TRI×HBB KAI:アルミニウム合金製DLCダイナミックドライバー搭載インイヤーモニター

TRI×HBB KAI
TRI×HBB KAI

TRI×HBB KAIの特徴

  • HBBとのコラボレーションによるチューニング
  • 第3世代DLC振動板ダイナミックドライバーによるパワフルなサウンドパフォーマンス
  • CNC削り出しアルミキャビティによる精緻な仕上げ
  • バランスのとれた自然なサウンドプロファイル
  • 高純度OFC銀メッキ純正ケーブル

TRI×HBB KAIの技術仕様

  • インピーダンス:36Ω
  • 周波数特性:20Hz-40kHz
  • 感度:114dB
  • コネクター:2pin 0.78mm
  • 終端処理:3.5mm金メッキ

最新コラボモデル

TRI Audioは、HBB(Hawaii Bad Boy)、またの名をBad Guy Good Audio Reviewsと共同で、全く新しいシングルダイナミックドライバーIEM、TRI X HBB Kaiを世に送り出すことになりました。HBBが提案するチューニングカーブに基づき、TRIは大型の第3世代DLC振動板ダイナミックドライバーユニットを搭載し、プロフェッショナルなチューニングを施しました。このペアは、絶妙なクラフトマンシップで美しいサウンドパフォーマンスを提供します!

Tuned For Perfection(完璧を目指すチューニング)

HBBは、Kaiのために基準となる周波数カーブを与えました。TRI Audioのプロのアコースティックエンジニアが、Kaiを比類のないサウンドパフォーマンスのためにチューニングしました。このペアは、究極の透明度と解像度で私たちの音楽体験を豊かにする、クリーンでバランスのとれた、自然なサウンドプロファイルを実現しています。この美しいTRI X HBB Kaiで、全く新しい透明感のある音楽を体験してください!

驚愕のルックス、快適なデザイン

TRI Audioは、高精度な5軸CNC加工プロセスを用いてKaiのシェルを作り上げました。航空グレードの7シリーズアルミ合金素材を使用し、高級感のある手触りと強固な構造を実現しています。また、ペアは高度な研磨加工を施し、高級感と繊細な表情を演出しています。ハワイ語で「水」を意味するKAIは、ゴールド(砂)とブルー(海)の美しいコンビネーションでデザインされています。

スムーズ、アクティブ、ナチュラル

KAIは、素晴らしいサウンド体験のためにチューニングされています。豊かな低音域と自然な中音域、そしてバランスのとれた高音域を実現しました。ハワイ語で「水」を意味する「KAI」は、音楽の流れがスムーズなリスニング体験を提供するために調整されています。

高純度純正ケーブル

TRI X HBB KAIは、高純度の銀メッキOFC(無酸素銅)ケーブルを採用しています。ケーブルは手編みで、内部抵抗が低く、きれいな音信号伝送を実現します。ケーブルは4芯で各24本。0.78mm2ピンコネクターと3.5mmシングルエンド端子を装備しています。

新着レビュー記事