【HiFiGOレビュー】NICEHCK NX7 mk3 開梱&クイックレビュー:美しく、より魅力的になりました

NiceHCK NX7 mk310000円~20000円
NiceHCK NX7 mk3

NiceHCK NX7は、NiceHCKで非常に人気のあるインイヤーモニターです。2019年にリリースされ、両側に強力な7ドライバーハイブリッドセットアップが搭載されています。

NX7の成功後、ブランドはNX7にさらなる機能強化をもたらすことに焦点を合わせました。そして、交換可能なフェースプレートとサウンドチューニングフィルターを備えたNX7Proが今年初めに発売されました。NX7 Proは成功しましたが、このイヤホンはかなり明るく、一部の人にとっては耳に刺さる感じさえありました。

私はNX7Proを個人的に所有しており、毎日のドライバーとして数週間使用していました。交換可能なチューニングフィルターは、チューニングにわずかな変更をもたらし、それによりさまざまなジャンルの音楽にうまく適合するのに役立ちました。

予想よりも早く、NiceHCKは、新しいアップグレードされたドライバーを備えたNX7 MK3をリリースしました。交換可能なフェースプレート、および再び交換可能なサウンドチューニングフィルターを備えたNX7の新しいバリエーションです。


【HiFiGOニュース】NICEHCKが7ドライバー搭載ハイブリッドIEM NICEHCK NX7 MK3をリリースしました – audio-sound @ hatena
NICEHCK NX7は、NICEHCKから発売されたインイヤー モニター(IEM)としては非常に成功したモデルとなっています。NX7は、両側に7基のハイブリッドドライバーセットアップを備え、フェイスプレートを好きなように選ぶことができ、チューニングフィルターを変更するオプションを持ち、輝かしいパフォーマンスを提供していました。NX7のリリース後、ブランドはさらに音質を洗練し、NX7 Proとしてアップグレードしました。そして今、この成功を収めたシリーズを、第3世代となる今回のNiceHCK NX7 MK3でさらに刷新しました。最新のNiceHCK NX7 MK3では、片側7ドライバーのセットアップがアップグレードされ、外観も一新された美しいルックスになっています。フェースプレートやチューニングフィルターは、NX7 Proと同様にお好みに合わせてペアで変更することができます。最新モデルは、3.5mmシングルエンドケーブルを使用したNX7 MK3が$119ドルから、3.5mmバランスエンドケーブルを使用したNX7 MK3が$135で、3.5mmシングルエンド/2.5mmバランス/4.4mmバランス/3.5mmバランスの4つの異なるバリエーションが用意されています。
 

最新のNX7MK3の価格は$125で、さまざまなエンドプラグタイプから選択できます。数週間前に自分用のユニットを入手し、それ以来ずっと使っています。今日は、私の簡単なレビューを皆さんにご報告致します。

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

この製品の要点

  1. 交換可能なフェイスプレートで外観をカスタマイズできる
  2. 3種類のノズルフィルターによる音質変更システム
  3. 明るいV字のアグレッシブなサウンド

NICEHCK NX7の技術仕様

  • 7つのドライバーハイブリッドセットアップ(4 BA + 2 DD + 1圧電セラミック)
  • 交換可能なフェイスパネルとチューニングフィルター
  • 高品質の16コアSPCおよび銅線ハイブリッドケーブル
  • 美しいプレミアムキャリーケース
  • ケーブルはさまざまなエンドオプションが利用できます

残りの技術仕様、機能、および購入オプションについては、こちらのページから確認できます。

NICEHCK NX7 mk3のパッケージと付属品

NiceHCK NX7 MK3は、エレガントな白色のパッケージで提供されます。箱を開けると、美しいNX7MK3イヤホン本体と素敵なキャリーケースを直接垣間見ることができます。 デニムのテクスチャード加工されたキャリーケースには、ケーブル、イヤーピース、チューニングフィルター、フェースプレートなどのアクセサリーが収納されています。 アクセサリーは良質で、IEMの魅力を引き立てます。また、フェイスパネルを交換するためのドライバーと2セットのネジが含まれています。 私は購入時に3.5mmのエンドプラグを入手しましたが、注文時に選択することで希望のエンドプラグが付いたケーブルを入手できます。

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

パッケージ内容

  • NiceHCKNX7 MK3 IEM本体
  • 16コアSPCおよび銅線ハイブリッドケーブル
  • 交換可能なフェースパネル 3ペア(赤、青、黒)
  • 交換可能なチューニングフィルター 3ペア(赤、青、黒)
  • 4組の白いシリコンイヤーチップ
  • 4組のブラックシリコンイヤーチップ
  • キャリーケース
  • 2セットのネジ
  • スクリュードライバー

パッケージ開梱動画

ビルドクオリティ&装着感

ビルドクオリティに関しては、NX7Mk3にはNX7Proと同様のシェルがあります。透明なインナーシェルにより、フェースプレートは以前のPro版と比較して見栄えが良くなっています。 新しいフェイスパネルは、私にはよりエレガントで見栄えが美しく感じられました。軽量で人間工学的に設計されています。長時間の着用の後でも、とても快適だと感じました。アクセサリーはプレミアムな外観と仕上げ、そしてキャリーケースを備えています。 ケーブルは16芯ハイブリッドケーブルで、非常に柔軟です。 ケーブルのエンドプラグは3.5mmで、2ピンコネクタもしっかり作られています。

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

このイヤホンは私に気軽で快適なフィット感を提供してくれました。イヤホンは私の耳にしっかりと収まり、外耳道を適切に密閉します。 純正のブラックシリコンイヤーピースでも、十分なレベルのノイズアイソレーションが得られます。

NiceHCK NX7 MK3の駆動性

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

NiceHCK NX7 MK3のインピーダンス定格は58Ωですが、スマートフォンからも十分に駆動できます。私はHuaweiP90 Pro、xDuoo XD-05 BasicHidizs AP80 Pro、およびM11ProとIEMを組み合わせました。 そして、これらすべてのソースでうまく動作しましたが、私のスマートフォンでは音量をほぼフルに上げる必要がありました。他のソースでは約60%の音量で十分でした。

音質

NX7 MK3を介したサウンド出力は、前世代よりも高音部分が滑らかになり、改善された感じがします。そうですよね、前世代は少し明るすぎる感じでしたし、NX7Proが鋭くて耳に刺さると不満を言う人もいました。 私はNX7 Proの明るいサウンドシグネチャーを楽しんでいましたが、長時間音楽を聴くと聞き疲れがしていたことに同意します。これは、MK3にはもう当てはまりません。最新のNX7MK3は、3つのフィルターすべてでよりスムーズなパフォーマンスを発揮します。私はそれがまだ明るい音に聞こえると言わなければなりませんが、もう疲労感や負担感はありません。 このIEMは、周波数スペクトル全体にわたって適切なディテール検索を示します。 IEMの全体的な特徴はV字型です。さまざまなフィルターが、サウンド出力にどのように影響するかについて説明しましょう。

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

赤フィルター

MK3の赤いフィルターは、すべてのフィルターの中で最も明るく聞こえます。中域上部と低音部が高くなっています。 このフィルターを使用すると、IEMはNX7 Proと同様に聞こえますが、同時に滑らかな高音域を備えています。 赤いフィルターが高周波をブーストしているようです。

青フィルター

青いフィルターは3つの中で最もバランスが取れており、パワフルなローエンド、凹んだ中域周波数、透明な高周波数を生み出します。 サウンド出力は、互いに補完し合うすべての異なる周波数スペクトルにおいて非常にバランスが取れているように感じます。 このフィルターを使用すると、どの周波数も支配的に聞こえません。

黒フィルター

黒のフィルターは、他の周波数と比較してブーストされた低域を生成します。 EDM、ベースビートが音楽に命を吹き込むヒップホップなどのジャンルを引き立てます。 このフィルターを使用すると、IEMは楽しいサウンドシグネチャーを持ちます。

NICEHCK NX7 MK3
NICEHCK NX7 MK3

低域

NX7 Mk3のローエンドは、低音をブーストする黒フィルターを使用しない限り、かなり強力です。このペアは、中低域で良好な打撃を示し、重低域で美しい鳴動を示します。それは私の音楽をうまく引き立ててくれます。私は個人的に青フィルターを使用しており、あなたが熱心な低音愛好家でない限り、黒はお勧めしません。

中域

V字型のサウンドシグネチャーを持っているため、中間周波数は凹んでいます。楽器間の空間は風通しが良く、中域上部の隆起がボーカルを前面に押し出します。赤フィルターを使用すると、高音のボーカルが一部の人にはシャウティに聞こえるかもしれません。

高域

私はNX7MK3の高周波に本当に感銘を受けました。それらは現在非常にスムーズであり、かなり良いディテールを提示し、疲労感のないサウンド出力を提供します。このIEMは、バイオリン、エレキギターなどの楽器の美しいディテールを取得します。

サウンドステージと楽器の分離

このIEMの楽器の分離はかなり良いですが、サウンドステージはまだNX7 Pro並みです。狭すぎたり小さすぎたりすることはありません。ライブパフォーマンスに十分な余裕がありますが、広すぎることはありません。個人的には、少し余分なステージがあれば、ペアの風通しの良さを改善できたと思います。

総評

結論から言うと、私は元々NX7 Proが好きでした。私の意見では、最新のNX7 MK3は、NX7 Proの過酷な部分を滑らかにし、美しいサウンド出力を提供します。$125の価格で、パワフルで生き生きとした音の明瞭さを備えた見事なIEMを探しているなら、喜んでこのイヤホンをお勧めします。

詳細はこちらのページから確認できます。

コメント



タイトルとURLをコピーしました