【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」

DUNU Studio SA650000円~100000円
DUNU Studio SA6

DUNU Top-Sound、通称DUNUは、中国を本拠とするHiFiオーディオブランドです。このブランドは高解像度のイヤホンとケーブルを専門としています。DUNUは、マルチドライバーハイブリッド、シングルDDなど、さまざまなドライバー構成を備えた、コミュニティで高く評価されている多くのIEMをリリースしました。昨年後半、DUNUは2つの異なるイヤホンモデルであるStudio SA3Studio SA6を含めたMulti-BA IEMの計画を発表しました。Studio SA3は、名前が示すように、両側にトリプルBAがセットアップされたエントリーレベルの製品でした。 2020年6月に発売され、その美しいルックスと滑らかな品質で注目を集めました。しかし今日は、私たちはSA3を紹介するためにここにいるのではなく、SA6のためにここにいます。 先月、自分でユニットを手に入れました。今日は、DUNUのハイティアマルチBA IEMの開封とファーストインプレッションをご報告します。それでは、始めましょう。

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

この製品の要点

  1. スマートフォンでも問題なく駆動できる
  2. ほぼあらゆるコネクタに対応するプラグ式ケーブルとチューニングスイッチ
  3. わずかにU字型のサウンドシグネチャーを備えた、かなりニュートラルなサウンド

DUNU SA6

DUNU SA6は、ハンドメイドされたイヤーシェルの内部に6つのバランスドアーマチュアユニットが装備された高解像度インイヤーモニターのマルチBAペアです。イヤーシェルは完全に手作りであると言われており、各イヤーシェルは独自の頑丈でスタビライズドウッド製のフェースプレートを備えています。値段は$549.99に設定されており、こちらのストアページでより多くの詳細を確認することができます。

パッケージとアクセサリー

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

DUNUのハイブリッドドライバー「DK」シリーズIEMの大きなパッケージとは異なり、Studio SA6はコンパクトでカラフルなパッケージで提供されます。従来通りDUNUのクイックスイッチモジュラープラグ設計の高純度銀メッキケーブルが付属しています。パッケージには、3.5mmSE、2.5mmバランス、および4.4mmバランス・ターミネーションプラグが含まれています。DUNUがIEMに高品質のモジュラーケーブルを含めている点はとても好印象です。コンパクトなパッケージを開封すると、そこにはアクセサリーが溢れています。下記のYouTubeチャンネルで開封動画をチェックすることもできます。

パッケージ内容

  • DUNU SA6 IEM本体
  • モジュール式高純度銀メッキケーブル
  • 3.5mm終端プラグ
  • 2.5mm終端プラグ
  • 4.4mm終端プラグ
  • 3.5mm-6.35mmアダプター
  • クリーニングブラシ
  • 4組の白いシリコンチップ
  • 3組の灰色のシリコンチップ
  • 4組の青いシリコンチップ
  • ジッパーキャリーケース
DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

パッケージ開梱動画

DUNU Studio SA6 First Look

デザインとビルドクオリティ

DUNU SA6の本体はしっかりと構築されており、プレミアムでリッチな外観を提供します。SA6は、スタビライズドウッド製のフェースプレートを備えた、柔らかく手触りの良いアクリル樹脂素材で構成されています。フェースプレートは個体ごとにユニークな質感を提供し、SA6のすべてのユニットでユニークな外観が提供されている点はとても好ましく思えます。イヤホン本体の内部は透明になっており、キャビティ内にドライバーユニットが整然と正確に配置されているのを簡単に確認できます。イヤーシェルの上部にはわずかに凹んだ2ピンコネクタがあり、ケーブルとイヤホンをしっかりと接続できます。

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

背面にはスイッチがあり、オンにすると異なるサウンドを体験できるとのことですが、これについては後ほどサウンドのセクションでご紹介します。また、DUNUのクイックスイッチモジュラーケーブルは、バランス接続とSE接続が可能で、箱から出してすぐに様々なソースに対応できるのがありがたいです。ケーブルは画像の印象よりも重くありません。デザインとビルド品質の点で、DUNU Studio SA6は一流のIEMだと思われます。キャリーケース、イヤーチップなどの他のアクセサリーもかなり良い品質です。

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

イヤーピース選択と装着感

イヤホンはユニバーサルフィットデザインで、中型の耳に快適にフィットします。イヤーシェルは私の耳にしっかりと収まり、優れた環境ノイズアイソレーションを備えており、非常に快適な体験を提供してくれます。パッケージに含まれているすべてのイヤーピースを試してみたところ、灰色のイヤーピースのMサイズが私の耳にぴったりであることがわかりました。また、SA6でSpinFit CP100とFinal Audio Type-Eも試しました。CP100のフィット感は私には完璧ではありませんでしたが、Final Audio Type-Eは、ローエンドのスラムを強化してくれ、さらに非常に快適なフィット感を提供しました。

DUNU Studio SA6の駆動に関して

DUNU StudioSA6に電力を供給するのは非常に簡単です。スマートフォンでも問題なく駆動できました。また、HiBy R3 Pro Saber、xDuoo XD-05 Bal、iBasso DX160、およびxDuoo MT-602と組み合わせて聴いてみました。SA6は、スマートフォンより低いボリュームレベルでこれらのソースから十分なサウンドを聴かせてくれました。

× Huawei Mate 40 Porsche RS

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

この組み合わせでは、一般的なType-Cから3.5mmへの変換コネクタを使用しました。IEMは約60%のボリュームでうまくドライブしました。拡張は良好で、ステージングの点でかなりしっかりしているように聞こえます。楽器のディテールも良いです。SA6を使えば、外出先でも簡単に高解像度の音楽を楽しむことができます。

× ハイレゾオーディオプレーヤー(HiBy R3 Pro Saber & iBasso DX160)

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

R3 Pro SaberやDX160などの高解像度プレーヤーで40/100の音量を超える必要はありませんでした(私はそれほど大きな音では聞きません)。 この組み合わせにすると、ステージングの幅と深さが改善されていることがわかります。 また、スマートフォンとの組み合わせに比べてすっきりと聞こえます。

× XD05-Bal

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

XD-05 Balancedは非常に強力なデバイスです。 SA6は、XD05 Balの10%のボリュームノブでも大音量です。 この組み合わせではそれほどスケール感が増しませんが、音質はハイレゾプレーヤーの場合と同じです。

× MT-602

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

このコンボでも、それほど音量を上げる必要はありませんでした。SA6はこの組み合わせで、クリーンな背景に、太くてみずみずしいサウンドを聴かせてくれました。拡張性は、高解像度プレーヤーとの組み合わせと同様です。

私の見たところ、DUNU Studio SA6は非常に運転しやすいIEMです。 スマートフォンで簡単に楽しむことができますが、オーディオデコードを改善して出力をクリーンにするために、高解像度プレーヤーの使用をお勧めします。

音質

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

DUNU Studio SA6は、わずかにU字型のサウンドシグネチャーを備えた、かなりニュートラルなサウンドのインイヤーモニターです。SA6を耳に入れると、見事な透明度とディテールを持つ楽器音で迎えられます。 ローエンドが厚く、楽器に重量が加わりますが、重低域は少し控えめです。 中域の周波数は風通しが良く、詳細に聞こえます。高音域は滑らかで透明で、歯擦音の兆候は見られません。Studio SA6の出力は非常にスムーズで、大音量でも耳障りな音や歯擦音は発生しません。 楽器のディテールと定位もSA6では見事なほど優れています。

チューニングスイッチによる変化

DUNU Studio SA6の両方のイヤーシェルには、背面にチューニングスイッチが設けられています。電源を入れると「大気圧浸漬」が追加されると言われています。 私が試したところでは、出力が少し暖かくなり、ローエンドが少し太くなると感じました。それ以外に、このスイッチ機能による変化は特に感じられませんでした。

低域

DUNU Studio SA6は典型的なバランスドアーマチュア的低域レスポンスを備えています。バススラムにはインパクトがあり、厚みがあり、出力に重みを加えます。パワフルな低音域のレスポンスにより、実際に豊かさを感じることができます。低音域はその領域内でしっかりとコントロールされており、優れてクリーンな出力を実現しています。このIEMの重低域は少し控えめですが、深く伸びるスラムはそれを補います。このIEMは、EDM、ヒップホップミュージックを上手に聴くことができます。

中域

低音がタイトに制御されているため、中域の周波数域はクリーンで透明感があり、濁りの兆候は見られません。楽器やボーカルを正確な調性で聞かせてくれます。自然な音色と正確な楽器配置で、ライブ録音やアコースティック音楽を聴くと、至福の時間が訪れます。このIEMは、温かみのある音楽性を感じさせる自然な響きのボーカルを生み出します。ダミアン・ライス、ニルヴァーナ、テイラー・スウィフト、RHCP、その他の同様のアーティストをStudio SA6で聴くのがお気に入りです。

高域

Studio SA6は、生き生きとした、細部まで描きこまれた高音域のレスポンスを生み出します。透明感があり、ピアノ、バイオリン、エレキギターなどの楽器で優れた拡張性を示します。それは完璧に機能し、楽器の明瞭性で複雑なトラックを補完します。高音域は非常に滑らかで、リラックスできる優れたリスニング体験を提供します。

音場と解像感

SA6を賞賛してもしきれないのが、そのイメージングの巧みさです。楽器のディテールと配置が非常に正確で、優れたイメージングを見せてくれます。音場に関しては、Studio SA6は十分な広さのサウンドステージと前方への表現力を持っています。私がテストしたどのジャンル(バイノーラル、ロック、ポップ、ヒップホップ、ボーカル、ライブなど)でも物足りなさを感じませんでした。

DUNU Studio SA6
DUNU Studio SA6

総評

私はマルチBAドライバーIEMを採用したDUNUのこのIEMが気に入りました。Studio SA6は、高解像度の明瞭性と自然な色調を備えた、鮮やかなサウンドのIEMです。そのイメージングと音色は、価格帯で比類のないものであり、私の見たところ優れたパフォーマンスを持つIEMです。$500〜600ドルの価格帯でIEMの購入を検討している場合は、目をつぶったままでも容易にStudio SA6をお勧めすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました