【海外レビューまとめ】IKKO OH1S

IKKO OH1S20000円~30000円
IKKO OH1S

免責事項

  1. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  2. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

この製品の要点

  1. 全体的なバランスはかなりニュートラル
  2. ディテール再現度が高く、分離感にも優れている
  3. 聴き心地は若干きつい
  4. ビルドクオリティも高い

多くのオーディオファンを驚かせたブランド「IKKO」

中華イヤホンは年々存在感を増しています。今年も有名ブランドから中小メーカーまで、IEM市場に様々な新製品が投入されています。IKKOもそんな多数の中華イヤホンブランドの一つです。

IKKOは非常に優れた金属造型技術により美しいシェルを作り出すことに長けたメーカーです。IKKO Obsidian OH10とIKKO Meteor OH1はそのサウンドの良さもさることながら、なによりデザインにおいてオーディオファンを感嘆させ、喜ばせました。OH1とOH10はそれぞれが個性を持ちつつ、全体として印象的で心地よいリスニング環境を提供する音質的にも優れたイヤホンで、ブランドをまたたく間に有名にしました。

重要な点は、これらのIKKOの素晴らしい製品がそれほど高価でなかったことです。IKKOは1万円台から2万円台のリーズナブルな価格で高級イヤホンに対抗できるパッケージングとビルドクオリティを実現していました。

IKKO OH1Sの特徴

正式名称は「IKKO Gems OH1S」です。

Gem(宝石)の由来は金属シェルデザインに接合された樹脂部分にあり、見た目は原石のようです。OH1とOH1Sの間には、シェルのデザインは同じような質感の仕上げになっています。IKKOはOH1Sにより光沢のあるカラーを採用し、その間にさらに輝きを増すための樹脂層を設けています。これによりデザインがより洗練されただけでなく、OH1やOH10で問題点になっていた重量と装着感の問題が解決されました。

IKKO Gems OH1S
IKKO Gems OH1S

パッケージ開梱動画

Ikko OH1s Gems IEM - Review

IKKO Gems OH1Sの技術仕様

  • ドライバー:10mmダイナミックドライバー、Knowles 22518バランスド・アーマチュア
  • インピーダンス:32Ω
  • 周波数特性:20Hz〜40kHz
  • 感度:109dB
  • ケーブル素材:銀メッキ銅
  • コネクター:MMCX MMCX
  • 終端プラグ:3.5mmストレートヘッドホンジャック
  • ケーブル長:3.9 ft (1.2 m)
IKKO OH1Sの評価値
  • 低域の原音忠実度:S
  • 中域の原音忠実度:S-
  • 高域の原音忠実度:C-

  • 低域の存在感:B-
  • 中域の存在感:B
  • 高域の存在感:B
  • 全体の原音忠実度:S-

IKKO OH1S
IKKO OH1S

IKKO OH1S

¥22,980

海外レビューまとめ

引用個所については例のごとく適度に超訳です。

MAHORHiFi

Summary

Ikko has once again delivered a great sound with an interesting design. Its an affordable IEM filled with rich details and textures, with a strong signal to boot. There’s not much else to say here besides the fact that though there’s a ton of quality here, the Gems still has some strong competition.

Pros:

Fine treble
Punchy bass
Aesthetic design
Big imaging
Price

Cons:

Loose fit
Strong competition

概要

IKKOはまたしても、興味深いデザインで素晴らしいサウンドを提供してくれました。手頃な価格のIEMでありながら、豊かなディテールとテクスチャーを備え、強力なシグナルを発します。品質の高さにもかかわらず、Gemsにはまだまだ強力な競争相手がいるという事実以外に、ここで言うべきことはありません。

長所

  • 繊細な高音
  • パンチのある低音
  • 美しいデザイン
  • ビッグイメージ
  • 価格

短所

  • ルーズな装着感
  • より優れた競合機種の存在

あまりピンとこなかった

MajorHiFiのレビューはビデオも見ましたが、強力な競合機種がいると言いつつ、それが何なのか具体的に挙げることもしないし、音質の内容も言いたいことはなんとなくわかりますが、個人的にはあまりピンとこないレビューでした。

次に紹介するTECHPOWERUPのレビューが指摘する個体差の問題で、MajorHiFiのレビューユニットが私の手に入れたOH1Sとは異なるサウンドだった可能性もあります。実際、低域のパンチが強いってあたりは、少し違和感がありますね。私の個体はあまりパンチに量感がなく、力強くてパワフルと言うよりは、どちらかというとフットワークが軽くてキレとアタックが強いという印象です。

TECHPOWERUP

Pros:

  • Very comfortable and well-thought-out design
  • Unique gem-like design with a sculpted finish to the outer aluminium alloy surface
  • A resin layer adds some flair while also damping unwanted resonances
  • Fantastic clarity for vocals across the board
  • Deliberately tuned warm neutral profile will please those looking for it
  • Clear tonal separation even in the recessed mid-to-high transition
  • Upgraded low impedance cable included in the box
  • Two color sets to choose from
  • Decent soundstage and good representation for most instruments
  • Six sizes of silicone and three sizes of foam ear tips are included
  • Fairly unique oval-shaped nozzle and tips makes for a better fit for most
  • Premium unboxing experience with a nice set of bundled accessories
  • Easy to drive without an aftermarket amplifier

Cons:

  • Potential inconsistency from sample to sample
  • Big price hike from the OH1 it is aiming to replace
  • Bass response can be found lacking
  • Soundstage is not very wide
  • MMCX connectors can be a dealbreaker for some

美点

  • 非常に快適で考え抜かれたデザイン
  • アルミ合金の表面に彫刻を施した、宝石のようなユニークなデザイン
  • 樹脂層は、不要な共振を抑制しながら、華やかさを加えている
  • ヴォーカルの透明感が全面的に向上
  • 意図的にチューニングされたニュートラルなプロファイルは、それを求める人を満足させるだろう
  • 中域から高域への移行部でも明確なトーンセパレーションを実現
  • アップグレードされたローインピーダンスケーブルを同梱
  • 選べる2つのカラーセット
  • きちんとした音場とほとんどの楽器に適した表現力
  • 6サイズのシリコンイヤーチップと3サイズのフォームイヤーチップを付属
  • 楕円形のノズルとチップにより、よりフィット感が得られます。
  • 付属品も充実しており、箱から出したときの感動もひとしお
  • 市販のアンプがなくても簡単に駆動できる

欠点

  • サンプルごとにばらつきがある
  • OH1からの大幅値上げ
  • 低音域が不足することがある
  • 音場があまり広くない
  • MMCX端子がネックになる人もいるだろう

私の印象、評価に近い

TECHPOWERUPのレビューはかなり私の印象と測定値から得られる評価に近いです。TECHPOWERUPの言うように、OH1Sは明るい輝度の高いニュートラル系モニターで、かなりディテールと分離感が高いですが、低域は薄味気味です。そのせいで透明度は高いですが、明るすぎて眩しく聞こえてしまうところがあります。これまでIKKOのOHシリーズのイヤホンはどれもウォーム系のサウンドだったのでOH1SはOH1を含めたそれらと毛色が全く違います。伝統的なIKKOファンからすると評価が分かれそうで、わりと否定的になりやすいでしょうね。これまでのIKKOのサウンドにあった、ゆったりした音場感がありません。

Youtubeレビュー

Ikko Gems OH1s REVIEW! Surprising...

最終的にはSuperReviewと感想は同じですね。モニターイヤホンとして優れていますし、非常に詳細に音楽を分析できるので、便利で、ディテール感が高いのでエキサイティングなところもありますが、良いチューニングかと言われると、違うかなといったところです。

IKKO OH1Sの関連記事

IKKO OH1Sに関するさらなる情報は以下の記事を参照して下さい。

まとめ

IKKO OH1Sは非常に有能なモニターイヤホンでディテール再現度に優れており、分離感も高いので一音一音を詳細に把握することができます。ただし、低域は弱い傾向にあり、歯擦音や刺さり感が強い傾向にあるので、少し聴き疲れしやすく、人によっては不快感の高い音に聞こえる可能性があります。

この機種はIKKO OH1とはサウンド傾向が異なるため、そのアップグレード版ではなく、どちらかというとサイドグレードの機種になります。使い分けできるという点ではポジティブ要因ですね。

IKKO OH1S
IKKO OH1S

IKKO OH1S

¥22,980

コメント



タイトルとURLをコピーしました