【ハイエンドイヤホン Clariar i640 レビュー】きれいだが妙に窮屈な中域に、拡張性が足りない上に、がさつでコムフィルターがかかったような気色悪い音の、明らかに調整不足な高域。これを10万円以上で売るのはかなり厳しいだろう。そして無駄にデカイ

Clariar i640100000円~200000円
Clariar i640

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Clariar i640の概要

こんな人におすすめ

  • とにかくボーカル重視
  • 高域がぼやけている音が好きな人
  • とにかく値段が高くてゴツいイヤホンがほしい
  • ニアフィールドサウンドが好き

基本スペック

  • 周波数特性:5Hz~25kHz
  • インピーダンス:14.2Ω
  • 感度:97dB/mW
  • ケーブルコネクタ:mmcx
  • 価格帯:100000円~200000円

audio-sound スコア
Clariar i640
Clariar i640
7.9
  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:7.5/10.0
  • 高域:6.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:9.0/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

長所と短所

長所

  • きれいで艶やかに聞こえる中域
  • 華やかで張り出して聞こえる女声ボーカル
  • まともな低域
  • 原音忠実性が高い
  • 自然な質感

短所

  • 不自然な定位
  • 窮屈でうるさい中域
  • 気色の悪い倍音
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 狭い音場

Clariar i640の特徴(公式サイトから引用)

  • タイトで深みのある応答性の良い低域と歪が少なく自然で明瞭な中高域を実現:バスドラムの連打や打ち込みによる深みのあるキック音にも追従し、ベースラインを正確に再生するため、低域の再生能力に優れるKnowles製のベントホール付きデュアルBAドライバーを採用し、タイトで深みのある応答性の良い低域を実現しました。中域には質感に優れるSonion製BAドライバーとカスタマイズされたKnowles製BAドライバー、高域には伸びが良く空気管に優れるKnowles製デュアルBAドライバーを採用。何度もテストを繰り返し決定されたクロスオーバーネットワークによって組み合わされた4つのBAドライバーは、透き通るようなボーカルや弦楽器の響きを余すことなく再生し、歪が少なく自然で明瞭な中高域を表現します。
  • 低域ドライバーの一番優れる領域だけを取り出すhigh density porous filter(h.d .p.f):一般的な音響抵抗フィルターに加えて高密度特殊多孔質フィルターを多段で音導管に配置することで、低域用ドライバーから出力される不要な帯域を効率的にカットするローパスフィルターを構成。これによって、位相特性や他の帯域のドライバーに影響を与えることなく中域への被りを抑えた芯の強いクリアな低域を実現します。
  • 低域の応答性を高めるrear cavity pressure optimizer とワイドレンジで分離感の優れた音を実現するcomposite housing structure:イヤホン筐体内部の圧力を調整し、ベントホールが設けられた低域用ドライバーの振幅を最適化。これによって、低い周波数まで歪みの少なく応答性の良い低域を再生します。各帯域ごとに独立した音導管を持つBAドライバーユニットホルダーを、医療用の高精度3Dプリンタを使用して製造。これを制振シリコン材を使用して筐体一体の金属製ステムと接続・固定することで、帯域間の意図しない干渉を防ぎクリアでワイドレンジなサウンドを実現します。
  • シックで落ち着いたデザインのフルメタルボディ:CNC切削加工とサンドブラスト処理が施されたアノダイズドアルミニウム合金製の筐体を採用。2つの筐体パーツをアングル形状のアクセントパーツで繋ぎとめる構造とすることで軽量でありながら高い強度を持ちます。シンプルでありながら特徴的なデザインに仕上げるためオフィスチェアや音響製品など数々の製品を手掛けてきた工業デザイナーと時間をかけ作り上げ、円と直線を組み合わせた形状とツートーンのマットカラーで飽きの来ない落ち着いたデザインに仕上げました。表面の質感や光が当たった際の陰影や面の反射がよく見えるようにサンドブラスト加工の粒度にもこだわりました。また音響設計の自由度を高めるため採用された、少し大柄な筐体は装着感を犠牲にしないよう軽量に仕上げられ、カスタムIEM製造にかかわったノウハウを生かしたフィットの良い装着感を実現しました。

プロモーション動画

clariar(クラリア)i640 イヤホン 開発者インタビュー
Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640

¥135,000

パッケージ(7.5)

Clariar i640
Clariar i640

ONZOのレンタル品なので、正規のパッケージではありません。したがってパッケージの品質評価はせず、基準点の7.5とします。

ただし、フジヤエービックのブログを見る限り、正規のパッケージは価格並みくらいには豪華だと思われます。

Clariar i640
Clariar i640

ビルドクオリティ(8.0)

Clariar i640
Clariar i640

外観のビルドクオリティは価格を考えると少し優れたレベルです。

Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640

装着感(7.5)

Clariar i640
Clariar i640

装着感は悪くありません。大きな筐体のせいか、遮音性も高めです。ただ、顔の大きさ次第ですが、少し目立ちますね。また耳が小さい人にはうまく嵌まらない可能性はあるかもしれません。

Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640

¥135,000

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

 Clariar i640 Frequency Response (RAW)
Clariar i640 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

TRN VX Proのオーディオステータス
Clariar i640のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Clariar i640はアンプ側の出力インピーダンスの影響が十分に大きい場合、低域と高域で影響を受けるようです。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Clariar i640は比較的原音忠実性が高く、多くの人の聴覚上のニュートラルにも近いので、サウンドバランス自体は比較的良好と言えます。しかし、周波数特性を見ればわかるように、高域に大きな欠点を抱えており、その明らかな調整不足がサウンドパフォーマンスを著しく悪化させます。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Clariar i640
Clariar i640
JPRiDE TWS-335

JPRiDE TWS-335のサウンドは拡張性に欠ける低域重視のドンシャリサウンドで、太く濃厚感があるのは悪くないポイントです。しかし、ダイナミズムに乏しく、躍動感に欠けるので、これで聴く音楽には活力 Read more

EarFun Free 2

EarFun Free 2は深みのある低域と艶やかな中高域が楽しめるドンシャリサウンドを持つ完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質も良好で、ワイヤレス充電や低遅延のゲームモードにも対応しており、総合力は Read more

低域(9.0)

  • 原音忠実度:S+
  • 臨場感:B+
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B

低域

Clariar i640の低域はハイエンドにふさわしい良質な調整がなされていると言えます。

深さ、重さも十分で原音忠実性も高く、質的に非常に好ましく、自然に聞こえます。ただし量的な強調がないので、ベースヘッド(低域好き)向きかと言われると微妙なところです。

個人的には深さが少し物足りません。もうちょっとランブルがほしい気がしますね。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

中域も非常に原音忠実的かつニュートラルに近く、第一印象ではなかなか聴きごたえがあります。ただし高域の拡張性が足りていないうえ、高域の質が悪いので、抜けが悪く、とくにバイオリンなどの楽器は倍音が気色悪く聞こえます。シンバルもグチャグチャガシャガシャしていて音像がぼやけますね。

ボーカルは詳細に聞こえますが、押し出し感が強く、前傾的でシャウト感が少し強調されて聞こえます。女声ボーカルがせり出してくるので、定位はやや破綻して感じられます。初心者がボーカルにこだわるあまりイコライジングに失敗したような音でよくありませんね。

高域(6.5)

  • 原音忠実度:B
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:C+

高域

バランス的には原音忠実性も高く、わりとよいと思うかもしれない高域ですが、実際にはこのイヤホンの最大の欠点です。

高域はコムフィルターがかかったような構造になっており、それが音像をぼやけさせ、倍音を不自然に聞かせます。しかも中域上部から中高域の押し出し感が強いため、バイオリンは艶やかですがヒステリックに聞こえ、木管楽器も不快なほどで、ブリキのような音に聞こえます。気色悪いですね。

そもそも拡張性が足りてないので、音場全体が窮屈で、高級機種とは思えないうるさい音楽を奏でます。

定位/質感

  • 質感の正確性:S
  • 定位の正確性:B
  • オーケストラのテクスチャ:C+
  • 雅楽のテクスチャ:D+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

中域の質感は正確で、一聴した印象では明るくきれいに聞こえるので、クラシックは悪くないと思うかもしれませんが、倍音の表現が不自然でヒステリックに聞こえやすく、定位感もよくない上に音場も狭いのですぐにボロが出ます。クライマックスで楽器が一斉に音を出すと音がガチャガチャとうるさく、分離も悪く聞こえるので聴くに堪えません。フルオーケストラを味わうのはとても無理です。

雅楽ですか?篳篥がブリキのような音でうるさくて聴くに堪えませんね。塩梅の表現もよくわかりません。

グルーヴ/音場/クリア感

  • 音場:B-
  • クリア感:B+

音場

低域はなかなか深いですが、中域に奥行き感がなく前かがみで、高域は拡張性が足りない上に倍音の処理も下手くそなので音場は奇妙で窮屈です。

クリア感は価格を考えると標準は満たしているでしょう。

音質総評

  • 原音忠実度:S-
  • おすすめ度:D
  • 個人的な好み:D

音質総評

Clariar i640は低域から中域までうまく作り込んでいながら、最後の詰めの高域で大失敗した駄作です。

あくまで個人的な好みの問題もあるということを差し引いて話半分で聴いてほしいところもありますが、このイヤホンに10万円の価値などないことは、そのわずか1/6程度で買える同じ6BA機のAUDIOSENSE DT600のほうがはるかに自然な滑らかさを持っており、より聴き心地の良いサウンドを実現できているという点から明らかです。DT600も総合的には手放しで高く評価できるという機種ではないものの、Clariar i640の気色の悪い音に比べれば、はるかにまともであると言えるでしょう。

たしかにこのイヤホンの中域は印象的ですが、残念ながら多くの曲で、どぎつすぎてうるさく不快です。1万円台にこれより優れた質感表現を持つイヤホンが多数ある中で、無駄に不格好で大きいこのイヤホンを買う必要はありませんし、近い価格でもAKG N5005という、音質に優れ、装着感の上でももっと優れたイヤホンがあるのに、この機種を買う必要はほとんどありません。

ただ顔に張り付くくらいの距離で前傾して気色悪い位置で聞こえる女声ボーカルが好きなら、一考の価値はあるでしょう。私は勘弁ですね。

音質的な特徴

美点

  • きれいで艶やかに聞こえる中域
  • 華やかで張り出して聞こえる女声ボーカル
  • まともな低域
  • 原音忠実性が高い
  • 自然な質感

欠点

  • 不自然な定位
  • 窮屈でうるさい中域
  • 気色の悪い倍音
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 狭い音場

艶やかできれい
華やかなサウンド
原音忠実性が高い

Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640

¥135,000

Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640

¥135,000

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはAntelope Audio Amariを用いています。出力インピーダンスは-0.3Ωで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Clariar i640

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Clariar i640

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Clariar i640

総評

奇妙なことですが、日本の新規参入メーカーほど無駄に高い値段で変な音のイヤホンを出そうとする傾向にあるようです。国産で値段が高いというだけで消費者は品質が高いと錯覚する傾向があるので、心理的効果を狙っているんでしょう。音質からはよくわからないですが、あるいは何か特別な自信があるのかもしれませんね。

しかし、自信があるのは結構ですが、多くの中華イヤホンブランドのように、まず堅実に2万円くらいの機種で市場の反応を見つつ、丁寧な音作りをしていくべきでしょう。なにかよくわからない根拠があるのかもしれませんが、いきなり10万円以上の機種を出す神経がよくわかりません。箔付けでしょうか?とりあえず金をむしり取ろうというような製品づくりは個人的に大変不快です。もちろん音が良ければ話は別ですが、個人的にはこれよりTRN VX Proのほうがはるかに聴き心地がよく、聴きごたえもありますね。

そして今回わかったことは、VX Proのように中域が薄っぺらくて高域がシャカシャカしている音よりも、i640のように中域でごちゃごちゃしている音のほうが、はるかに不快だということです。

Clariar i640
Clariar i640

Clariar i640

¥135,000

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Clariar i640

Clariar i640
7.9

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

7.5/10

高域

6.5/10

中域

9.5/10

低域

9.0/10

歪みの少なさ

7.5/10

長所

  • きれいで艶やかに聞こえる中域
  • 華やかで張り出して聞こえる女声ボーカル
  • まともな低域
  • 原音忠実性が高い
  • 自然な質感

短所

  • 不自然な定位
  • 窮屈でうるさい中域
  • 気色の悪い倍音
  • 高域の拡張性に欠ける
  • 狭い音場

コメント