50000円~100000円

50000円~100000円

【中華イヤホン UniqueMelody 3D Terminator レビュー】エッジに優れ、キレのあるサウンドを聞かせる

UniqueMelody 3D Terminatorは高域寄りのニュートラルサウンドを持っており、音楽にキレやエッジ感を重視する場合、かなり優れた選択肢になるでしょう。
50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン Grado The Hemp V2 レビュー】中域充実系のフラットサウンド。良くて価格なりといったところ

GRADO The Hemp V2は質感表現が正確で、奥行き感のある音場を実現しています。オーディオスペックは総じて価格の水準をなんとか満たしていますが、価格帯で優れたヘッドホンではありません。
50000円~100000円

【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless レビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる

beyerdynamic Amiron Wirelessは外観デザインが美しく、高級感があるヘッドホンです。
50000円~100000円

【モニターイヤホン Fender TEN 5 レビュー】フェンダーらしい渋みと黒みがありながら、色気も同居させた上品でかっこいいギターサウンドが魅力。ただしTEN 3のほうがスペック面でより優れているため、買う必要がほぼない

Fender TEN 5はGRADO SR225Xのようなギターやボーカルに色気のあるサウンドが好きな人にはかなり魅力的な選択肢かもしれません。
50000円~100000円

【モニターイヤホン Westone Pro X30 レビュー】中域重視のステージモニター。日常の音楽鑑賞向きではない。解説系動画を聴いたり、楽器練習のお供にどうぞ

Westone Pro X30は非常に優秀なステージモニターであり、リズムを的確に聞かせ、長時間聞いても疲れないサウンドと安定した装着感を実現しています。
50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン GRADO The White Headphone レビュー】ドラムサウンド好きのためのハイエンドヘッドホン

GRADO The White HeadphoneはいつものGRADOっぽいようで、実はギターよりドラム重視のサウンドになっています。そのせいでGS2000eやPS2000eのような甘い雰囲気に包まれるより前に、活き活きしたドラムがリズムを強烈に意識させてくる感じがあり、ドラム好きにはたまらなく楽しい音に聞こえるでしょうが、ギター派にはちょっと不満が残りそうです。
50000円~100000円

【中華イヤホン UniqueMelody MINI MEST レビュー】悪くはないが、良くもないウォームニュートラルサウンド。価格帯では凡庸なリスニングイヤホン。あえて買う必要なし

UniqueMelody MINI MESTは贅沢な技術が優れた音をもたらすわけではないということを証明するUniqueMelodyの壮大なプロジェクトです。どんな素晴らしい技術でも正しく使われなければ意味がないということをリスナーにわからせてくれます。
50000円~100000円

【開放型ヘッドホン HarmonicDyne Poseidon レビュー】中域で奥行きが強調され、響きが多く、音像がぼんやりするのが気になる人がいるかも知れないが、定位の忠実度は高めで、全体の原音忠実性も悪くなく、総じて価格帯の標準を満たす。beyerdynamic系の音が好きならアリ

HarmonicDyne PoseidonはBeyerdynamicsのヘッドホンでありがちな、中域で奥行きを重視するサウンドを持っています。定位感はかなり正確なため、beyerdynamicのモニターヘッドホンが好きなら、わりとそのまま乗り換えて使えると思います。
50000円~100000円

【中華イヤホン Fidue Gem 4 レビュー】非常に優秀な解像度を持つが、全体のバランスはアグレッシブなドンシャリサウンドで歪も多く、いかにもバランスド・アーマチュアっぽいドライなサウンドが好みを分ける

Fidue Gem4は非常に高解像なサウンドを実現しており、くっきりした音が好きな人に感動を与えることができるイヤホンです。しかし、そのサウンドはややアグレッシブすぎ、バランスド・アーマチュアっぽい歪の多さもあって、透明度が高いとは言いづらいものです。
50000円~100000円

【中華イヤホン HiFiMAN RE2000 Silver レビュー】艶やかな音が好きならいいが、全体的に凡庸以下

HiFiMAN RE2000 Silverは艶やかな音が特徴的で、第一印象の鮮明感の高さが魅力です。ただ、聞き込んでみると、イメージング能力の低さや価格を考えるととても優れてるとは言えないオーディオスペック、癖の強いところが気になってくる機種です。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T5 3rd Generation レビュー】ゆったりした奥行きのある音場表現が好きなら悪くないかもしれない

私が個人的にbeyerdynamicを好んでいることは事実ですが、T5 3rd Editionはとくにほしいとは思わない機種です。個人的におすすめする気もありません。ビルドクオリティとパッケージクオリティは価格に見合っていますが、10万円を握りしめてオーディオショップに行くなら、これより良いヘッドホンはざらにあります。あえてこれを掴む必要はほとんどないでしょう。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。
1DD

FiiO FD7

FiiO FD7は、その圧倒的なパフォーマンスで高品質な音楽の壁を打ち破ります。FiiO FD7は、ピュアベリリウム振動板コイルを採用した12mmの大型ダイナミックドライバーユニットを搭載しています。ピュアベリリウム振動板は、迅速な移動性と頑丈さを備えた素晴らしい性能を発揮します。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!!

今年の初め、彼らは最新のマルチBA IEM「Kinera Imperial Skuld」を発表しました。片側5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles 3個+Kinera Customized 2個)を組み合わせて、ハンドペイントイヤーキャビティに内蔵しています。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン SHURE SRH1540 レビュー】優れたニュートラルレコーディングモニター。広い音域を丁寧に映し出すSHURE最高の名機の一つ

SHURE SRH1540は非常に高い名声を誇っていますが、たしかにそのサウンドは極めて良質なニュートラルサウンドであることが確認できました。その最大の魅力は忠実性の高い音源の全体像の提示能力にあり、完成曲のイメージを確認するレコーディングモニターとしての優秀性にあります。
$100~$200

【HiFiGOレビュー】Shanling UP5 Vs FiiO BTR5:Shanlingの最新Bluetooth DAC/AMPはここまで進化した!

今日は、数々の賞を受賞したFiiO BTR5 Bluetooth DAC/AMPと比較します。BTR5は、発売以来、多くの好意的な評価を得ています。BTR5は発売以来、多くの好評を得ており、このカテゴリーでは売れ筋の製品です。ShanlingがUP5で何を達成したのか、そしてFiiOの現在のフラッグシップであるBluetooth DAC/AMPと比較してどのくらい優れているのかをチェックしてみましょう。
50000円~100000円

【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル

JVC HA-FW1500は明瞭感の高い中高域を提供するイヤホンです。WOODシリーズの中では比較的若さを感じられるサウンドで鮮烈な印象のあるサウンドを奏でますが、少し尖りやすく、うるさく聞こえやすい傾向があるのが好みを分けるでしょう。
$500~$1000

【海外レビュー】Kinera NanNa 2.0 VS. Tri Starlight レビュー

この記事では、Kinera Nan Na 2.0とTri Starlightを比較しています。それぞれのIEMの特徴から始まり、比較、そして様々な音楽の好みに合わせてどちらがお勧めかをご紹介します。この2機種で迷っている人のための参考情報です。
50000円~100000円

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。
タイトルとURLをコピーしました