100000円~200000円

100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Symphonium Helios レビュー】わずかに金属的に聞こえるが、鮮明感の高いほぼ完全なニュートラル系サウンド。優れた定位感と質感の再現度で圧倒する

10万円くらいの価格で、定位と質感に優れた完全なニュートラルサウンドに近い優れたIEMを探しているなら、Symphonium Heliosを見逃すべきではありません。サウンドバランスにおいて完璧に近く、モニターイヤホンに求められる仕事をほぼ完璧にこなすことができます。
100000円~200000円

ThieAudio Monarch MkII

See AudioとCrinacleは、「より技術的に優れた発売から1年半以上が経過し、最も高い評価を得ているThieaudio SignatureシリーズのIEMがカムバックします。Monarchは、ドライバーのオーバーホールとチューニングの強化により、完全に再定義されました。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T1 3rd Generation レビュー】広い音場にゆったりした音楽を上品に聞かせるリスニングモデル

beyerdynamic T1 3rdは高級機種らしい、音場重視で静寂感のある、上品な大人の音楽を聞かせるヘッドホンです。ゆったりした雰囲気で音楽を鑑賞したい人向きで、しっかり音を聞くのではなく、BGMとして音楽を耳元に流したいというようなニーズにも応えてくれるでしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN Arya レビュー】優れたニュートラル系サウンドでミキシングモニターとしても優秀

HiFiMAN Aryaは非常に優れたニュートラルサウンドを持つ、良質なリファレンスヘッドホンです。中域が広く、ディテール豊かに、定位も確かに鮮明に聞こえるチューニングになっています。インピーダンス特性の一貫性にも優れているため、接続する機器による音質変化の少なさの点でも優秀です。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Fender Thirteen 6 レビュー】多くの人には良さが全く理解できないだろう機種。15万円以上の価格で3000円クラスの低解像度チューニング。そこにあるのはFenderのただただギターにこだわる熱い情熱

Fender Thirteen 6は非常にニッチな製品で、あまり一般人向きではありません。ギターが大好きで、ライブハウスのような雰囲気でギターの味をとことん楽しみたいという人には向きますが、多くの人にはクセが強く、解像度も低くて、これに10万以上も支払うのが馬鹿らしい機種でしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN HE-R10 Dynamic Version レビュー】力感豊かで充実感に優れ、自然なアンビエンスの感じられる前方定位的なサウンドで、いつまでも聴いていられる

自然な前方定位感、豊かな力感と充実感のある中域、丁寧に再現される奥行き感のあるステージング、すべてが興味深く調整されているHiFiMAN HE-R10 Dynamic Versionは個人的に素晴らしいと思える機種です。ダイナミックでパワフル、豊かな充実感のあるサウンドが好きなら、ぜひ一度聴いてみることをおすすめします。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Clariar i640 レビュー】きれいだが妙に窮屈な中域に、拡張性が足りない上に、がさつでコムフィルターがかかったような気色悪い音の、明らかに調整不足な高域。これを10万円以上で売るのはかなり厳しいだろう。そして無駄にデカイ

奇妙なことですが、日本の新規参入メーカーほど無駄に高い値段で変な音のイヤホンを出そうとする傾向にあるようです。国産で値段が高いというだけで消費者は品質が高いと錯覚する傾向があるので、心理的効果を狙っているんでしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T5 3rd Generation レビュー】ゆったりした奥行きのある音場表現が好きなら悪くないかもしれない

私が個人的にbeyerdynamicを好んでいることは事実ですが、T5 3rd Editionはとくにほしいとは思わない機種です。個人的におすすめする気もありません。ビルドクオリティとパッケージクオリティは価格に見合っていますが、10万円を握りしめてオーディオショップに行くなら、これより良いヘッドホンはざらにあります。あえてこれを掴む必要はほとんどないでしょう。
100000円~200000円

Antelope Audio Discrete 8 Synergy Core

Antelope Audio Discrete 8 Synergy Coreは、コンソールグレードの8つのプリアンプ、Antelope Audioの高音質デジタルオーディオコンバーター、そしてDSP搭載プラグインの膨大なコレクションを備えた、最先端のThunderboltおよびUSBオーディオインターフェースです。中規模スタジオ向けに設計されたDiscrete 8 Synergy Coreは、最大で26入力、30出力まで拡張可能です。
100000円~200000円

RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

RMEの新たなリファレンスとして誕生したADI-2 Proは、最大サンプルレート768kHzならびにDSDの再生/録音にも対応した超高精度AD/DAコンバーターであるだけでなく、USB DAC、USBオーディオ・インターフェイス、さらにハイエンドなヘッドフォン・アンプとしても今までにない品質で提供するためにデザインされました。その限りなく透明な音質と独自のユーザー・インターフェイスにより、スタジオや音響測定などのプロフェッショナルな現場だけでなく、音楽愛好家にとっても究極のツールとしてお使いいただけます。
100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
100000円~200000円

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】クアッドDACオーディオプレーヤー iBasso DX300レビュー:開封&インプレッション

強力なクアッドDACがDX300に魔法をかけているようです。感度の高いIEMを使用しても、比類のない音質パフォーマンスを実現します。もしワンポイントポータブルソリューションを探しているのであれば、最新の機能と優れたサウンド出力を備えたDX300は最良の選択となるでしょう。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。そのフラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8は国内外で高い評価を得ています。この記事ではM8のレビュー記事を紹介しています。
100000円~200000円

【中華イヤホン Shuoer EJ09 レビュー】情報量が多く、粒度も細かい、高ディテールかつ高精細なモニターサウンド。それは分析的に音楽を楽しみたい人にとって最高レベルの相棒になる

Shuoer EJ09は5基もの静電型ツイーターを高い技術力で適切に駆動させ、常識はずれなモニタリング能力を持っています。それは多くの人の音楽体験を新しいレベルに引き上げることは間違いありません。そしてこのサウンドを作り上げたShuoerというメーカーは明らかにクレイジーです。
100000円~200000円

【ハイレゾイヤホン newspring NSE1000-G レビュー】詳細かつ鮮明で深みのある叙情に満ちたサウンドを実現するドンシャリイヤホン

newspring NSE1000-Gは高品質なドライバーで優れた歪み耐性を持つドンシャリイヤホンです。ビルドクオリティは高く、ケーブルの品質も良好に思えますが、パッケージは価格ほど豪華ではありません。若干中域が薄くなりやすく、ゴチャゴチャしやすいところがありますが、抒情性が高く、深みとエネルギッシュさを両立させたサウンドを聞かせてくれ、夢中にさせてくれるかもしれません。
100000円~200000円

【デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 レビュー】FiiO渾身のフラッグシップDAP。完成度が全体的に高いオールインワンモデル

FiiO M15の完成度はかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズも少なく、まさにオールインワンです。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU Luna:ベリリウムIEMがもたらす異次元の音楽体験!!

私たちは皆、DUNUを精巧なIEMを製造する中国ブランドとして理解しています。このブランドはオーディオファンコミュニティに向けて、素晴らしいIEMを製造してきました。そして、DUNUが世界初の純粋なベリリウムIEMであるDUNU LUNAを紹介したのはまさに今このときです。
$1000~$2000

See Audio Neo

SeeAudio Neoでは、非常に美しいデザイナーズフェイスプレートと透明なインナーキャビティを持つ豪華な外観のペアが提供されます。透明なキャビティを通して、ドライバーユニットがきちんと正確に配置されているのがわかります。このIEMの全体的な外観は、絶妙で豊かです。
100000円~200000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Softears Turii: 完璧なサウンド出力を持つ、渦を巻く永劫回帰と調和の物語

Softearsは、中国を拠点とするHi-Fiオーディオ機器製造ブランドです。クラス最高のフラッグシップレベルのインイヤーモニターを製造しています。Camjam 2019上海で、このブランドはHi-Fi IEMの3番目の製品であるSoftears Turiiを発表しました。
タイトルとURLをコピーしました