【ハイエンドヘッドホン JVC HA-SW01 レビュー】HA-SW02とほとんど差がない

【ハイエンドヘッドホン JVC HA-SW01 レビュー】HA-SW02とほとんど差がない 30000円~50000円
JVC HA-SW01

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

JVC HA-SW01の概要

こんな人におすすめ

  • 明るく朗らかな音が好き
  • 音楽に包まれたい
  • 高さの感じられる広い空間表現が好き
  • クラシックファン

基本スペック

  • 周波数特性:8~45kHz
  • インピーダンス:56Ω
  • 感度:105dB/1mW
  • 価格帯:30000円~50000円

audio-sound スコア
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:6.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0

長所と短所

長所

  • 充実感が高いリッチサウンド
  • 明るく高解像
  • 降り注ぐような仰角感
  • 爽快
  • 包まれ感がある
  • 調和的
  • ウォームで聞き心地が良い
  • 開放的な音場

短所

  • 原音忠実的ではない
  • よくない質感表現
  • ブーミーで締まりのない低域
  • 深みに欠ける低域
  • 下位機種のHA-SW02との差が少ない

JVC HA-SW01の特徴

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

木の振動板が描き出す上質な響きと、豊かな臨場感

  • 【VGP 2017SUMMER 受賞】(密閉型オーバーヘッド型ヘッドホン:7万円以上10万円未満部門)
  • 木の振動版が描く上質な響きと、豊かな臨場感をもったWOODシリーズヘッドホンのプレミアムモデル。
  • 音の伝搬速度が速く、余分な振動も適度に吸収する“木”は音楽を奏でる素材として、理想的な特性を備えています。
  • スタンダードモデルで採用した技術をそのまま継承し、さらに厳選した音響ウッドパーツを投入し、クリアで繊細な高音質サウンドを実現。
  • 上質で自然な響きを再現する、新開発“ハイレゾ対応大口径ウッドドーム振動板”を採用し、ハイレゾ音源の持つクリアで繊細な音を表現する高音質ヘッドホン。また大口径ならではの余裕のあるサウンドで高級な音をお楽しみいただけます。
  • ハイレゾ音源に対応した、新しい木の振動板を採用。木ならではの自然かつ繊細な響きが描き出す、臨場感あふれる高解像度サウンドを実現。あたかも演奏者の前にいるかのような圧倒的臨場感を楽しめます。
  • 付属品:着脱式ケーブル、キャリングケース
JVCヘッドホン|CLASS-S 「WOOD(ウッド)」 シリーズ プロモーションビデオ|JVC
JVC HA-SW01

 

パッケージ(8.5)

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

パッケージは価格の標準を満たしています。全体的に高級な雰囲気があります。

パッケージ内容

  • ヘッドホン本体
  • キャリングポーチ
  • 説明書
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

ビルドクオリティ(8.5)

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

ビルドクオリティは価格の標準以上です。

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

装着感(8.5)

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

イヤーマフはふかふかで装着感は良好です。

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

JVC HA-SW01

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

JTS HP-565のオーディオステータス
JVC HA-SW01のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

JVC HA-SW01はアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回はFiiO M15で駆動してレビューします。

基本的な構造がほとんど同じせいか、JVC HA-SW01のサウンドバランスHA-SW02とほとんど変わりません。響棒など部品点数が増えており、それが歪率や解像度などに影響を与えていると思われます。低域がHA-SW02よりも響くようで、コントラスト感の点でHA-SW01のほうが僅かに優れており全体のバランスもより優れていますが、響棒のせいか、残響が少し増えているようで、解像度ではHA-SW02のほうが優秀です。ただ密閉型ヘッドホンは装着感による音質変化が大きいので、これらの特徴は装着感次第で変わる可能性もあり、実際のところ、多くの人にとってHA-SW01とHA-SW02はほぼ同等で変わらない製品と言えます。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01
【中華イヤホン Audiosense T180 レビュー】バランスの良いサウンドの裏に高精細モニターサウンドを隠す

Audiosnse T180は価格帯で悪くないウォームニュートラル系イヤホンです。標準でも使い勝手は悪くありませんが、その真の魅力は高出力インピーダンスのヘッドホンアンプやアッテネータを使ったときの高 Read more

【完全ワイヤレスイヤホン Edfier NeoBuds Pro レビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い

Edifier NeoBuds Proは総合的に見て、価格帯で優れた完全ワイヤレスイヤホンであることは間違いありません。上位にいることは確実でしょう。ANC性能も優秀なレベルでサウンドバランスがよく、 Read more

低域(6.0)

  • 原音忠実度:A
  • 臨場感:C+
  • 深さ:B
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B

低域

HA-SW01の低域は浅めで、太さを重視した味付けになっています。

ブームが少し強く、ウォーム感も高くて、熱気を感じる低域でエレキベースは明るく、ブリブリとしたエッジが強調され、逆にドラムキックは重量感が薄く、踏み込みが軽い印象を受けます。ドラムとベースの分離は少し意識されていますが、引き締まりは悪い印象を受けます。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:B-
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域は充実感を重視した高級リスニングヘッドホンらしい構造になっています。中域はステージングが強調され、豊かな響きが明るい位置で聞こえるように調整されています。

奥行き感があり、鮮烈さと豊かな響きを同居させた空間で、高い包まれ感のある懐の深いサウンドを聞かせます。解像度も高く、スピーカーを聞いているというよりは、スピーカーの中の世界に入り込んでしまうかのような、降り注ぐ音楽の奔流が感じられます。

HA-SW02とほぼ同じ中域表現ですが、HA-SW01のほうが響きが僅かに豊かで、引き締まり感がある一方、HA-SW02のほうが高解像で明るく聞こえるといった差を感じるかもしれません。しかし、その差は大きくなく、実質的にほとんど変わりません。

高域(9.0)

  • 原音忠実度:C
  • 艶やかさ:B-
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:C-

高域

HA-SW01の高域は鮮明感を重視してチューニングされており、空気感も十分で、澄みきるような感覚を得ることが出来ます。空間は明るく開けており、天井が高く、音がスッキリと抜けていく爽快さがあります。

高域を重視するなら、おそらく多くの人はHA-SW02のほうがわずかに軽やかで優れていると感じられるでしょう。

定位/質感

  • 質感の正確性:D+
  • 定位の正確性:B+
  • オーケストラのテクスチャ:S
  • 雅楽のテクスチャ:S

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

録音に忠実で、正確なオーケストラを聴きたいのであれば、JVC HA-SW01はまったくおすすめできません。しかし、この世のものとは思えないほど荘厳で気高く、印象的で、ゴシック建築のように明るく光が降り注ぐフルオーケストラに包まれたいなら、HA-SW01は最高のヘッドホンの一つです。そこにあるのは、おそらく他のヘッドホンでは聞けない、別次元のサウンドです。フルオーケストラの聞き方は一つではないのです。

HA-SW02に比べると少し重心が低く、安定感が出ており、少し定位感に改善が感じられますが、HA-SW02の高解像感はわずかに減り、朗らかさや軽さに欠ける感じになりました。HA-SW01のほうがそういう点でフルオーケストラを聞く上ではより正統派の表現に近づいていると思われますが、個人的にはHA-SW02のほうが好きですね。

雅楽はそれこそ天上から聞こえてくるような美しさです。このヘッドホン以外ではなかなか聞けないだろう音で、おすすめですね。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:A-
    • 高域:A
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

低域は浅く、全体的に腰高気味です。高域の抜けは良好で、奥行き感もあります。

クリア感は価格の標準以上です。

イメージング性能は価格を考えるとかなり優れています。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:A+
  • 個人的な好み:A+

音質総評

雲間から降り注ぐ光のように、明るい音楽を豊かな雰囲気で浴び、包まれたいのなら、JVC HA-SW01をおすすめします。ただし、それは下位機種のHA-SW02とほとんど変わりがなく、より明るく高解像な音が好みならHA-SW02のほうが優れています。

音質的な特徴

美点

  • 充実感が高いリッチサウンド
  • 明るく高解像
  • 降り注ぐような仰角感
  • 爽快
  • 包まれ感がある
  • 調和的
  • ウォームで聞き心地が良い
  • 開放的な音場

欠点

  • 原音忠実的ではない
  • よくない質感表現
  • ブーミーで締まりのない低域
  • 深みに欠ける低域
  • 下位機種のHA-SW02との差が少ない
JVC HA-SW01

明るく高解像
包まれ感がある
充実感が高いリッチサウンド

JVC HA-SW01

JVC HA-SW01
JVC HA-SW01

Re:ゼロから始める異世界生活 Coreful フィギュア レム~パックイメージver.~

 

人気シリーズ「コアフル」より、パックをイメージした衣装を着たレムが登場!

 

メーカーがもふもふの毛並みの質感再現とかわいらしさにこだわったモデルです。

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. JVC HA-SW01

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. JVC HA-SW01

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. JVC HA-SW01

総評

JVC HA-SW01降り注ぐような音楽に包まれる豊かな音楽体験をもたらします。問題はHA-SW02とほとんど変わらないわりに比較的大きな価格差があることです。

JVC HA-SW01
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

JVC HA-SW01

8.3

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

9.0/10

中域

9.5/10

低域

6.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

長所

  • 充実感が高いリッチサウンド
  • 明るく高解像
  • 降り注ぐような仰角感
  • 爽快
  • 包まれ感がある
  • 調和的
  • ウォームで聞き心地が良い
  • 開放的な音場

短所

  • 原音忠実的ではない
  • よくない質感表現
  • ブーミーで締まりのない低域
  • 深みに欠ける低域
  • 下位機種のHA-SW02との差が少ない

コメント



タイトルとURLをコピーしました