50000円~100000円

【カナル型イヤホン Acoustic Effect YSM-04/RS レビュー】明るくシャープで高解像50000円~100000円

【カナル型イヤホン Acoustic Effect YSM-04/RS レビュー】明るくシャープで高解像

Acoustic Effect YSM-04/RSは高い解像度と優れた定位感を持つイヤホンです。
【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル

Mercury 2.0は音質的には原型機の解像度と原音忠実度を改善した改良版です。それはオリジナルのハーモニクスが豊かな中域の雰囲気を維持しながら、より前面に出し、HiFi的で現代的なサウンドに改良し、基本的なクオリティが向上しています。
ThieAudio Oracle MkII ― 最高峰のスタジオモニターイヤホン$500~$1000

ThieAudio Oracle MkII ― 最高峰のスタジオモニターイヤホン

色付けのないニュートラルな中域を実現し、スタジオ・エンジニアが意図したとおりのサウンドを再現します。またスタジオエンジニアにとっても、Oracle MKIIは、スタジオモニターの音色を忠実に再現できる数少ないIEMの1つです。
TOPPING DX7 Pro+:LDAC対応BT5.1 & NFCA内蔵ヘッドホンアンプ$500~$1000

TOPPING DX7 Pro+:LDAC対応BT5.1 & NFCA内蔵ヘッドホンアンプ

Topping DX7 Pro+は、名機DX7 Proのアップグレード版です。ハイエンドデスクトップでの使用を想定したDAC+ヘッドホンアンプのオールインワンモデルです。
【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン

Open Audio Mercuryは独特のハーモニックで艶のあるサウンドを持つイヤホンです。
HiBy RS2:R2Rミュージックプレーヤー$300~$500

HiBy RS2:R2Rミュージックプレーヤー

Darwinオーディオ・アーキテクチャは、HiBy自社開発の全く新しいハイレゾ音源処理アーキテクチャです。従来のR2R技術を大幅に改良し、R2Rネットワークの直線性補正、可変FIRフィルタ、高調波コントローラ、NOS/OSスイッチなど、スタジオレベルの機能をポータブル機器に搭載しています。また、自社内で調整可能なフレキシブルなアーキテクチャにより、本機と次機の進化に無限の可能性を秘めています。
FiiO FH7S:1DD+4BAハイブリッドIEM$300~$500

FiiO FH7S:1DD+4BAハイブリッドIEM

FHシリーズの遺伝子を受け継ぐFH7sは、究極のクリアさとディテールを備えた印象的なサウンドパフォーマンスを提供し、ハイレゾ音楽体験を新たな高みへと導きます。
iBasso DX170:最新のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー$300~$500

iBasso DX170:最新のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー

iBassoは、DX170にDual DACチップセットを搭載しました。超低THD+Nと高SNR値で優れたパフォーマンスを発揮するCS43131 DACチップを2基搭載しています。
HiBy RS250000円~100000円

HiBy RS2

HiBy RS2は、驚くべきDarwin R2Rテクノロジーを、小型で汎用性の高いフォームファクターであなたのポケットにお届けします。音楽的で生き生きとした音の特徴をユーザーに詰め込んだ、かなり期待できるデバイスです。
【カナル型イヤホン Shure AONIC 5 レビュー】優れたモニターヘッドホンメーカーが作った……イヤホン50000円~100000円

【カナル型イヤホン Shure AONIC 5 レビュー】優れたモニターヘッドホンメーカーが作った……イヤホン

Shureのモニターヘッドホンは素晴らしい中域の質感再現度、全体の原音忠実性の高さを持っており、やや耐久性に疑問が残る製品が多いところを除けば、業界で最も愛されているブランドの一つと言っても過言ではないでしょう。
【中華イヤホン UniqueMelody 3D Terminator レビュー】エッジに優れ、キレのあるサウンドを聞かせる50000円~100000円

【中華イヤホン UniqueMelody 3D Terminator レビュー】エッジに優れ、キレのあるサウンドを聞かせる

UniqueMelody 3D Terminatorは高域寄りのニュートラルサウンドを持っており、音楽にキレやエッジ感を重視する場合、かなり優れた選択肢になるでしょう。
【ハイエンドヘッドホン Grado The Hemp V2 レビュー】中域充実系のフラットサウンド。良くて価格なりといったところ50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン Grado The Hemp V2 レビュー】中域充実系のフラットサウンド。良くて価格なりといったところ

GRADO The Hemp V2は質感表現が正確で、奥行き感のある音場を実現しています。オーディオスペックは総じて価格の水準をなんとか満たしていますが、価格帯で優れたヘッドホンではありません。
【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless レビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる50000円~100000円

【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless レビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる

beyerdynamic Amiron Wirelessは外観デザインが美しく、高級感があるヘッドホンです。
【モニターイヤホン Fender TEN 5 レビュー】フェンダーらしい渋みと黒みがありながら、色気も同居させた上品でかっこいいギターサウンドが魅力。ただしTEN 3のほうがスペック面でより優れているため、買う必要がほぼない50000円~100000円

【モニターイヤホン Fender TEN 5 レビュー】フェンダーらしい渋みと黒みがありながら、色気も同居させた上品でかっこいいギターサウンドが魅力。ただしTEN 3のほうがスペック面でより優れているため、買う必要がほぼない

Fender TEN 5はGRADO SR225Xのようなギターやボーカルに色気のあるサウンドが好きな人にはかなり魅力的な選択肢かもしれません。
【モニターイヤホン Westone Pro X30 レビュー】中域重視のステージモニター。日常の音楽鑑賞向きではない。解説系動画を聴いたり、楽器練習のお供にどうぞ50000円~100000円

【モニターイヤホン Westone Pro X30 レビュー】中域重視のステージモニター。日常の音楽鑑賞向きではない。解説系動画を聴いたり、楽器練習のお供にどうぞ

Westone Pro X30は非常に優秀なステージモニターであり、リズムを的確に聞かせ、長時間聞いても疲れないサウンドと安定した装着感を実現しています。
【ハイエンドヘッドホン GRADO The White Headphone レビュー】ドラムサウンド好きのためのハイエンドヘッドホン50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン GRADO The White Headphone レビュー】ドラムサウンド好きのためのハイエンドヘッドホン

GRADO The White HeadphoneはいつものGRADOっぽいようで、実はギターよりドラム重視のサウンドになっています。そのせいでGS2000eやPS2000eのような甘い雰囲気に包まれるより前に、活き活きしたドラムがリズムを強烈に意識させてくる感じがあり、ドラム好きにはたまらなく楽しい音に聞こえるでしょうが、ギター派にはちょっと不満が残りそうです。
【中華イヤホン UniqueMelody MINI MEST レビュー】悪くはないが、良くもないウォームニュートラルサウンド。価格帯では凡庸なリスニングイヤホン。あえて買う必要なし50000円~100000円

【中華イヤホン UniqueMelody MINI MEST レビュー】悪くはないが、良くもないウォームニュートラルサウンド。価格帯では凡庸なリスニングイヤホン。あえて買う必要なし

UniqueMelody MINI MESTは贅沢な技術が優れた音をもたらすわけではないということを証明するUniqueMelodyの壮大なプロジェクトです。どんな素晴らしい技術でも正しく使われなければ意味がないということをリスナーにわからせてくれます。
【開放型ヘッドホン HarmonicDyne Poseidon レビュー】中域で奥行きが強調され、響きが多く、音像がぼんやりするのが気になる人がいるかも知れないが、定位の忠実度は高めで、全体の原音忠実性も悪くなく、総じて価格帯の標準を満たす。beyerdynamic系の音が好きならアリ50000円~100000円

【開放型ヘッドホン HarmonicDyne Poseidon レビュー】中域で奥行きが強調され、響きが多く、音像がぼんやりするのが気になる人がいるかも知れないが、定位の忠実度は高めで、全体の原音忠実性も悪くなく、総じて価格帯の標準を満たす。beyerdynamic系の音が好きならアリ

HarmonicDyne PoseidonはBeyerdynamicsのヘッドホンでありがちな、中域で奥行きを重視するサウンドを持っています。定位感はかなり正確なため、beyerdynamicのモニターヘッドホンが好きなら、わりとそのまま乗り換えて使えると思います。
【中華イヤホン Fidue Gem 4 レビュー】非常に優秀な解像度を持つが、全体のバランスはアグレッシブなドンシャリサウンドで歪も多く、いかにもバランスド・アーマチュアっぽいドライなサウンドが好みを分ける50000円~100000円

【中華イヤホン Fidue Gem 4 レビュー】非常に優秀な解像度を持つが、全体のバランスはアグレッシブなドンシャリサウンドで歪も多く、いかにもバランスド・アーマチュアっぽいドライなサウンドが好みを分ける

Fidue Gem4は非常に高解像なサウンドを実現しており、くっきりした音が好きな人に感動を与えることができるイヤホンです。しかし、そのサウンドはややアグレッシブすぎ、バランスド・アーマチュアっぽい歪の多さもあって、透明度が高いとは言いづらいものです。
【中華イヤホン HiFiMAN RE2000 Silver レビュー】艶やかな音が好きならいいが、全体的に凡庸以下50000円~100000円

【中華イヤホン HiFiMAN RE2000 Silver レビュー】艶やかな音が好きならいいが、全体的に凡庸以下

HiFiMAN RE2000 Silverは艶やかな音が特徴的で、第一印象の鮮明感の高さが魅力です。ただ、聞き込んでみると、イメージング能力の低さや価格を考えるととても優れてるとは言えないオーディオスペック、癖の強いところが気になってくる機種です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました