【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QOA Pink Lady:お財布に優しいナチュラルサウンド!

QOA Pink Lady10000円~20000円
QOA Pink Lady

中国のオーディオ界隈では一般にQOAとして知られるQueen of Audioは、欧米では目新しいかもしれませんが、そのルーツは非常に深いところにあります。 このブランドは、実の姉妹であるソフィーとヨーコによって設立されたKineraの姉妹ブランドです。 ブランドはKineraと同じ設計開発チームを共有しているため、Kineraによる絶妙なデザインと素晴らしいサウンドチューニングにすでに精通している我々にとって、QOAからは本当に良質な製品が期待できます。 現在、昨年後半に発売されたQOA Pink Ladyと、最近2月にリリースされたQOA Mojitoの2つの製品が販売されています。 QOA Mojitoについては、既に確認し、こちらのレビューでチェックできます。 今回は、QOA Pink Ladyのレビューをお届けします。このブランドで、世間から過小評価されている逸品イヤホンです。

レビュー時の価格は$119で、こちらのストアページから購入できます。

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

パッケージ

最新のQOA Mojitoと同様、QOA Pink Ladyもカクテルドリンクからその名前が付けられ、このブランドのカクテルシリーズに属しています。 シンプルな黒色の小さな長方形のパッケージです。 パッケージの内側にはメインパッケージを覆う薄い段ボールのカバーがあり、薄いシートにはピンクレディーのブランドとそのドライバーの構成が前面に印刷されています。 インナーパッケージを引き出すと、デザイナーによってピンクレディーカクテルのデザインが表と裏に描かれた段ボールパッケージができ、技術仕様とピンクレディーのイメージを見ることができます。

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

この箱を開けると、QOAとQueen of Audioの文字が刻印されたベージュ色のジッパーキャリーケースが直接見えます。 このキャリーケースには、QOA Pink Ladyのイヤホン本体と、ケーブルおよび何個かのイヤーピースが入っています。

QOA Pink Ladyのパッケージは全体的にシンプルでエレガントに仕上げられており、必要なすべてのアクセサリがシンプルな形でユーザーに提供されています。

工作精度と装着感

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

QOA Pink Ladyのイヤーシェルは、紫色の透明なプラスチック素材でできています。 プラスチックは上品で頑丈に見え、安っぽくはありません。シェルには、樹脂コーティングされたフェイスプレートに3Dテクスチャが施されています。 フェースプレートにはQOAのブランドロゴがクロム仕上げで刻印されています。軽量で、長時間音楽を聴いた後でも耳に違和感がありません。イヤーノズルは、ダイナミックドライバーユニットとデュアルバランスドアーマチュアドライバーユニットの2つのチューブ構成になっています。 イヤーシェルの内側からドライバーユニットを覗き込めます。 イヤーピースはエレガントでシンプルに見えます。人間工学に基づいたデザインで、ユーザーに快適なフィット感を提供します。イヤホンは耳にしっかりと嵌まって、落ちません。

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

パッケージに含まれるイヤホンケーブルは、銅と銀メッキ銅線材のハイブリッドの組み合わせによる8芯の編組ケーブルです。 黒いカバーで覆われており、2ピンプラグを収納する黒い耳フックがあしらわれています。 見た目も手触りもしっかりしており、3.5mmのプラグ部分にQOAのロゴが印刷されています。

キャリーケース、3組の黒色シリコンイヤーピース、3組の白いシリコンイヤーピース、1組のフォームチップなどのその他のアクセサリはすべて、品質が高く、ペアの贅沢な外観に華を添えます。

音質

QOA Pink ladyの音質について説明する前に、ドライバーの構成についてお話ししたいと思います。 このイヤホンには、1基の10mmダイナミックドライバーユニットとデュアルバランスアーマチュアドライバーユニットを持つトリプルドライバー構成があります。QOA Pink Ladyの音質は、温かみのあるサウンドシグネチャーで非常にバランスが取れています。少し暗い感じがしますが、ディテールの再現は良好です。 このイヤホンは素早い低域レスポンス、みずみずしい中域、豊かなボーカル、そして滑らかで詳細な高域を持っています。 ボーカルは生き生きとしていて細部まで再現される感じがします。周波数帯域のそれぞれの部分を分けて説明していきたいと思います。

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

低域

QOA Pink Ladyのローエンドはダイナミックドライバーユニットによって処理されます。 それは機敏な低域応答を持っていますが、それほど深みはありません。ディスターブドの「Down with the Sickness」のドラムを聴けば良好な打ち込みが示され、低音はスナッピーな感触があり、フルボディでエネルギッシュな反応を展開してくれます。全体的な低域レスポンスはよくコントロールされており、タイトです。 周波数範囲の他のセクションと重複せず、正確に制御されます。

中域

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

中域はかなりしっかりしていて豊かです。 ボーカルは鮮やかなディテールを示し、自然です。音響のディテールは、華やかで活気に満ちています。ギター、ピアノ、ボイス・アベニューのカバーセッションがまるで生きているかのように感じます。ロンドン・グラマー、ダミアン・ライスなどの曲でのボーカルは、生き生きと自然に感じます。 ミッドセクションの相乗効果は素晴らしく、素敵な中域音を提供してくれます。

高域

高音部はかなり繊細ですが暗い感じがします。それは私の手持ちの音楽から見事なディテールを取得します。ダフトパンク、ブリンク 182、オペス、ディスターブドなどの複数のアーティストを試してみましたが、このイヤホンのディテール感がとても気に入りました。セクションは非常に滑らかで、まったく荒くありません。ティナ・グオの曲のバイオリンの細部はかなり滑らかです。 イヤホンは、音量を大きくしても刺さりや尖りの兆候を示しません。

音場

QOA Pink Ladyの音場表現は優れており、奥行きに満ちた幅広いステージングを実現しています。 Yosi Horikawaの曲を聴くと驚きに満ちていて、頭の片隅からもう一方の片隅まで鮮やかな映像を見せてくれました。イメージングはかなり良好で、ペアは私の手持ちの音楽から良好な楽器のディテールを取得し、素晴らしいレベルの分離を提供してくれました。

総評

まとめますと、QOA Pink Ladyは、バランスの取れた自然なサウンド出力、詳細な中域とボーカルを持ち、それらをお得な価格で提供していると言えるでしょう。低域部は、美しくコントロールされ、表現されています。 価格は100ドル前後で、エントリーレベルの価格帯で優れたパフォーマンスを提供してくれます。

このイヤホンは、こちらのストアページから購入できます。

コメント



タイトルとURLをコピーしました