イヤホン

10000円~20000円

BGVP Melody

BGVP Melodyは、ブライトシルバーとダークグレイの2つのカラーオプションで正式にリリースされました。
1DD+4BA+1EST

Yanyin x HBB Mahina

Mahinaは、モニターのような正確さとパワフルで楽しい低音域のパフォーマンスを融合させる必要性から生まれました。このチューニングは、透明感がありながら、インパクトのあるクリーンな低音域を実現するサブウーファー内蔵のスタジオモニターにヒントを得ています。
1000円~3000円

【中華イヤホン KZ ATR レビュー】KZ初期の人気作

かつてのKZの人気イヤホンです。
10000円~20000円

【日本製イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO DUOZA 3 レビュー】重ドンシャリ改良型

ZERO AUDIOはZIRCO DUOZA 3で前世代のCARBO DUOZA 2からハウジングの材質を変更し、フロントドライバーも改良してさらなる音響性能を追求したと言っています。
200000円~300000円

【ハイエンドイヤホン JH Audio ROXANNE AION レビュー】高域難聴者向けウルトラハイエンド(笑)

JH Audioはイヤホン業界に革命をもたらしたブランドの一つとして広く知られています。
1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Pro レビュー】優れた中華イヤホン入門機

解像度、全体の歪率水準、やや癖があるものの概ねニュートラルに寄っている良好なサウンドバランス、わりと優れている中域の音作りなど、KZ EDX Proはハイエンド機種に匹敵する美点に事欠きません。
10000円~20000円

【日本製イヤホン ZERO AUDIO CARBO DUOZA 2 レビュー】重ドンシャリ

ZERO AUDIO CARBO DUOZA 2は低域が強く、ズンドコしているイヤホンです。高域方向もおそらく低域の強さとバランスをとるため、ニュートラルより強調されています。
10000円~20000円

【中華イヤホン LETSHUOER D13 レビュー】一流ブランドのDLCイヤホン

LETSHUOER D13は音質的に優れ、数々の名機を生み出してきたDLCドライバーを使ってLETSHUOERが生み出したルーキーイヤホンです。
50000円~100000円

【カナル型イヤホン Shure AONIC 5 レビュー】優れたモニターヘッドホンメーカーが作った……イヤホン

Shureのモニターヘッドホンは素晴らしい中域の質感再現度、全体の原音忠実性の高さを持っており、やや耐久性に疑問が残る製品が多いところを除けば、業界で最も愛されているブランドの一つと言っても過言ではないでしょう。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii

Shimin Liのサウンドシグネチャーは、ニュートラルで、高音域のレスポンスがない分、低音のブーストがややウォームなトーンに偏っていると表現できるでしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン 64Audio U6t レビュー】総じて無難。悪くないが音質に対して価格はかなり割高

64Audio U6tも6BAも積んでいながら、優れた制動特性を実現し、全体のチューニングもかなり滑らかに仕上げ、オーディオスペック面でハイエンドとしての不足を感じる部分は、サウンドバランス・音域・歪率・解像度すべてにおいてないと言えます。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Lypertek Levi レビュー】ハーマンターゲット2017を意識した比較的バランスの良いサウンド。ただし私の個体は逆相でした

Lypertek Leviはハーマンターゲットカーブに基づいたバランスの良いサウンドを提供するイヤホンです。各音域のバランスは比較的よく取れており、解像度や歪率も価格を考えるとかなり良好な水準です。
10000円~20000円

【中華イヤホン LETSHUOER S12 レビュー】平面駆動型イヤホンの金字塔

LETSHUOER S12はすでに優れたオーディオブランドとして様々なイヤホンを送り出してきた隠れた名門ブランドが、平面駆動型でも卓越した能力を示した金字塔です。驚くべきは彼らがこのイヤホンでまた新しいチューニングの境地に到達していることです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T30 レビュー】価格帯では二番手以下。ドラムを重視した少し中低域の強い感じと少しピーキーで荒っぽい高域が気になる

Tranyaの主張通り、Tranya T30はドラムはやや強調され、高域で鮮明感も強調されるV字型サウンドを持っています。定位感は良好ですが、高域の作りが荒っぽく、歯擦音が刺激的に聞こえやすいのと、平凡な解像度などスペック面で価格なりか少し物足りないのが気になります。音像がドライに聞こえやすく、中域の透明度はイマイチです。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TO-U6+ レビュー】Edifierらしい高域重視のサウンド

 Edifier To-U6+は1万円以内のイヤホンとしては悪くない選択肢です。高域は定位感がよく、一貫性のある倍音表現を持っているので、弦モノなどを聴くのに最適でしょう。Edifierらしく高域を丁寧に作り出しており、繊細さと一貫性のあるサウンドで、バランスが良く、無難に仕上がっています。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TO-U2 mini レビュー】おしゃれな外観が魅力。通信品質も悪くないが、サウンドは独特

Edifier TO-U2 Miniはおしゃれな外観を持ち、通信品質も安定している完全ワイヤレスイヤホンです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T3 レビュー】重厚なV字型ドンシャリサウンド。ANCはおまけ

低価格で重厚かつパワフルなサウンドを楽しみたい場合、UGREEN HiTune T3は比較的おすすめしやすい製品です。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tronsmart Onyx Ace Pro レビュー】明るく詳細なサウンド。原音忠実性が比較的高く、鮮明ではっきりした音を聞かせる。通信品質も優秀

Tronsmart Onyx Ace Proは優れた通信品質とビルドクオリティを持ち、はっきりとした鮮明感の高い、原音忠実度も良好なサウンドを聴かせるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier TWS1 Pro レビュー】バランスが取れ、ダイナミズムにも優れ、鮮明感も高いサウンド。通信品質とバッテリー駆動時間は優秀

Edifier TWS1 Proははっきりとした鮮明感があり、ダイナミックで没入的なサウンドが好きなら、比較的おすすめしやすい機種です。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン MUINE T1 レビュー】優れた質感と定位感。響きの豊かなサウンド。通信品質とANCは優秀

MUINE T1は新興メーカーのデビュー作であり、パッケージも豪華とは言えない泡沫製品のように思えます。実際私も最初は全く期待していませんでしたが、耳に入れて音を聞いた途端、かなりレベルの高いチューニングがされていることにすぐに気づきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました