【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Idun Golden:ゴッデス・オブ・ミュージカル・エレガンス

Kinera Idun Golden10000円~20000円
Kinera Idun Golden

注意事項

  • この記事は日本国外で流通しているKinera製品についての内容に基づいて書かれております。そのため、国内正規品とはパッケージ内容、音質などが異なっている可能性があることにご留意ください。
  • また、Kineraの流通方針では、日本、韓国、香港、台湾、マカオにおいては正規代理店からの購入が推奨されています。上記のいずれかの地域にお住まいの場合は、お近くの実店舗や国内ネット販売でお買い求めいただけます。
  • 著者:Andy.EF

プロローグ

  • 本機はレビュー用にHiFiGoから送られてきたものです
  • この記事の時点で、Idun Goldenを毎日定期的に使用し、300時間以上費やしています。
  • 測定はしていません。私の感想は、純粋にユーザーの視点からの主観です。

この製品の要点

  1. 美しくエレガントな外観
  2. 自然で有機的な音色
  3. 豊かな質感とディテールを持つ中域が最大の魅力

開梱動画

Kinera IDUN 2.0 IEMs Unboxing!
UniqueMelody 3D Terminator

UniqueMelody 3D Terminatorは高域寄りのニュートラルサウンドを持っており、音楽にキレやエッジ感を重視する場合、かなり優れた選択肢になるでしょう。

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

私がYume Midnightに感銘を受けたのは、その総合的な性能にあります。音色のバランスもよく、物事をきちんと整理してくれます。真の意味でのニュートラルなデバイスではありませんが、楽しくも繊細な成 Read more

Kinera Idun Goldenの技術仕様

  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:112±2dB
  • THD+N: <3% (1kHz@100dB SPL)
  • 周波数応答の範囲:20Hz-20kHz
  • コネクタの種類:0.78mm 2pin
  • 終端プラグ:4.4mmバランスと3.5mmシングルエンド
  • 定格出力:3mW

デザインとビルドクオリティ

Kinera Idun Goldenは美しいです。パッケージからIEM本体まで、荘厳なまでにエレガントです。ハンドペイントされた樹脂製のシェルは、青春の女神Idunにちなんだ北欧のモチーフが強いアクセントとなっており、印象に残ることでしょう。さらに感心したのは、このIdun Goldenが人間工学的に非常に快適であることです。とても軽く、一日中つけていても耳の穴が疲れることがないのです。実用的でありながら美しい。手に取ると、このために細部にまでこだわったIEMであることがよくわかります。個人的に長年愛用しているShure KSE1500と並んで、Idun Goldenはこれまで装着したIEMの中で最も快適だと断言しても、過言ではないでしょう。

技術的には、Idun Goldenはトリプル・ハイブリッドです。2つのバランスドアーマチュアと1つのチタンプレイテッドドームPUダイナミックドライバーです。BAは中域にKnowles RAF-32873、高域にKinera独自のカスタムBTC-30095を使用しています。インピーダンス32Ω、感度112dBのチューニングは、Idun Goldがかなりドライブしやすいことを示唆しています(でも、本当にそうでしょうか)。

同じく美しい、Kinera ACEケーブルが付属しています。2.5mm BAL、4.4mm BAL、3.5mm SEの3サイズすべてが付属するフルモジュラー式です。Kineraはさらに、大きなデバイスで使用するための6.3mmアダプターも同梱しており、とても気が利いています。Kinera ACEは、OFC+OFCに銀メッキを施し、8芯3次元編組のLitz構造で構成されています。Idun Goldenの全体的なテーマにマッチするよう、絶妙なエレガントさを備えています。また、音質面でも鑑賞に堪えるようなチューニングを施しています。ケーブルはしなやかでありながら堅牢です。

さらに、様々な好みや使い方に対応できるよう、チップの選択も可能です。私は特に純正のフォームチップに満足しています。最近、シリコンチップを装着することができないので、アフターマーケットのチップを探し回る必要がなく、とても楽です。私の耳には合わないようです。Idun Goldenに付属のフォームチップは、低反発でグロススキンなので、密閉性が高く、敏感な肌(私は少し乾燥気味です)にも不快感を与えません。フォームチップとの組み合わせで、素晴らしい分離と走行距離を得ることができ、広範囲に渡って使用することができます。私はIdun Goldenの音楽を聴きながら何度も眠りにつきました。それくらい快適です。

最後に、これらを適切に保管するためのシンプルなボックスがあります。旅行やアウトドアに便利です。

Kinera Idun Golden
Kinera Idun Golden

音質

使用機材

  • CEntrance DACport HD (4.1 Vrms, 775mW Single Ended 3.5mm)
  • Cayin RU6 (2 Vrms, 4.4mm BAL)
  • Lotoo PAW S2 (2 Vrms, 4.4mm BAL)
  • HiBy FC5 (2 Vrms, 4.4mm BAL)
  • iFi ZEN DAC V2 + ZEN Can (15.1 Vrms, 4.4mm BAL)
  • Avani (1 Vrms, 3.5mm SE)
  • Abigail (1 Vrms, 3.5mm SE)
  • Sony Xperia X Compact (USB 2.0 host)
  • LG V50 ThinQ (USB 2.0 host & 3.5mm SE direct)

ソース

  • FLAC Files & Tidal Masters
  • Windows 10 Foobar 2000, YouTube Music for Lo-Fi
  • UAPP with USB Bitperfect mode

音色とダイナミクス

Kinera Idun Goldenは、自然で有機的な音色の表現に感謝して調律されています。どのパートナーと組み合わせても、自然で有機的なテーマが明らかになり、聴き取ることができます。つまり、Idun Goldenは不自然に明るい音でもなければ、低音がたるんだ音でもありません。Idun Goldenは、私がIdun Goldenのサウンドシグネチャーの最も強い魅力の1つであると感じた中域の存在感があり、ニュートラルなサウンドカーブに近くなるように調整されているのが聴き取れます。ダイナミックなハンドリングは、明らかに、ユーフォニックではなく、攻撃的ではありません。熟成された音、アナログ的なバイアス、技術的な側面での微妙な流動性を好むように、それは十分に活気があります。

素人目には、Kinera Idun Goldenは非常に音楽的なIEMであり、ミュージシャンや実際に音楽を作り演奏する人のために設計されたと思われます。私は、Idun Goldenが分析的なリスニングのためのものではないことを、最初から理解しています。高い解像度と明るさ、そして分析的な音を好む人には、Idun Goldenは向かないでしょう。しかし、分析的でなく、ただ音楽を楽しみたい人にとって、Idun Goldenはその要素を十分に備えています。

主に音楽的なものであるにもかかわらず、私はIdun Goldenのダイナミクスのトランジェントの取り扱いが非常に印象的であることを発見しました。どの周波数帯を遷移し、提示されるかの流れは、調和とまとまりがあります。エッジや攻撃的なアタックはなく、繊細で洗練された滑らかなサウンドです。

私は2006年からEtymotic ER4Sを愛用しており、BAの音色に精通しているので、BAのセットアップがいかにエッジの効いたものであるかを知っています。人によっては、バランスド・アーマチュアの音色に耐えられないこともあります。Idun Goldenは、BAを搭載しているにもかかわらず、私の耳には典型的なBAのように聞こえません。私はとても気に入っています。

Kinera Idun Golden
Kinera Idun Golden

中域

Idun Goldenの強みは中音です。ハーマン・カーブに向けたチューニングが主流となっている現在、多くのIEMが中域の表現にやや苦戦しているのを感じています。Idun Goldenは、明らかにその軌跡を辿っていないようです。私は、豊かな質感とディテールを持つ中音域を聞いています。ノートの重みの密度が正しく、生々しい感じです。不自然な暖かさやエッジの効いた感じはありません。オーガニックなサウンドを維持するための自然なバイアスがかかっています。特に弦楽器はそうですね。ギター、バンジョー、バイオリン、チェロなど、リアルな音色と丸みのある音像、音の流れが自然なまま調和しているのがわかります。しかし、これはIdun Goldenが中音に親密であることを意味するのでしょうか?そうではありません。中音域の配置は、すべてを前面に押し出さないように感覚的に配置されています。多くのV字型の音のユニットから観察されるような凹みはありません。パーカッションとエレクトロニクスも同様にリアルで、アタックやビビッド感が過剰になることはありません。

ヴォーカルこそがIdun Goldeのメインステージです。私が最も好きなソプラノ歌手、アリソン・クラウスと共演したIdun Goldenは、素晴らしい出来栄えでした。彼女の突き抜けるようなボーイッシュでピーキーなボーカルは、リスニングデバイスがあまり有能でない場合、かなり鬱陶しくなることがあります。しかし、Idun Goldenのアリソンのボーカルは、甘く艶やかで滑らかで、病みつきになります。クレッシェンドで全力を尽くす場面でも、Idun Goldenは中高音域のきつさを全く感じさせず、超ピーキーなパッセージをこなすことができまsた。アリソン・クラウスの「A Living Prayer」をIdun Goldenと一緒に聴けば、私が何を言っているのか理解してくれるだろうと思っています。

ダイアナ・クラールやシンネ・イーグも同様にIdun Goldenと相性がよく、コントラルト系のヴォーカルは深く、威厳があり、親密で、素晴らしいです。ジャズを楽しむためのエッセンスは、有機的な暖かさと密度、質感、そして過度にならない音量のバランスが必要だと思います。Idun Goldenはこの点で優れています。男性に話を移すと、同じことがバリトンタイプのボーカルにも言えます。私の場合、モリッシーとニック・ケイヴがそうです。どちらも豊かで、存在感のあるヴォーカルです。Idun Goldenは、彼らのボーカルを忠実に表現し、音楽性の中に良い意味でのエモーションを持たせることができました。

高域

Idun Goldenはトレブルヘッズ(高域マニア)のためのものではありません。あらかじめはっきりさせておきましょう。高域の表現がうまくコントロールされているので、きつさや眩しさが出る可能性はゼロです。非常に伸びやかな高域を好む人にとっては、Idun Goldenはロールオフしてミュートされたように感じられることでしょう。しかし、私の耳には、高音域の伸びとディテールが十分にあり、おそらく私が通常好む質感より少しおとなしいように感じられます。Idun Goldenの高域の全体的なテーマは、スムーズであると同時に繊細であることです。Idun Goldenは、空気感のある輝きと煌めきをよく表現しています。最も重要なことは、貧弱であったり、明らかな金属的な音でないことです。ひとつ確かなことは、Idun Goldenの高音性能は、ドライブソースの能力に大きく依存するということです。1Vrms以下では、Idun Goldenのトレブルの投影は、Idun Goldenの真の能力の70%程度であると言えます。2Vrms以上でしっかり駆動させると話は別です。iFi ZEN Stack(15.1 Vrms)、DACport HD、RU6、PAW S2との組み合わせでは最高の輝きを放ちます。ですから、Idun Goldenの最高の、より顕著な高音性能を得るには、よりパワフルなアンプと組み合わせるのがベストです。

低域

高域とよく似ている状況です。Idun Goldenの低域もどうやらベースヘッズ(低域マニア)向けではないようです。低音のレスポンスのためのチューニングは、迅速な攻撃と滑らかなディケイに焦点を当てています。しかし、Idun Goldenが素晴らしい低音の質感と密度に非常に寛大であることに拍手を送りたいと思います。低音の重さは、重くなく、威圧的でもなく、控えめです。中低音は、高揚感を与えるのに十分な躍動感があり、しっかりとしたボディがあります。重低音も同様に控えめながら、滑らかな感覚とリアルな減衰で聴かせてくれます。

私にとって重要なことは、低域のどの領域も何かを覆い隠そうとしないことです。私は拡散音場ニュートラルの低域レスポンスに慣れているので、Idun Goldenから聞こえるものはEtymotic ER4SRのようなものより確実にリッチで、フラットでも控えめでもありません。しかし、Idun Goldenは、SONY、FOSTEX、Beyerdynamicの低音性能と比較すると、見劣りします。この点でも高域と同様で、Idun Goldenの低音域はパワーを上げれば上げるほど良くなります。素晴らしい質感と深みと書きましたが、これは2Vrms以上のパワーで初めて聴き取れるものです。Lotoo PAW S2とのペアリングで得られる最も魅力的な低音レスポンスは、低出力デバイスとペアリングしたときにはなかった低音の洗練された質感、伸び、解像度を聞かせてくれ、実際に衝撃を受けたものです。

 

技術面

技術的な面では、Idun Goldenは控えめという表現が一番しっくりきます。しかし、音場は広く、ゆったりとしていて、高さはないが、それを補うだけの奥行きがあることは称賛に値します。Idun Goldenの全体的なテーマは音楽的にスムーズであるため、イメージングと解像度は分離的または分析的であるようには見えません。解像度はナイフの刃のような鋭さはなく、すっきりとしたイメージです。素晴らしいのは、Idun Goldenが非常に透明でニュートラルなままであることです。ペアソースの長所(と短所)を映し出す能力を持っているのです。ディテールの面では、マクロディテールは問題ありません。しかし、マイクロディテールは、有能で強力なパートナーと組んでこそ輝き始めます。AvaniやAbigailとペアリングしても、Idun Goldenからはあまり細部のディテールは得られませんし、LG V50 ThinQからも得られません。DACport HDとRU6は、Idun Goldenにとって最も技術的に有能なパートナーであることが証明されました。

空間演出と配置は、この血統のIEMに期待されるホログラフィックなものです。レイヤーがきれいに定義され、互いに干渉し合うことはありません。ダイナミックなトランジェント処理には優れたスピードと一貫性があり、最も複雑なパッセージでもペースを保つことができますが、これもソースの能力に大きく依存します。

スケーラビリティ

何度か触れています。Idun Goldenは、わずか32Ωで112dbの感度にもかかわらず、アップスケールされたパワーを受けると、本当に輝くようです。私はこれが好きです。AvaniやAbigailと組み合わせても素晴らしいサウンドですが、Idun Goldenは主に音楽的で楽しいサウンドで、気軽に音楽を楽しむには最適です。そして、Idun Goldenがよりパワーを受けると、物事は本当に良くなるのです。前述したように、2Vrmsの良いパートナーと組むと、高音と低音の性能が著しく向上します。滑らかさを保ちながら、質感とダイナミックの鮮明さが向上しています。ヘッドルームの改善も忘れてはいけません。

Kinera Idun Golden
Kinera Idun Golden

エピローグ

以上、Kinera Idun Goldenが万能でないことは明らかです。Idun Goldenは、音楽を楽しむための音楽体験を伝えることを目的としたデバイスです。Idun Goldenは、音色のバランスに優れており、自然な響きを楽しむことができます。音を分析するための装置ではありません。そういう意味では、Idun Goldenはユーザーとの関係を構築するのに時間がかかるIEMだと思います。最初から「すごい!」と思わせる要素はありません。しかし、定期的に使用することで、繊細なエレガンスを十分に発揮するようになります。私は、Idun Goldenが非常に有機的で滑らかであることを評価し、長時間使用することで得られる音楽の楽しみを評価しています。決して分析的なデバイスではありませんが、Idun Goldenと過ごした時間は、若返りの女神Idunaの魅力が私の心を捉えたことを証明したように思います。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント