【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0 レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度と中域へのフォーカス感を高めたアップグレードモデル

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0 レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度と中域へのフォーカス感を高めたアップグレードモデル 50000円~100000円
Open Audio Mercury 2.0

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにOpenAudioから貸与されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Open Audio Mercury 2.0の概要

こんな人におすすめ

  • 低域の深さ重視
  • きらびやかさ重視
  • エロティックなボーカルやギターを聴きたい
  • バランスの良いイヤホンを探している

基本スペック

  • 再生周波数:5-40000Hz
  • インピーダンス:8Ω
  • 感度:110dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:50000円~1000000円

audio-soundスコア
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:10.5/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0

長所と短所

長所

  • 付帯音の多い豊かなサウンド
  • エロティックなボーカル
  • 中域への適切なフォーカス
  • 重厚
  • きらびやか
  • 輪郭の広がりが良く、人肌感のあるノスタルジックなサウンド
  • バランスが良い
  • 正確な質感
  • 温かみがある
  • 聴き心地が良い
  • 豊かなハーモニクス
  • 良好な原音忠実度

短所

  • クリア感に欠ける
  • 低域の深さに少し欠ける

Open Audio Mercuryの特徴

  • 5ドライバーハイブリッド構成
  • 9.2mm PUソフトサスペンディング・ダイナミックドライバー
  • バランスドアーマチュア型ドライバー4基
  • 快適な装着感
  • 3チャンネル3周波分割
OPEN AUDIO MERCURY Unboxing!

ハイブリッド・ドライバーによる本格的なハイレゾ体験

Open Audio Mercuryは、9.2mm PUダイナミックドライバーとカスタムチューニングされたバランスド・アーマチュアドライバーを片側4基ずつ搭載した5ドライバー・ハイブリッド・セットアップを採用しています。これらのドライバーは、低域をダイナミックドライバー、中域をデュアルBAユニット、高域をデュアルBAユニットで生成する3ウェイの周波数クロスオーバーに配置されています。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

豊かで生き生きとしたサウンドチューニング

Open AudioのフラッグシップIEMであるMercuryは、自然で生き生きとしたサウンドを再生するために、プロフェッショナルなチューニングと調整が施されています。広い周波数帯域に渡って非常に明瞭な音を再現し、ボーカルの音質が際立っています。プロ仕様の3ウェイ周波数クロスオーバーにより、出力信号の歪みは極めて少なくなっています。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

クイックサンド・テクノロジーによる革新的な新デザイン

Open Audioは、革新的なクイックサンド(Quick Sand)テクノロジーによってMercury IEMの美しいシェルを作り上げました。各ユニットは複雑な工程を経て、独特の質感とエレガントな仕上がりになっています。また、膨大な耳穴のデータをもとに空洞の形状を調整し、世界中のユーザーに快適でしっかりとした装着感を提供します。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

高品質な純正ケーブル

Open Audio Alkaidには、新品の高品質なケーブルがバンドルされています。このケーブルは8芯の高純度OCCケーブルです。このケーブルは、サウンドパフォーマンスを最適化し、ユーザーの皆様に本物の体験をお約束します。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

OpenAudio Mercury

OpenAudio Mercury 2.0

 

パッケージ(7.5)

Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0

今回メーカーからお借りしたのは正規パッケージではないので評価は7.5とします。

製品版は豪華なパッケージで提供されます。詳細はこの記事の最初の方に埋め込まれた開封動画でご確認ください。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • クリーニングクロス
  • キャリングケース
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0

ビルドクオリティ(8.5)

Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートが美しいです。

Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

装着感(9.0)

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury 2.0

装着感は良好です。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury
Open Audio Mercury 2.0

OpenAudio Mercury

OpenAudio Mercury 2.0

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

JH Audio JH16v2 Pro Universal Frequency Response (RAW)
Open Audio Mercury Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

LetShuoer D13(Silverノズル)のオーディオステータス(ほかのノズルは有料記事に掲載されています)
Open Audio Mercury 2.0のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Open Audio Mercury 2.0はアンプの出力インピーダンスの影響を少し受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Open Audio Mercury 2.0ニュートラルにほぼ近いサウンドバランスのシグネチャーになっています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Mini レビュー】Freeシリーズらしい低域とバランスを重視したV字ドンシャリ。サウンドバランスが低価格とは思えないほど良いが、解像度で物足りない

EarFun Free MiniでもEarFunはその卓越したサウンドバランス調整技術を発揮し、エントリークラスで良質なサウンドを提供することに成功しています。

【平面駆動型ヘッドホン UNCOMMON PDH-1 レビュー】中域で歪みが少なく、駆動の均質性を感じる音。そのサウンドはまるでフルレンジスピーカーのようだ

UNCOMMON PHD-1は価格を考えるとかなり魅力的な平面駆動型ヘッドホンです。ビルドクオリティは高く、音質的にも価格以上の価値はあるように思われます。透明感は高く、ボーカルや楽器音が少し広い音場 Read more

低域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

Open Audio Mercury 2.0の最終版で実際にこれまでのモデルから大きく変更を加えられたのは低域です。

これまでのMercuryはプレファイナル版まで基本的に重低域までしっかりと伸びる、引き締まりと深みのある低域で臨場感のあるサウンドを重視していました。それに比べると2.0の最終版は中域に対して多くの人がよりフラットに聞こえると想定されるラインまで存在感が押し下げられています。

2.0の低域はMercuryオリジナルの低域よりは量的には少なくなり、中域と釣り合うバランスになりました。

ランブルはそれでも比較的豊かで、バスドラムにインパクトが存在していますが、重厚感のあるサウンドを好む低域マニアには少し明るく深みに欠ける印象を与えるかもしれません。

低域はバランス的に中域に従属的な方向性が少しはっきりしましたが、それでもなお、おおむね低域好きを満足させることができる水準の深さと十分な直線性を実現しています。

中域(10.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

2.0最終版の中域はプレファイナル版とほぼ変わりませんが、低域の量が減り、高域もやや落ち着いたバランスになったため、より明るく前面にはっきりと聞こえるようになっています。

中域はほぼ完全にニュートラルで正確な質感とバランスで音楽の心臓部を描写します。

しかし、その中域は歪率が高めで粗っぽい表現となっており、立体感の上でもやや平面的で、原音忠実主義的なオーディオマニアをほとんど満足させません。解像感を重視するHi-Fi信者はこれを時代遅れのものとみなし、付帯音が多くてとても聴くことができないと言うかもしれません。

一方で、真空管アンプやレコードの音を愛するアナログオーディオファンにとって、ハーモニクスが豊かで、中域が多めに歪んで印象的に聞こえるMercuryのサウンドは独特のみずみずしさとノスタルジアを感じさせる魅力的な表現に聞こえるでしょう。

女声ボーカルの歌声は独特の滲みと広がりが感じられ、倍音が増幅されており、えも言えぬ艶っぽさがあります。エレキギターのエッジも美しく、ディストーションが豊かに響き、空間に溶け込むような独特の美しさで印象的なスポットライトが当てられます。

耳になじむようでありながら、距離感のある、どこかレトロさの感じられる豊潤なサウンドは、聞こえてくる音楽に懐かしさのエッセンスを加えて磨き上げます。

このイヤホンの中域はHiFi的ではなく、むしろレコードやカセットテープ、真空管アンプなどで音楽を聴いてきた世代の感性に近く、決して万人向きではなく現代的でもありません。

しかし、Open Audioは歪と解像度を巧みにコントロールして、レトロなアナログオーディオの世界をよみがえらせるという離れ業を実現しています。それは失敗すれば散々な結果に陥りかねない難しい調整で、ただ単にオーディオスペックを求めるより勇気と感性と経験と丁寧さが求められる仕事です。そうした努力を考えるとき、Open Audioがここで類まれな卓越したチューニングをしていることが発見されます。私はこのサウンドに心底驚きました。

CayinがYB04で実現していたことを、Open Audioはさらに優れた水準で実現していると言えるでしょう。

高域(9.5)

  • 原音忠実度:B
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:C
  • 荒さ:C-
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C

高域

Mercury 2.0で大きく改良されたのが高域です。プレファイナル版では大きく存在感が向上した高域でしたが、最終版では存在感が抑えられ、オリジナルのMercuryを意識した中域重視のチューニングに再調整されています。

下に掲載したレコーディングシグネチャーを聴いていただければよくわかると思いますが、高域はプレファイナル版で強化された繊細な雰囲気を若干デチューンして荒っぽい感じが目立たなくなるよう慎重に調整されました。

シンバルの繊細な粒立ち感と空間への広がりは抑えられ、バイオリンや木管も伸びやかさが少しセーブされました。

こうした高域の調整によってMercuryは再び中域を前面に押し出すようになり、その色づきに注目を集めるサウンドバランスになりました。

全体として最終版のMercuryの高域は、Open AudioがMercuryのどこが一番魅力的かを考えて理知的に全体のプレゼンテーションを決定していることを改めて物語っています。

プレファイナル版で弱まった中域の印象度に対して修正を加えつつ、プレファイナル版で実現された原音忠実度や解像度の改善はほとんどそのまま維持されました。全体的に達成されたものの足し引きを考えると、適切な調整であると言えるでしょう。

Open Audio Mercury
Open Audio Mercury

定位/質感

  • 質感の正確性:S
  • 定位の正確性:C
  • オーケストラのテクスチャ:A+
  • 雅楽のテクスチャ:S-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

Open Audio Mercury 2.0のサウンドは少なくとも中域の透明度に少し欠けているため、それはガチガチのオーディオマニアを満足させるタイプのイヤホンではないことはほぼ確実です。

Mercuryは録音音源の原音や、コンサートホールで聴くような生音体験をよみがえらせるというよりは、アナログオーディオでクラシックを聴く体験を思い起こさせるサウンドです。

重厚感も含め、スケール感は申し分ないですし、定位感も悪くありません。また2.0では全体的に解像度が向上したため、以前のMercuryにあったぼんやりした感じはだいぶ晴れました。

私はフルオーケストラに関してはどちらかといえば原音忠実主義者ですが、それでもMercuryの聴かせ方は独特の艶があって好きですね。説得力があります。

雅楽はオリジナルより篳篥の伸びが改善され、少し滲んで聞こえる独特の魅力を維持しつつ、解像度が上がって華やかな雰囲気が以前よりくっきりと描き出されるようになりました。中域では表現がやや平面的になりがちですが、和音の繊細さやディテール感が上がったおかげで、聴きごたえはかなり向上しています。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B
  • イメージング:B+
    • 高域:A+
    • 中域:B+
    • 低域:C+

音場

低域の深さは十分で、中域は比較的前面におり、高域は高さは標準以上です。

クリア感は価格の水準からするとやや物足りません。

イメージング性能は価格の水準以上です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

音質総評

Mercury 2.0は音質的には原型機の解像度と原音忠実度を改善した改良版です。それはオリジナルのハーモニクスが豊かな中域の雰囲気を維持しながら、より前面に出し、HiFi的で現代的なサウンドに改良し、基本的なクオリティが向上しています。

一方で、オリジナルのMercuryにあったレトロな雰囲気は少し弱くなったところ、低域の存在感と深さが減ったところをどう思うかですね。

レコーディングシグネチャーでバスドラムの響き方やバイオリンののびやかさ、シンバルの広がり方と存在感に意識を向けると、聞き分けはかなりわかりやすくできると思います。Open Audioが何を重視し、どこを聴いてMercuryを改善していったかの軌跡を追体験することができるのではないでしょうか。

Open Audio Mercury 2.0最終版とオリジナルMercuryの比較
Open Audio Mercury 2.0最終版とプレファイナル版の比較

音質的な特徴

美点

  • 付帯音の多い豊かなサウンド
  • エロティックなボーカル
  • 中域への適切なフォーカス
  • 重厚
  • きらびやか
  • 輪郭の広がりが良く、人肌感のあるノスタルジックなサウンド
  • バランスが良い
  • 正確な質感
  • 温かみがある
  • 聴き心地が良い
  • 豊かなハーモニクス
  • 良好な原音忠実度

欠点

  • クリア感に欠ける
  • やや深みに欠ける低域
【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0 レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度と中域へのフォーカス感を高めたアップグレードモデル

豊かなサウンド
ノスタルジックでエネルギッシュ
エロティックなボーカルとギター

OpenAudio Mercury

OpenAudio Mercury 2.0

Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0
Open Audio Mercury 2.0

Re:ゼロから始める異世界生活 Coreful フィギュア レム~チャイナワンピースver.~

 

「プレシャスフィギュア」シリーズからレムのオリジナルチャイナワンピース姿のフィギュアが登場!

 

団扇を構えた愛らしいポーズでお迎えしてくれます。

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. OpenAudio Mercury 2.0(最終版)
  3. OpenAudio Mercury 2.0(プレ)
  4. OpenAudio Mercury

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. OpenAudio Mercury 2.0(最終版)
  3. OpenAudio Mercury 2.0(プレ)
  4. OpenAudio Mercury

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. OpenAudio Mercury 2.0(最終版)
  3. OpenAudio Mercury 2.0(プレ)
  4. OpenAudio Mercury

海外レビューの紹介

Open Audio Mercury

美しく均整の取れた音色で大人気!「Open Audio Mercury」の海外レビューまとめ

日本や欧米ではあまり知られていませんが、中国大陸では大ヒットしており、評判の高い中華イヤホン「Open Audio Mercury」の海外レビューをまとめて紹介します。

総評

Open Audio Mercury 2.0オリジナルのMercuryの基本的な雰囲気を維持しつつ、解像度とサウンドバランスを慎重に改善した真の意味でのアップグレードモデルです。基本的にはオリジナルからの改善点によって、基本的に大多数のリスナーはオリジナルを買うより優れた恩恵を受けることは確実です。しかし、ただ一つ低域のみはオリジナル版の方が好みという人がかなり多いかもしれません。

OpenAudio Mercury

OpenAudio Mercury 2.0
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Open Audio Mercury 2.0

9.3

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

9.5/10

中域

10.5/10

低域

9.5/10

歪みの少なさ

7.5/10

コストパフォーマンスボーナス

12.5/10

長所

  • 付帯音の多い豊かなサウンド
  • エロティックなボーカル
  • 中域への適切なフォーカス
  • 重厚
  • きらびやか
  • 輪郭の広がりが良く、人肌感のあるノスタルジックなサウンド
  • バランスが良い
  • 正確な質感
  • 豊かなハーモニクス

短所

  • クリア感に欠ける
  • 低域の深さに少し欠ける

コメント



タイトルとURLをコピーしました