1DD+2BA

20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン SeeAudio X Crinacle Yume Midnight:バランスド・パフォーマンス

私がYume Midnightに感銘を受けたのは、その総合的な性能にあります。音色のバランスもよく、物事をきちんと整理してくれます。真の意味でのニュートラルなデバイスではありませんが、楽しくも繊細な成熟したパフォーマンスで五感を楽しませるように設計されています。
1DD+2BA

Softears Volume

Softears Volumeは、高感度なインイヤーモニターです。わずか5Ωの超低インピーダンスで、123.7dBの高感度を実現しました。スマートフォンから直接電源を供給することができ、音質面でも損なわれることはありません。もちろん、より良い音源を使えば、より良い音になることは間違いありません。
10000円~20000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Idun Golden:ゴッデス・オブ・ミュージカル・エレガンス

Kinera Idun Goldenが万能でないことは明らかです。Idun Goldenは、音楽を楽しむための音楽体験を伝えることを目的としたデバイスです。
5000円~10000円

【中華イヤホン TRN TA2 レビュー】濃密で温かみのある音が好きなら悪くないが、TRNの中では非主流派のサウンド

TRN TA2は濃密なサウンドを持つリスニングイヤホンです。まったりと音楽を楽しむのには悪くないですが、多くの人には癖が強すぎ、全体的にぼんやりしているのがいまいちに思われるでしょう。
1DD+2BA

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

See AudioとCrinacleは、「より技術的に優れたなYume」を目指してYumeの再開発を開始しました。そして、それを実現したのがYume Midnightです。Crinacleのチューニングにより、Midnightはより伸びやかなサウンドプロフィールを実現しました。
20000円~30000円

【海外レビュー】QOA Adonis:開封&クイックレビュー「見事なまでにスムーズ!」

一般にQoAとして知られているQueenOf Audioは、2019年に設立されたKineraの姉妹ブランドです。彼らは市場で見事な外観のインイヤーモニターの新しいペアを専用にリリースしています。今日紹介する最新作は、このブランドの驚くべき最新作、QoA Adonisです。
10000円~20000円

【中華イヤホン ROSE QT-7 Pro レビュー】アンプラグドライブを引き立てるボーカルホン

ROSE QT-7 Proはビルドクオリティもよく、パッケージ内容も豊富で1万円台ではなかなか魅力的なイヤホンです。そのサウンドはライブ感のある重低域を持ち、生き生きとしたボーカルをフォーカスして丁寧に聞かせます。それはアンプラグドなライブミュージックをとくに楽しませてくれるでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン SeeAudio Yume レビュー】ハーマンターゲットを意識したバランスの良い音質。深みのある低域が音楽に確かな実在感を与える

SeeAudio Yumeは音質バランスが良く、鮮明感は高いのに調和的で、どこか人間的なサウンドを聴かせる魅力的な機種です。深い低域と拡張性に優れた高域を持ち、艶やかなボーカルを甘い雰囲気で豊かに聴かせる独特のサウンドに、もしかすると強く魅了されてしまうかもしれません。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QOA Pink Lady:お財布に優しいナチュラルサウンド!

中国のオーディオ界隈では一般にQOAとして知られるQueen of Audioは、欧米では目新しいかもしれませんが、そのルーツは非常に深いところにあります。 このブランドは、Kineraの姉妹ブランドです。今回は、QOA Pink Ladyのレビューをお届けします。
10000円~20000円

【中華イヤホン Reecho×Peacock Audio Spring レビュー】みずみずしく、くっきりとした、少し光沢の強い透明感のあるサウンドを持つ

Reecho×Peacock Audio Springは透明感があり、非常に潤った明るいサウンドを聴かせてくれます。価格を考えると、ビルドクオリティ/パッケージともに異様に品質が高いのが特徴で、とても1万円台の機種とは思えません。音質は若干クセが目立ちますが、工作精度の点では後悔させられることはないでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン Tri Starsea レビュー】各音域がニュートラルに近く、バランスが良い上に質感も滑らかで音場にも優れる2万円以下の定番機種

Tri Audio Starseaは価格を考えると非常に完成度の高い中華イヤホンです。Triはまだまだオーディオファンの間では広く知れ渡っているメーカーとは言えないかもしれませんが、Starseaは素晴らしい出来です。それは完全にFiiO FH3と競合します。より風通しが良く、音場の広さはFiiO FH3を凌駕し、また音の質感的なナチュラルさでも、Tri Starseaのほうがより優れて感じられる可能性が高いです。音質変更スイッチの効果についてはとりあえず保留しますが、デザイン的にもより万人受けするように思われますし、ビルドクオリティやパッケージにも不足がありません。
30000円~50000円

【中華イヤホン FAudio Scale レビュー】原音忠実性が高い良質なモニターサウンドバランスを持つが、クリア感を考慮すると割高感がぬぐえない

FAudio Scaleは自由音場フラットに基づくブライトで分析的な正統派モニターサウンドを持っています。原音忠実性がかなり高く、実用的で万能に近いイヤホンですが、クリア感で劣るので音像印象の明晰性で些か不足を感じるのが非常に惜しいところです。ビルドクオリティやパッケージクオリティは悪くありませんが、より安い値段で手に入る競合機種に対して価格競争力の点で劣る印象を受けるところが難しいポイントです。分析的なモニターサウンドとデザインが気に入ったなら悪くない選択肢ですが、購入するのはFiiO FH3とTANCHJIM HANAを検討してからでも遅くはないでしょう。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-BD21j レビュー】聞き心地の良い圧迫感のないすっきりサウンド。付属アプリでできることも多く、機能的

AVIOT TE-BD21jはハイブリッド機らしいディテール感の強調はありますが、かなり素朴で穏やかなすっきりしたサウンドを持っています。パッケージクオリティやビルドクオリティにほとんど不満はありませんが、音質はもしかすると地味すぎるように思えるかもしれません。オーディオスペック的にも価格帯で優秀というわけではないですが、付属アプリが比較的機能豊富でユーザビリティは悪くありません。
10000円~20000円

【中華イヤホン FiiO FH3 レビュー】バランスの良い音質と素晴らしいパッケージクオリティ。2万円以下の定番機種

FiiO FH3はボーカルフォーカスの良いフラットに近いサウンドを実現しており、バランスの良いモニターサウンドを求めている人には有力な選択肢です。パッケージングや本体のビルドクオリティ、付属品も値段を考えるととても満足できるレベルで、この価格帯ではかなり有力な選択肢になるはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました