【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

iBasso DX300100000円~200000円
iBasso DX300

今日、デジタルオーディオプレーヤーは、ハイレゾ音源のポータブルメディアとして広く利用されています。以前は、MP3プレーヤーやApple iPodに限られていましたが、ここ数年、多くのHiFiオーディオブランドがクラス最高の製品を携えてDAPのゲームに参入しています。

私は個人的に、日常的に音楽を楽しむ際には、スマートフォンにハイレゾデコード用のドングルを追加するのではなく、DAPを使いたいと思っています。

今日は、iBassoの最新のフラッグシップミュージックプレーヤーであるDX300についての洞察をお届けします。発表された時からずっと気になっていて、数日前に手に入れたばかりのこの素晴らしいデバイスのことです。それでは、これ以上時間を無駄にする前に、始めましょう。

iBasso DX300
iBasso DX300

この製品の要点

  1. 強力なクアッドDACコンフィグ、交換可能なアンプモジュール、超高速Snapdragon CPU、フルHDディスプレイ
  2. 全体的に軽量で、スリムで洗練された仕上がり
  3. 接続したIEMやヘッドホンの性能を最大限に引き出すための十分なクリーンパワー

iBassoDX300 クアッドDACフラッグシップ

iBasso DX300は、HiFiオーディオ機器の製造ブランドとして定評のあるiBassoのHiFiデジタルオーディオプレーヤー「DXシリーズ」の最新作です。iBassoのDXシリーズには、DX160DX200、DX220などの有名な製品があります。

最新のDX300は、強力なクアッドDACコンフィグ、交換可能なアンプモジュール、超高速Snapdragon CPU、フルHDディスプレイなど、複数の優れた機能をその美しいボディに搭載しています。DX300は$1199.99ドルという価格でiBassoのデジタルオーディオプレーヤーのラインナップをリードしていますが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?実際にその高度な機能を持っているのでしょうか?私たちはその答えを間もなく発見することになるでしょう。

DX300の機能をより深く知りたい方は、こちらのストアページでチェックできます。

iBasso DX300
iBasso DX300

パッケージと付属品

DX300は、iBassoのDXシリーズとしては伝統的なグレーブルーのパッケージを採用していますが、このパッケージは他のラインアップの製品よりも一回り大きくなっています。グレーの外箱には、DX300とiBassoのブランドロゴが前面に印刷されています。内側の青い箱は、外箱からスライドして出てきます。

この青い箱は、蓋を開けるとDX300の姿が直接見えるデザインになっています。その下の黒い箱には、充電用USBケーブル、バーンインケーブル、同軸ケーブル、スクリーンプロテクター、ユーザーガイドなど、プレーヤーに付属するすべてのアクセサリーが入っています。また、DX300用のブルーのレザーケースも別途購入しました。

パッケージのデザインやプレゼンテーションには高級感があり、この素晴らしいデバイスを開梱するのは素晴らしいことだと思います。下記のHiFiGo youtubeチャンネルで、私の開封ビデオをご覧ください。

パッケージ開梱動画

iBasso DX300 DAP First Look

パッケージ内容

パッケージの内容は以下のとおりです。

  • DX300ハイレゾオーディオプレーヤー(AMP11 MK2モジュール付き)
  • USBType-C充電ケーブル
  • 2.5mmバランスバーンインケーブル
  • スクリーンプロテクターのペア
  • 同軸コネクタケーブル
  • ユーザーガイド
iBasso DX300
iBasso DX300

※画像にある革製のキャリーケースは別売りで、パッケージには含まれていませんのでご注意ください。

デザインとビルドクオリティ

私がiBassoの製品のファンである理由の一つは、その素晴らしいビルドクオリティにあります。ドングル式のDACからIEMまで、すべてが見事です。

DX300についても同様です。このブランドのフラッグシップ・デバイスであるDX300は、本当に素晴らしいです。6.15インチのフルHDディスプレイを搭載し、ベゼルが非常に薄く、現代的なスマートフォンのように見えます。

この端末は、全体的に軽量で、スリムで洗練された仕上がりになっています。ポケットに入れても邪魔になりません。

iBasso DX300
iBasso DX300

右側には、光沢感のあるゴールドのボリュームホイールがあります。このボリュームホイールは、電源のオン/オフおよび画面ロックボタンとしても機能します。ボリュームホイールのすぐ下には、3つのメディアコントロールキーがあります。左側には、マイクロSDカードスロットがあります。上部には、同軸出力ポートを備えたUSB Type-C充電ポートがあります。アンプモジュールは本体底面にあり、ネジで交換することができます。

なお、DX300はこれまでのアンプモジュールと互換性がなく、iBasso社はこのスリムなアーキテクチャに基づいて新しいアンプモジュールをリリースする予定ですので、ご注意ください。

iBasso DX300
iBasso DX300

DX300には、3.5mm SE、2.5mm Bal、4.4mm Balの各出力端子を持つAMP11 Mk2モジュールが搭載されていますが、これはDX300の底面にあるAMPモジュールの上に配置されています。DX300は素晴らしい造型になっています。高級感のある造りで、大型のタッチスクリーンディスプレイで簡単に操作できる、魅惑的でゴージャスな印象です。

ディスプレイ、ユーザーインターフェース、OS

DX300は、6.15インチの大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度で鮮明な画質を実現しています。CPUにはクアルコム社製Snapdragon 660を採用し、12ギガバイトのRAMを搭載しています。また、Android 9.0とiBasso社が独自に開発したMango music OSのデュアルブートモードに対応しています。どちらのモードでもキビキビとしたスムーズな動作を実現しています。

Androidでは、すべてのアプリケーションに対応しており、個人的にはUAPP、Power Amp、Tidalのストリーミングをテストしました。ユーザーインターフェースは非常に高速で、タイムラグもありません。MicroSDカードに保存された6,000以上のFLACファイルを含む膨大な音楽ライブラリをナビゲートする際も、非常にスムーズです。

iBasso DX300
iBasso DX300

ただし、DX300ではPlaystoreは初期状態では利用できませんのでご注意ください。APKPureアプリケーション(端末にあらかじめインストールされています)で簡単にダウンロードできます。

バッテリー駆動時間

DX300は、DX220 Maxと同様に、デジタル回路用とアナログ回路用のデュアルバッテリーを搭載しています。しかし、DX220 Maxのデュアル充電オプションとは異なり、DX300では両方のバッテリーが1つのUSB Type-Cポートで充電されます。1回の充電で、WiFiをオンにした状態で約14~15時間持続します。これは、その高度な構成と巨大な出力を考慮すると、かなりしっかりとしたバッテリー駆動時間です。

iBasso DX300
iBasso DX300

駆動力と接続性

純正のAMP11 MK2モジュールは本当にパワフルです。DX300には、DUNU EST112、BGVP NS9、TRI Starlightの3種類のIEMと、iBasso SR2ヘッドフォンを組み合わせました。

これら3つのIEMはいずれも必要な電力が少なく、ミディアムゲインで30~35/100のボリュームレベルを超えることはありませんでした。iBasso SR2の場合は、ハイゲインモードで60/100程度の音量を出さなければなりませんでした。しかし、SR2をドライブする能力は単純に驚くべきもので、素晴らしいダイナミクス、良いエクステンションが得られ、とにかく素晴らしいと言わざるを得ません。

DX300自体は非常にパワフルで、市場に出回っているほとんどのIEMを問題なく駆動することができ、ヘッドホンでも十分なパフォーマンスを発揮します。

また、DX300はハイレゾ対応のBluetooth機能にも対応しています。DX300とソニーのノイズキャンセリングシステムWH-1000XM3を組み合わせてみましたが、かなりしっかりとした音が出ていて楽しめました。

iBasso DX300
iBasso DX300

サウンドのファーストインプレッション

DX300は、シーラスロジック社のフラッグシップグレードDACチップ「CS43198」を4基搭載した驚異的なクアッドDACセットアップを採用しています。最新のアンプモジュール「AMP11 MK2」との組み合わせにより、両サイドに伸びやかで自然なリファレンスグレードの高音質出力を実現しています。

接続されたヘッドホンにクリーンなパワーを供給し、EST112などの高感度IEM(インピーダンスはわずか10Ω)でもノイズのないクリーンな出力を実現します。もちろん、出力は接続するIEMのチューニングに依存しますが、ほとんどのIEMは自然なトーンで聞こえ、レイヤー、イメージング、ステージプレゼンテーションなどのサウンド技術が細部まで洗練されていることがわかりました。

iBasso DX300
iBasso DX300

DX300は、接続したIEMやヘッドホンの性能を最大限に引き出すための十分なクリーンパワーを備えており、タイトでパワフルな低音域、質感の高いボーカルや中音域、滑らかで透明感のある高音域、ボーカルや楽器の自然な音色を提供します。DX300は出力に色を付けず、自然で生き生きとしたサウンドレスポンスを実現しているため、市場にある様々なイヤホンやヘッドホンとの組み合わせに適しています。

iBasso DX300
iBasso DX300

M11 ProやHiBy R5 SaberなどのポータブルソースでiBasso SR2を聴くのはあまり好きではないのですが、DX300では違います。パワフルな出力と優れた音質で、私のセミオープンバックのヘッドホンの良さを最大限に引き出してくれます。SR2には、4.4mmのバランスケーブルを組み合わせました。

総評

私の意見では、強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、バックグラウンドのヒスやノイズが目立たない、比類のない音質パフォーマンスを実現しています。

AMP11 MK2モジュールを搭載したDX300は、4.4mm、3.5mm、2.5mmといった様々なポータブル端子に対応しており、ほとんどのIEMとケーブルの組み合わせに対応しているので、箱から出してすぐに使うことができます。さらに、Snapdragon 660と12ギガのRAMを搭載したことで、今日の市場で最もスピーディーなAndroid DAPのひとつとなっています。

DX300は、その卓越したパフォーマンスにより、私が日常的に使用しているFiiO M11 Proに取って代わりました。もしあなたがHiFi IEMのためのワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。

詳細はこちらの製品ページでご確認いただけます。

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。

【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」
【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」

今日、私がチェックするのは、レトロで伝統的な雰囲気を持ち、カセットウォークマンプレーヤーを持ち歩いていた学生時代に戻ってしまうような、全く新しいOriolus DPS-L2です。今日は、この美しいデバイスの開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。

【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber
【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber

2/19にHibyから新作DAP「Hiby R5 Saber」が発売されます。この新しいAndroidデジタルオーディオプレーヤーの実像について、いち早く公開されている海外のレビューから迫ってみたいと思います。Hiby R5との違いも解説します。

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ
【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。そのフラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8は国内外で高い評価を得ています。この記事ではM8のレビュー記事を紹介しています。

【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル
【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル

FiiO M15の完成度はかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズも少なく、まさにオールインワンです。

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

previous arrow
next arrow
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【HiFiGOレビュー】Oriolust DPS-L2:開封レビュー「レトロデザインと現代テクノロジーの融合」
【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber
【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ
【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました