Chi-fi

$300~$500

【HiFiGOレビュー】DUNU EST112:開封&初期レビュー

最近、DUNUは最初のトリプルハイブリッドインイヤーモニターのモデルであるDUNU EST112を発表しました。私は自分のためにこのイヤホンのサンプルユニットを手に入れました。今日は、DUNU EST112の開封とファーストインプレッションをご報告します。
100000円~200000円

【中華イヤホン Shuoer EJ09 レビュー】情報量が多く、粒度も細かい、高ディテールかつ高精細なモニターサウンド。それは分析的に音楽を楽しみたい人にとって最高レベルの相棒になる

Shuoer EJ09は5基もの静電型ツイーターを高い技術力で適切に駆動させ、常識はずれなモニタリング能力を持っています。それは多くの人の音楽体験を新しいレベルに引き上げることは間違いありません。そしてこのサウンドを作り上げたShuoerというメーカーは明らかにクレイジーです。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】HarmonicDyne Zeus:開封&クイックレビュー「印象的なヘッドホンパッケージ!!」

HarmonicDyneは業界ではかなり新参のブランドですが、中国に本社を置く評判の高いIEM製造ブランドであるThieaudioに関連する企業だそうです。数か月前、HarmonicDyneはIndiegogoを通じて最初のヘッドホン「Helios」をリリースし、数週間で資金調達の目標を達成しました。そのヘッドホンはコミュニティから高く評価され、ブランドのモチベーションを高め、その結果がここにあります。 今日は、HarmonicDyneの2番目のヘッドホンであるHarmonicDyne Zeusをチェックします。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】TRN TA1:開封&クイックレビュー「美貌のイヤホン!!」

TRNは主に低価格帯に焦点を当てた幅広い製品を持っています。 最近、彼らは最新のハイブリッドのインイヤーモニター、TRN TA1を発表しました。 今日はこの非常に美しいIEMの開封と簡単なインプレッションを共有します。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」

DUNU SA6は、ハンドメイドされたイヤーシェルの内部に6つのバランスドアーマチュアユニットが装備された高解像度インイヤーモニターのマルチBAペアです。イヤーシェルは完全に手作りであると言われており、各イヤピースは独自の頑丈でスタビライズドウッド製のフェースプレートを備えています。
20000円~30000円

【中華イヤホン Kinera Freya レビュー】朗らかで快活。明るく旋律の美しいメロディーラインとオペラのように歌うボーカル表現が音楽を華麗で美しいものにする

Kinera Freyaはディテールと明瞭性に優れ、朗らかで快活に歌うボーカルとともに、メロディアスな旋律を美しく聴かせるイヤホンです。それは愛と豊穣の女神の名にふさわしく、美麗で豊かなサウンドを聴かせ、外観においても卓越しています。そのサウンドは聴いているだけで気持ちを高揚させてくれ、その美しい見た目とともに日々の活力源となってくれるでしょう。
30000円~50000円

【中華イヤホン FAudio Passion レビュー】光沢感のある艶やかな中高域をしっかり聞かせるイヤホン。シンセ音がきれいで緻密なテクノサウンドを楽しませてくれる

FAudio Passionは中高域を鮮やかに聴かせる印象的なイヤホンです。それは音像を安定的にわかりやすく描写し、少し平面的な音場に明るく、把握しやすい形でディテールを再現してくれます。ただし、質感的にはツルツルしやすく、少しデジタルに聞こえやすいところがあるかもしれません。あるいは時々金属的な雰囲気を強調しているように感じられるのが好みを分けそうです。
1000円~3000円

【中華イヤホン KB EAR KS1 レビュー】温かみのある自然な質感のボーカル表現が心地よいイヤホン

KB EAR KS1はコスパに優れたボーカルホンです。それは温かみのある空間の中で、自然な質感のボーカルと楽器音を聴かせ、甘く調和的でノスタルジックな音楽を楽しませてくれます。全体的に浸りやすいサウンドで聴き心地が良いのが魅力的です。
50000円~100000円

【海外レビュー】Kinera Norn:開封&クイックレビュー「見事なまでに素晴らしい出来!」

Kineraの最新製品は、5ドライバーハイブリッドインイヤーモニターであるKinera Nornです。北欧神話の運命の三姉妹に触発されたNornは、Kineraの見事に細工されたインイヤーモニターの新定番です。イヤホン本体は見事な出来栄えで、その魅力に抵抗するのは困難です。
10000円~20000円

【据え置きヘッドホンアンプ AIYIMA T8 レビュー】使い勝手が良く、インテリアとしてもおしゃれ。多彩なBluetooth入力にも対応し、ホームオーディオの幅が広がる

AIYIMA T8は使いやすいデジタル真空管ヘッドホンアンプです。そのサウンドは真空管アンプらしい中域へのフォーカスの向上が見られますが、ハーモニクスの点では真空管らしさはそれほど感じられないかもしれません。外観はおしゃれで使い勝手もよく、ホームユースでは十分な性能を持っています。
20000円~30000円

