【HiFiGOレビュー】Cat Ear Mia クイックレビュー:かわいい小さなパフォーマー

CatEar Mia10000円~20000円
CatEar Mia

Cat Ear Audioはオーディオコミュニティではかなり新しい名前ですが、このブランドは業界で長年の経験を持つ専門家チームを抱えています。高品質な音響機器の開発を的確に目指すShunshi(Shenzhen)Technology Co.、Ltd.のサブブランドです。Cat Ear Miaは、昨年後半のブランド登録時に開発された最初の製品です。今年7月に中国本土で発売され、多くの賞賛を受けました。先月、Miaがワールドワイド・リリースを計画しているというニュースがあり、そして数週間前に現実になりました。私はMiaを試すことに非常に興味があり、最初のバッチから自分用のユニットを手に入れました。それ以来今まで私はCat Ear Miaと数日間過ごし、そして今、私はこのかわいい宝石のようなイヤホンのインプレッションを皆さんにご報告したいと思います。$100で購入できます。詳しくはこちらをご覧ください。

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

この製品の要点

  1. CNC機械加工技術で作られた美しい赤と黒のアルミ合金のイヤーシェル
  2. 低インピーダンスと高感度定格を備え、スマートフォンでも非常に簡単に駆動できる
  3. 広大なサウンドステージを持つ自然な質感のサウンド

Cat Ear Miaの特徴と技術仕様

  • 8mmマイクロダイナミックドライバーユニット
  • CNC機械加工プロセスで作成された高品質のアルミ製イヤーシェル
  • 各ユニットは、-196℃の低温処理されています
  • インピーダンス:16Ω±15%
  • 周波数応答範囲:16Hz-22kHz
  • 感度:105dB / mW
  • ユニバーサルMMCXコネクタ
  • 高品質の銀メッキのOFC(無酸素銅)ケーブル

開梱体験のインプレッション

Cat Ear Miaは、イヤホンと同じ、黒と赤のコントラストの長方形の段ボールのパッケージで提供されます。箱の中には、「Experience the sound of nature(自然の音を体感しよう!)」と書かれた段ボールカード、手作りのイヤホンキャリーケース、3組の黒色のシリコンイヤーピース、3組のピンク色のシリコンイヤーピース、MMCXケーブル、いくつかのラバーチューニングリングが含まれています。手作りのキャリーケースも黒と赤のコントラストです。

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

パッケージ内容

Cat Ear Miaの開梱体験の印象はかなり良いです。贅沢なプレミアム感があります。 パッケージ全体がMiaと同じ黒と赤のテーマによって引き立っています。以下はパッケージの内容のリストです。

  • Cat Ear Audio Mia IEM 本体
  • MMCXケーブル
  • ブラックシリコンチップ3ペア
  • ピンクシリコンチップ3ペア
  • ハンドメイドのキャリーケース
  • 1枚の段ボールカード
  • 1組のゴム製チューニングリング

パッケージ開梱動画

ビルドクオリティ&装着感

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

C.E.A. Miaの広告に基づけば、イヤホンは-196℃の極低温処理を施して作られています。ブランドの担当者によると、1個あたり約72時間かかるそうです。そして、私を信じてほしいのですが、イヤホン本体は、ブランドが約束したそのプレミアム感を反映しています。CNC機械加工技術で作られた美しい赤と黒のアルミ合金のイヤーシェルを持っています。このイヤホンは目を引き、豊かなつや消し仕上げをされています。ケーブルはシェルに非常にしっかりと接続されていますが、表面に触れると金属音がします。残念に思いましたが、このメタリックサウンドの問題以外は文句はなく、このイヤホンは非常にプレミアムに構築され、美しく仕上げられています。

イヤホンのフィット感に関しては、イヤーシェルは非常に小さくて軽量です。このイヤホンは快適でしっかりとしたフィット感を提供します。純正イヤーピースでも平均的なノイズアイソレーションを得ることができましたが、適切な遮音性を実現するためにSpinFit CP100を使用しました。

Cat Ear Audio Miaの駆動について

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

さて、Cat Ear Audio Miaは駆動するのは非常に簡単です。低インピーダンスと高感度定格を備え、スマートフォンでも非常に簡単に駆動できます。Huawei P30 Pro、xDuoo XP-2 ProHidizs AP80 ProxDuoo XD-05 Basic、およびFiiO M11 Proで使用しました。M11 Proは約半分の音量で十分な低音と十分な音量を提供し、すべてのソースでうまく機能しました。駆動するのはとても簡単です。

音質

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

Cat Ear Audio Miaは、両側に1基のマイクロダイナミックドライバーユニットを搭載しています。それは卓越した音の明瞭度を実現しており、ボーカルや楽器の音が非常に鮮明で詳細に感じられます。V字型のサウンドシグネチャを持ち、深みのあるパワフルな低音が他のセクションを引き立てています。ただ、人によっては低音が強すぎると感じる人もいるような気がします。それがこのIEMをより楽しくしている感じがあります。出力はかなり自然で、ボーカルは豊かできめ細やかです。深みのある重低音以外に、私の興味を引くもう1つのことは、そのサウンドステージ(音場)です。この小さなモンスターは、深みのある素晴らしい広大なサウンドステージを形成します。

低域

先に言ったように、Cat Ear Audio Miaには強力なローエンドがあります。 このIEMは、中低域でインパクトのあるパフォーマンスを生み出し、ローエンドに豊かな質感を実現します。非常に高速で、ドラム、ベースギターなどの楽器で優れた深みを示します。重低域も良いエクステンションを示し、音楽を非常によく引き立てる強力な鳴動を生成します。ローエンドは隆起していますが、他の周波数帯域に漏れることはありません。

中域

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

中域の周波数は自然な色調と豊かな質感を持っていますが、V字型のシグネチャーにより、くぼんだ感じになります。ボーカルは鮮明で明瞭であり、Damien RiceやLondon Grammerのようなボーカルベースのアーティストに耳を傾けると幸せになれます。アコースティックギター、ピアノなどの楽器は、豊かな質感の出力を提供するトーンに良好な風通しと重みを示します。中域は明瞭度の高い優れた解像度を示します。このような高解像度が$100のIEMで実現されるとは思えないほどです。

高域

Cat Ear Miaの高域はかなり滑らかで暖かいです。 長時間音楽を聴いても、このIEMは疲労感を全く感じさせません。高周波に荒さやピーク感はありません。バイオリンやエレキギターのような楽器は、刺さりの兆候がまったくなく、滑らかな質感を持っています。楽器のディテールがよく、とても透明感があります。このIEMは、質の高いイメージングでしっかりしたディテールのある楽器音を生成します。

音場

Cat Ear Miaの小さなイヤーシェルにだまされないでください。このイヤホンは良好な幅と深さを持ち、華麗なサウンドステージを作り出します。ステージ周辺の風通しがよく、優れたイメージング機能を備えています。

ゴム製チューニングリング

Cat Ear Miaには、パッケージにゴム製のチューニングリングが付属しています。このリングはMMCXコネクタ周りのベント穴に取り付けることができます。これを取り付けると、イヤホン内部の気圧が調整され、より深い低音レスポンスが提供されます。リングを除去すれば、よりバランスのとれたサウンド出力を体験できます。

総評

Cat Ear Mia
Cat Ear Mia

総じて、Cat Ear Miaは、高品質の素材で作られた非常に美しいIEM製品です。このIEMは高解像度を持ち、正確に作られており、卓越した音質体験を提供します。ベースヘッド(低域好き)の方は確実にこのイヤホンを楽しむことができます。低域がサウンド出力の明瞭性に影響を与えることはないので心配しないでください。普段楽しんでいるさまざまなジャンルの音楽に適したこのイヤホン楽しいシグネチャーを、個人的に気に入りました。唯一の欠点らしい欠点はケーブルだけです。$100の価格は魅力的で、手に入れるべきIEMの有力候補になるでしょう。詳細はこちらのページからご確認ください。

コメント



タイトルとURLをコピーしました