デュアルDACモード)で最大112mW@32Ωの出力パワーを持ち、出力信号に力強さがあります。BTR5は、シングルエンド接続で最大80mWの出力があります。しかし、この出力の増加はバランス接続では見られず、BTR5とUP5の両方が240mW@32Ωを達成しています。UP5はより低い出力インピーダンス定格を達成しており、高感度のヘッドホンに適しています。

Tri Starlight
Tri Starlight

より良いマイクロフォン

ShanlingのUP5は、BTR5の標準マイクと比較すると高品質のSiSonic HDマイクを採用しています。BTR5の音声品質もかなり良かったのですが、UP5はさらに鮮明でクリーンな音声伝送を実現しています。

MQA対応

Shanling UP5は、Bluetooth DAC/AMP市場において、USB接続によるMQAデコーディングのサポートを実現します。BTR5とUP5は、同じXMOS XU208 USBチップを使用しているため、USB接続でのハイレゾ・オーディオ信号のデコードが可能です。そのうえで、最新のUp5は、BTR5にはないMQAデコードサポートにも対応しています。

より大きく、より良いバッテリー

BTR5が550mAhのバッテリーを搭載しているのに対し、Shanling UP5はより大きな680mAhのバッテリーを搭載しています。大型バッテリーと高品質なエンジニアリングの組み合わせで予想されるように、Shanling UP5は最大15時間(シングルDAC)の連続再生が可能で、バランス接続(デュアルDACモードのみ)でもUP5は最大11時間の連続音楽再生が可能です。BTR5は、シングルエンドモードでは最大9時間、バランス接続モードでは最大7時間のバッテリー駆動が可能です。

有機ELディスプレイの大型化

Shanling UP5とFiiO BTR5は、どちらも有機ELディスプレイを本体前面に搭載しています。Shanling UP5は0.96インチの大型ディスプレイ、BTR5は0.49インチの小型ディスプレイを搭載しています。このディスプレイには、アクティブなBluetoothコーデックやバッテリー残量など、さまざまな設定情報が表示されます。

駆動力

UP5は、より優れた出力、2レベルのゲインモード、より優れたDAC、そして先進のクアルコムBluetoothチップにより、HiFi IEMやヘッドホンの駆動力を向上させます。ハイパワーを必要とするヘッドホンにも、繊細なヘッドホンにも適しており、クリーンでパワフルな出力を実現します。

重厚感のあるデザインと充実した付属品

Shanling UP5は、BTR5よりもわずかに重くて大きいボディで、優れたビルドクオリティを持っています。両方のデバイスの外観はまったく同じです。Shanling UP5は、パッケージの中にレザーケースを詰め込んだ付属品のセットが充実しています。BTR5には、標準的なプラスチックケースが付属しています。

総評

FiiO BTR5は素晴らしいデバイスですが、Shanling UP5は、そのパフォーマンスの向上に貢献するより高度な機能ですべてを実現しています。Shanlingは、最新世代のDAC、高度なBluetoothチップ、4.4mmバランスヘッドホンポート、より優れたバッテリー寿命、MQAデコーディング、より大きなOLEDディスプレイなど、UP5を2021年の素晴らしい選択にするための多くの機能を実装しています!。しかし、これらの機能にはコストがかかり、BTR5は$109.99、Shanling UP5は$179.99で販売されています。この価格ではBTR5はまだそのカテゴリーを支配していますが、予算に余裕があれば、UP5はより高度な機能を提供します。UP5BTR5がは両方ともHiFiGOでお買い求めいただけます。

【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション
【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、比類のない音質パフォーマンスを実現します。もしワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。

【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」
【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」

今日、私がチェックするのは、レトロで伝統的な雰囲気を持ち、カセットウォークマンプレーヤーを持ち歩いていた学生時代に戻ってしまうような、全く新しいOriolus DPS-L2です。今日は、この美しいデバイスの開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。

【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber
【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber

2/19にHibyから新作DAP「Hiby R5 Saber」が発売されます。この新しいAndroidデジタルオーディオプレーヤーの実像について、いち早く公開されている海外のレビューから迫ってみたいと思います。Hiby R5との違いも解説します。

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ
【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。そのフラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8は国内外で高い評価を得ています。この記事ではM8のレビュー記事を紹介しています。

【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル
【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル

FiiO M15の完成度はかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズも少なく、まさにオールインワンです。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

previous arrow
next arrow
【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」
【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber
【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ
【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました