【中華イヤホン 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko レビュー】サウンドバランスや歪率の低さは優秀だが、解像度が低いのが難点

【中華イヤホン 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko レビュー】サウンドバランスや歪率の低さは優秀だが、解像度が低いのが難点10000円~20000円
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの概要

こんな人におすすめ

  • スタジオチューニングが好き
  • 質感重視
  • 定位感重視
  • 明るく詳細なサウンドが聴きたい
  • バランスの良いイヤホンが欲しい

基本スペック

  • 再生周波数:5-40000Hz
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:106dB
  • ピンタイプ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:9.0/10.0
  • 装着感:7.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.5/10.0

長所と短所

長所

  • 原音忠実性が高い
  • かなり優れた質感
  • かなり優れた定位感
  • 制動特性に優れる
  • 一貫した位相特性
  • 音像一貫性が高い
  • 低歪
  • サウンドバランスが良い
  • 優れた外観
  • 優れた付属品

短所

  • 高域の拡張性で少し物足りない
  • 解像度が物足りない
  • 表現が薄っぺらくニュアンスに深みのない音

7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの特徴

  • 【Salnotes Dioko 14.6mm平面インナーイヤーイヤホン】7HZ Salnotes Diokoイヤホンはハイパフォーマンスと手頃なイヤホンとして、創新的な14.6mmデュアルキャビティ平面駆動ドライバーが7HZ Salnotes Diokoに内蔵されます。この平面駆動ダイヤフラムが再設計のプロセスを経って、有効的な磁気回路とバンド分布を利用して、バランスなサウンドがこのイヤホンで再生できる。平面駆動ドライバーが素早かな反応スピードを持って、優れた解析度と高忠実度のサウンドが再生できる。直径14.6mmのダイヤフラムが有効的に歪み率を下げることができる。
  • 【7HZ x Crinacleのチューニング】 インナーイヤー型イヤホンは優れたドライバーを搭載していますが、より良いチューニング技術を用いなければ、ドライバーの良さを十分に発揮することはできません。Crinacleとの共同作業では、周波数帯域全体を通してバランスのとれたサウンドを実現するために包括的なチューニング戦略を活用しました。Salnotes Diokoは、あなたのイヤホンのコレクションに加わる素晴らしい存在となることを確信しています。Diokoの高音と高域の極限は自然で、3つの周波数の音の特性は、平面型ドライバーの特性としっかり一致しています。Diokoのチューニングは、Crinacleの定義する「自然な音」に基づいています。
  • 【N55磁石、両面配列】 Salnotes Diokoのドライバーはデュアル面配列の中でトップパフォーマンスのN55磁石を採用します。この強い磁石が弊社で設計された磁気回路構造と組み合わせて、大幅に有効磁束を向上させ、もっと有効的に電流を駆動することができます。Salnotes Diokoの平面駆動ドライバーが優れた感度を持ち、コンパクト、自然とクリアなサウンドを持ってきます。
  • 【CNCアルミニウムシェル】このイヤホンは超軽量と良い耐久性を持ち精密的なCNC加工された航空レベルアルミニウムシェルを採用して、日常に使用してもなんの問題がありません。ユーザーが純粋なHIFI音楽を満喫するため、金属のシェルが有効的に外からの騒音を避けることができます。それだけではなく、シェルの表面にはトップの硬質酸化処理プロセスを経って、より良い耐久性を持っています。
  • 【強化ガラスとサファイアコーティングのフェースプレート】 Salnotes Diokoのフェースプレートが強化ガラスマテリアルを採用する、表面にはサファイアコーティングと指紋防止のテクノロジーを採用します。このフェースプレートがよりよい耐食性を持っているとともに、ジュアールに負けない美しさがあります。Salnotes Diokoは4コアLitz構造の銅線と銀メッキ銅線で混合編むケーブルを採用します。Salnotes Diokoのサウンドが明瞭的になるため、ケーブルが216本インディペンデントコーティング糸で作られます。銅線と銀メッキ同線の組み合わせがより良い伝導性を持っています。それと、大容量の収納ケースが付属されて、環境に無害するとより良い実用性があります。
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko

 

パッケージ(8.5)

7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko

パッケージは価格の標準を満たしています。外箱はシンプルで紙製なので、処分は楽です。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • キャリングケース
  • イヤーピース
  • 説明書
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko
7HZ x Crinacle Salnotes Dioko

ビルドクオリティ(9.0)

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。フェイスプレートがとても美しいですね。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

装着感(7.5)

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

装着感は悪くありません。イヤーチップによるところもありますが、個人的には少し固定が悪いと感じました。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko (2)
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Shuoer D13 Frequency Response (RAW)
7hz Salnotees DIOKO Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

LetShuoer D13(Silverノズル)のオーディオステータス(ほかのノズルは有料記事に掲載されています)
7Hz x Crinacle Salnotes Diokoのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

7Hz x Crinacle Salnotes Diokoはアンプの出力インピーダンスの影響を全くと言っていいほど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

この製品は名前の通り著名なレビュアーで、私も大変尊敬している「Crin」が関わっています。7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの周波数特性を確認すると、Crinがこのイヤホンのために素晴らしいサウンドバランスのグラフを用意したことが簡単に確認できます。サウンドバランスはフラットよりはニュートラルに近いですが、低域から高域まで全体的によく整っています

私の評価スキームでもサウンドバランスについては抜群に近い評価値が得られます。Crinの良い仕事を味わうことができるのはとてもわくわくするものです。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
【中華イヤホン UniqueMelody Maverick Ti レビュー】UniqieMelodyらしく無難に仕上がった機種

10万円以上という条件で選ぶなら、UniqueMelody Marverick Tiはその外観のビルドクオリティとサウンドは価格の水準を満たしているので、概ねおすすめしやすい機種であると思われます。

【ハイエンドヘッドホン JVC HA-SW01 レビュー】HA-SW02とほとんど差がない

JVC HA-SW01は降り注ぐような音楽に包まれる豊かな音楽体験をもたらします。問題はHA-SW02とほとんど変わらないわりに比較的大きな価格差があることです。

低域(8.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B
  • 存在感:B

低域

サウンドバランスの点ではDIOKOの低域は非常に優秀です。それは引き締まったまま非常に深いところまで到達しており、見通し感が良好です。

しかし、DIOKOの低域は実際には……後述するようにDIOKO自体の解像度に問題があるため、期待した性能を十分に発揮できないと思われます。歪みもかなり少ないにも関わらず、私には……この低域はあまり魅力的に聞こえません。

詳しい説明はここではとりあえず置いておきます。この問題はこのレビューの後半でよりフォーカスして論じられますから、ここでは簡単に指摘するにとどめます。実際に聴けばすぐ納得できる話です。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

中域はほぼ完全にニュートラルであり、かなり正確な質感表現を実現しています。

中域の解像度は悪くない水準にあるので、低域に比べて中域は精彩に満ちており、透明度が高く、定位感も良好です。

ただし、全体的な解像度の不足によって、この中域の本来の魅力は実際にはだいぶ削がれています。全体的にコントラスト感が足りておらず、表現が平面的で音楽表現に深みがありません。

この点についても後半でより詳しく論じるので、そちらで実際に聴き比べた方が早いでしょう。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:C+

高域

高域は拡張性が少し不足していますが、価格帯では十分な水準と言えます。

DIOKOはこの高域に強くフォーカスされる音響構造になっているので、どちらかというとトレブルヘッド(高域好き)向きです。高域はかなりはっきり聞こえ、音楽を繊細な雰囲気で聴かせることに長けています。風通しが良く、さわやかで涼し気なこの高域は私もとても気に入りましたが、空気感が足りてないので、少しメタリックに聞こえやすいのは難点です。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:B
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

フルオーケストラを聴くためのイヤホンとして、DIOKOはサウンドバランスの点では非常に優れています。しかし、解像度が低いので、表現の深み、楽器のニュアンスを伝える能力に優れていません。スケール感でもやや物足りないので、あまりおすすめしません。

雅楽も篳篥の音はわりときれいですが、全体的に表現が表層的で薄っぺらく、面白みがありません。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:A-
  • イメージング:B
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:C

音場

低域の深さは優れており、中域は比較的前面に聞こえ、高域は高さが少し物足りません。

クリア感は価格を考えると優秀です。

イメージング性能は価格を考えると物足りません。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:A-
  • 個人的な好み:B

音質総評

7Hz x Crinacle Salnotes DiokoはサウンドバランスとTHD特性においては優等生の水準にあり、制動特性も優れており、表面的なスペックではハイエンド機種にほとんど勝る、一見非常に優れたイヤホンに見えます。

しかし、解像度が価格の水準すら満たしていないために、それは張り子の虎です。DIOKOはたとえばLETSHUOER S12JVC HA-AE5Tが見せるようなミラクルを持つイヤホンではありません。

とはいえ、その素晴らしいサウンドバランスを生かすために解像度を改善する方法はないのでしょうか。実はすでに見つけました。レビューはここでひとまず終わりますが、番外編として続けて7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの解像度の改善に取り組んでみましょう

音質的な特徴

美点

  • 原音忠実性が高い
  • かなり優れた質感
  • かなり優れた定位感
  • 制動特性に優れる
  • 一貫した位相特性
  • 音像一貫性が高い
  • 低歪
  • サウンドバランスが良い

欠点

  • 高域の拡張性で少し物足りない
  • 解像度が物足りない
  • 表現が薄っぺらくニュアンスに深みのない音
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

原音忠実性が高い
正確な質感と良好なサウンドバランス
低歪でクリーンなサウンド

番外編:7Hz x Crinacle Salnotes Diokoの解像度の向上法

さて、Diokoの解像度を向上させる手段ですが、非常に簡単でした。それはMoondrop Spring tips 清泉を使うことです。

このイヤーチップは私のお気に入りで、その特性を測定したのですが、それによるとMoondropの主張通り、清泉には一般的なイヤーチップより高い解像度で音を伝達できる特性があることがわかっています。

つまり、これを使うことで多くのイヤホンで解像度の改善効果が得られるわけです。「何言ってんの?」と思うかもしれません。まあ、慌てずに。実際にDIOKOの標準イヤーチップと清泉で録音したものが以下にあるので聞き比べてみてください。上が原曲、真ん中が標準イヤーチップ、下が清泉です。

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
  3. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko(SPtips)

どうでしたか?かなり音の印象が違うと思います。これが解像度の差です。ちなみに周波数特性自体はほとんど変化していないので、サウンドバランスはほとんど変わっていません。単純に「音の聞こえ方」が改善されただけです。同じイヤホンで同じ音源を聴いているのに、イヤーチップを変えただけで音の情報量が断然違うのがお判りいただけますか?カメラ用語風に言えば「階調感」が段違いです。

よくDTMの音響機材のレビューで「良い音」を表現するときに「奥行き感がある」って言いますよね。あれ、何を言ってるかというと、解像度の高い音はコントラストや立体感が高まって明瞭に聞こえるので、同じサウンドバランスでも音場の印象が大きくなり、音楽の表現が深まってニュアンスが細かに聞こえるんです。だから良い機材は「奥行き感のある音」を鳴らすって言うんですね。

以下に周波数特性の実際の測定グラフ(赤:清泉、緑:標準イヤーチップ・ピンク)を示しますが、ほぼ変わっていないことがおわかりいただけるでしょう。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

私が周波数特性万能主義的な考え方に賛同していない理由は、音楽鑑賞の上では、解像度のほうがより重要ではないかと考えているせいでもあります。私は以前参加したあるWEBカンファレンスで論じられたMark Serridgeの考え方に明確に影響を受けており、オーディオレビュアーは周波数特性をより適切に相対化する必要があると考えています。

Why do we like the sound of analogue recordings when the measurements look so bad? Mark Serridge

そういうわけで、Moondropの宣伝をするわけではありませんが、DIOKOをお買い求めの際は一緒にこのSpring Tipsも買ってみてはどうでしょう。これを使うことで、Crinの作り上げた素晴らしいサウンドバランスの世界にだいぶ近づいて楽しむことができるかもしれません。

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
7Hz x Crinacle Salnotes Dioko

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース SサイズとMoondrop Spring Tips 清泉を使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
  3. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko(SPtips)

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
  3. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko(SPtips)

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko
  3. 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko(SPtips)

総評

7Hz x Crinacle Salnotes Dioko優れたサウンドバランスと低歪でクリーンなサウンドを持ち、爽やかで繊細な音を聞かせてくれるイヤホンです。平面駆動型ドライバーを搭載したことによる制動特性や位相特性の良さから来る音像の一貫性の高さも非常に魅力でしょう。残念ながら、解像度の不足は、このイヤホンの音楽表現を皮相で薄っぺらいものにしており、そのことがこのイヤホンをライバルたちからだいぶ隔たった位置に押し下げてしまいますが、それでもこの音を好む人は多いでしょう。