50000円~100000円

50000円~100000円

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン

Tago Studio T3-01は自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、ボーカルを丁寧に聞かせてくれます。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン ULTRASONE Signature DJ レビュー】輪郭感の強い明瞭性重視のフラットサウンド。炸裂する音の粒子と活き活きした重低音。くっきり描き出される中域。とにかくかっこいい

ULTRASONE Signature DJは自由音場フラットにかなり忠実なバランスの良い音質を持ちながら、重低域を少し分離して強調し、高域でもアグレッシブで炸裂感のあるサウンドを実現しているDJモニターヘッドホンです。高いディテール感とスピード感のある音楽にも充分追従できる機敏なレスポンスを持ち、長時間のリスニングでも痛くならない快適な装着感も実現しています。ミキシングの信頼できる相棒となってくれるだけでなく、瞬発力と衝撃力のあるサウンドで気分も盛り上げてくれ、DJセッションを楽しいものにしてくれるでしょう。
50000円~100000円

【海外レビューまとめ】DUNU EST112

DUNUはDUNU EST112と呼ばれる、DD、BA、および2基のESTドライバーで構成されるトリプルハイブリッドセットアップを備えた最新のハイブリッドIEMをリリースしました。今日はそのDUNU EST112の海外レビューをまとめて紹介します。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer Conductor レビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorはハーマンターゲットカーブにほとんど忠実で、静電型特有のきわめて品質の高い高域が特徴です。そしてバランス感覚もかなり優れています。マイクロディテールや拡張性に不足を感じますが、総じて完成度は高いです。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Softears RSV:開封&クイックレビュー

Softears RSVが提供するのは、ユーザーにとって非常に興味深く楽しい体験です。開封からエンドユーザーエクスペリエンスに至るまで、製品自体と同様に、贅沢でプレミアムな体験に満ちています。私はMoondropのチューニングのファンですが、RSVを聴けば、SoftearsとR&Dチームを共有していることが明らかで、出力は魅力的であり、私を夢中にさせます。
$300~$500

【HiFiGOレビュー】DUNU EST112:開封&初期レビュー

最近、DUNUは最初のトリプルハイブリッドインイヤーモニターのモデルであるDUNU EST112を発表しました。私は自分のためにこのイヤホンのサンプルユニットを手に入れました。今日は、DUNU EST112の開封とファーストインプレッションをご報告します。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」

DUNU SA6は、ハンドメイドされたイヤーシェルの内部に6つのバランスドアーマチュアユニットが装備された高解像度インイヤーモニターのマルチBAペアです。イヤーシェルは完全に手作りであると言われており、各イヤピースは独自の頑丈でスタビライズドウッド製のフェースプレートを備えています。
50000円~100000円

【海外レビュー】Kinera Norn:開封&クイックレビュー「見事なまでに素晴らしい出来!」

Kineraの最新製品は、5ドライバーハイブリッドインイヤーモニターであるKinera Nornです。北欧神話の運命の三姉妹に触発されたNornは、Kineraの見事に細工されたインイヤーモニターの新定番です。イヤホン本体は見事な出来栄えで、その魅力に抵抗するのは困難です。
50000円~100000円

【中華イヤホン Cayin YB04 レビュー】Cayinの真空管アンプへの情熱が生み出した唯一無二のサウンド

Cayin YB04のサウンドはかなり個性的で変な音です。個人的には非常に素晴らしいサウンドだと思いますし、文句なくおすすめしますが、万人向きでないことは確かです。ふわっとしたところのある、少し鼻にかかったコケティッシュなボーカル表現が好きなら間違いなく気に入ると断言できますが、そうでない場合、真空管サウンドに馴染みがあるかどうかで好き嫌いが分かれるでしょう。真空管サウンドの豊かな倍音成分のある音が好きならおすすめできますが、そうでない場合、ただ単に解像度が悪いラジオのようなイヤホンに思えるかもしれません。そういう意味ではわりと通好みのイヤホンですね。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Shozy Black Hole Mini:開封&クイックレビュー「広々とした空間に響く素敵なボーカル」

最近、Black Holeのセミオープンバックデザインを継承しつつ、ShozyはBlack Hole Miniと呼ばれる8mmダイナミックドライバーユニットを備えた別のIEMをリリースしました。 熱心なオーディオファンである私は、このようなユニークなIEMに興奮させられました。
10000円~20000円

【比較録音レビュー】おすすめの開放型ヘッドホン3機種を録音つきで解説![GRADO PS2000e/UNCOMMON PDH-1/beyerdynamic DT990 2005 600Ω]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつないで録音した音源を実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している開放型ヘッドホン3機種を紹介したいと思います。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】セミオープンバック型ヘッドホン iBasso SR2 クイックレビュー:ワイド&ディテール

これまで私はPhilips SHP9500、HarmonicDyne Helios、Sivga SV006を所有しており、今回、iBasso SR2もそのラインナップに加わりました。このヘッドホンは手に入れたその日からずっと、私のお気に入りです。今日は私のこの最新の購入製品の開梱とレビューをご紹介します。
50000円~100000円

【海外レビューまとめ】Hiby R5 Saber

2/19にHibyから新作DAP「Hiby R5 Saber」が発売されます。この新しいAndroidデジタルオーディオプレーヤーの実像について、いち早く公開されている海外のレビューから迫ってみたいと思います。Hiby R5との違いも解説します。
50000円~100000円

【平面駆動型ヘッドホン UNCOMMON PDH-1 レビュー】中域で歪みが少なく、駆動の均質性を感じる音。そのサウンドはまるでフルレンジスピーカーのようだ

UNCOMMON PHD-1は価格を考えるとかなり魅力的な平面駆動型ヘッドホンです。ビルドクオリティは高く、音質的にも価格以上の価値はあるように思われます。透明感は高く、ボーカルや楽器音が少し広い音場に、響きと余韻豊かに雄大に聞こえるサウンドは没入感が高く、魅惑的です。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】据え置き型真空管DACアンプ xDuoo TA-30 クイックレビュー:リッチで豊穣なチューブサウンド!!

今年の初めに、xDuooは据え置き真空管DAC/アンプの最高品質製品、xDuoo TA-30をリリースしました。xDuoo TA-30は、真空管ラインナップ「TA」シリーズの主力モデルです。簡単なレビューとTopping D90との簡単な音質比較をご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】iBasso IT07 パッケージ開梱&クイックレビュー:その音楽は美しく、力強く

iBassoの最新フラッグシップIEM IT07は、青みがかったトーンのフェイスプレートに星空のパターンがあしらわれており、本当に美しく見えます。今日はこのIEMについてお届けし、パッケージの開梱体験の感想とIT07の簡単なレビューをここでご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU ZEN 開梱&クイックレビュー:シングルDDの愉楽!

ほんの数週間前、DUNUは最新のIEMであるDUNU ZenでシングルDDのゲームに戻ってきました。このIEMはDUNUの最新技術ECLIPSEドライバーテクノロジーに基づいています。今日は、このIEMのパッケージ開梱と初期のインプレッションをお届けします。それでは始めましょう。
タイトルとURLをコピーしました