【完全ワイヤレスイヤホン Panasonic RZ-S50W レビュー】バランスの良いサウンドと高いコスパ

【完全ワイヤレスイヤホン Panasonic RZ-S50W レビュー】バランスの良いサウンドと高いコスパ10000円~20000円
Panasonic RZ-S50W

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Panasonic RZ-S50Wの概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • バランスの良い音が好き
  • 機能性重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:6.5h(ANC ON時)/22.5h
  • 防水性能:IPX4
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:9.5/10.0
  • アクティブノイズキャンセリング:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:11.0/10.0

長所と短所

長所

  • 優れたサウンドバランス
  • 優れた原音忠実性
  • 良好な解像度
  • 明るい音
  • 優れた質感
  • 優れた定位感
  • 優れた音像一貫性

短所

  • SBC接続時のノイズ
  • 低域の深さで物足りない
  • 高域の拡張性で少し物足りない

Panasonic RZ-S50Wの特徴

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」搭載

飛行機や電車など騒音の大きい場所でも静寂の中で音楽を楽しめるよう、高性能ノイズキャンセリング性能を実現した「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載しました。

イヤホンの外側と内側に配置したマイクを使用する「ハイブリッドノイズキャンセリング」に対し、さらにノイズキャンセリング処理の方法として「デジタル制御」と「アナログ制御」を組み合わせた「フィードフォワード方式×デジタル制御」「フィードバック方式×アナログ制御」により、高性能ノイズキャンセリング性能を実現しました。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

フィードフォワード方式×デジタル制御

イヤホンの外側に配置したマイクを使用し、イヤホンの外側の騒音を低減するフィードフォワード方式には、高次フィルターによる精密演算処理が可能なデジタル制御を用いることで騒音の大幅な低減を行っています。

フィードバック方式×アナログ制御

イヤホンの内側に配置したマイクを使用して耳の中のノイズを低減するフィードバック方式には、アナログ制御を用いています。

フィードバック方式は耳の中のノイズを消さなければならないため、ノイズキャンセリング処理が遅延すると精度が下がります。ここに処理の遅延が少ないアナログ制御を採用することで、精度を上げています。

安定したBluetooth®接続性と小型化の両立を実現

新開発タッチセンサーアンテナの搭載や左右独立受信方式の採用により、本体の小型サイズを保ったまま安定した接続性を実現しています。

新開発「タッチセンサーアンテナ」

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

タッチセンサーとBluetooth®アンテナを共用した「タッチセンサーアンテナ」は、コンパクトなサイズを実現するとともに、タッチセンサー部も基板部分もアンテナ化することによってアンテナの表面積を確保し接続性を安定させています(特許出願中)。

当社デジタルコードレス電話機で培った無線技術を応用した電磁界シミュレーションによって、接続性をさらに安定させています。アンテナおよび基板に流れる電流分布をコントロールし、Bluetooth®の電波が人体の影響を受けにくい方向で効率よく通信できるように無線の指向性を最適化することで、安定した接続性を実現しています。

イヤホンの左右独立受信方式

Bluetooth®信号を左右のイヤホンがそれぞれ同時に受信する方式により、安定したワイヤレス接続性を実現しています。一度片側のイヤホンで受信してからもう片方に送信するリレー伝送方式に比べて安定性が高く、混雑した場所などでも音が途切れにくくなります。また、動画視聴時の映像と音声のずれも軽減できます。

ノイズを抑えた明瞭な音声での通話が可能

屋外でも通話がしやすいよう、ノイズを抑えたクリアな音声での通話を可能にしました。

送話の声をノイズと区別してクリアにする「ビームフォーミング技術」

送話の音声とそれ以外の音を区別しノイズを低減する「ビームフォーミング技術」を搭載。2つの通話用マイクを使用することで、送話の音声を明瞭にします。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

締まり感のある豊かな低音と明瞭なボーカルが楽しめる

音楽だけでなく、スマートフォンのコンテンツも楽しめるような音を目指してチューニングを行いました。

振動板にバイオセルロース素材を使用した直径8mmのダイナミック型ドライバーは広い帯域を余裕をもって再生することを可能にし、締まり感のある豊かな低音の実現に寄与しています。また、音響構造の工夫によってドライバー周辺の空気の流れを最適化することで、リアルで明瞭なボーカルサウンドを実現しました。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

「Panasonic Audio Connect」アプリを使って簡単に操作が可能

スマートフォン用アプリ「Panasonic Audio Connect」(無料)に対応しています。お好みの音質にカスタマイズできるイコライザー機能やノイズキャンセリング・外音取り込みの効き方の調整などさまざまな機能を楽しめます。左右のイヤホンの電池残量の確認もできるほか、イヤホンを紛失した場合には、イヤホンと最後に接続していた場所を地図アプリ上に表示する「ヘッドホンを探す」機能を使って探すことも可能です。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
孤独な闘病生活の末、命を落とした街尾火楽(ヒラク)。神様から第二の人生を与えられ、念願の農業生活を始めようと意気込むが……身体一つで送り出されたのは、魔物だらけの深い森のど真ん中。頼りになるのは、前世で得た知識と、神様から授かった「万能農具」の力のみ。それでも試行錯誤しながら自分の土地を切り拓いていく火楽のもとには、吸血鬼やエルフに天使、果てはドラゴンまでが集い、やがて彼の住処は村へと発展していく。のんびりほどほど賑やかに、楽しくドタバタ和やかに、笑顔の絶えない異世界農業ライフ、「大樹の村」へ、ようこそ!©内藤 騎之介/「異世界のんびり農家」製作委員会

パッケージ(8.0)

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

パッケージは価格の水準を満たしています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • 専用充電ケース
  • イヤーピース
  • Type-Cケーブル
  • マニュアルや保証書類
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

ビルドクオリティ(8.5)

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

装着感(8.5)

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

装着感は良好です。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも通信が途切れることはなく、一貫して音楽を聴くことができました。

バックグラウンドノイズは少しあるかもしれませんが、ほとんど気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチパネル式です。

電源ON充電ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出す
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納する
ペアリング充電ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出し、LEDが青に点灯している間に左右どちらかの多機能ボタンを7秒長押し
曲再生多機能ボタンを1回タップ
再生停止多機能ボタンを1回タップ
曲送り右側の多機能ボタンを2回タップ
曲戻し右側の多機能ボタンを3回タップ
音量+左側の多機能ボタンを2回タップ
音量-左側の多機能ボタンを3回タップ
通話応答多機能ボタンを1回タップ
通話終了多機能ボタンを1回タップ
音声アシスタント起動左側の多機能ボタンを2秒長押し
ANC/ヒアスルー切替右側の多機能ボタンを2秒長押し

アクティブノイズキャンセリング性能

詳細は有料記事に譲りますが、Panasonic RZ-S50WのANC性能は価格帯では標準以上の水準です。かなり万遍なく上から下まで遮断します。

対応アプリ

Panasonic Audio Connectアプリに対応します。

アプリで可能なこと

  • アクティブノイズキャンセリングの調整
  • 音質のカスタマイズ
  • コントロールのカスタマイズ
  • ファームウェアアップデート
  • マニュアルの確認
  • 初期化
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Technics EAH-AZ40 Frequency Response (RAW)
Panasonic RZ-S50W Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

UGREEN HiTune X6

オーディオステータス

Technics EAH-AZ40のオーディオステータス
Panasonic RZ-S50Wのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回は標準イヤーピース Lサイズを使い、FiiO M15とSBCで接続してレビューします。

Panasonic RZ-S50Wほぼ完璧にニュートラルかつフラットに近いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
【ハイエンドイヤホン MEZE RAI PENTA レビュー】独特の美しいボーカル表現は中毒的。解像度もハイエンドにふさわしい。ただ歪率は高い

MEZE RAI PENTAは独特の美しいボーカル表現を高い解像度で聞かせてくれる魅惑的な製品です。しかし、オーディオスペック面ではハイエンド製品としては不足を感じる部分があります。

【ワイヤレススピーカー MUZEN CYBERCUBE レビュー】おしゃれなサイバーパンク・パーソナルスピーカー

MUZEN CYBERCUBEは人とはちょっと違ったおしゃれなコンパクトパーソナルスピーカーが欲しい人に魅力的な製品です。

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B

低域

Panasonic RZ-S50Wの低域は十分に直線的で見通し感に優れています。深さは少し物足りません。

ドラムは重厚感は悪くなく、一定のインパクトがありますが、ランブルは少し物足りません。

エレキベースも黒さはわりと感じられるものの、沈み込みはもう少し足りない感じです。

存在感の上ではほぼ中域と釣り合うか、少し弱めのバランスになっています。低域好きには少し不足している感じがあるでしょう。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

Panasonic RZ-S50Wの中域はほぼ完璧にニュートラルに調整されており、質感はほとんど完璧です。

上位機種のTechnics EAH-AZ60とは異なり、低域が抑えられているため、中域はかなり前面に出てきて、EAH-AZ60よりは明るい音で聞こえる調整になっています。

EAH-AZ60と同じく8mm径のバイオセルロース振動版を使っているはずですが、こちらは解像度が良好です。『家電批評』はEAH-AZ60とRZ-S50Wを比較して後者のほうを高く評価していましたが、私の評価でもたぶん多くの人には解像度が勝るRZ-S50Wのほうが若干優れて聞こえるように思います。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W vs Technics EAH-AZ60

ただし、RZ-S50WにはSBC接続時にノイズが出やすいという弱点があり、実際複数の機器で試したところ、AAC接続時のほうがノイズが少ないことを確認しました。全部試したわけではないのでわかりませんが、AAC接続できる機器とつないだほうが真価を発揮できそうです。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

高域(9.5)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:B-

高域

拡張性が少し物足りないのを除けば、RZ-S50Wの高域はかなり良く調整されています。

定位感は非常に正確で、ディテールも良く、繊細さも悪くないため、ハイハットの広がりや煌めきが比較的はっきりと聞こえます。

また倍音のつながりもかなり自然で音像一貫性の点でも優れている水準にあります。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:A-
  • 雅楽のテクスチャ:A-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

質感と定位感の再現度が高いため、それなりにフルオーケストラを楽しめます。重厚感は物足りません。バランス的にはやや明るい傾向の音になりますが、バイオリンや木管の倍音が自然ですし、ピアノもつややかできれいに聞こえます。

雅楽もやや明るく聞こえますが、和音も華やかでそれなりに伸びやかに聞こえますし、悪くありません。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:B+
    • 高域:A-
    • 中域:B+
    • 低域:B

音場

深さは少し物足りず、中域は前面におり、高域の拡張性は少し物足りません。

クリア感は価格の標準を満たしています。

イメージング性能は価格の水準以上です。

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:B+

音質総評

価格差や音質の全体的な完成度を考えると、上位機種のEAH-AZ60よりRZ-S50Wのほうが多くの人にとってサウンド面でより高い満足度が期待できると思われます。私の個体はSBC接続時に露骨なノイズが乗るのだけが気になりますね。

音質的な特徴

美点

  • 優れたサウンドバランス
  • 優れた原音忠実性
  • 良好な解像度
  • 明るい音
  • 優れた質感
  • 優れた定位感
  • 優れた音像一貫性

欠点

  • SBC接続時のノイズ
  • 低域の深さで物足りない
  • 高域の拡張性で少し物足りない
【完全ワイヤレスイヤホン Panasonic RZ-S50W レビュー】バランスの良いサウンドと高いコスパ

優れた原音忠実性と音像一貫性
明るい音
優れた定位感と質感

Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W
Panasonic RZ-S50W

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはSBCで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Panasonic RZ-S50W
  3. Technics EAH-AZ60

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Panasonic RZ-S50W
  3. Technics EAH-AZ60

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Panasonic RZ-S50W
  3. Technics EAH-AZ60

総評

Panasonic RZ-S50Wフラットかつニュートラルと言える優れたサウンドバランスを持っています。低域は少し弱いものの、上位機種のTechnics EAH-AZ60よりは優れたサウンドが期待できるため、コストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。