【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T1 3rd Generation レビュー】広い音場にゆったりした音楽を上品に聞かせるリスニングモデル

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T1 3rd Generation レビュー】広い音場にゆったりした音楽を上品に聞かせるリスニングモデル100000円~200000円
beyerdynamic T1 3rd

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

beyerdynamic T1 3rd Generationの概要

こんな人におすすめ

  • ゆったりしたサウンドが好き
  • 音場の奥行き感重視
  • 落ち着いた雰囲気で音楽を楽しみたい

基本スペック

audio-sound スコア
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:8.0/10.0
  • 低域:7.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0

長所と短所

長所

  • 奥行きがあり、ゆったりとした音場優秀な解像度
  • 静寂感がある
  • 上品でシック
  • 静的で落ち着いた音楽
  • 温かみのあるサウンド
  • ビルドクオリティ

短所

  • ダイナミズムに欠ける
  • 人によっては鈍くぼんやりして聞こえる
  • 質感と定位が正確ではない
  • 音像の一貫性に欠ける
  • 暗く、眠たい音
  • 拡張性で物足りない
  • 派手さに欠ける

beyerdynamic T1 3rd Generationの特徴

「T1 3rd Generation」は、 “Holistic Design” (=全体的、完全体のデザイン)というコンセプトを基に、T1の音響特性そのものへの影響を左右する全パーツおよび、すべての素材の見直しが行われました。
その結果、エレガントな見た目だけでなく、強化されたサウンドパフォーマンスや、耐久性の向上など、総合的に考え抜かれたラグジュアリーな使い心地へとユーザーを導きます。

  • 優れた音場表現を実現する開放型
  • 細部までこだわった高品位パーツ
  • 改良された高音質かつニュートラルなサウンドパフォーマンス
  • ポータブルデバイスに合わせた32Ω仕様
  • 快適な装着感
  • 熟練した技術を蓄えるドイツ工場によるハンドメイド

改良された高音質かつニュートラルなサウンドパフォーマンス

beyerdynamicの代名詞とも言える独自開発の「テスラドライバー」は、電気信号だけでは表現出来なかった高い解像度、広いダイナミックレンジ、歪みの低減を1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁力によって実現するbeyerdynamic独自のドライバーテクノロジーです。もはやこのドライバーなしではT 1を語れないほど、最も重要な部分となります。

『T1 3rd Generation』に使われるテスラドライバーは、一つ一つ計測され、数値がマッチしたペアでヘッドホンに搭載されます。新たな第3世代のテスラドライバーは、従来の優れた音場表現に高解像度で透明感あふれるシグネチャーサウンドを基盤として残しつつも、一音一音をきめ細やかに再現するチューニングが施されております。また、穏やかにブーストさせた低音は、広々とした音場表現を助長することで、より温かみのあるサウンドを実現します。

優れた音場表現を実現する開放型

『T1 3rd Generation』は、従来のセミオープン型から開放型へ変更され、ハウジングパネルの精巧なホールパターンが、テスラ技術による高解像度な再生能力と相まって、クリアで清々しい音場表現を導き出します。さらに、ドライバーを傾けて配置することで広々とした臨場感溢れるサウンドパフォーマンスを引き出し、まるでコンサートの生演奏を聴いているかのような立体的なリスニング体験をお届けします。

ポータブルデバイスに合わせた32Ω仕様

インピーダンスは従来の600Ω仕様から32Ω仕様へ。低い抵抗値でヘッドホンのパフォーマンスを発揮させることが可能になりました。これにより、ポータブルデバイスでの使用においてもヘッドホンアンプを使わずに十分な音量を確保することができます。

細部までこだわった高品位パーツを使用

『T1 3rd Generation』の両出し着脱可能な専用ケーブルは、高純度無酸素銅 7N OCC 線を使用し、音響伝送における微細な信号をロスなく伝送します。また、被膜には外部ノイズに強く、柔軟性に優れる上質なテキスタイルコーティング(繊維被膜)を採用しています。

ヘッドホン本体の各パーツは、耐久性に優れる高品位な素材を使用。アーム部分にはつや消しアルマイト加工アルミニウム、複雑な製造工程を経たハウジングパネルは、漆塗り加工ステンレス鋼をベースに、エッチング加工による精巧なホールパターンが施されています。また、ヘッドバンドには高級人工皮革のAlcantara®(アルカンターラ)がディテールとして使用されています。

様々なケーブルのニーズにこたえる着脱構造

本機種のケーブル着脱構造により、ケーブルを簡単に取り換えることが可能です。付属ケーブルと同様の高純度無酸素銅 7N OCC線を使用した別売りオプションの4ピンXLRバランス接続対応ケーブル、もしくは2.5mm 4極バランス接続対応ケーブルと合わせてお使いいただけます。

快適な装着感

『T1 3rd Generation』の交換可能なイヤーパッドは、中身に柔らかな形状記憶フォームを使用し、外皮には通気性の良いソフトベロアを採用。クッションには形状記憶フォームを使用しており、熱と圧力によってユーザーの頭部・耳の形状に順応することで程よい密着感と遮音性を実現し、長時間のリスニングでも軽やかで快適な装着感を実現します。

熟練した技術を蓄えるドイツ工場でハンドメイド

beyerdynamicは、1924年から続くドイツの老舗ヘッドホンメーカーです。『T1 3rd Generation』はドイツ南西部にあるハイルブロンの自社工場で企画開発され、熟練したスキルを持つ職人により1つ1つ丁寧に細部までハンドメイドされています。

公式プロモーション動画

beyerdynamic | T1 & T5 (3rd generation) – upgrace
beyerdynamic | T1 & T5 (3rd generation) – features
beyerdynamic | T1 & T5 (3rd generation) – insights
【中華イヤホン UniqueMelody MINI MEST レビュー】悪くはないが、良くもないウォームニュートラルサウンド。価格帯では凡庸なリスニングイヤホン。あえて買う必要なし

UniqueMelody MINI MESTは贅沢な技術が優れた音をもたらすわけではないということを証明するUniqueMelodyの壮大なプロジェクトです。どんな素晴らしい技術でも正しく使われなけれ Read more

【フィギュア×オーディオ】F:NEX Re:ゼロから始める異世界生活 レム -ウエディングドレス- 1/7スケール × Marantz MPH-1

今回はフリューのスケールフィギュア「F:NEX Re:ゼロから始める異世界生活 レム -ウエディングドレス- 1/7スケール」を持ち出してみました。一緒に楽しむのはMarantz MPH-1です。

パッケージ(8.5)

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

beyerdynamic T1 3rd Editionのパッケージは全体として豪華で、価格に十分見合っています。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。パッケージには以下のものが含まれています。 

  • ヘッドホン本体
  • キャリイングケース
  • ケーブル

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

ビルドクオリティ(8.5)

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

装着感(9.0)

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

装着感は比較的良好です。

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • センサアンプ:小野測器 SR-2200
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

beyerdynamic T1 3rdのオーディオステータス
beyerdynamic T1 3rdのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

制動

beyerdynamic T1 3rdはアンプ側の出力インピーダンスが十分に高い場合、低域にわずかな影響があるようです。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

beyerdynamic T1 3rd充実感の高い、中域充実型の高級感のあるサウンドを鳴らします。全体的に音場が広く感じられますが、中域は暗めで静寂感重視の味付けになっており、クランチ感やエッジ感に欠けるところがあるので、音楽の構築感で少し物足りない印象を受けるでしょう。鮮明感は高めで、全体の解像度も価格の標準は満たしていると思われるため、モニター的ではありませんが、解像感の点で不足を感じることはあまりないと思います。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

beyerdynamic T1 3rd
beyerdynamic T1 3rd

低域(7.5)

  • 原音忠実度:C
  • 臨場感:C-
  • 深さ:B
  • 重み:B+
  • 太さ:A-
  • 存在感:B

低域

低域は太さや厚みが重視されており、重厚感がありますが、深さは物足りません。

T1 3rdは2ndまでと異なり、セミオープン型ではなく、完全なオープン型となっています。そのため、低域に関しては良質なサウンドを期待できません。一般に深さやTHD、明瞭度は少し物足りないでしょう。腰高気味の浅い低域で、パンチは強く聞こえやすく、力感は豊かですが、引き締まりには欠け、レイヤリングに優れていません。

中域(8.0)

  • 原音忠実度:B
  • 厚み:A
  • 明るさ:A
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

T1 3rdの中域は奥行きを重視してチューニングされているようです。

ボーカルは比較的前面におり、軸があって芯に太さが感じられますが、子音はぼんやりしており、母音重視で聞こえやすい傾向があります。そのため、声色は快活さに欠け、落ち着いた上品な大人びた成熟したものとなり、しっとりとした深みがあります。楽器音も静かなので、ボーカルを穏やかな雰囲気でじっくり聞き込みたいなら、なかなか悪くない選択肢でしょう。

一方で構築感の不足はギターやスネアの音をおとなしく丸みを帯びて聞かせるため、一般にロックはキレが悪く、エレキベースも締りが悪いため、全体的にもさもさぼんやりして鈍重になります。

高域(8.0)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B-
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:B
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:C+

高域

高域は低域と釣り合っているとは言えず、そのために音楽の全体はやや暗い雰囲気で聞こえます。

鮮明感は高く、中域は広く聞こえますが、高域の高さは実際にはあまり高く抜けていないため、音楽の全体は少し閉じて聞こえます。開放型の割に空気感が足りないので、あまりスッキリしない音ですが、その分中域は濃厚になるというプラス面もあります。

定位/質感

  • 質感の正確性:C-
  • 定位の正確性:C+
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:A-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

全体的にゆったりしたリスニングモデルです。奥行きが強調されており、ホールで聞くような雰囲気を作り出していますが、原音忠実的とはあまり言えないため、ガチのオーディオマニア向きというよりは広い音場感のあるスケールのある雰囲気を楽しむヘッドホンです。

フルオケは音場が広く見晴らしよく聞こえ、静寂感もあり、充実度も高いので高級感を感じられますが、空間が強調されすぎており、密度感でいまいちなところがあるので、総合すると少しスカスカで暗い、上品すぎる音です。高級機種っぽいとは言えますが、低域方向でも高域方向でもレンジ感に欠けるので、スケールが強調されている割に迫力も実在感もありません。

雅楽は各パートが分離しすぎる傾向があります。広く静寂感のある空間に穏やかにたなびく金色の雲のような和音が美しいですね。個人的には好みの音なのでやや評価は甘くなっているかもしれません。癖が強い音であることは事実なので、人によっては全く好みに合わないでしょう。

音場/クリア感

  • 音場:A-
  • クリア感:B+
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:B-

音場

beyerdynamic T1 3rdは奥行き重視の広い音場を持っていますが、低域と高域の拡張性は開放型の中で優れていると言うほどではありません。

総合的なクリア感は価格の標準は満たしていると思われます。

イメージングは価格なりかわずかに良いですね。

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:B+
  • 個人的な好み:A+

音質総評

beyerdynamic T1 3rdは奥行きを重視した静寂感の感じられるゆったりした空間を持つリスニングヘッドホンです。

高級機種らしい、広がりと充実感のあるサウンドを聞かせますが、ニュートラルサウンドではありません。

バラードやクラシック、JAZZを少し暗い、落ち着いた雰囲気で静かに上品に聞きたいという人にはかなり良いでしょう。人によっては鈍く、籠もったように聞こえやすいかもしれませんが。

音質的な特徴

美点

  • 奥行きがあり、ゆったりとした音場
  • 静寂感がある
  • 上品でシック
  • 静的で落ち着いた音楽
  • 温かみのあるサウンド

欠点

  • ダイナミズムに欠ける
  • 人によっては鈍くぼんやりして聞こえる
  • 質感と定位が正確ではない
  • 音像の一貫性に欠ける
  • 暗く、眠たい音
  • 拡張性で物足りない
  • 派手さに欠ける

奥行きがあり、ゆったりとした音場
上品でシック
静的で落ち着いた音楽

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル

Mercury 2.0は音質的には原型機の解像度と原音忠実度を改善した改良版です。それはオリジナルのハーモニクスが豊かな中域の雰囲気を維持しながら、より前面に出し、HiFi的で現代的なサウンドに改良し Read more

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Mini Pro レビュー】バランスの取れたサウンド。メロウで耳当たりの良い聴き心地。優れたANCと通信品質。スペックも優等生

SoundPEATS Mini Proはリスニングに適した優れたサウンドバランスと聞き心地を実現し、実用的なアクティブノイズキャンセリングと安定した通信品質と満足できるスペックを備えており、この価格帯 Read more

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + Topping L50でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。

¥369,600(税込)

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic T1 3rd

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic T1 3rd

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic T1 3rd

総評

beyerdynamic T1 3rd高級機種らしい、音場重視で静寂感のある、上品な大人の音楽を聞かせるヘッドホンです。ビルドクオリティは十分に価格に見合っており、サウンドは癖が強いものの、好みに合うなら、支払ったコストを後悔させることはないでしょう。ゆったりした雰囲気で音楽を鑑賞したい人向きで、しっかり音を聞くのではなく、少し穏やかで遠い音楽を聞く形になるため、BGMとして音楽を耳元に流したいというようなニーズにも応えてくれるでしょう。

【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン
【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン

YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業を快適で効率的なものにしてくれるでしょう。

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。

【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然
【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然

Tago Studio T3-01は自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、ボーカルを丁寧に聞かせてくれます。

【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい

ULTRASONE Signature DJは自由音場フラットにかなり忠実なバランスの良い音質を持ちながら、重低域を少し分離して強調し、高域でもアグレッシブで炸裂感のあるサウンドを実現しているDJモニターヘッドホンです。高いディテール感とスピード感のある音楽にも充分追従できる機敏なレスポンスを持ち、長時間のリスニングでも痛くならない快適な装着感も実現しています。ミキシングの信頼できる相棒となってくれるだけでなく、瞬発力と衝撃力のあるサウンドで気分も盛り上げてくれ、DJセッションを楽しいものにしてくれるでしょう。

【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き

Mackie MC-100はボーカル中心に音源の心臓部を丁寧に聴かせるレコーディングモニターヘッドホンです。ボーカルが非常に聞き取りやすいのでボーカリスト向きであるだけでなく、音楽鑑賞用や動画鑑賞用としても歌詞やナレーションが埋没せずにクリアに聞き取れる点が利点になります。

【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング

有線ヘッドホンのaudio-soundスコアランキングです。

【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる

Marantz Pro MPH-1はウォームで骨太なサウンドを聴かせるモニターヘッドホンです。業務用モニターらしく、作りは頑丈で、歪率も低く、コストパフォーマンスはかなり高いです。その調和的なサウンドはポップスやR&Bを暖かい雰囲気で楽しむのが好きな人には、かなり魅力的です。

previous arrow
next arrow
【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン
【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに
【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然
【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい
【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き
【ランキング】有線ヘッドホン おすすめランキング
【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 レビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

beyerdynamic T1 3rd Generation

beyerdynamic T1 3rd
8.2

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

8.0/10

中域

8.0/10

低域

7.5/10

歪みの少なさ

8.0/10

長所

  • 奥行きがあり、ゆったりとした音場
  • 静寂感がある
  • 上品でシック
  • 静的で落ち着いた音楽
  • 温かみのあるサウンド
  • ビルドクオリティ

短所

  • ダイナミズムに欠ける
  • 人によっては鈍くぼんやりして聞こえる
  • 質感と定位が正確ではない
  • 音像の一貫性に欠ける
  • 暗く、眠たい音
  • 拡張性で物足りない
  • 派手さに欠ける

コメント