See Audio

20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン SeeAudio X Crinacle Yume Midnight:バランスド・パフォーマンス

私がYume Midnightに感銘を受けたのは、その総合的な性能にあります。音色のバランスもよく、物事をきちんと整理してくれます。真の意味でのニュートラルなデバイスではありませんが、楽しくも繊細な成熟したパフォーマンスで五感を楽しませるように設計されています。
1DD+2BA

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

See AudioとCrinacleは、「より技術的に優れたなYume」を目指してYumeの再開発を開始しました。そして、それを実現したのがYume Midnightです。Crinacleのチューニングにより、Midnightはより伸びやかなサウンドプロフィールを実現しました。
30000円~50000円

【中華イヤホン SeeAudio Bravery レビュー】ボーカルフォーカスが良いが、中域が妙に暗く、地味。彩度に欠けるドライなサウンドだが、聞き心地は安定しており、モニターしやすい分離感があり、高域の解像感が高い。高域好きな人向き

SeeAudio Braveryは優れた高域解像度と落ち着いて聞き心地の良い独特のボーカル表現が魅力です。中域はユニークですが、全体の原音忠実度が高く、印象的に聞こえるはっきりした高域表現が高域好きに高い満足度を与えるでしょう。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン See Audio Bravery:マジェスティック・ノワール

個人的には、See Audio Braveryは価格以上の価値を提供していると思っています。この製品の倍の価格のIEMでも、同様の音のパフォーマンスを聴いたことがあります。SeeAudio Braveryは、間違いなくキープです。
20000円~30000円

【中華イヤホン SeeAudio ANOU レビュー】ステージングに優れた中域と豊かなグルーヴを持つダイナミックな高域が、ボーカルをはじめ音楽全体を生き生きとしたものにする

SeeAudio ANOUのサウンドはステージングを丁寧に構築し、適切な位置に豊かに歌うボーカルを聴かせ、その周辺にエネルギッシュで生き生きとした楽器を配置し、音楽をグルーヴとダイナミズム、精彩に満ちたものにします。そのサウンドは没入感が高く、スマホでも十分に駆動でき、パッケージデザインやビルドクオリティに不満はありません。
10000円~20000円

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![FiiO FH3/Tri Starsea/SeeAudio Yume]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつないで録音した音源を実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種を紹介したいと思います。
10000円~20000円

【中華イヤホン SeeAudio Yume レビュー】ハーマンターゲットを意識したバランスの良い音質。深みのある低域が音楽に確かな実在感を与える

SeeAudio Yumeは音質バランスが良く、鮮明感は高いのに調和的で、どこか人間的なサウンドを聴かせる魅力的な機種です。深い低域と拡張性に優れた高域を持ち、艶やかなボーカルを甘い雰囲気で豊かに聴かせる独特のサウンドに、もしかすると強く魅了されてしまうかもしれません。
$1000~$2000

See Audio Neo

SeeAudio Neoでは、非常に美しいデザイナーズフェイスプレートと透明なインナーキャビティを持つ豪華な外観のペアが提供されます。透明なキャビティを通して、ドライバーユニットがきちんと正確に配置されているのがわかります。このIEMの全体的な外観は、絶妙で豊かです。
100000円~200000円

See Audio Kaguya

プロの音響エンジニアがSee Audio Kaguyaをチューニングし、独自のハイブリッドドライバー構成の強みを最大限に引き出しました。絹のように滑らかで非常に緻密なサウンドを出力し、フラッグシップモデルの名に恥じない性能を備えています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました