原音忠実度:A+

100000円~200000円

【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin Fantasyは中高域のディテール感を重視したサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュや金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買う前に試聴してみると良いでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape レビュー】拡散音場に基づいた豊かな広がりのある音場感が魅力。響きの奔流に包まれるように音楽を楽しめる

Shuoer Tapeは拡散音場に基づく響きの豊かな、没入感の高いサウンドを持っているのが特徴です。クリア感も高く、音の明瞭性に優れています。響きの豊かさは音場の広さを印象的に拡大し、音楽の世界の中にまるごと没入できるような懐の深い表現をもたらします。
100000円~200000円

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。
5000円~10000円

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。
5000円~10000円

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。
10000円~20000円

【モニターヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10S レビュー】それはモニタースピーカーサウンドをほぼ完全に再現する万能系モニターヘッドホン

Sound Warrior SW-HP10Sは非常に原音忠実度が高いモニターヘッドホンです。それはほぼ完全にモニタースピーカーの音を再現するので、録音、作曲からマスタリングまでこなすDTMerにとってオールインワンになりえる性能を持っています。
10000円~20000円

【中華イヤホン SeeAudio Yume レビュー】ハーマンターゲットを意識したバランスの良い音質。深みのある低域が音楽に確かな実在感を与える

SeeAudio Yumeは音質バランスが良く、鮮明感は高いのに調和的で、どこか人間的なサウンドを聴かせる魅力的な機種です。深い低域と拡張性に優れた高域を持ち、艶やかなボーカルを甘い雰囲気で豊かに聴かせる独特のサウンドに、もしかすると強く魅了されてしまうかもしれません。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン YOBYBO ZIP20 レビュー】小型でおしゃれな完全ワイヤレスイヤホン。音質は鮮明感が高く、フラットに近い。単純に完成度は高め。

YOBYBO ZIP20は人とは一味違ったイヤホンを手に入れたい人には、注目の製品です。音質はフラットで全体的に歪みが少なく、ビルドクオリティも高品質で、外観にオリジナリティがあります。そのサウンドはディテール感と鮮明感に優れ、情報量が多く、レンジ感にも優れており、比較的万能です。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン 1more ColorBuds レビュー】ウォーム感がありながら鮮明感も高く、非常にバランスの取れたモニターライクリスニングイヤホン。レンジ感もよい

1more ColorBudsはコンパクトで装着感も良く、携行性に優れたイヤホンです。音質バランスは非常に良く、原音忠実的で滑らかで鮮明感と聞き心地を両立させたサウンドを奏でます。聴きやすい解像度のマイルドサウンドになっており、快適性は高いでしょう。
30000円~50000円

【中華イヤホン FAudio Scale レビュー】原音忠実性が高い良質なモニターサウンドバランスを持つが、クリア感を考慮すると割高感がぬぐえない

FAudio Scaleは自由音場フラットに基づくブライトで分析的な正統派モニターサウンドを持っています。原音忠実性がかなり高く、実用的で万能に近いイヤホンですが、クリア感で劣るので音像印象の明晰性で些か不足を感じるのが非常に惜しいところです。ビルドクオリティやパッケージクオリティは悪くありませんが、より安い値段で手に入る競合機種に対して価格競争力の点で劣る印象を受けるところが難しいポイントです。分析的なモニターサウンドとデザインが気に入ったなら悪くない選択肢ですが、購入するのはFiiO FH3とTANCHJIM HANAを検討してからでも遅くはないでしょう。
タイトルとURLをコピーしました