iBasso

10000円~20000円

【中華イヤホン iBasso IT01X レビュー】ニュートラルを意識したV字型リスニングモデル。中低域が強くなりやすいのが難点

iBasso IT01Xはニュートラルを意識しつつ、中域を凹ませたV字型のサウンドを持っています。1万円台のリスニングモデルとしてはスペック的に水準を満たしており、悪くない選択肢です。
50000円~100000円

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、比類のない音質パフォーマンスを実現します。もしワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】セミオープンバック型ヘッドホン iBasso SR2 クイックレビュー:ワイド&ディテール

これまで私はPhilips SHP9500、HarmonicDyne Helios、Sivga SV006を所有しており、今回、iBasso SR2もそのラインナップに加わりました。このヘッドホンは手に入れたその日からずっと、私のお気に入りです。今日は私のこの最新の購入製品の開梱とレビューをご紹介します。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】ポータブルドングルアンプ iBasso DC03 開封&クイックレビュー

数か月前、iBassoは、高く評価されているUSB Type-C DAC/AMPの「DC」シリーズの第3弾であるiBasso DC03をリリースしました。数日前に自分用のDC03のユニットを手に入れました。今日は、DC03の開封と簡単なレビューをご報告します。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】iBasso IT07 パッケージ開梱&クイックレビュー:その音楽は美しく、力強く

iBassoの最新フラッグシップIEM IT07は、青みがかったトーンのフェイスプレートに星空のパターンがあしらわれており、本当に美しく見えます。今日はこのIEMについてお届けし、パッケージの開梱体験の感想とIT07の簡単なレビューをここでご報告いたします。
5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】iBasso DC04 パッケージ開梱&クイックレビュー:バランス接続対応Type-C DAC/AMP

iBasso DC04は、わずか数週間前にリリースされたiBassoの最新のバランス型USB Type-C DAC/AMPです。iBassoのポータブルUSB DAC/AMPの高い評価を受けている「DC」シリーズの4番目の製品です。DC04の開封と音質の印象を報告いたします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました