【中華イヤホン SeeAudio Yume II レビュー】バランスの良い温かみのあるサウンド。豪華なパッケージが魅力

【中華イヤホン SeeAudio Yume II レビュー】バランスの良い温かみのあるサウンド。豪華なパッケージが魅力 20000円~30000円
SeeAudio Yume II

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

SeeAudio Yume IIの概要

こんな人におすすめ

  • 音像一貫性重視
  • ウォームなサウンドが好き
  • 質感重視
  • パッケージクオリティ重視
  • SeeAudioファン
  • Rinkoファン

基本スペック

  • 再生周波数:20-20000Hz
  • インピーダンス:17Ω
  • 感度:113±1dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-soundスコア
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

  • パッケージ:9.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:9.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.0/10.0

長所と短所

長所

  • 音像一貫性に優れる
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 聴き心地が良い(解像度が低いので)
  • 温かみがある
  • 良好な高域拡張性
  • スピーカー的な前方定位感
  • 自然な倍音表現
  • 中域への適切なフォーカス
  • ノスタルジックなサウンド
  • 優れたパッケージクオリティ

短所

  • 物足りないクリア感
  • 物足りない解像度
  • 立体感に欠け、平面的に聞こえる音
  • ディテール感が不足しがち

SeeAudio Yume IIの特徴

  • 名機「SeeAudio Yume」のリニューアル版
  • 3ドライバー・ハイブリッド構成
  • 1ダイナミックドライバー+2バランスドアーマチュアドライバー
  • 高音域の伸びやかで正確なサウンドパフォーマンス
  • 5軸CNC削り出しイヤシェル
  • 航空グレードのアルミニウム合金製シェル
  • 高精度な音響内部構造設計
  • L.F.Cローパスキャビティ構造技術
  • 6N OFC銀メッキ銅線ケーブル
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

YUME IIは、3ドライバーハイブリッドの名機See Audio Yumeをアップデートしたモデルです。3Dプリントによる音響構造を一新し、強力な低周波ダイナミックドライバーユニットとデュアル高性能バランスド・アーマチュアドライバーユニットを搭載しているのが特徴です。See Audioは、最高品質のCNC鍛造航空グレードアルミニウム合金製イヤーシェルを採用しています。Yume IIは、3ドライバのハイブリッド型インイヤーモニターで、あなたの体験全体を一新します。

Seeaudio YUME II IEMs Unboxing!
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

高性能3ドライバー・ハイブリッド構成

See Audio Yume IIは、3ドライバー・ハイブリッド構成を採用しています。新開発の「リキッドシリコン」振動板ダイナミックドライバーを搭載し、パワフルな低域を再生します。このドライバーは、SONION2300バランスド・アーマチュア型ドライバーとKnowles RADシリーズ・トゥイーターの2つの高性能ドライバーによって支えられており、正確で伸びやかな高音域を実現しています。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

5軸CNC鍛造アルミニウム合金製イヤーキャビティ

Yume IIは、高級アルミニウム合金のイヤーキャビティで見事な外観を実現しています。高精度の5軸CNC加工で作られたシェルは、豊かな仕上げが施されています。彼らは、豊かな仕上げ、プレミアムテクスチャの外観を持っており、それは見事としか言いようがありません。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

クリーン、正確なサウンドパフォーマンス

プレミアムインイヤーモニターのチューニングにおける長年の経験により、シーオーディオはYume IIのチューニングを調整し、優れたディテールと解像度で透明度の高い、まとまりのあるサウンドを実現しました。Yume IIを使用すれば、あなたの音楽はきっと生き生きとしたものになるはずです。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

緻密に設計された内部音響構造

Yume IIの音響的な一貫性と高品質を維持するために、See Audioは高精度の部品で内部音響キャビティ構造を設計しました。最高級の高精度3D-precision技術で設計されています。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

高品質6N銀メッキOFC純正ケーブル

See Audio Yume IIには、高純度6N OFC銀メッキ銅ケーブルが付属しています。厳密な引張試験を経て設計されています。0.78mm2ピンコネクターと3.5mmシングルエンド端子を採用し、良好な柔らかさを実現しています。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

 

パッケージ(9.5)

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

SeeAudio Yume IIのパッケージは価格の標準を満たしています。デザインはおしゃれで開梱体験もかなり楽しいです。

付属品はこの価格帯ではかなり充実しており、アメニティグッズまで封入されています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • キャリングケース
  • マニュアル類
  • ポストカードなどアメニティグッズ
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

おまけ

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

初回特典かRinkoのぬいぐるみがついてきました。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
パレッティア王国王女、アニスフィア・ウィン・パレッティアには前世の記憶がある。魔法が当たり前に存在する世界に転生し、魔法使いに憧れるアニスフィアが夢見たのは、魔法で空を飛ぶという、破天荒で非常識なことだった。けれど、なぜか魔法が使えないアニスフィアは日夜、キテレツ王女とあだ名されながら、怪しげな研究に明け暮れるはめに。ある夜、お手製魔女箒で空へ飛び立ったアニスフィア。暴走する箒が飛び込んだのは、貴族学院の夜会。そこでは、魔法の天才と噂される完璧公爵令嬢ユフィリアが、アニスフィアの弟・アルガルド王子から婚約破棄を宣言されているところだった。声もなく流されるユフィリアの涙を見たアニスフィアはそっと手を差し伸べる。──この魔法はあなたの笑顔のために。2人の少女が未来を切り開く、「転生×天才」魔法ファンタジー!©2023 鴉ぴえろ・きさらぎゆり/KADOKAWA/転天製作委員会

ビルドクオリティ(8.5)

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートが美しいです。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

装着感(8.5)

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

装着感は良好です。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

VRMMO『NewWorld Online』に夢中のメイプル。防御力に極振りしてしまい、プレイ当初はカッチカチの耐久プレイになるかと思われたが、凶悪なスキルを複数取得し、繰り広げたのは蹂躙に次ぐ蹂躙!異常な戦いぶりから、「ラスボス」扱いされる有名プレイヤーとなったのだった。親友のサリーと立ち上げたギルド【楓の木】も、個性的で頼れる仲間が集まり、その結束は一段と強まっていった。そして–。『NewWorld Online』に新たな階層が実装!かつてのライバルと手を組んだり、新たな仲間が増えたり、さらに新たなイベントも開催されたり⁉ここでもやっぱりメイプルたちの大暴れは確実……? 世界は広がり、冒険はますます楽しくなっていく! ©2023 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り2製作委員会

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

SeeAudio Yume II Frequency Response (RAW)
SeeAudio Yume II Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

SeeAudio Yume IIのオーディオステータス
SeeAudio Yume IIのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

SeeAudio Yume IIはアンプの出力インピーダンスの影響を受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

SeeAudio Yume IIほぼ完璧にニュートラルかつフラットでバランスの良いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
最新のモニターヘッドホン「RØDE NTH-100」の海外レビューまとめ

人気マイクメーカー「RØDE」が初めて作ったモニターヘッドホン「RØDE NTH-100」の海外レビューをまとめて紹介します。

【HiFiGOレビュー】Shanling UA2

Shanling UA2をレビューしました。ESS Sabre ES9038Q2Mを使用するのはこれで3台目です。最初はCayin N6ii E02 Dual ES9038Q2M(1300ドル)とTo Read more

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

SeeAudio Yume IIの低域は十分に直線的で深いところまで伸びており、見通し感に優れています。また、中域とのバランスも良く、基本的に中域を邪魔しません。

ドラムキックはインパクトが十分にあり、重さも十分に感じられるものの、やや歪が多いせいか音像は輪郭が滲んで聞こえ、熱気を帯びて聞こえます。

エレキベースもじんわり明るい雰囲気で、個人的に黒さで物足りません。

低域の背景が全体的に明るい印象です。

個人的には、低域はYumeの時の方が好みでした。

中域(9.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

サウンドバランスの上ではYume IIの中域はほとんど完全にニュートラルかつフラットで原音忠実的です。

低域のバランス感覚もよいので、一般に中域は最前面近くに出てきます。

さて、オリジナルのYumeは優れた中域のバランスを持ちながら、かなり透明度と解像度が低く、それが独特の雰囲気を作り出していました。音をはっきりと聞かせない、少しぼんやりした印象で、その名の通り夢の中で音楽を聴いているような印象を与えていました。

Yume IIも同様に中域で付帯音が多く、解像度もかなり低めで、透明感を抑えたかなりウォームな中域を実現しています。Yumeに比べて高域のエネルギーが減り、とくに精細感がセーブされたため、ディテールはさらに緩やかに聞こえるようになり、より柔らかな音で聞こえやすくなっています。

こうした特徴からYume IIの中域は平面的で若干曖昧模糊とした印象を与えるかもしれません。オリジナルYumeのころからわりと賛否両論があった中域ですが、Yume IIはこの点でYumeの個性をさらに強くしたような調整になっており、透明度や解像度を重視するオーディオマニアにはあまりウケなさそうです。

高域(9.0)

  • 原音忠実度:B-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C

高域

Yume IIの高域はYumeから拡張性が大幅に改善され、その点でハイブリッドモデルの利点であるレンジ感がより生かされた調整になっています。

欠点はオリジナルのYumeより抑えられた精細感で、ただでさえ透明度の良くない中域をさらにぼんやりさせてしまう結果になっています。

歯擦音やサ行の刺さりは抑えられてかなり優しいうえ、全体的になめらかで倍音表現の一貫性にも優れており、空気感もあって聞き心地の良い高域ですが、明瞭さに少し物足りなさを感じます。この点、高域で高い明瞭感を実現していたBraveryと聞き比べると露骨な差を感じるところでしょう。

シンバルクラッシュやハイハットはかなり地味で、背景との分離もあまり良くないですね。繊細さは十分に魅力的な水準ですが、それをはっきりと聞かせることには成功していません。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:B
  • オーケストラのテクスチャ:B
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

SeeAudio Yume IIは正確な質感の中域とスケール感に優れた高域、つながりの良い自然な倍音、スピーカー的な定位感を実現しています。その点でフルオーケストラ向きのイヤホンとして一定程度の魅力を感じさせますが、透明度と解像度が圧倒的に足りないため、全体的に音が平面的で、個々の楽器音の背景からの分離もよくありません。全体的にぼんやりしてノイジーな雰囲気で、私はあまり面白みを感じないですね。解像度が低いのでいつまで聞いても聞き疲れない感じはあります。

雅楽も篳篥の質感と伸びやかさで優れているものの、全体的に濁っている感じがあり、和音もなんだかフワフワして聞こえます。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B-
  • イメージング:B
    • 高域:A
    • 中域:B
    • 低域:C+

音場

低域の深さは標準か少し物足りず、中域は比較的前面におり、高域の高さは標準か少し良好な水準です。

クリア感は価格の水準からすると物足りません。

イメージング性能は価格を考えると物足りません。エントリークラス並みです。

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:B+
  • 個人的な好み:C

音質総評

率直に言って、音質だけで言えば、前世代のYumeのほうが私は好みでした。Yume IIはYumeのメリハリをさらになくしたような音に私には聞こえます。もともとぼんやりした傾向の音だったYumeがさらにぼんやり感を増したような感じで、個人的にはさすがにちょっと解像度が低すぎると思います。

音質的な特徴

美点

  • 音像一貫性に優れる
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 聴き心地が良い(解像度が低いので)
  • 温かみがある
  • 良好な高域拡張性
  • スピーカー的な前方定位感
  • 自然な倍音表現
  • 中域への適切なフォーカス
  • ノスタルジックなサウンド

欠点

  • 物足りないクリア感
  • 物足りない解像度
  • 立体感に欠け、平面的に聞こえる音
  • ディテール感が不足しがち
【中華イヤホン SeeAudio Yume II レビュー】バランスの良い温かみのあるサウンド。豪華なパッケージが魅力

音像一貫性に優れる
良好な原音忠実度
中域への適切なフォーカス

SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II
SeeAudio Yume II

BiCute Bunnies Figure 初音ミク

 

人気イラストレーター「黒星紅白」デザインのバニーガール姿の初音ミクが登場。

 

全高約31cmのボリューム感のあるサイズで愛で甲斐のあるフィギュアです。

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SeeAudio Yume II

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SeeAudio Yume II

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SeeAudio Yume II

総評

SeeAudio Yume II優れたバランス感覚を持ち、聞き疲れ感のない暖かな音を実現し、豪華なパッケージで高い満足感を与えてくれるイヤホンです。ただし、解像度やディテール感はいまいちに思う人も多いかもしれません。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

SeeAudio Yume II

8.6

パッケージ

9.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

9.0/10

中域

9.0/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

7.0/10

長所

  • 音像一貫性に優れる
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 聴き心地が良い(解像度が低いので)
  • 温かみがある
  • 良好な高域拡張性
  • スピーカー的な前方定位感
  • 自然な倍音表現
  • 中域への適切なフォーカス
  • ノスタルジックなサウンド

短所

  • 物足りないクリア感
  • 物足りない解像度
  • 立体感に欠け、平面的に聞こえる音
  • ディテール感が不足しがち

コメント



タイトルとURLをコピーしました