6BA

DUNU x Z Review SA6 Ultra ― 人気レビュアーコラボモデル $500~$1000

DUNU x Z Review SA6 Ultra ― 人気レビュアーコラボモデル

オリジナルDUNU SA6をベースに、Z ReviewのZeosと共同で全く新しいSA6 Ultraがリリースされました。
【フィギュア×オーディオ】Wonderful Works ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ ライザ [ライザリン・シュタウト] × Audiosense DT600 Wonderful Works

【フィギュア×オーディオ】Wonderful Works ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ ライザ [ライザリン・シュタウト] × Audiosense DT600

今回はWonderful Worksのスケールフィギュア「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ ライザ [ライザリン・シュタウト]」を持ち出してみました。 一緒に楽しむのはAudiosense DT600です。
【ハイエンドイヤホン 64Audio U6t レビュー】総じて無難。悪くないが音質に対して価格はかなり割高 100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン 64Audio U6t レビュー】総じて無難。悪くないが音質に対して価格はかなり割高

64Audio U6tも6BAも積んでいながら、優れた制動特性を実現し、全体のチューニングもかなり滑らかに仕上げ、オーディオスペック面でハイエンドとしての不足を感じる部分は、サウンドバランス・音域・歪率・解像度すべてにおいてないと言えます。
【ハイエンドイヤホン Clariar i640 レビュー】きれいだが妙に窮屈な中域に、拡張性が足りない上に、がさつでコムフィルターがかかったような気色悪い音の、明らかに調整不足な高域。これを10万円以上で売るのはかなり厳しいだろう。そして無駄にデカイ 100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Clariar i640 レビュー】きれいだが妙に窮屈な中域に、拡張性が足りない上に、がさつでコムフィルターがかかったような気色悪い音の、明らかに調整不足な高域。これを10万円以上で売るのはかなり厳しいだろう。そして無駄にデカイ

奇妙なことですが、日本の新規参入メーカーほど無駄に高い値段で変な音のイヤホンを出そうとする傾向にあるようです。国産で値段が高いというだけで消費者は品質が高いと錯覚する傾向があるので、心理的効果を狙っているんでしょう。
【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する! 20000円~30000円

【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

Audiosense DT600はDAPやポタアン、据え置きアンプなど、音響機器を多数持つ人こそ喜びを感じるような、非常にマニアックなイヤホンです。このイヤホンは本当に、接続する機器によって音が変化するため、アンプやリケーブルを駆使して自分好みの駆動を楽しむ人向けのコアな商品です。
【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」 50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」

DUNU SA6は、ハンドメイドされたイヤーシェルの内部に6つのバランスドアーマチュアユニットが装備された高解像度インイヤーモニターのマルチBAペアです。イヤーシェルは完全に手作りであると言われており、各イヤピースは独自の頑丈でスタビライズドウッド製のフェースプレートを備えています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました