【HiFiGOレビュー】AFUL Performer 5:ザ・フューチャー・オブ・ハイブリッズ

【HiFiGOレビュー】AFUL Performer 5:ザ・フューチャー・オブ・ハイブリッズ 30000円~50000円
AFUL Performer 5

プロローグ

  • この記事を書いている時点で、私のAFUL Performer 5は150時間以上稼働しています。
  • 測定は行わず、自分の耳で聴いたことを書いています。
  • 私の好みのサウンドチューニング、Diffused Field Neutral (Etymotic)
  • インプレッションはすべてDekoniフォームチップで行いました。
  • 最終的に、私のレビューは純粋に主観的であり、私の個人的な好みの音に偏っています。
  • このレビューでは、Performance 5はP5として言及されます。
AFUL Performer 5

AFUL Acoustics Performer 5:特許技術を搭載した新開発の1DD+4BAハイブリッドIEM

HiFiGOニュース

AFULは、HiFiの分野で独自の輝きを生み出しています。AFULは、HiFiの分野で独自の輝きを生み出してきました。本日、同社初のハイブリッドドライバー搭載のインイヤーモニター、新製品AFUL Performer 5を国際市場にデビューさせます。

この製品の要点

  1. 美しくマグマのように見える外観
  2. 音色やトーンバランスが非常に有機的で自然なサウンド
  3. 高出力のパートナーと組み合わせることで、ダイナミズムを向上させることが可能

開梱動画

AFUL Performer 5 1DD+4BA Earphones (iem) | First Impressions | Unboxing | Graph Measurements
【中華イヤホン RAPTGO HOOK-X レビュー】良質なスタジオチューニングモニター。色鮮やかな美しい中域でボーカルをきれいに描き出す

RAPTGO HOOK-Xは平面駆動型とピエゾドライバーを組み合わせるという斬新な構成を持ちながら、サウンドバランスは良好なスタジオチューニングスタイルによくまとめられた、全体的な完成度が非常に高いイ Read more

【中華イヤホン TRN XuanWu(玄武) レビュー】深みのある重低域と落ち着いた雰囲気の暗い中域を持つ

TRN XuanWuは重厚で深みのある低域とシックで上品に暗く聞こえる中域を持つイヤホンです。

AFUL Performer 5の技術仕様

  • インピーダンス:35Ω
  • 感度:110dB@1kHz
  • 周波数応答範囲: 5Hz-35kHz
  • 遮音性:26dB
  • コネクター:2ピン0.78mm
  • 終端部:3.5mm

使用機材

  • Sony Xperia 1 iV
  • Windows 10 with Native USB Drivers
  • USB Exclusive Mode with FLAC files
  • CEntrance DACport HD
  • Cayin RU6
  • Ovidius B1
  • Hidizs XO
  • 7Hz 71
  • VE Abigail

テストに使ったプレイリスト

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

デザインとビルドクオリティ

AFUL Performer 5 (P5) は、AFULが新たに開発した5ドライバーハイブリッドIEMで、私がこれまで見た中で最も印象的な技術の数々を誇っています。EtymoticやShureのようなイヤホンメーカーが独自の特許を持っていることはほとんど聞いたことがありません。

正直なところ、私はオーディオ機器に関する技術的なことはよくわかりません。私が評価するのは、メーカーが可能性を追求し、性能、価値、依存性を最大化するために、オーダーメイドのような製品を製造するために余分なマイルを費やしている場合です。というのも、私のレビューは常に、実際に使ってみてどうなのか、良い音なのか?― というようなことです。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

まず、シェルから。IEMの聴覚特性や音質は、シェルの設計に大きく起因しています。つまり、AFULはIEMのシェル内部を、ターゲットに合わせて徹底的にチューニングしているのです。シェル内部には、4つのバランスド・アマチュアを伴うシングル・ダイナミック・ドライバー、RLCネットワーク周波数分割技術で配置された5つのドライバー、つまり、5つの異なるドライバーを接続し調整し、高いレベルの精度、結束、正確さを確保するために、フードの下にいくつかの重大な技術があることを意味していると私は推測しています。

審美的に、P5の外観は美しく造形されています。マグマのようなフェイスプレートは、厚いエナメル質のラッカー仕上げで覆われ、ゴージャスな印象を与えます。内部は、ダークブルーがかったブラック。P5は、人間工学に基づき、快適さと最高のユニバーサルフィットを提供するために細心の注意を払って設計されています。4mm径のノズルは、短すぎず、必要以上に突出しない、適度な長さを誇ります。さらに、片側わずか4.2gmというP5は、これまで私が持っていたIEMの中で最も軽い部類に入ることは間違いありません。これらの熟考された設計と実装は、P5を装着することが快適であることを意味します。一度しっかりと固定されれば、とても快適です。シャッフルで音楽を聴きながら、文字通り半日ほどP5を装着していましたが、装着による疲労のような不快な影響はありませんでした。音楽が始まると、P5は文字通り消えてしまいます。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

その上、P5は高減衰空気圧バランスシステムと呼ばれる、真空圧の蓄積を緩和することを目的としたある種の統合された換気システムを備えており、IEMシールが達成されたときに閉じた真空の近接の感覚はないことを意味します。しかしこれは、P5が音響的にどのようなパフォーマンスをするかということに何らかの影響を与えることも意図しており、おそらくより重要なことです(これについては後で詳しく説明します)。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

P5には、この種のIEMに期待される、ごく標準的なアクセサリーが付属しています。豪華すぎるものはなく、空想的というより実用的です。純正ケーブルは、SPC製だと思いますが、最近よく見かけるIEMケーブルと同じように見えました。堅牢でありながらしなやかで、日々の厳しい使用にも耐えうるものです。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

また、シリコンチップはワイドボアとナローボアの2種類が用意されていました。ワイドボアは高音域重視で、ナローボアは低音域重視です。シリコンチップは万人受けするものではないことをメーカーは理解する必要があります。P5のレビューでは、代わりにDekoniのフォームチップを使用しています。私は、シリコンチップが耳の穴に当たる奇妙な感覚に耐えられないのです。

音質

AFUL Performer 5(P5)は、ハーマンとWカーブのサウンドチューニングを融合させたような存在と言えるでしょう。箱から出してすぐの状態で、特に低域のブーストや色付けが顕著です。約40時間のバーンインで、低域が固まり、きれいに収まったのが聴き取れます。その他、拡散音場ニュートラルのサウンドカーブに慣れた私の耳には、P5は非常にBassyで色彩豊かなサウンドに聞こえました。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

P5は、ダイナミックレンジが豊かで、広がりがあることは確かです。端から端までの広さと広がりは、事実上TOTLレベルであり、Shure KSE1500のようなものに勝るとも劣らないものです。ダイナミック特性については、P5は生き生きとしたダイナミックなトランジェントを提供し、倍音が絹のように滑らかに流れます。ユーフォニーレベルは繊細さと優美さを示し、刺激的であると同時に成熟したサウンドです。常にクリーンで首尾一貫しています。音の周波数の切り替えは、流動的で目的意識があるように見える。最も顕著なのは低域の深みで、P5はそれらを見事に表現しながらも、イメージの鮮明さを保ち、すっきりと聴こえ、圧倒されることはありません。

P5の音色と音色のバランスは非常に有機的です。あらゆるジャンルの音楽を聴きましたが、金属的な音やプラスチッキーな音は全く感じられませんでした。P5は、色彩感や躍動感がありながら、音色や音色のバランスは潔いほどリアルで、自然なのです。この点では、AFULのチューニングのセンスに敬意を表することができます。楽器もパーカッションもヴォーカルも、そのほとんどがありのままに透明感を持って表現されています。P5は、5つのドライバが互いに結合して常にまとまりを保ち、前述したような技術によって倍音がうまくコントロールされてバランスが保たれ、その結果、ダイナミックなトランジェントをスムーズに投射し、音色的にも信じられる音になったことに負うところが大きいと思います。

比較的V系ハーマン的なカーブを描いている割には、P5は意外と中域の表現が豊かで正面性があります。それゆえ、私が先ほどP5はVとWのハイブリッドなIEMであると言ったのです。豊かで、濃密で、簡潔なのです。P5の中音域の全体的なテーマは、自然で有機的であり、音色とテクスチャーに非常に穏やかな暖かみのあるヒントがあります。P5 Midsは深みと解像度を提供します。弦楽器、打楽器、電子楽器など、P5の中音域は常に明瞭で、鮮明かつスムーズです。ジャズの演奏は、ミックスやマスタリングの方法によっては、ミッドステージのアンビエンスによって、感情的で没入感のあるものになります。ロックやメタルなど中音域を抑えた音楽を聴くと、中音域のV字要素が感じられる。つまり、P5は録音の性質に対して非常にトランスペアレントであり、ソースの意図するデザインに適応する能力と敏捷性を持っているということです。メタル音楽をよく聴く私にとって、P5はエレキギターにとって最も滑らかな音を提供してくれます。滑らかでありながら、歯切れがよく、噛み応えとエッジの効いた感覚を与えてくれるのです。というか、エレキギターのリフが常に丸みを帯びて洗練されているように聴こえるのです。アタックやディケイもリアルで魅力的、かつ躍動的。ブラックメタルのLo-Fi録音を一日中聴いていても、P5の中域の滑らかさ、特に耳にぎらつく感じが全くない高域の表現により、聴覚疲労の心配は全くありません。

ヴォーカルでは、ダイアナ・クラールやシネ・イーグのようなキーの低い女性ヴォーカル(コントラルト)は、やや暖かく見えますが、それでも自然な色合いを十分に持っていて、その結果、豊かで魅力的、非常に感情的なものになっています。バリトン・テナータイプのモリッシーやニック・ケイヴは、胸に深く響くような歌声を聴かせてくれます。また、アリソン・クラウスやマライア・キャリー(ソプラノ・アルト)のようなピーク感のあるボーカルも、P5で再生すると、彼らの歌声の最も低い部分まで見事にコントロールされ、まさに圧巻でした。

P5の高音は、成熟しており、よくコントロールされていると表現するのが最も適切でしょう。実際、いくつかの競合製品と比較すると、P5は高音域の突出が控えめに見えるかもしれません。しかし、適度であるということは、P5が高音域の性能に弱いということではありません。簡単に言えば、決して明るい音ではありません。P5は、繊細できれいに聴こえる高音と深い伸びを提供し、高音の微細なディテールを見事に表現し、滑らかな減衰の分散を示します。エネルギー、アタックは非常に成熟している。ハイハットやシンバルを多用した攻撃的な音楽でも、決して不快にならず、歯擦音を感じさせません。高音域のトランジェントは調和がとれていて、流れるようです。洗練された高音域を好む人にとって、P5は満足感を与えずにはいられない魅惑的な演奏が可能だと、私はあえて思います。

さて、いよいよP5の醍醐味といえる低音です。私がこれまで聴いてきた多くの製品の中で、P5は間違いなく低音性能の絶対的なチャンピオンです。私は、P5をミニチュアサブウーファーIEMとさえ表現します。つまり、P5はインイヤーモニターではなく、オープンバックのイヤホンのように振る舞うという利点があるのです。その結果、空気感のある、優雅に流れるようなサウンドが生まれました。そう、P5の低音は文字通り流れるような、閉じた真空感を感じさせない、サブウーファーのような感覚に近いものがあるのです。P5の中低音は確かな威厳と存在感を示し、威厳がありながら決して圧倒されることはありません。ディテールと豊かなテクスチャー、没入感のある深みとアーティキュレーションを備えています。ダイナミックドライバーならではのインパクトとスラム感、そしてサブベースの減衰に至るまで強い地震動が感じられます。サブベースは最も遠い領域までよく伸びており、音のエッジがリアルに分散しています。低音重視のIEMであるにもかかわらず、P5は驚くほどブーミーで膨張した感じはなく、低音は常にクリーンで高速です。私はBassheadには程遠いのですが、このような低音域のパフォーマンスには病みつきになります。P5は、ハーマンのチューニングされたIEMの競合製品に匹敵するほど強いと言えるでしょう。その深くて魅力的な低音は、美しく表現された低音域を好む人たちを確実に満足させることでしょう。

 

技術面

AFUL Performer 5は、間違いなく、技術的に非常に優れています。唯一批判するならば、ヘッドステージ全体の幅と広さについてでしょうか。開放的なサウンドを引き立てるために、音場がもう少し広くてもいいのではないかと感じます。決して狭いわけではないのですが、他のIEMではもっと広いステージングを聴いたことがあります。おそらく、P5が正面から中音を出すので、そのような表現が親密感を強くし、結果として音場が広くないと私の耳に感じられるのでしょう。でも、これは私の勝手な思い込みです。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

それ以外の点では、P5はレイヤーセパレーションと空間イメージングで分析的な精度を示しました。正しくチューニングされた5ドライバー・ハイブリッドであることがそうさせるのです。P5は、非常にホログラフィックで没入感があります。特にFPSやTPPのような音源の正確さが重要なゲームでは、P5は音楽だけでなく、ゲームにも簡単に対応できます。

透明感と解像度は、間違いなくトップクラスです。P5は、高音質な音源ではさらに解像度が上がります。ディテールを余すところなく引き出す。さらに、P5は、高解像度でありながら、Lo-FiやYouTubeのコンテンツにも十分に寛容です。

P5は、他の技術的な能力と同様に、スピードにも優れています。5つのドライバー間の良好な整合性により、P5は最も複雑な音楽構成でも、あるいは250BPMを超えるようなスピードでも解決できることが保証されています。P5は、決して低調な音や濁った音になることはありません。

スケーラビリティ

35Ω、感度110dBのP5は、私のSony Xperia 1 iV phoneから直接でも全く問題なく作動します。出力は健全で豊かです。

P5をより高出力のパートナーと組み合わせることで、P5はダイナミックな密度や技巧を向上させることができます。CEntrance DACport HD、Cayin RU6、Ovidius B1との組み合わせは、本当に魅力的です。私は、P5が、ショボくなったり、過度に悦に入ったりすることなく、すべてのパワーを処理できたことに感動したと言わざるを得ません。これこそ成熟の証であり、素晴らしいスケーラビリティです。

ただし、Ovidius B1やVE Megatronのような桁外れにパワフルなDAC/アンプでは、P5がフロアノイズを出す可能性があることもお伝えしておかなければなりません。

エピローグ

AFUL Performer 5は、最後までソリッドで素晴らしいユニットです。エキゾチックな技術の応用は、WOW要素を浸透させるのに失敗しない音響性能に変換されます。私は、よりニュートラルなサウンドのIEMに固執しているのですが、P5は私を驚かせました。

P5は、音色やトーンバランスが非常に有機的で自然なサウンドであることが、とても気に入っています(音のスペクトラムに彩られているにもかかわらず)。元気で大人しい音というのは、こういったチューニングのことを言うのでしょう。もっと聴きたい、もっと聴かせたいという気持ちにさせ、音楽が生き生きと聞こえてくるので、手放せなくなるのです。音楽的でありながら、P5は技術的なこと、ディテール、鮮明なイメージングを常に鋭く表現しています。

そして、低音、あのサブウーファーの感覚は、私の中では絶対的な勝者です。低音のレスポンスが豊かで、魅惑的な流れがあり、風通しがよく、威厳があります。低音重視の楽曲を聴いていると、ただただ至福の時を過ごせます。

AFUL Performer 5は、本当に素晴らしい製品です。このように、AFUL Performer 5は、その作り、技術、音質、装着感など、すべてがよく練り込まれた製品です。P5のユニークな資質に匹敵するものはないでしょう。

AFUL Performer 5
AFUL Performer 5

長所:

  • 自然で有機的な音色と音色のバランス
  • 素晴らしいダイナミックな伸びとトランジェント
  • 非常に優れた技術性
  • 大きく開放的な音
  • 驚くべきサブウーファーの低音性能
  • 実用性と実績のあるエキゾチックな技術の裏付け
  • 美しく構築された

短所:

  • ただ、全体的な音場の広さでわずかに欠けている

AFUL Performer 5

中華イヤホン AFUL Performer 5 レビュー

良好なニュートラル・サウンドバランス。なめらかで音域間のつながりが良く、自然な減衰感が味わえる

AFUL Performer 5はマルチドライバーでありながら非常に滑らかでつながりの良い音像一貫性の高いサウンドを実現しているイヤホンです。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました