【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN Arya レビュー】優れたニュートラル系サウンドでミキシングモニターとしても優秀

HiFiMAN-Arya100000円~200000円
HiFiMAN-Arya

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

HiFiMAN Aryaの概要

こんな人におすすめ

  • 解像感が高く鮮明で明るい音が好き
  • 音場重視
  • 定位の正確性にこだわる
  • 良質なミキシングモニターを探している
  • スタジオチューニングが好き

基本スペック

  • 周波数特性:8Hz~65kHz
  • インピーダンス:35Ω
  • 感度:90dB/1mW
  • 価格帯:100000円~200000円
audio-sound スコア
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

長所

  • 良好な定位感
  • 優れた質感表現
  • 中域への適切なフォーカス
  • 奥行き感のある音場
  • モニター的でレイヤリングの良い低域
  • 鮮明感に優れる
  • 広大なパッシブサウンドステージ
  • 分離感が良い
  • 音像の一貫性に優れる
  • 艶やかで印象的なサウンド
  • 解像感が高い
  • 均質性の高いサウンド
  • 一貫したインピーダンス特性

短所

  • わずかに強くなりやすい歯擦音
  • 深みに欠ける低域
  • 重厚感に欠ける
  • 低い遮音性
UGREEN Hitune X5

UGREEN Hitune X5は私にとってこの価格で手に入るというのが信じられない機種です。ドンシャリ特有のダイナミズムの強調がありつつ、全体をニュートラルから逸脱しない範囲にうまく収めようという巧 Read more

urbanista LISBON

urbanista LISBONは快適な装着感とロングバッテリー駆動を実現した、長時間の着用に向く完全ワイヤレスイヤホンです。通気性の良いインナーイヤー型は夏場でも蒸れず、スポーツに最適です。コンパク Read more

パッケージ(8.0)

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

HiFiMAN Aryaのパッケージは価格の標準は十分に満たすように思います。ただしケースが付属しないですね。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。パッケージには以下のものが含まれています。 

  • ヘッドホン本体
  • ケーブル

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

ビルドクオリティ(8.5)

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

本体のビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

ケーブルのタッチノイズもありません。

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

装着感(9.0)

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

装着感は快適です。通気性もよく、蒸れは少なめですが、遮音性は全くと言っていいほどありません。

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya
HiFiMAN Arya

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • センサアンプ:小野測器 SR-2200
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

HiFiMAN HE-R10 Dynamic Versionのオーディオステータス
HiFiMAN Aryaのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

制動

HiFiMAN Aryaにアンプ側の出力インピーダンスの影響はほとんどありません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

HiFiMAN Arya優れたニュートラルサウンドを持っており、低域はモニター的で十分な深さに到達していながら強調感なくレイヤリングがスムーズです。また、平面駆動型らしいインピーダンス特性の安定感があり、サウンドパフォーマンスの均質性に貢献しています。

優れたスタジオモニターとして、高い鮮明感とエッジ表現、パッシブサウンドステージによってミキシングに大活躍であろうヘッドホンと言えるでしょう。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

HiFiMAN-Arya
HiFiMAN-Arya

低域(8.0)

  • 原音忠実度:A
  • 臨場感:C+
  • 深さ:B
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B-

低域

開放型モデルですが、低域はかなり深くまで到達しています。それでもやや存在感が弱いので、低域のモニタリング能力は完全には信頼できません。

そうとはいえ、十分な深さに到達しており、レイヤリングも良好で強調感が希薄でフラットに近いので、モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域が好みの人にはかなりおすすめできます。

量的には低域好きを満足させることはできないと思います。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

Aryaの最も得意とする領域は見通しがよく、透明度の高い中域です。

中域は明るく、鮮明感があり、ボーカル周辺は広々としており、わずかにステージングが強調されています。

エッジ感やクランチ感も十分で、音像はわずかに嫋やかな感じがありますが、十分構築的に聞こえ、立体感の再現度は高いでしょう。

分離感もよく、中域の楽器の定位は明瞭で、情報量の多い曲でもほとんど混濁することがありません。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:C+

高域

高域もかなり丁寧に調整されており、ほとんど欠点がありません。

鮮明感は高く、十分な輝度で中域の明るさを引き立てますが、歯擦音はわずかに強めです。そのため、ボーカルの子音の尖りははっきりとわかり、ミキシングのボーカルバランスの調整に高い能力を発揮します。しかし逆に言うと、高域に敏感な人には歯擦音の強い音源の癖を拾いやすく、ピーキーに感じやすいかもしれません。

拡張性が少し弱く、空気感はもう少し欲しいと思いますが、それでも十分魅力的でよく調整された高域です。

定位/質感

  • 質感の正確性:A-
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:S-
  • 雅楽のテクスチャ:A+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

中域は質感も正確で、十分なステージと定位の良好さを兼ね備えているためにフルオーケストラを楽しむヘッドホンとしておすすめできます。

中域の正確な表現は楽器音に本物の質感に近い感覚を与え、倍音にも不自然さがなく、響きが滑らかです。

雅楽も和音が美しく、わずかにエッジが強い感じがあり、少しだけ金属的かもしれないという違和感がありますが、それでも質感はほとんど自然で優美です。やや低域が弱いために、少し明るすぎる音場にはなっていますが、見通し感がよく、クリアに楽しめます。

音場/クリア感

  • 音場:A-
  • クリア感:B+

音場

中域はわずかに奥行きが強調されており、広々としています。低域の深さは標準的か少し物足りず、高域の拡張性も少し物足りないくらいです。

総合的なクリア感は価格の標準を満たしています。

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S-
  • 個人的な好み:S-

音質総評

HiFiMAN Aryaは優れたニュートラルサウンドを持ち、特に中域の再現度に優れています。質感と定位の両方で優れており、鮮明感が高く、明るく広い音場を持ち、音が隅々まで聞こえるために、トラッキングモニターやミキシングモニターとしても高い性能を発揮します。

音楽鑑賞用としても優れているだけでなく、定位感の良好さにおいて、ゲーミング用途でも正確性の高いモニターツールになるでしょう。

音質的な特徴

美点

  • 良好な定位感
  • 優れた質感表現
  • 中域への適切なフォーカス
  • 奥行き感のある音場
  • モニター的でレイヤリングの良い低域
  • 鮮明感に優れる
  • 広大なパッシブサウンドステージ
  • 分離感が良い
  • 音像の一貫性に優れる
  • 艶やかで印象的なサウンド
  • 解像感が高い
  • 均質性の高いサウンド
  • 一貫したインピーダンス特性

欠点

  • わずかに強くなりやすい歯擦音
  • 深みに欠ける低域
  • 重厚感に欠ける

鮮明で高解像度
正確な定位と質感
スタジオモニターサウンド

EarFun Air Pro 2

EarFun Air Pro 2は目下のところ、完全ワイヤレスイヤホン分野での私の推奨リストで最上位を占めます。それは明るく詳細で高解像でありながら、つながりが良く滑らかで聞き心地の安定したスタジオチ Read more

GRADO SR225X

最高にスウィートでセクスィーなサウンドが好きならGRADO SR225Xを見逃すべきではありません。まろやかで艶やか、吐息がうっとりするほど美しいボーカルと色気のあるギターが甘美なひとときを演出します Read more

総評

HiFiMAN Arya非常に優れたニュートラルチューニングサウンドを持つ、良質なスタジオモニターリファレンスヘッドホンです。中域が広く、開放的に聞こえ、ディテール豊かに、定位も確かに鮮明に聞こえるチューニングになっています。低域も十分な深さがあり、インピーダンス特性の一貫性にも優れているため、サウンドの均質性が高く、接続する機器による音質変化の少なさの点でも優秀です。究極のオーディオシステムの出口には、上流に影響されにくく、音を一貫して聞かせる性能が求められますが、それにふさわしいヘッドホンの一つと言えるでしょう。

【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン
【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン

YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業を快適で効率的なものにしてくれるでしょう。

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。

【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然
【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然

Tago Studio T3-01は自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、ボーカルを丁寧に聞かせてくれます。

【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい

ULTRASONE Signature DJは自由音場フラットにかなり忠実なバランスの良い音質を持ちながら、重低域を少し分離して強調し、高域でもアグレッシブで炸裂感のあるサウンドを実現しているDJモニターヘッドホンです。高いディテール感とスピード感のある音楽にも充分追従できる機敏なレスポンスを持ち、長時間のリスニングでも痛くならない快適な装着感も実現しています。ミキシングの信頼できる相棒となってくれるだけでなく、瞬発力と衝撃力のあるサウンドで気分も盛り上げてくれ、DJセッションを楽しいものにしてくれるでしょう。

【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き

Mackie MC-100はボーカル中心に音源の心臓部を丁寧に聴かせるレコーディングモニターヘッドホンです。ボーカルが非常に聞き取りやすいのでボーカリスト向きであるだけでなく、音楽鑑賞用や動画鑑賞用としても歌詞やナレーションが埋没せずにクリアに聞き取れる点が利点になります。

【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング

有線ヘッドホンのaudio-soundスコアランキングです。

【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる

Marantz Pro MPH-1はウォームで骨太なサウンドを聴かせるモニターヘッドホンです。業務用モニターらしく、作りは頑丈で、歪率も低く、コストパフォーマンスはかなり高いです。その調和的なサウンドはポップスやR&Bを暖かい雰囲気で楽しむのが好きな人には、かなり魅力的です。

previous arrow
next arrow
【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiMAN Arya

HiFiMAN Arya
8.8

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

8.5/10

中域

9.5/10

低域

8.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • 良好な定位感
  • 優れた質感表現
  • 奥行き感のある音場
  • 中域への適切なフォーカス
  • モニター的でレイヤリングの良い低域
  • 鮮明感に優れる
  • 広大なパッシブサウンドステージ
  • 音像の一貫性に優れる
  • 解像感が高い
  • 均質性の高いサウンド

短所

  • わずかに強くなりやすい歯擦音
  • 深みに欠ける低域
  • 重厚感に欠ける
  • 低い遮音性

コメント