【海外レビュー】QOA Adonis:開封&クイックレビュー「見事なまでにスムーズ!」

一般にQoAとして知られているQueenOf Audioは、2019年に設立されたKineraの姉妹ブランドです。彼らは市場で見事な外観のインイヤーモニターの新しいペアを専用にリリースしています。今日紹介する最新作は、このブランドの驚くべき最新作、QoA Adonisです。
10000円~20000円

【中華イヤホン Audiosense DT100 レビュー】シックで上品な空間に滑らかな中域をしっかり聞かせるステージモニターライクサウンド

Audiosense DT100のサウンドは少し暗い空間に中域を丁寧に聴かせるステージモニターライクです。流行のイヤホンと比べると、輝度が高くないために、それは一部の人にとっては発色が悪く聞こえる可能性がありますが、シックで上品な落ち着いたサウンドを提供し、JAZZやバラード、弾き語り曲をしみじみと味わわせてくれます。
20000円~30000円

【中華イヤホン SeeAudio ANOU レビュー】ステージングに優れた中域と豊かなグルーヴを持つダイナミックな高域が、ボーカルをはじめ音楽全体を生き生きとしたものにする

SeeAudio ANOUのサウンドはステージングを丁寧に構築し、適切な位置に豊かに歌うボーカルを聴かせ、その周辺にエネルギッシュで生き生きとした楽器を配置し、音楽をグルーヴとダイナミズム、精彩に満ちたものにします。そのサウンドは没入感が高く、スマホでも十分に駆動でき、パッケージデザインやビルドクオリティに不満はありません。
50000円~100000円

【中華イヤホン Cayin YB04 レビュー】Cayinの真空管アンプへの情熱が生み出した唯一無二のサウンド

Cayin YB04のサウンドはかなり個性的で変な音です。個人的には非常に素晴らしいサウンドだと思いますし、文句なくおすすめしますが、万人向きでないことは確かです。ふわっとしたところのある、少し鼻にかかったコケティッシュなボーカル表現が好きなら間違いなく気に入ると断言できますが、そうでない場合、真空管サウンドに馴染みがあるかどうかで好き嫌いが分かれるでしょう。真空管サウンドの豊かな倍音成分のある音が好きならおすすめできますが、そうでない場合、ただ単に解像度が悪いラジオのようなイヤホンに思えるかもしれません。そういう意味ではわりと通好みのイヤホンですね。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Fidue Asteroid:それは星の音楽を奏でるハイブリッド・インイヤーモニター

Fidue Asteroidは$190の手頃な価格設定のモデルで、この価格帯のBQEYZ Spring 2、Shozy Rougeなどと競合します。このIEMには、グラフェンダイナミックドライバーユニットとカスタム調整された圧電セラミック(ピエゾ)ユニットが装備されています。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Shozy Black Hole Mini:開封&クイックレビュー「広々とした空間に響く素敵なボーカル」

最近、Black Holeのセミオープンバックデザインを継承しつつ、ShozyはBlack Hole Miniと呼ばれる8mmダイナミックドライバーユニットを備えた別のIEMをリリースしました。 熱心なオーディオファンである私は、このようなユニークなIEMに興奮させられました。
10000円~20000円

【中華イヤホン ROSE QT-7 Pro レビュー】アンプラグドライブを引き立てるボーカルホン

ROSE QT-7 Proはビルドクオリティもよく、パッケージ内容も豊富で1万円台ではなかなか魅力的なイヤホンです。そのサウンドはライブ感のある重低域を持ち、生き生きとしたボーカルをフォーカスして丁寧に聞かせます。それはアンプラグドなライブミュージックをとくに楽しませてくれるでしょう。
100000円~200000円

【ハイレゾイヤホン newspring NSE1000-G レビュー】詳細かつ鮮明で深みのある叙情に満ちたサウンドを実現するドンシャリイヤホン

newspring NSE1000-Gは高品質なドライバーで優れた歪み耐性を持つドンシャリイヤホンです。ビルドクオリティは高く、ケーブルの品質も良好に思えますが、パッケージは価格ほど豪華ではありません。若干中域が薄くなりやすく、ゴチャゴチャしやすいところがありますが、抒情性が高く、深みとエネルギッシュさを両立させたサウンドを聞かせてくれ、夢中にさせてくれるかもしれません。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】セミオープンバック型ヘッドホン iBasso SR2 クイックレビュー:ワイド&ディテール

これまで私はPhilips SHP9500、HarmonicDyne Helios、Sivga SV006を所有しており、今回、iBasso SR2もそのラインナップに加わりました。このヘッドホンは手に入れたその日からずっと、私のお気に入りです。今日は私のこの最新の購入製品の開梱とレビューをご紹介します。
50000円~100000円

【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber

2/19にHibyから新作DAP「Hiby R5 Saber」が発売されます。この新しいAndroidデジタルオーディオプレーヤーの実像について、いち早く公開されている海外のレビューから迫ってみたいと思います。Hiby R5との違いも解説します。
タイトルとURLをコピーしました