【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TKZK Wave:バランスド・パフォーマー

TKZK Wave3000円~5000円
TKZK Wave

プロローグ

TKZKは、TIN HiFiの親会社の新しいブランドです。試聴インプレッションとレビューのために本機を送ってくれたHiFiGOに感謝したいと思います。

この製品の要点

  1. 全体的にバランスの取れた音
  2. 駆動しやすいが、高級アンプでも音の印象はほとんど変わらない
  3. シンプルなエレガントな外観

レビュー開梱動画

TKZK Wave 1DD 1BA Entry Level Neutral Bright
SeeAudio Bravery

SeeAudio Braveryは優れた高域解像度と落ち着いて聞き心地の良い独特のボーカル表現が魅力です。中域はユニークですが、全体の原音忠実度が高く、印象的に聞こえるはっきりした高域表現が高域好きに Read more

KBEAR Aurora

昨今のIEM市場における激しい競争の中で、メーカーは常により良い製品を作るために限界に挑戦し続けています。それは、KBEARのフラッグシップIEMであるAuroraも同様です。オールラウンダーとしての Read more

デザインとビルドクオリティ

意図的にデザインされた、プラスチックシェルでシンプルなエレガントな外観に作られています。TKZK Waveは、シンプルなデザインの中にも、アーティスティックなニュアンスが感じられるフロントフェイスプレートを採用しています。ノズルは適切な長さと口径を持ち、フィット感に優れています。

  • ドライバータイプ:片側1BA&1DD
  • 周波数特性:10-40kHz
  • 感度:110±3dB @1KHz 0.126V
  • インピーダンス:22Ω
  • 最大ディストーション:3%@1KHz/0.126V
  • プラグ:3.5mm金メッキストレートプラグ
  • ケーブル:1.2m 銀メッキ銅

私はシリコンチップが好きではありませんし、TAKZKの純正Waveユニットはフォームタイプを提供していないので、このレビューでは、私自身のスローリバウンドフォームチップを使用することにしました。

TKZK Wave
TKZK Wave

音質

音色とダイナミクス

TKZK Waveは、バランスド・アーマチュアとダイナミック・ドライバーの音色のバランスが良く、DD側は活気のある周波数、BA側は高音域の輝きが際立っています。全体的にバランスの取れた音(暖かくもなく、明るくもない)であると言えるでしょう。ダイナミックなトランジェントはよくコントロールされていて、一部の「刺激的」なIEMに見られるような過度に高揚したサウンドではありません。低音、高音、中音が適切にレベリングされていて、奥まった感じは全くありません。ただし、ジャンルによっては金属的な乾いた音になることがあり、特にロックやメタルのようなシャウト系の音楽を聴くときには注意が必要です。ジャズ、エレクトロニック、ブルーグラス、ポップスなどでは、全く不快感がなく、楽しくてとても良いです。

中域

TKZK Waveのミッドはニュートラルでナチュラルです。ボーカルの音色に色付けを感じませんでした。TKZK Waveは、ソプラノやコントラルトのボーカルを投影しても、忠実な透明感を保ちます。男性ボーカル(バリトン)の場合も同様に、温かみや輝きを感じさせない自然なサウンドです。

楽器に関しては、クリアでクリーンな歯切れの良さ、マイルドなアタックとディケイを持ち、リアルな表現をしています。

高域

TKZK Waveを立派に輝かせるだけの十分な輝きと煌めきがあります。しかし、これはまだトレブルヘッド(高域好き)のIEMとは言えないでしょう。高域の伸びは、ソースの能力にもよりますが、賞賛に値します。自然な温かみのあるソース(AKMベースのネイティブDACチューニング)で再生しても、高域の表現には明瞭さと歯切れの良さがあります。ここで注意しなければならないのは、TKZK Waveは明らかな滑らかさよりも鮮明なエッジに重点を置いているようなので、レコーディングで行われたマスタリングのアプローチによっては、曲によっては高域の減衰が少し粒状に聞こえてしまうかもしれません。適切にマスタリングされたレコードを使用すれば、これは問題になりません。欲を言えば、高音部の質感とディテールがもう少し欲しいところですが、この価格帯では十分に許容できます。

TKZK Wave
TKZK Wave

低域

私はTKZKの低域が好みです。他の周波数帯域、特に中低域やサブベースを圧倒しないように非常によく調整されています。中低音には十分なパンチと存在感があり、楽しく刺激的でありながら、他の部分に干渉したり滲んだりしないように調整されています。しかし、低音派の方には、TKZK WAVEは期待に応えられないのではないかと感じています。低音の表現は、全体的にバランスが取れていて、不快感がありません。中低域と重低域は、高域と同様にキレのあるディケイを重視しているため、滑らかなディケイを好む人には、ロールオフしているように感じられるかもしれません。

技術面

TKZKはあまりスピード感のあるIEMではないようです。先に述べたように、TKZK Waveはロックやメタルにはあまり向いていません。これは、BPM150以上のストレートなBeats Per Minuteを処理するのが少し遅いことに起因しています。イメージングやステージングも平均的で、曲によってはセパレーションラインが曖昧になり、楽器が少し近すぎるように聞こえてしまうこともあります。空間的なイメージングは良好ですが、特筆すべき点はありません。TKZK Waveは、2つの異なるドライバーの間でキーがずれないように十分なまとまりがあり、曲が極端に速くなったり複雑になったりしない限り、ダイナミックなトランジェントに調和があります。

TKZK Waveのサウンドステージは、私がIEMとして適切な大きさだと考えるもので、決して素晴らしいものではありませんが、粗末なものでもありません。十分な広さが感じられます。しかし、イメージングは、私が望むほどシャープではありません。

特筆すべきは、非常にドライブしやすいことで、TKZK Waveは、私のRedmi 10やSony Xperia X Compactの電話からそのままでも素晴らしい音を出します。4 VrmsのDAC port HDに切り替えても、あまり改善されません。これは諸刃の剣で、弱いソースでもTKZK Waveは十分に楽しめるということでもありますが、優れたパートナーがいてもそれ以上の輝きは得られないということにもなります。

細部の処理については、TKZK Waveは分析的なユニットではありません。マクロ・ディテールの再現性は高いのですが、ミクロ・ディテールの再現性は普通です。また、これはソースの透明度に大きく依存します。優秀ではないソースでは、ディテールがぼやけて聞こえます。

TKZK Wave
TKZK Wave

エピローグ

TKZK Waveは、”Jack of All Trade and Master of None(器用貧乏)”をコンセプトにしています。高い能力を持つソースを必要としない、イージーでカジュアルなリスニングのために設計されています。しかし、クリティカルなリスニングには適していないかもしれません。特に、すでに明るいサウンドのパートナーと組み合わせた場合には。TKZK Waveの構造とサイズはすべて快適で装着しやすく、フォームチップによって優れた遮音性を得られるので、屋外での活動でもノイズの侵入を気にすることなく使用できます。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました